ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845334 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

奥日光 戦場ヶ原〜刈込湖・切込湖

日程 2016年04月12日(火) [日帰り]
メンバー Nya_Toro
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:08:40東武日光駅BS→(東武バス 湯元温泉行)→09:42赤沼BS
復路:15:52光徳温泉BS→(東武バス 日光駅行)→16:27東武日光駅BS
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
10分
合計
6時間24分
S赤沼バス停09:5209:53赤沼分岐10:26泉門池10:48小滝11:00湯滝12:00金精道路出合い12:16小峠12:44刈込湖(西岸)12:59切込湖12:4413:33涸沼13:4314:05山王峠12:4414:40光徳温泉(日光アストリアホテル)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湯元温泉から刈込湖・切込湖へのルートは、小峠以降は雪が残っている。踏み跡はしっかりしており、迷うことはないが、雪の下がアイスバーンになっていて滑りやすい。特に、刈込湖・切込湖湖畔のルートは要注意。
その他周辺情報ゴール後:日光アストリアルホテル 露店風呂(日帰り入湯1,000円)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 防寒着 着替え ザック 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

赤沼BSからスタート。快晴。思ったほどは寒くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沼BSからスタート。快晴。思ったほどは寒くない。
戦場ヶ原への入り口は、赤沼BSのすぐ近く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原への入り口は、赤沼BSのすぐ近く。
1
すれ違う人はほとんどなく、静かに進んでいく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すれ違う人はほとんどなく、静かに進んでいく。
湿原。もともとは、正面に見えている男体山の噴火による堰止湖だったらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原。もともとは、正面に見えている男体山の噴火による堰止湖だったらしい。
1
風も穏やかで気持ち良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風も穏やかで気持ち良い。
1
泉門池から男体山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泉門池から男体山を望む。
2
木道が整備されていて歩きやすい(走りやすい)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が整備されていて歩きやすい(走りやすい)。
水回りは鳥のさえずりと羽音と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水回りは鳥のさえずりと羽音と。
しっかりと整備されたルートを進んでいく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりと整備されたルートを進んでいく。
1
小滝。ここでルートは二手に。時間があったので、大回りする左のルートを進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝。ここでルートは二手に。時間があったので、大回りする左のルートを進む。
2
湯滝。正面に展望台が組まれていて見やすい。また、左側からは滝のすぐ近くまで行くこともできる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯滝。正面に展望台が組まれていて見やすい。また、左側からは滝のすぐ近くまで行くこともできる。
5
湯ノ湖は静か。ぐるっと半周進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ湖は静か。ぐるっと半周進む。
1
湖畔は雪が残っていて滑りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔は雪が残っていて滑りやすい。
1
これは・・もしかして熊棚・・・??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは・・もしかして熊棚・・・??
2
湯ノ湖の向こうに男体山。湖面は静か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ湖の向こうに男体山。湖面は静か。
3
湯元温泉の源泉。硫黄の臭いと湯気がすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯元温泉の源泉。硫黄の臭いと湯気がすごい。
ここから後半戦。刈込湖・切込湖への登山道。最初はこの程度の積雪でまったく問題なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから後半戦。刈込湖・切込湖への登山道。最初はこの程度の積雪でまったく問題なし。
小峠で休憩した後、巨大な岩を迂回すると・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小峠で休憩した後、巨大な岩を迂回すると・・。
ここからはそれなりに雪が残っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはそれなりに雪が残っている。
雪の下がアイスバーンになっていて、滑りやすい。この状態がずっと続いているので、意外と足元が疲れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の下がアイスバーンになっていて、滑りやすい。この状態がずっと続いているので、意外と足元が疲れる。
刈込湖。滑るので下に降りることはできず。残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈込湖。滑るので下に降りることはできず。残念。
1
切込湖は真っ白。凍っている。こちらも下には降りられず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切込湖は真っ白。凍っている。こちらも下には降りられず。
しばらく林の中の滑りやすい雪道が続くが、涸沼に出ると一気に開け、ルート上にはほとんど雪がなくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく林の中の滑りやすい雪道が続くが、涸沼に出ると一気に開け、ルート上にはほとんど雪がなくなる。
3
山王峠に登る途中、シカが飛び出してきてびっくり。いや、向こうもビックリか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山王峠に登る途中、シカが飛び出してきてびっくり。いや、向こうもビックリか。
1
山王峠に上がると、木道が整備された歩きやすいルートに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山王峠に上がると、木道が整備された歩きやすいルートに。
あとはひたすら下る。ふかふかしていてトレイルランニングには最適な下り斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはひたすら下る。ふかふかしていてトレイルランニングには最適な下り斜面。
雪もほとんどなく、快適に降りていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もほとんどなく、快適に降りていく。
ゴールは、光徳温泉・日光アストリアホテル。ゆっくり露天風呂に入ってから、バスで日光に戻って終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールは、光徳温泉・日光アストリアホテル。ゆっくり露天風呂に入ってから、バスで日光に戻って終了。

感想/記録

子供の頃に一度だけ行ったことのある戦場ヶ原を先に抜けてから、トレイルランニングの本で紹介されていた、奥日光の刈込湖・切込湖へ。戦場ヶ原は風もなく穏やかで、静かに木道を歩き、小滝・湯滝と湯ノ湖に抜ける。後半戦は、湯元温泉の源泉エリアから登山道に入り、刈込湖・切込湖を目指す。最初の内は雪は少ないが、小峠を超えたあたりからはそれなりに雪が残っており、ルート上のほとんで、雪の下がアイスバーンとなっているので滑りやすく足が疲れる。特に、刈込湖・切込湖の横はトレイルが狭く、ツルツルなので要注意。涸沼に抜けるあたりからは雪も少なくなり、快適に歩き&走りを楽しむことができ、予定通り光徳温泉(日光アストリアルホテル)にゴール。快晴に恵まれ、気持ちの良いハイキングだった。
訪問者数:485人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

クリ 木道 アイスバーン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ