ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844709 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

十石山

日程 2016年04月09日(土) 〜 2016年04月10日(日)
メンバー ijikemusi, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場はないので 登山口手前の道路の膨らみに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

一日目  登山口 6:40 - 11:15 十石峠小屋(テント泊)
二日目  十石峠小屋 6:40 - 9:00 登山口
コース状況/
危険箇所等
特に危険と思われるところはない。
樹林帯が大半で、 しかも暖かいので雪のしまりが悪い。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

白骨温泉の登山口(真ん中あたりを登って行く)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白骨温泉の登山口(真ん中あたりを登って行く)
1800mからの平坦地。
雪が緩くて歩きづらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1800mからの平坦地。
雪が緩くて歩きづらい。
”さくらフィルム”の古い道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”さくらフィルム”の古い道標
これもカワイイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもカワイイ。
いい雰囲気の平坦地が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気の平坦地が続く。
上に上がるにつれ、 高い山が・・・ 霞沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に上がるにつれ、 高い山が・・・ 霞沢
1
そして前穂・奥穂が見えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして前穂・奥穂が見えてくる。
2
だんだん立木が減ってきて・・・
(帰りの写真)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん立木が減ってきて・・・
(帰りの写真)
1
森林限界が近づいてくる
頂上直下の左方向・・・乗鞍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界が近づいてくる
頂上直下の左方向・・・乗鞍
1
右方向・・・穂高連邦
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右方向・・・穂高連邦
十石峠小屋とホテルijikemusi
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十石峠小屋とホテルijikemusi
1
十石山山頂から 乗鞍
2016年04月09日 13:58撮影 by SO-04F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十石山山頂から 乗鞍
3
 同じく 小屋方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 同じく 小屋方面
2
冬姿の雷鳥さん。 脅かしちゃってメンゴ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬姿の雷鳥さん。 脅かしちゃってメンゴ。
2
小屋のすぐ上のこぶから 北アルプス    
左が笠で 穂高 前穂と続く。 手前は焼岳。
 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のすぐ上のこぶから 北アルプス    
左が笠で 穂高 前穂と続く。 手前は焼岳。
 
3
穂高のアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高のアップ。
2
さらに近づいてもっとアップ。  
下の中の湯あたりまで見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに近づいてもっとアップ。  
下の中の湯あたりまで見える。
3

感想/記録

昨年8月に十石山に登りお手軽に夏山を日帰りで楽しんだが、 景色の良さに感動し残雪期にテント泊をしたいと思い、 今回実行してみた。
今年は雪が少ないとはいえ、 登山口の白骨温泉は標高1,400m以上あり、 この時期でもアプローチの道路沿いにはぽつぽつと雪が残っている。
登山口から最初の短い急な山腹を巻いて1600m辺りの白樺の林の台地にくるともう一面の雪原となるがそこからの急登は雪が有ったりなかったりだ。 1,800mの平らな樹林帯に入ると雪が一杯で 緩んだ雪に足をとられ歩きにくいことこの上ない。 すぐにワカンを付けて歩くがそれでも歩きにくく 体力を消耗する。  しかしこの樹林帯のツガはでかいのが多く見ていても楽しく 癒される。 1900m辺りからの急登でも 相変わらず雪がゆるく、 ワカンでは滑るが履かなければズボルので致し方ない。 結局最後までワカンで通し、 アイゼンとピッケルを使う機会はなかった。(最初から 持ってゆくのをためらったが、 ヒョットシテ・・・と思い 装備に加えた。)
山頂直下では 夏道は右の方を巻いて十石峠小屋に上がるが、 かすかに残っていたトレースはほぼ山頂へ直登していたので その跡を登った。
朝 6:40に出発し 夏ならば 3時間少々で歩けるが 緩い雪にてこずり  4時間30分ぐらい掛かって 小屋へ到着。 山頂でもよかったが 小屋のすぐ裏の少し見晴らしの良い場所に早速テントを設営。 昼食を済ませ昼寝をして しばし十石山の山頂や隣のこぶの散歩をし 素晴らしいパノラマを楽しんだ。 北アルプスは笠ヶ岳から前穂まできれいに見え、焼岳や霞沢は 眼前に大きく見えた。 南側は 乗鞍は尾根続きでもちろんきれいに見え、遠くは中央アルプスや南アルプスも見えたが 西の白山などと同様にかすんでしか見えなかった。 テントに戻る途中では天気はとてもよかったのにまだ真っ白な雷鳥にも会えた。夕方はアーベントを期待したが日没寸前の高さに雲が立ち込め駄目だった。
モルゲンも残念ながら 大したことはなかった。(早朝のテント内の気温は -6℃ぐらいだった。)
帰りは 6:40頃出立し あっという間に(9:00頃には)下山してしまった。
白骨温泉で汗を落とそうと思ったが いづれも10:30からしか入れないとのことで 諦めて帰りの途中の寝覚めの床の ”ねざめホテル”のトロン温泉で汗を落とした。¥500.-で貸し切り状態だった。
訪問者数:324人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

白樺 設営
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ