ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845251 全員に公開 ハイキング東海

寸又峡温泉〜朝日岳

日程 2016年04月11日(月) [日帰り]
メンバー seishika
天候晴れ、 午後3時頃まで西風が強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
静岡市街より、国道362号線で、千頭に出る。
千頭より、県道77号線を北上、寸又峡温泉に向かう。
温泉街入口にある水車小屋駐車場に駐車、無料(GW、紅葉時期は有料)。
トイレ 寸又峡温泉水車小屋駐車場内。
    他、寸又峡内に数ヶ所あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間1分
休憩
1時間2分
合計
10時間3分
Sスタート地点07:1507:40猿並橋08:00林道登山口08:1010:17合地ボツ12:05栗山沢の頭12:25朝日岳13:1014:41合地ボツ14:4816:25林道登山口16:42猿並橋17:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備された一般登山道。
道標、黄色い指導プレート、赤ペンキマークあり。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

寸又峡温泉街入口にある水車小屋駐車場に駐車。
2016年04月11日 07:14撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寸又峡温泉街入口にある水車小屋駐車場に駐車。
2
カモシカ像の横を通って、進みます。
2016年04月11日 07:24撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ像の横を通って、進みます。
4
道路の反対側にある案内板。
2016年04月11日 07:24撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路の反対側にある案内板。
1
夢の吊り橋への道と別れ、右下に下って行きます。
2016年04月11日 07:25撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢の吊り橋への道と別れ、右下に下って行きます。
公園の入口で右下へ。
2016年04月11日 07:27撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園の入口で右下へ。
緩やかに下り、猿並橋との分岐で左下に急下降します。
2016年04月11日 07:36撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに下り、猿並橋との分岐で左下に急下降します。
駐車場からずーーっと下って、猿並橋。
2016年04月11日 07:39撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からずーーっと下って、猿並橋。
3
橋のたもとにはミツバツツジ。夢の吊り橋と同じ吊り橋ですが、下がただの川なので観光地になれないんだろうな?
2016年04月11日 07:40撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋のたもとにはミツバツツジ。夢の吊り橋と同じ吊り橋ですが、下がただの川なので観光地になれないんだろうな?
7
橋を渡ると急登の始まり。
2016年04月11日 07:44撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると急登の始まり。
1
いったん、林道に出ます。
2016年04月11日 07:56撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん、林道に出ます。
朝日岳の案内図。
2016年04月11日 07:57撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳の案内図。
朝日岳登山口。
2016年04月11日 07:58撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳登山口。
2
ひたすら登ります。
2016年04月11日 08:11撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登ります。
4
トラバースする所は、少し崩れかけています。
2016年04月11日 08:17撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースする所は、少し崩れかけています。
1
赤ペンキマークが随所にあります。
2016年04月11日 08:30撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤ペンキマークが随所にあります。
1
ミツバツツジがきれいです。
2016年04月11日 08:36撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジがきれいです。
4
木々の開けた所から、前黒帽子岳。
2016年04月11日 08:37撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の開けた所から、前黒帽子岳。
3
眼下には、大間ダムと夢の吊り橋。ダム湖のブルーが鮮やかです。アップで。
2016年04月11日 08:38撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には、大間ダムと夢の吊り橋。ダム湖のブルーが鮮やかです。アップで。
12
直角に曲がって、別の尾根に乗ります。
2016年04月11日 09:26撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直角に曲がって、別の尾根に乗ります。
広葉樹で明るいが、風当たりが強くなった。
2016年04月11日 09:28撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広葉樹で明るいが、風当たりが強くなった。
ガレ気味の道をトラバースすると、
2016年04月11日 10:00撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ気味の道をトラバースすると、
合地ボツに到着。1232m標高点の所です。
2016年04月11日 10:05撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合地ボツに到着。1232m標高点の所です。
しばらくは、なだらかな道を進みます。
2016年04月11日 10:28撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは、なだらかな道を進みます。
最初の展望所。木々が育って、展望はいまいちですが、標識の背後に見えるのは、
2016年04月11日 10:46撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の展望所。木々が育って、展望はいまいちですが、標識の背後に見えるのは、
6
咲き始めたアカヤシオでした。
2016年04月11日 10:47撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き始めたアカヤシオでした。
13
朝日岳を見るとき目立つ大ガレが、向いの尾根に見えます。
2016年04月11日 10:55撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳を見るとき目立つ大ガレが、向いの尾根に見えます。
5
2番目の展望所。正面が朝日岳のようです。
2016年04月11日 10:56撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番目の展望所。正面が朝日岳のようです。
1
黒帽子岳から不動岳の稜線。
2016年04月11日 10:57撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒帽子岳から不動岳の稜線。
4
アカヤシオ見所の花は、まだつぼみでした。
2016年04月11日 11:02撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ見所の花は、まだつぼみでした。
1
栗山沢の頭。ここで急登が終わるようです。
2016年04月11日 12:05撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗山沢の頭。ここで急登が終わるようです。
1
なだらかになった稜線を山頂に向かいます。
2016年04月11日 12:13撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかになった稜線を山頂に向かいます。
1
朝日岳山頂に到着。
2016年04月11日 12:23撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂に到着。
9
お団子式の山頂標識と、千頭山の会の山頂標識が仲良く並んでいます。
2016年04月11日 12:24撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お団子式の山頂標識と、千頭山の会の山頂標識が仲良く並んでいます。
5
周りの掛けている三角点。
2016年04月11日 12:24撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りの掛けている三角点。
2
山頂の日当たりの良い所でお昼にし、来た道を戻りました。
2016年04月11日 13:10撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の日当たりの良い所でお昼にし、来た道を戻りました。
1
撮影機材:

感想/記録

朝日岳は、どこから見ても目立つ、とても立派な山ですが、急登とヒルで有名です。
その上、猿並橋からの標高差が1300mもあるので、なかなか行く機会がありませんでした。

当日は風の強い一日でしたが、大部分樹林帯の中なので、それほど影響は無く、助かりました。
展望は無い山だと思っていたので、所々で視界が開け、また、咲き始めたアカヤシオを見ることが出来て満足です。

たぶん、2度は登らない・・・と思う。
訪問者数:329人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ