ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845968 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走関東

谷川岳(天神尾根から谷川岳往復)

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー tetsu0710
天候うす曇り、時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

天神平駅8:10→田尻尾根8:32宇→熊穴沢避難小屋9:10→天狗の溜り場10:10→10:50トマの耳11:00→11:24オキの耳12:00→天狗の溜り場12:42→天神平駅14:10
コース状況/
危険箇所等
オキの耳付近に張り出す雪庇に注意
その他周辺情報駐車場はリフト駅にあり。1000円/日
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

天神平駅の脇から登山道に入ります。
2016年04月10日 08:13撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平駅の脇から登山道に入ります。
谷川岳が見えました。雪が少ない。
2016年04月10日 08:33撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳が見えました。雪が少ない。
2
残雪の急登を登って行きます。
2016年04月10日 08:34撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の急登を登って行きます。
1
ここら辺は軽快ですね。
2016年04月10日 08:41撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺は軽快ですね。
アイゼンを履いていると歩き難いです。
2016年04月10日 08:55撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンを履いていると歩き難いです。
山スキーが出来ますね。
2016年04月10日 09:06撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山スキーが出来ますね。
2
日が出てくると暑くなります。
2016年04月10日 09:07撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が出てくると暑くなります。
1
ここからが急登。
2016年04月10日 09:48撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが急登。
2
急登を頂上を目指してゆきます。スキーで滑って来る人もいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を頂上を目指してゆきます。スキーで滑って来る人もいました。
2
お疲れちゃん。
2016年04月10日 10:14撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れちゃん。
トマの耳に到着。
2016年04月10日 10:53撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳に到着。
2
矢張り雪の少ないオキの耳(谷川岳山頂)
2016年04月10日 11:08撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢張り雪の少ないオキの耳(谷川岳山頂)
4
山頂は静かでした。
2016年04月10日 11:25撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は静かでした。
3
虫が寄って来るみたいです。あと少しっ!頑張れっ!
2016年04月10日 11:35撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫が寄って来るみたいです。あと少しっ!頑張れっ!
3

感想/記録

残雪期登山の足慣らしに、天神尾根から谷川岳を往復してきました。
ゴンドラリフトは往復で、1,960円、駐車場は1,000円/日です。紅葉シーズンとは打って変わって、残雪期はスキーヤーやボーダー、登山客しか来ないので、駐車場はガラガラでした。今年は雪が少ないので、天神平スキー場もイマイチといった感じです。
ゴンドラを降りて、リフト脇から登山道になります。雪上訓練をするには良い斜面が多数あります。ひと登りの急登で、田尻尾根を乗越て、そこから30分程で熊穴沢避難小屋に到着します。例年この時期だと、完全に埋没しているはずですが、すでに小屋半分近くまで、露出しており、雪の少なさが十分に伺えます。既に夏道が露出している状態で、アイゼンは外した方が安全かもしれません。
熊穴沢避難小屋からは徐々に急登になり、2時間程でトマの耳に到着、そこより10分でオキの耳(谷川岳山頂)に到着します。急斜面の下りは軽快に飛ばしました。山スキーを持ってきている人もいて。気分良さげに滑っていました。この時期の谷川岳は訪れる人も少なく、静かな山行が楽しめます。またトマの耳からオジカ沢の頭方向に目をやると、中ゴー尾根がはっきりと見られます。この中ゴー尾根の東側を谷川岳に突き上げるのが、ヒツゴー沢です。今度はヒツゴー沢から、谷川岳を目指したいと思います。このように、色々なジャンルで山頂を目指すことが出来るのも、谷川岳の魅力だと思いました。
訪問者数:503人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ