ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845282 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

ちょっと鍋焼きうどん食べてくる♪ 丹沢・鍋割山

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー kecotslalalaoga
天候くもり 時々 晴れ 
アクセス
利用交通機関
電車バス
渋沢駅→大倉 バス時刻表
http://www2.plala.or.jp/kobato/main/bus_sb_ok.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
渡河するときの橋がよくゆれます。

写真

本日もこの柵をくぐって、獣さんの世界へ
2016年03月27日 08:12撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日もこの柵をくぐって、獣さんの世界へ
銅像前はベンチもあって休憩によさそう
2016年03月27日 09:08撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅像前はベンチもあって休憩によさそう
何度か渡河します。ゆれゆれ。
2016年03月27日 09:12撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か渡河します。ゆれゆれ。
ここが有名な水置き場。
2016年03月27日 09:34撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが有名な水置き場。
初体験です。どれを連れていこう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初体験です。どれを連れていこう。
灯油17キロを運んでくださいって!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯油17キロを運んでくださいって!
全然こわがらない鹿さん。まだ小さい。
2016年03月27日 09:53撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全然こわがらない鹿さん。まだ小さい。
尾根道のころには、晴れ間が♪
2016年03月27日 11:13撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道のころには、晴れ間が♪
さほど待たずに鍋焼きうどんに再会♪
2016年03月27日 11:32撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さほど待たずに鍋焼きうどんに再会♪
デザートに、さくさくパンダ
2016年03月27日 11:58撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デザートに、さくさくパンダ
くもりだけど、遠くまでみえました
2016年03月27日 12:07撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くもりだけど、遠くまでみえました
山頂はさすがに風が冷たかった
2016年03月27日 12:21撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はさすがに風が冷たかった
山頂から小丸の間。雪があったのはここだけでした。
2016年03月27日 12:30撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から小丸の間。雪があったのはここだけでした。
気持ちよかったなあ〜
2016年03月27日 12:44撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちよかったなあ〜
塔ノ岳さん、また来ます
2016年03月27日 13:35撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳さん、また来ます
撮影機材:

感想/記録
by kecots

寒い時期、でも雪がない時じゃないとなかなか行けない丹沢。
鍋焼きうどんが恋しくて、食べに行っちゃいました。

前回は寄集落から歩いて、淋しくて倒れそうになったので、
今回はメジャーな林道〜二俣で登ります。
林道は車道のイメージだったけど、歩いてみたらそれほど車道っぽくもなく、歩きやすい道で良かったです。
上高地から横尾に向かうとき、みたいな感じ。

鍋焼きうどんを食べたい人が多そうだから、さぞかし混み合っているかと思いきや、団体さんもいないし、たまにご挨拶できるくらいの感じで淋しくもないのが良かったです。
前回のさみしさが結構トラウマなのかも。

自分で食べる鍋焼きうどん分くらいは、お水をもって上がりたいので、初めて山荘へのお水運びにチャレンジ。1リットルくらいでしたが、
ザックに入れるのも結構大変なものですね。
ボトルの結露があるので、手ぬぐいを持っていけば良かったです。
本日はお水のボトルのほかに、ガスカートリッジと、灯油17キロ(笑)が置いてありました。
いやー、灯油はすごい。
せめて10Lポリタンクにしたら運ぶ人も増えそうかも?

ボトルをザックに収めて、ここから登りが始まります。
登りはじめてすぐに、鹿さんに遭遇。まだ小さいので、近くに大きなのがいるんじゃないかと、怖くなりましたが、親御さんは出てこず。
まったく道を譲ってくれないので、しばらく鹿さんについて行くことに。
おしりの白くてふさふさな毛がキュート♪

乗越まであがると、前回私たちが淋しさで半泣きで歩いたルートから、お姉さんがお一人で歩いてきました。
すごい。あの淋しルートをたったお一人で!気さくに挨拶してくださいました。尊敬〜。
ここから私たちとお姉さんは抜きつつ抜かれつで、歩きました。

木の感じも、石や土のかんじも、いよいよ丹沢っぽい雰囲気に。
ここの尾根道、好きだな。登りが続いてきついところもあるけど、それもまたよし。
もがくように登ってゆくと、ぽっかり空が開いて、ソーラーパネルとご対面。
やっと着いたんだ〜\(^o^)/

ぬかるむ山頂でしたが、ベンチを確保して、鍋焼きうどん注文へ。
小屋のなかにザックを背負ったまま入らないでください、とありますので、場所を取ってザックをおろしてから行きました。

そうそう、前にたしかヤマレコで読んだレコに、お水運んだけど山荘の方はありがとうも言わないしすごく素っ気ない、っていうのがあったので、
そのなんともいえない山の人っぽい対応をされちゃうのか!?とちょっとおそるおそる水を持って小屋の中へ。
「あの、、お水を運んできました」
と告げると、とても朗らかに、
「ありがとうございますっ!その赤いタンクへ入れて下さい!」
と指示をうけ、山荘のタンクへ運んできたお水をうつす。
「空いたペットボトルは、そこのビニール袋に入れてくださいっ」
と、鍋焼きうどんで混み合うカウンターからまた指示が飛んでくるので、言われたとおりにビニール袋へ。
どんな厳しいこと言われちゃうのかとドキドキしてましたが、小屋のなかは鍋焼きうどんを待つわくわく感でいっぱいでした。

名前を呼ばれて、さっそくアツアツの鍋焼きうどんを受け取ります!
受け取ったときにはまだ白身が透明な卵も、小屋を出てベンチに座る頃には白く固まってしまうくらい、グラグラと煮立っています。
この湯気♪そして香り♪最高じゃ、最高じゃ♪
しかし山頂の空気は冷たく、風がどんどん鍋焼きうどんを冷やしてゆくので、あったかいうちにどんどん食べます。
なんなの、このかぼちゃの天ぷらの美味しさ…!

ハフハフと味わっていると、何やら若い男子が登ってきました。
なんとあの17キロの灯油を片手に!!
「運んできましたあー!」の、彼の声に、山頂で休んでいたほとんどの方がどよめき、そして拍手!
彼も鍋焼きうどんを頼んだのでしょうか?
ぜひそこはひとつ、鍋焼きうどんタダにしてあげてほしいと思いました。

汁まですっかり飲み干して、食後に、持参したコーヒーを。
今回はバーナーも持ってきていないので、ザックもかなり軽かった。
コーヒー用のお湯は、テルモスで間に合います。

遠く真鶴半島まで見渡せる風景にも、大満足。
前回は濃霧でどこに何があるのかさっぱりわからなかったので、今回は海も見れてサイコーの風景でした。

時間があれば塔ノ岳まで行ってこようか?とも話していましたが、
今回は無理せずに、金冷しから下りました。
しばらくの間は、雪解けのどろんこで大変でしたが、それも花立山荘までくらいでした。長い大倉尾根をくだるのは今回で4度目?。
いつも感じる土ホコリも、湿っていたおかげで歩きやすかったです。
訪問者数:75人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 乗越 ガス 林道 バーナー 結露
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ