ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845793 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳(書策新道途中で敗退!ホソノノ尾根で木ノ又大日へ)

日程 2016年04月13日(水) [日帰り]
メンバー kaz01, その他メンバー1人
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢より
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間9分
休憩
1時間10分
合計
8時間19分
S戸沢山荘07:0307:11天神尾根入口(旧書策新道入口)07:5712:44木ノ又小屋12:50木ノ又大日12:5113:20塔ノ岳13:2313:26尊仏山荘13:2913:30塔ノ岳13:3313:47金冷シ13:52花立13:5313:59花立山荘14:15天神尾根分岐15:02天神尾根入口(旧書策新道入口)15:0315:09戸沢山荘15:2115:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
書策新道は廃道になっており、崩落個所多数。山と高原地図の?マークの所で本当に、?になり撤退。
ホソノノ尾根は山と高原地図と丹沢詳細地図にも載っていませんが、特に問題無く登れましたが、下山時は尾根を外さないように注意。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

久しぶりに戸沢から塔ノ岳を目指します。書策新道で・・・。(大丈夫かな?)
2016年04月13日 07:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに戸沢から塔ノ岳を目指します。書策新道で・・・。(大丈夫かな?)
8
まずは、天神尾根登山口に向かいます。(書策新道の入口も同じ所からの様です。一応ちゃんと調べたツモリです。)
2016年04月13日 07:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、天神尾根登山口に向かいます。(書策新道の入口も同じ所からの様です。一応ちゃんと調べたツモリです。)
2
天神尾根登山口から反対側の沢を渡って、階段を登りました。
2016年04月13日 07:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根登山口から反対側の沢を渡って、階段を登りました。
2
ハイッ!最初から間違えていますねー。進んでいくとGPSのルートと少しズレている気がしていましたが、誤差の範囲だと思っていました。(正解は左の尾根を登る、でした。)
2016年04月13日 07:21撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイッ!最初から間違えていますねー。進んでいくとGPSのルートと少しズレている気がしていましたが、誤差の範囲だと思っていました。(正解は左の尾根を登る、でした。)
5
おかしいなーと、思っていたら立派な鎖場が出て来たので、ナゼかひと安心する。
2016年04月13日 07:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おかしいなーと、思っていたら立派な鎖場が出て来たので、ナゼかひと安心する。
5
でも、最初から鎖場なんて、有ったのかな?と、疑問に感じながらも、楽しく登る。
2016年04月13日 07:24撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、最初から鎖場なんて、有ったのかな?と、疑問に感じながらも、楽しく登る。
15
でも、妻は必死でした。
2016年04月13日 07:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、妻は必死でした。
19
鎖場を過ぎた時、ようやくルートが違う事に気付く。やはり、正しいルートは、この上でした。
2016年04月13日 07:29撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を過ぎた時、ようやくルートが違う事に気付く。やはり、正しいルートは、この上でした。
4
戻るのも大変(本当は、面倒)なので、尾根へ直登してみましたが・・・足元が非常に悪く、かなり滑ります。
2016年04月13日 07:38撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻るのも大変(本当は、面倒)なので、尾根へ直登してみましたが・・・足元が非常に悪く、かなり滑ります。
5
結構登ってしまいましたが、これ以上は本当に危険そうなので、諦めて戻りました。(ロープ持ってて良かった。)
2016年04月13日 07:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構登ってしまいましたが、これ以上は本当に危険そうなので、諦めて戻りました。(ロープ持ってて良かった。)
12
戻るのが大変でした。ようやく再スタートです。写真のトラロープの所から入ります。(悪アガキしたせいで、1時間弱ロスタイムしてしまいました。)
2016年04月13日 07:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻るのが大変でした。ようやく再スタートです。写真のトラロープの所から入ります。(悪アガキしたせいで、1時間弱ロスタイムしてしまいました。)
2
尾根をそれた所から崩落個所が出て来たので、ロープで妻を補助しながら進みます。
2016年04月13日 08:22撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をそれた所から崩落個所が出て来たので、ロープで妻を補助しながら進みます。
8
振り返った所。この崩落個所はココでは、ほんの序の口でした。
2016年04月13日 08:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返った所。この崩落個所はココでは、ほんの序の口でした。
2
橋の方が危ないです。
2016年04月13日 08:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の方が危ないです。
4
この崩落地はロープがありましたが、緊張します。
2016年04月13日 08:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この崩落地はロープがありましたが、緊張します。
3
滝が見えました。
2016年04月13日 08:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が見えました。
8
何て事ない写真にみえますが・・・。
2016年04月13日 08:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何て事ない写真にみえますが・・・。
1
崖も怖いけど、この橋も怖い!。
2016年04月13日 08:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖も怖いけど、この橋も怖い!。
4
ココもスゴイ!(落ちたら、多分アウトです。)
2016年04月13日 08:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココもスゴイ!(落ちたら、多分アウトです。)
11
前の写真を振り返った所。よくレコで見る危険個所です。
2016年04月13日 09:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真を振り返った所。よくレコで見る危険個所です。
1
本谷沢かな?。
2016年04月13日 09:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷沢かな?。
1
渡歩しますが、岩が滑ります。
2016年04月13日 09:06撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡歩しますが、岩が滑ります。
7
レコでよく見ます。
2016年04月13日 09:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコでよく見ます。
1
このペットボトルもよく見ます。
2016年04月13日 09:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このペットボトルもよく見ます。
1
渡歩すると、急登です。
2016年04月13日 09:12撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡歩すると、急登です。
3
ヤバイかもです。ガスって来た!。
2016年04月13日 09:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤバイかもです。ガスって来た!。
2
コケに付く雫が綺麗ですねー。(こんな写真を撮る余裕が、この時はまだ、ありました。)
2016年04月13日 09:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケに付く雫が綺麗ですねー。(こんな写真を撮る余裕が、この時はまだ、ありました。)
26
崩落地を通過した所です。よく見えませんが、ポールの奥にロープが見えます。
2016年04月13日 09:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地を通過した所です。よく見えませんが、ポールの奥にロープが見えます。
1
この位置にテープで通行止めが有ります。左に折り返して登ります。
2016年04月13日 09:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この位置にテープで通行止めが有ります。左に折り返して登ります。
1
少し進むとまたテープが有ります。ここを入るとホソノノ尾根で木ノ又小屋に出られる様です。白いプレートは案内ではありません。(この先が困難ならエスケープで使えるかも?と思いました。)
2016年04月13日 09:39撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むとまたテープが有ります。ここを入るとホソノノ尾根で木ノ又小屋に出られる様です。白いプレートは案内ではありません。(この先が困難ならエスケープで使えるかも?と思いました。)
3
また崩落地です。以前はトラロープの所から行けたみたいですが、崩落が進んでいる様で、上に新しいロープが有りました。
2016年04月13日 09:49撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また崩落地です。以前はトラロープの所から行けたみたいですが、崩落が進んでいる様で、上に新しいロープが有りました。
5
前の写真を振り返った所。ココも慎重に渡りました。
2016年04月13日 09:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真を振り返った所。ココも慎重に渡りました。
2
また沢に出ました。この後大雨になったら怖いかも。
2016年04月13日 09:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また沢に出ました。この後大雨になったら怖いかも。
2
予想以上に、書策新道は荒れています。
2016年04月13日 09:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想以上に、書策新道は荒れています。
2
?・・・ナゼこんな所に?。
2016年04月13日 10:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
?・・・ナゼこんな所に?。
2
また沢だ。今度はセドノ沢かな?。
2016年04月13日 10:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また沢だ。今度はセドノ沢かな?。
1
レコで見る案内が有ります。
2016年04月13日 10:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコで見る案内が有ります。
2
沢は渡らない様です。
2016年04月13日 10:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢は渡らない様です。
1
先程の案内どうりに登って行きます。
2016年04月13日 10:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程の案内どうりに登って行きます。
2
あれ?ロープが沢に・・・?。えっ?降りるの?それとも木が折れて下に落ちゃったの?。
2016年04月13日 10:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?ロープが沢に・・・?。えっ?降りるの?それとも木が折れて下に落ちゃったの?。
3
この先は、降りるのか?それとも登るのか?????。
2016年04月13日 10:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は、降りるのか?それとも登るのか?????。
4
下に滝がみえるので、このまま登ってみる事に。
2016年04月13日 10:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に滝がみえるので、このまま登ってみる事に。
2
踏み後が有りましたが、途中で消えた・・・。無理に登ってみましたが、足元が非常に悪く妻にはムリでした。
2016年04月13日 10:14撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み後が有りましたが、途中で消えた・・・。無理に登ってみましたが、足元が非常に悪く妻にはムリでした。
3
一旦戻り、沢周辺を調べましたが、視界が悪くルートが分かりません。(ココは、その一つの急斜面です。)
2016年04月13日 10:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦戻り、沢周辺を調べましたが、視界が悪くルートが分かりません。(ココは、その一つの急斜面です。)
3
妻の補助が大変なので、今度は、一人探してみました。
2016年04月13日 11:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻の補助が大変なので、今度は、一人探してみました。
2
アチコチだいぶ登って調べてみましたが、この天候で無理に進むと本当に遭難しそうなので、今回はココで書策新道を撤退する事にしました。(木の根を掴みながら登ったので、戻る時はロープを使う羽目に・・・。)
2016年04月13日 11:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アチコチだいぶ登って調べてみましたが、この天候で無理に進むと本当に遭難しそうなので、今回はココで書策新道を撤退する事にしました。(木の根を掴みながら登ったので、戻る時はロープを使う羽目に・・・。)
6
先程のテープの所まで戻って来ました。このまま下山も考えましたが、あの崩落地帯をまた戻るのもイヤなので、ホソノノ尾根で登ります。
2016年04月13日 11:27撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程のテープの所まで戻って来ました。このまま下山も考えましたが、あの崩落地帯をまた戻るのもイヤなので、ホソノノ尾根で登ります。
2
相変わらずガスでルートの先がよく見えません。このルートは、丹沢詳細地図にも載っていないし、下調べもしていません。でも尾根道なので大丈夫?でしょう。
2016年04月13日 11:40撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずガスでルートの先がよく見えません。このルートは、丹沢詳細地図にも載っていないし、下調べもしていません。でも尾根道なので大丈夫?でしょう。
1
ヘトヘトでしたが夢中で行動していたので、腹が減ったのを忘れてました。途中で立ったまま昼食にしました。(そういえば前回も立ったままカップメンを食べていた。)
2016年04月13日 12:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘトヘトでしたが夢中で行動していたので、腹が減ったのを忘れてました。途中で立ったまま昼食にしました。(そういえば前回も立ったままカップメンを食べていた。)
18
歩きにくい細尾根が幾つか出て来ました。
2016年04月13日 12:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくい細尾根が幾つか出て来ました。
9
乾いていれば問題無いですが、一応ロープで妻を補助しながら進みます。
2016年04月13日 12:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾いていれば問題無いですが、一応ロープで妻を補助しながら進みます。
2
ロープ場が出て来ましたが、特に問題ナシ。
2016年04月13日 12:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場が出て来ましたが、特に問題ナシ。
2
もうすぐ表尾根の稜線ですが、ガスでホワイトアウト寸前!。(バリルートなので少々不安)
2016年04月13日 12:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ表尾根の稜線ですが、ガスでホワイトアウト寸前!。(バリルートなので少々不安)
2
歩いているとガスの中から木ノ又小屋が見えてきました。コレが見えた時は、本当にホッとしました。
2016年04月13日 12:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いているとガスの中から木ノ又小屋が見えてきました。コレが見えた時は、本当にホッとしました。
7
木ノ又小屋の前でナゼか立ったまま休憩。ザックを降ろすとだいぶ汚れていました。(今回も、前回もナゼだか一度も腰をおろして休憩していません。)
2016年04月13日 12:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋の前でナゼか立ったまま休憩。ザックを降ろすとだいぶ汚れていました。(今回も、前回もナゼだか一度も腰をおろして休憩していません。)
10
足元を見るとズボンもだいぶ汚れている。今回は色々と格闘しました。
2016年04月13日 12:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元を見るとズボンもだいぶ汚れている。今回は色々と格闘しました。
4
ホソノノ尾根を登っている時、こんな天候なので政次郎尾根で下山も考えましたが、予定通り塔ノ岳に向かいます。
2016年04月13日 13:02撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソノノ尾根を登っている時、こんな天候なので政次郎尾根で下山も考えましたが、予定通り塔ノ岳に向かいます。
3
ようやく塔ノ岳に到着!。予想を裏切らないこの景色!。
2016年04月13日 13:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく塔ノ岳に到着!。予想を裏切らないこの景色!。
34
展望が無いので、いつものネコを探していたら斜面の草ムラから登場!。
2016年04月13日 13:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が無いので、いつものネコを探していたら斜面の草ムラから登場!。
42
今日は大変な登山になってしまいましたが、唯一癒された時間でした。
2016年04月13日 13:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は大変な登山になってしまいましたが、唯一癒された時間でした。
42
オマエは怪獣か!(アッ!登山中ズット立ちっぱなしだと思っていたけど、この瞬間だけ、しゃがんでいた。)
2016年04月13日 13:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オマエは怪獣か!(アッ!登山中ズット立ちっぱなしだと思っていたけど、この瞬間だけ、しゃがんでいた。)
87
アンタも誰かさんみたいにワイドボディーだね〜。
2016年04月13日 13:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンタも誰かさんみたいにワイドボディーだね〜。
59
では下山開始です。ネコが寂しそうに見ていました。
2016年04月13日 13:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では下山開始です。ネコが寂しそうに見ていました。
36
下山は、天神尾根で戸沢に降ります。
2016年04月13日 13:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は、天神尾根で戸沢に降ります。
3
今日の展望は、ズット白い景色だけでーす。(後ろの道標が十字架みたいダ!?)
2016年04月13日 13:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の展望は、ズット白い景色だけでーす。(後ろの道標が十字架みたいダ!?)
10
大蔵尾根を離れ、暗い天神尾根に入ります。
2016年04月13日 14:18撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蔵尾根を離れ、暗い天神尾根に入ります。
2
急登を降りますが、コレは滑りそうです。
2016年04月13日 14:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を降りますが、コレは滑りそうです。
3
この岩、何かに見えます。(イルカか?犬か?)
2016年04月13日 14:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩、何かに見えます。(イルカか?犬か?)
4
先程苦労した書策新道方面が見えました。
2016年04月13日 14:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程苦労した書策新道方面が見えました。
2
朝来た登山道に合流。
2016年04月13日 15:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝来た登山道に合流。
5
ああ〜ココは平和だ。
2016年04月13日 15:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ〜ココは平和だ。
6
朝はコノ沢の上流に居たんだなーと、眺める。
2016年04月13日 15:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝はコノ沢の上流に居たんだなーと、眺める。
2
コケタのではありません。洗っているのです。
2016年04月13日 15:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケタのではありません。洗っているのです。
12
ようやくゴール。無事に帰って来ました。
2016年04月13日 15:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくゴール。無事に帰って来ました。
11
おまけ:帰りの林道を走っていると、林道脇の駐車場に警察車両がズラリ。何か有ったのかな?(他の場所にも止まっていました。)
2016年04月13日 15:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ:帰りの林道を走っていると、林道脇の駐車場に警察車両がズラリ。何か有ったのかな?(他の場所にも止まっていました。)
6

感想/記録
by kaz01

今回は、表丹沢でもまだ行った事がない書策新道に行ってみました。
しかし、このルートは廃道になっており、登山道はかなり荒れていて崩落個所が多く大変な思いをしました。
「ココは、けして興味半分で立ち入ってはナラズ、必ず経験者を同伴しなければならない」と、以前に何方かのレポを見た事があります。

でも、行ってしまいました・・・。
だって、行ってみないと分からないし・・・。
しかし、行ってみるとその意味が・・・。
結果、ヤッパリ途中でルートが分からず撤退へ・・・。
そして、今は反省・・・。(毎度、反省)
やはり、私のレベルでは、まだまだ早過ぎた無謀な登山となりました。

以前から書策新道で登ってみたいと思い、色々と調べたつもりでしたが、スタート直後から、ルートを間違えてしまいました。
途中で気が付いた時、素直に引き返すべきでしたが、目的の稜線がすぐ横だったので直登してしまいました。
登り始めてすぐに足元が悪く、ガラガラと崩れ落ちるような状態でしたが、気付けばだいぶ登っていました。稜線まではもう少しでしたが、そこから先がナカナカ行けずに諦めて戻る事にしましたが、今度は降りるのも大変でロープを使うハメになり結局1時間程、時間と体力を無駄にしてしまいました。

戻って再スタートしましたが、入口は以外に分かりやすい所でした。
尾根を登って行くと、道は尾根を外れ右斜面を進む道になります。廃道なのでアチコチ崩落個所が有ります。崩落個所にはロープが有りましたが足元が非常に悪く、高度感もある所など慎重に進んで行きました。
何度か沢を渡歩する個所が出てきます。雨はまだ降っていなく水量は少ないですが、もしこの後、雨が降って増水したら撤退できなくなるかも?と、思いました。
よくヤマレコで見掛ける目印などもあり、何とか順調に進んでいると、セドノ沢に出ました。(たぶん?)
ココにも目印があり、それにはルートを示す説明が書いてありました。沢沿いを左に進むルートのようでロープがあります。そのロープを掴んで進んで行くと途中で垂直に沢へ降りていました。
確か沢には降りないハズでは?と思いロープの先を見ると折れた木に巻いてあります。もしかするとロープを止めていた木が折れて落ちたのかも知れないなどと思い、先に踏み跡がないか探しました。
そして踏み跡がわずかに有ったので、その方向へ登って行きましたが途中でナゼか消えていました。それでもそのまま登ってみましたが、足元が非常に悪く、沢の方へズルズルと滑り、妻にはとても危険でムリだと思いました。
その後も、周辺にクリアー出来るルートは無いのか、1人でアチコチ登って調べてみましたが、ドコも妻では危険なので今回はココで諦めました。
しかし、また数々の崩落地帯を戻るのも大変なので、途中にあるホソノノ尾根で木ノ又小屋へ向かう事にしました。
このルートは、丹沢詳細地図にも記載が無いので少々不安もありましたが、尾根道なので尾根を外さなければ大丈夫だろうと時々GPSを確認しながら進みます。
先程の、書策新道と違い歩きやすいのですが、結構急登で細尾根も幾つかあり、何となく小丸尾根に似ている感じでした。
しばらく急登を登っていると、ガスがドンドン濃くなり視界が殆どきかない状態になり不安でしたが、ガスの中から木ノ又小屋が見えた時には、短い登山経験の中で一番ホッとした瞬間でした。(ちょと大げさかな?)

その後は、予定通り塔ノ岳に向かいます。(予定より2時間ほどオーバーですが。)
山頂に到着しましたが、やはり展望は全くありません。こんな天候の平日ですが7〜8名の登山者がいました。(スタートの戸沢から、表尾根の稜線までは誰にも会いませんでした。)
山頂でネコと少し遊んだ後、天神尾根で下山しました。

今回の書策新道は本当に大変でしたが、バリルートの厳しさを身をもって勉強した、とても意味の有る経験だと思いました。

*あと、前回十二ヶ岳に持って行ったロープが、ザックに入れっぱなしで良かった。
あっ!思い出した、確か前回、危険な所は控えようとか言っていたような、言わなかったような・・・・?。(今回は、本当に反省です。)
訪問者数:1356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/10
投稿数: 86
2016/4/15 9:41
 ずいぶん荒れてましたね
kaz01さん、初めまして。
書策新道はずいぶん荒れてますね。このルートはほとんどがトラバースなので、地図読みもあまり役に立たないうえに、今回のように周囲がよく見えないと踏み跡も見にくくて難しいですね。
昨年の12月以来、歩いていませんが、踏み跡が見えにくいと、こっちだったかな?なんて良くあります。(危ないところは秦野警察と市役所の人たちがテープを貼ってます。)
写真の42は白竜の滝だと思いますが、ルートは滝の直ぐ下を通るので、kaz01さん達は滝の上方を上がってしまったようですね。その下は鉱山跡への崖ですね。
それとホソノノ尾根も尾根すじだけど、わかりにくいでしょう?
帰りの天神尾根も林の中で、崩れた丸木の階段の憂鬱なルートですよね。
書策新道は秋が綺麗ですので、青空の日がお薦めです。
登録日: 2014/8/9
投稿数: 139
2016/4/15 17:36
 Re: ずいぶん荒れてましたね
初めまして、old-diverさん。書策新道の情報を色々と調べていましたらold-diverさんのレポが有りましたので、何度か拝見させて頂きました。ありがとうございました!。
実際に行ってみると、予想以上に崩落が多くて大変でしたが、ロープが設置されていて、何とか私達でも進む事が出来ました。しかし、ご指摘の有った滝の所で、私はルートが分からなくなり引き返しました。
自分なりに色々と調べたつもりでしたが、まだまだ甘かったようで勉強不足でした!。
その後のホソノノ尾根の取付き地点も、old-diverさんのレポで確認していたので、おかげ様で何とか稜線まで登る事が出来ました。
今回、楽しみにしていた書策新道ルートは、あいにくの天候で視界も足元も悪く少し残念でしたが、またいつか訪れてみたいと思います。
滝の名前やルートなど教えて下さって、ありがとうございました!。
またレポを参考にさせて頂たいと思いますので、今後もよろしくお願いします。
登録日: 2013/4/11
投稿数: 1155
2016/4/16 21:33
 ここ歩いたんですか
今晩は スゴイとこ歩いて来ましたね
裏のルートは怖いですね

最近は丹沢怠けて歩いていませんが歩くのはメインルートなので
ちょっと自分は無理ですね
奥さんも大したもんですね

こういうルートが好きなんですね
写真見ただけで自分はビビりました

無事に下山で良かったですね
やはり丹沢は歩きがいありますね
また頑張って下さい
登録日: 2014/8/9
投稿数: 139
2016/4/16 23:15
 Re: ここ歩いたんですか
こんばんは、shou2さん。
以前から気になっていたルートで、大変そうな事は分かっていたツモリでしたが、予想以上に大変でした。
マサカこんなに沢山崩落個所が有るとは思いませんでした!。
それと、ルートも不明瞭な所が有り、高原地図にも?マークが有るのに、天候の悪い日に行ってしまいました。
(運動音痴の妻を連れて行くルートではありませんね。)
この様な、危険で迷い易いルートは、天候も含め事前にチャンと計画しなければイケないと思いました。
心配して頂きまして、ありがとうございました。
またいつか、再チャレンジしてみたいと思います。
登録日: 2010/4/27
投稿数: 298
2016/4/17 11:08
 書策新道!
大変お疲れさまでした!お2人ともケガなくご無事で本当に良かったです。いや〜しかしこの書策新道、通ったことは無いのですがこんなに荒れているのですね。ここは丹沢のVRでもかなり上級コースのようですね・・・切れ落ちたトラバース箇所も多そうですし、単独では更に怖そう。写真7、18、19、39その他と、kazさんのレポ読ませて頂いただけで震えあがっております(笑)。ホソノノ尾根の存在も初めて知りました。まだまだいろんな道があるものなのですねぇ。こうした道をアチコチと登っているうちに徐々に地図上の踏破ルートが増えてゆくのも嬉しいものですよね(でも丹沢は無数のルートが存在しますから全て塗り潰すのは至難の業ですよね

塔のネコちゃんは誰かが下へ連れて帰るって話があったそうですが、立ち消えになったのかな?でも皆さんが餌をあげているから食べることには困らなそうですね。ホントは今日、私も西丹沢の某ルートに行くはずでしたがこの天候で断念しました。来週行けるかな〜。あと、あれ以来どうしても戸沢林道を歩けずにいます。どのVRよりもあそこがまだ怖いです(笑)。

※書策新道、私がフォローさせてもらってるnavecatさんの昨日レポにも上がってました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-846140.html
登録日: 2014/8/9
投稿数: 139
2016/4/17 21:13
 Re: 書策新道!
こんばんは、ご心配頂きまして恐縮です。
私達にはこのルート、トライするのがまだ早かったようでした。
以前から書策新道はどうしても行ってみたくて、最近はバリルートや十二ヶ岳の様なルートを登って、少しは経験を積んで来たつもりでしたが、ヤッパリまだまだ甘いですね。

書策新道は、崩落地帯が多く登山道は荒れていて、おまけに初めて行ったのにガスで視界が悪く予想以上に大変でした。
途中でルートが分からなくなった時、来た道を引き返すのも、それなりのリスクが有ったので、何とか頑張ってアチコチ探してみましたが、これ以上天候が悪くなり大雨にでもなったら、本当に遭難しそうだったので諦めました。
私も、ホソノノ尾根のルートは、登るつもりではなかったので、存在以外調べていませんでした。(調べもしないで、バリルートを登るなんて普通ありえませんよね!)

恐らく私の登山の中では、1番苦労した経験だと思います。(またまた反省です。)
なので、しばらく書策新道には近づかないつもり・・・でしたが、その後色々と調べていたら、またチャレンジしてみたくナッチャイました。(←反省してないだろ!)
近いうちではナイと思いますが、いずれリベンジの予定です。(←未定です。)

それと、山頂のネコは、雨が降っているのに外にいました。あのネコは山荘で飼っているのでは、ないのですかね。どなたかが引き取る噂でしたからやっぱりノラなのでしょうか?。
でも、元気そうでしたし、いなくなったら寂しいですよね。

ryoさんは、西丹沢へ行かれる計画のようでしたが、あいにくの天候で残念でしたね。今度は、晴れてくれるとイイですね。またレポを楽しみにしています!。

あと、ryoさんがフォローしている方の情報ありがとうございました。これからジックリ見て参考にさせて頂きたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ