ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 846230 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

東六甲縦走 (有馬〜宝塚)

日程 2016年04月12日(火) [日帰り]
メンバー mesner
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

 阪急有馬バス停発 9:00
 9:12−魚屋道登山口ー9:21
 10:00−トンネル跡ー10:05
 11:05−山頂ー11:29
 11:47−石の宝殿
 12:05−水無山ー12:10
 12:36−船坂峠ー12:41
 13:12−大平山三角点ー13:24
 13:46−大谷乗越ー13:51
 14:29−鉄塔下ー14:34
 14:51−塩尾寺
 阪急宝塚駅着ー15:31
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

感想/記録
by mesner

 ◆ 今日は良い天気だ。気温 6〜19度。しかし家を出る時は少々肌寒かった。寒気は午前中に抜けるらしい。
 紅葉谷に下る炭屋道の分岐を過ぎると、右手(西)に紅葉谷と裏六甲の番匠屋畑尾根が見え出す。
 先週は白いタムシバが連なって咲いていたが、今日はそれに、木々の萌える黄緑や赤みがかった色が加わり、とても美しかった。先週のタムシバも、長いこと六甲に来ていても、あんなに咲いているのを見たのは初めてだったが、今日の眺めも初めて気が付いた。上から眺めないと良く分からないし、新芽の成長は早いので、来週にはもう分らなくなっている事だろう。

 ◆ 石の宝殿からドライブウェイに分かれて、縦走路に入るが、「宝塚まで12km」の看板は、朽ちかけて文字が分らなくなっている。そして初めて気が付いたが、此処にタムシバより大きな、白い花弁を付けた(木蓮ではない)辛夷が植えられていて、満開だった。

 ◆ 私の最初の休憩地は水無山だが、その途中ピークを一つ越えて二つ目のピークが水無山だ。昼からの上りはしんどい。何処が山頂か分からない緩やかな頂で、三角点も無い笹薮の山だ。
 余り気持ちのよい休憩場所ではない。

 ◆ 次は、船坂峠だ。この間約150mの下りだが、このコースの最も悪路で、岩場ではないが、雨上がりや冬場の凍結した時は往生する所だ。水無山から直ぐに約100mの下りがあり、ピークを二つ越えて、最後に60mを一気に下ると峠に着く。
 休憩場所として時間的にはいい所だが、腰を下ろす岩も無ければ倒木も無く、水無山同様気持ちのいい所ではない。この後緩やかだが登りが続くので、昔のように素通りする訳には行かない。
 このコースは、いい休憩地は最後の鉄塔下だけだ。
 
 ◆ 次の大平山までも、二つの尾根を越えて行く。二回の登りがある。それぞれ50mと20mなのだが、午後の登りは次第にしんどくなる。
 何時もは、三角点の在る所には立ち寄らず、下の林道を下って行くのだが、今日は久し振りに、林道を横切り三角点で休むことにした。
 アンテナの東側で、狭い場所だ。
 下りは元に戻らず、旧縦走路を東に進むと、次の二つ目のアンテナを囲んだ金網に突き当たる。ここで左に進み、旧縦走路に出ることも出来るが、人が殆ど通らず荒れているので右(南)へ下り、林道に出る。

 ◆ 林道を少し歩くと縦走路の分岐がある。下って行くと西宮から船坂に通ずる車道に出る。此処が大谷乗越で、車道を渡ると小さな広場になっており、腰を下ろす倒木や石がある。
 此処から最後の休憩地としている高圧線の鉄塔下までは、小さなピークが三つほどあるが、初めは尾根の南側を巻いて行く。丁度真ん中あたりで尾根を跨いで北側の斜面を通るようになる。左側の北方向には、塩瀬の街や山肌を削っている、宅地造成の工事中かと思われる様な処が見える。
 これまでの様にきついアップ・ダウンはきつくはないが、距離が長く、私の脚で40分も掛かる。

 ◆ 最後の休憩地の鉄塔下は、何時も関電が高圧線の下の樹木を短く伐っているので、このコースで唯一展望が利く場所だ。南から南東方向にかけて、西宮、尼崎、大阪の市街地のビルが見える。正面に金剛山が、更にその奥に大峰の山々が見えるのだが、最近は天気が良くても、残念ながら霞んで良く見えない。
 
 ◆ 此処まで来ると、今日も終わりかと、感慨にかられる。阪急宝塚まで あと一時間だ。しかし、最後の車道の急な下りはうんざりする。塩尾寺から300mを一気に下ることになる。
 山頂から宝塚まで、昔は3時間位だったものが、最近は4時間近くかかるようになり、今日は遂に4時間を越えてしまった。それでも面白い。今年3回目だ。
 
 
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/25
投稿数: 1623
2016/4/16 23:28
 こんばんは mesnerさん
相変わらず快調のようですね

その昔塩尾寺で顔を洗ったり体をふいたりしたことを思い出しました
高度はそんなにあったのですね すぐ宝塚駅に着いたような気がしました
記憶はだんだん曖昧になるようです
登録日: 2012/8/13
投稿数: 1029
2016/4/17 12:04
 Re: 東六甲縦走
o・dreamer さん、今日は。

 塩尾寺(えんぺいじ)は意外と高い所にありますよ。
 昔、若い頃には、私も下りてきて喉がからからで、水を貰ったことがありますよ。今はとてもかっこ悪くて出来ません。
 それに、昔は誰でも使える処に水道がありましたが、今は無くなりました。

 此処を下る時は、力を出すと言ふより、急坂なので膝と膝上の筋肉でショックを受け止めて下るのが、疲れた脚に堪えます。
 私も若い時は、そう感じなかったものですが、最近はうんざりしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

乗越 林道 三角点 紅葉 倒木
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ