ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845508 全員に公開 山滑走甲信越

残雪期初見山!越後駒ヶ岳滑走

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー 0930050
天候曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
1時間34分
合計
9時間22分
S石抱橋08:0009:00柳沢出合09:1510:001064P10:1211:43小倉山12:1013:50駒の小屋14:1014:40道行山15:051241P15:2517:22石抱橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
例年を知りませんが、北又川沿いの林道はスキーを脱ぐ箇所が3箇所程度ありました。
柳沢もすぐに尾根にとり付かないとダメなようです。藪はうるさ目です。
稜線上は雪あります。
その他周辺情報大湯温泉のホテル湯元 \640 (タオル付き)
循環してるようですが、広くて快適でした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

シルバーライン出口付近の状況
何度も来ているこのエリアなのに、石抱橋を間違えるとは…
歩きだして気が付く。
2016年04月10日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シルバーライン出口付近の状況
何度も来ているこのエリアなのに、石抱橋を間違えるとは…
歩きだして気が付く。
1
北ノ又川沿いの林道からの荒沢岳
2016年04月10日 08:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ又川沿いの林道からの荒沢岳
しばらく写真撮影の余裕なく道行山手前からのエチコマ
曇りなのが残念。
2016年04月10日 10:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく写真撮影の余裕なく道行山手前からのエチコマ
曇りなのが残念。
道行山の下りから
もう、帰りの登山者が…
自分の出発が遅いだけか…
2016年04月10日 11:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道行山の下りから
もう、帰りの登山者が…
自分の出発が遅いだけか…
小倉山の肩から1763Pを望む。
結構急かなと思ったが、シール登行できました。
下りスキーヤー3名発見。
2016年04月10日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小倉山の肩から1763Pを望む。
結構急かなと思ったが、シール登行できました。
下りスキーヤー3名発見。
右端、コマP
ここから2時間で着くか??
2016年04月10日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右端、コマP
ここから2時間で着くか??
例年の雪量ならどれだけ白いものなのか。
2016年04月10日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年の雪量ならどれだけ白いものなのか。
1763P直下白沢源頭部
2016年04月10日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1763P直下白沢源頭部
ちょっと広角で
2016年04月10日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと広角で
ナイフリッジ後の小屋直下斜面(滝ハナ沢源頭)
2016年04月10日 13:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ後の小屋直下斜面(滝ハナ沢源頭)
ここはスキー担ぎました。
足元、バケツです。
2016年04月10日 13:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはスキー担ぎました。
足元、バケツです。
振り返れば…
コースアウトせずに滑ることができました。
2016年04月10日 13:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば…
コースアウトせずに滑ることができました。
コマの小屋
左下の三角屋根は水場で、なんと出てました。
頂上出パ前、ガスってきてしまった!
2016年04月10日 13:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマの小屋
左下の三角屋根は水場で、なんと出てました。
頂上出パ前、ガスってきてしまった!
せっかくの頂上もこんな感じの景色しか見られなかった。
2016年04月10日 14:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくの頂上もこんな感じの景色しか見られなかった。
帰路の小倉山肩から
ピークは雲の中に入ってしまってます。
ぎりぎりセーフ
2016年04月10日 15:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路の小倉山肩から
ピークは雲の中に入ってしまってます。
ぎりぎりセーフ
登りでスキーを外した箇所
ここを無理矢理つないで滑る人もいるようです。
2016年04月10日 16:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りでスキーを外した箇所
ここを無理矢理つないで滑る人もいるようです。
撮影機材:

感想/記録

 自分の敵は眠気である。下牧PAで寝過ごし、シルバーラインを出た橋を石抱橋と勘違い。スキーまで履いて歩きだしてから『枝折峠に登る国道が見当たらないなぁ』と思ったところでハッとする。開高健の石碑もない。何やってんのという感じだ。
 慌てて片足のみサンダルに履き替え移動、出発が8時になってしまった。石抱橋は駐車車両でいっぱいだ。他に3人がこの時間から出発した。
 川沿いの平原を進むと小さな橋の先でもう雪が切れており、トラバース道をシートラとなる。100m程で再び雪原となる。柳沢の出合までに他2回スキーを外す。柳沢へとトレースは続いているが、すでに流れは出ているので右岸を進むと小土砂崩れ状となり、またスキーを外す。この動作がなんとも面倒だ。単独のおじさんは沢をそのまま詰めていったようで、自分は早々に夏道のある尾根に取り付く。ブッシュうるさめ、高度を上げていきつつ周りを見るも、滑って下山ができるのか不安な雪の状態だ。下山の大パーティーに聞けば、上に行けば雪はあるよとのことだった。汗だくになってようやく1064mP付近に登りあげると、先行した2人が別の尾根から上がってきた。聞けばそちらはヤブだったということだ。
 道行山までは別の方の情報で『一旦スキーを担ぐ』とあり、記事通り、斜面の雪をつなげて歩くのは厳しいのが分かる。下りが快適ではないスキーはただの荒行難行、道行山で帰ってしまおうかと思ってしまったが、駒ケ岳を見ればなるほど滑れるじゃんという感じ。でも遠いなぁ…14時に行動打ち切りで登れるところまで登ることにする。ビシャ雪稜線はほとんど風もなく、かといって陽が射すわけでもなく、いい感じだ。百草ノ池付近で下山スキーヤーに『頂上まで2時間で行けます?』と聞けば、ニヤッと笑って『うーん…』とのリアクション。要は個人のポテンシャル次第と受け取り、先を急ぐ。P1763へはシールも効き、ジグ切って登れた。この先のリッジ状はコースアウトしたらどうしよう??と思ってしまうが、皆さん上手に滑っていらっしゃること。大チョウナ沢方面へは、止まるところ何もなしといったところだ。
 次の急斜面をシートラで登ると念願の小屋に到着。やっぱり一泊で来ればよかったと思わせるようなロケーション、最も驚いたのが水が出ていたことだ。小屋関係者に感謝です。頂上も目と鼻の先、14時を回ったが行くことにしたが、あれ??ガスが…
 もっとも快適と思われる直下斜面が、人のシュプール伝いに降りてこなくてはならないことになってしまった。ピークからは他の山はほとんど見ることはできず、早々に下山準備をする。天気が悪くなる予報だったので、雲の影響がない高度まで滑ってから大休憩することにした。滝ハナ沢・白沢源頭部は快適な滑走で、あんなに大汗かいて登ってきた斜面も、25分で小倉・道行の鞍部に到着。振り返れば百草池位の高度まで、黒い雲に包まれてしまっていた。朝の2h遅刻は大きい。
 再びシールを張り道行山に登る。ここから先は一度スキーを外すも、何とか雪をつなぎ、林道に到着した。あとは風呂のことだけを考え、ひたすら車へと急いだ。
 風呂は大湯温泉のホテルで、快適なお風呂がほぼ貸し切りのような状態だったため、かなりのんびり過ごしてしまい帰宅が遅れ、翌日の仕事にかなり影響してしまうことになった。
 次回は泊まりで頂上周辺を滑りまくりたい。
訪問者数:400人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ