ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844669 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東北

薮の細尾根を渡って「兎ケ倉山」へ

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー tonkara
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(磐越道)「西会津IC」⇒ 菱潟(R459 旧鹿瀬町)⇒林道(菱潟線)⇒林道(八ツ田・日出谷線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
50分
合計
3時間30分
Sスタート地点10:4011:20600M小ピーク(東方尾根)11:3012:20620M肩(北東尾根)12:30兎ヶ倉山13:0013:40600M小ピーク(東方尾根)13:5014:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.林道は倒木、落石、残雪、一部路肩崩落等有ります。
2.ヤマダニが出ています。(4/9現在)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ピッケル

写真

(今回の山)
新潟県阿賀町の鋭いピークを持つ「兎ケ倉山」(写真中央奥のピーク、697.8M)。山名はこう記して「ウサンクラヤマ」と読むそうだ。(写真は昨年3月撮影)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(今回の山)
新潟県阿賀町の鋭いピークを持つ「兎ケ倉山」(写真中央奥のピーク、697.8M)。山名はこう記して「ウサンクラヤマ」と読むそうだ。(写真は昨年3月撮影)
6
(入山口)
アタックルートは殆ど登られていないと思われる同山東方尾根。まず国道459号菱潟から矢印方向に入山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(入山口)
アタックルートは殆ど登られていないと思われる同山東方尾根。まず国道459号菱潟から矢印方向に入山。
1
(林道合流)
菱潟集落裏の林道を辿り林道「八ツ田・日出谷線」に突き当たる。そこを日出谷方向へ右折。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(林道合流)
菱潟集落裏の林道を辿り林道「八ツ田・日出谷線」に突き当たる。そこを日出谷方向へ右折。
2
(山容)
正面に山容が現れる。思いの外雪が少ない。残雪はハッキリしないが、万一に備えアイゼン&ピッケルは持つとしよう。間もなく左手の枝道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山容)
正面に山容が現れる。思いの外雪が少ない。残雪はハッキリしないが、万一に備えアイゼン&ピッケルは持つとしよう。間もなく左手の枝道に入る。
7
(取り付き点)
地形図標点「461」南直下付近にピンクテープが下がり(標識類無し)、3台程度の駐車スペースあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(取り付き点)
地形図標点「461」南直下付近にピンクテープが下がり(標識類無し)、3台程度の駐車スペースあり。
1
(薮入り)
稜線に踏み跡は見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(薮入り)
稜線に踏み跡は見えない。
1
(稜線離脱)
薮がうるさく左下の残雪に降りる。杉林の日陰で雪が残ったようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(稜線離脱)
薮がうるさく左下の残雪に降りる。杉林の日陰で雪が残ったようだ。
(残雪1)
残雪はツボ足でも快調、だがそろそろ稜線復帰も考えなければ復帰が辛くなるか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(残雪1)
残雪はツボ足でも快調、だがそろそろ稜線復帰も考えなければ復帰が辛くなるか。
1
(稜線復帰)
薄薮を探しながら斜面をよじ登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(稜線復帰)
薄薮を探しながら斜面をよじ登る。
2
(急登1)
標高 600M小ピーク手前、結構急登だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(急登1)
標高 600M小ピーク手前、結構急登だ。
1
(600Mピーク)
薮のピークから斜め右前方に山頂が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(600Mピーク)
薮のピークから斜め右前方に山頂が見えた。
1
(激薮)
ルートはピークを右折し560Mの”蟻の戸渡り”に下降する。薮が凄い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(激薮)
ルートはピークを右折し560Mの”蟻の戸渡り”に下降する。薮が凄い。
7
(北東尾根)
目指すは正面に小ピークが見える北東尾根の稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(北東尾根)
目指すは正面に小ピークが見える北東尾根の稜線。
4
(コル)
左右に切れ落ちるコル。緊張感はあるが、薮枝が救いだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(コル)
左右に切れ落ちるコル。緊張感はあるが、薮枝が救いだ。
4
(巨岩)
2つのコルを経て登り返しの進路上に巨岩。手掛かりを探し左側を巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(巨岩)
2つのコルを経て登り返しの進路上に巨岩。手掛かりを探し左側を巻く。
2
(630M)
北東尾根稜線 630Mの肩に乗った。ユズリハが濃い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(630M)
北東尾根稜線 630Mの肩に乗った。ユズリハが濃い。
1
(杉株)
特徴的な杉株の大木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(杉株)
特徴的な杉株の大木。
2
(急登2)
山頂直下最後の急登、木枝を掴んでよじ登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(急登2)
山頂直下最後の急登、木枝を掴んでよじ登る。
1
(残雪2)
山頂手前で100M程の残雪。急だが面倒なので薮枝伝いにノーアイゼンで突破。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(残雪2)
山頂手前で100M程の残雪。急だが面倒なので薮枝伝いにノーアイゼンで突破。
2
(山頂)
遂に登頂、所要1時間50分。アンテナ塔の建つ山頂は雪がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山頂)
遂に登頂、所要1時間50分。アンテナ塔の建つ山頂は雪がない。
2
(山麓)
北側眼下には蛇行する阿賀野川と集落。かって棒掛山からも見下ろしたなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山麓)
北側眼下には蛇行する阿賀野川と集落。かって棒掛山からも見下ろしたなぁ。
5
(山頂展望1)
山頂は大展望が広がる。最初は北西に棒掛山(アンテナ塔左)と蒜場山の白峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山頂展望1)
山頂は大展望が広がる。最初は北西に棒掛山(アンテナ塔左)と蒜場山の白峰。
4
(山頂展望2)
その右北方は二ツ峰から門内岳、大日岳と続く雄大な飯豊連峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山頂展望2)
その右北方は二ツ峰から門内岳、大日岳と続く雄大な飯豊連峰。
5
(山頂展望3)
そして東方の丸い山は会越県境高陽山かな?南方にも御神楽岳や川内山塊が広がるが逆光のため写真省略。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山頂展望3)
そして東方の丸い山は会越県境高陽山かな?南方にも御神楽岳や川内山塊が広がるが逆光のため写真省略。
3
(下山)
30分程山頂天望を楽しんだ後下山開始。往路左に巻いた巨岩を慎重に降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(下山)
30分程山頂天望を楽しんだ後下山開始。往路左に巻いた巨岩を慎重に降りる。
1
(登り返し)
最低コルからの登り返しが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(登り返し)
最低コルからの登り返しが始まる。
(樹間)
西側樹間から山頂を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(樹間)
西側樹間から山頂を振り返る。
2
(急登)
登り返し最後の急登。ここを上がれば600Mピークだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(急登)
登り返し最後の急登。ここを上がれば600Mピークだ。
(残雪3)
600Mピーク下で早めに残雪へ降りる。時々踏み抜くが薮の稜線より増しだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(残雪3)
600Mピーク下で早めに残雪へ降りる。時々踏み抜くが薮の稜線より増しだ。
(下山間近)
間もなく取り付き点。この日唯一の花フキノトウ、お疲れさん!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(下山間近)
間もなく取り付き点。この日唯一の花フキノトウ、お疲れさん!
4

感想/記録

1.恒例としている残雪期の阿賀山域へ今春も関東から遠征した。手始めは
 昨年3月棒掛山中腹から眺めた南東の鋭いピーク「兎ケ倉山」である。
2.この山はネットにも登場し程々登られているようだが、殆どが西側の倉ノ
 平集落からのものである。同じルートでは藪残(*)にならないので今回は東
方からの薮ルートにした。
(*)登山路のない山を藪が埋もれている残雪期に登る登山。
3.今春は雪が少ないが急峻なピークでもあり、僅かな残雪で登頂断念では後
 悔するため残雪装備でアタックした。幸いにも(残念にも?)装備は出番なく文
 字通りの緊張感ある細尾根の藪山登山に終わった。雪が恋しい。
4.しかし、山頂展望は一部南東方向を除いて全開、特に北方の飯豊連峰の山
 々が臨場感いっぱいに眼前に迫っていた。ウサンクラ、噂通りの素晴らしいピー
クであった。
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/25
投稿数: 887
2016/4/12 6:32
 プチニアミス
おはようございます。妙高です。

何となくtonkaraさん、来てるんじゃないかな〜なんて思ったりしたんですが。川を挟んでプチニアミスでしたね。

兎ヶ倉山は、いろいろ呼び方はありますが、国土地理院の点の記では「うさぎがくら」となってますね。記憶薄れましたが。

私も同じルート登ったことあるんです。お寺の裏から林道をスキーでたどり、P461手前でスキーをデポして、あとはtonkaraさんと同じです。三月でしたので全線雪でしたが、やせ尾根は雪は無かったような気がします。風で吹き飛ばされるようです。やせ尾根は旧国道49号線の方から行った時も通ったので2回歩いていますが、風がゴーゴーと音をたてて吹き、飛行機かと思ったくらいでビックリしました。「とうみの口」から吹き出す、と言われる「安田のダシ風」どころじゃないですね。きっと。

杉株、記憶あります。10年位前になります。懐かしいです。今日は朝から頭が活性化しました。何かいいことありそうです(^^)/
登録日: 2011/1/23
投稿数: 303
2016/4/12 13:31
 Re: プチニアミス
コメ有り難うございます。

プチニアミス、以心伝心でしたかね。下越訪問は最低4日程欲しいのですが、天候が不順続きであまりチャンスが有りませんでした。

兎ヶ倉も色々なルートを歩かれているのですね。確かに細尾根は強風時危険だと感じました。

周辺には展望の尖峰ピークが多くハイキングにも良い処ですね。温泉も多く大好きです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ