ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845391 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

杣添尾根から赤岳

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー Yammut
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山ポスト脇10台くらい
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
3時間8分
合計
10時間7分
S海ノ口自然郷 横岳登山口06:0106:25東屋06:2706:31沢の木橋07:39「ここが中間点」標識08:31横岳展望地点09:07横岳(三叉峰)09:3709:43横岳09:48横岳(奥ノ院)09:5610:01横岳10:07横岳(三叉峰)10:1610:25石尊峰10:2710:29鉾岳10:3210:37日ノ岳10:3910:51二十三夜峰11:01地蔵の頭11:05赤岳天望荘11:1311:41赤岳頂上山荘11:44赤岳11:4811:51赤岳頂上山荘12:5413:07赤岳天望荘13:0813:12地蔵の頭13:1413:22二十三夜峰13:2713:35日ノ岳13:4313:46鉾岳13:5013:53石尊峰13:5914:01横岳(三叉峰)14:1414:32横岳展望地点14:57「ここが中間点」標識15:27沢の木橋15:3715:41東屋16:00海ノ口自然郷 横岳登山口16:0816:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所ありません。慎重に歩けば問題ないと思います。凍結箇所ありますのでアイゼン必要です。
その他周辺情報下山後、灯明の湯利用させていただきました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

登山口へ行く途中、雲が登っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口へ行く途中、雲が登っていた。
2
ちらほら凍結
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちらほら凍結
今日のピーク確認。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のピーク確認。
赤岳と駒ヶ岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳と駒ヶ岳方面
1
奥ノ院到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥ノ院到着。
1

感想/記録
by Yammut

前回からだいぶ久しぶりとなった山。今回は横岳をチョイス。体力の衰えを感じる山行きとなる。しかしながら、思いのほか、奥ノ院まで早くついてしまった。八ヶ岳ブルーに出会えなかったが、まだ下山にははやい。稜線の風もだいぶ落ち着いてきたこともあり、赤岳まで行くことにした。向かうピークは、見えているのになかなか遠い。アップダウンで足取りが重くなる。日頃の運動不足を感じる。自分に鞭をうち、天望荘まできたが、あきらかにばてていた。最後の登りの前に休憩をとる。シャリバテだったのか?行動食がやたらとうまい。気合を入れ。出発する。先ほどよりあきらかに足取りが軽くなっていた。山頂到着。すっきりとしないが、南アルプス、富士をうっすらと見ることができた。山荘脇で昼をとり。無事下山。本日も大自然に感謝。
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

行動食
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ