ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 846320 全員に公開 ハイキング関東

狭山周辺廃線めぐり 西武安比奈線と羽村山口軽便鉄道

日程 2016年04月15日(金) [日帰り]
メンバー bobandou, その他メンバー1人
天候快晴。しかし風が非常に強い。風通しの良いところでは立っていられないほど。
アクセス
利用交通機関
電車バス
その1・西武安比奈線
START……西武新宿線・南大塚駅にて下車。
GOAL……JR川越線・的場駅から乗車。

その2・羽村山口軽便鉄道の横田基地から西側
START……JR八高線・東福生駅にて下車。
GOAL……JR青梅線・羽村駅から乗車。

その3・羽村山口軽便鉄道の横田基地から東側
START……JR青梅線・昭島駅にて下車。立川バス・IHI行きに乗って春名塚BSにて下車。
GOAL……西武狭山線・西武球場前から乗車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
3時間2分
合計
8時間55分
S南大塚駅08:0008:31森の手前の菜の花畑08:3709:15安比奈ヤード跡折返点09:40八瀬大橋中間点10:01的場駅→東福生駅10:5811:12神明緑道(軽便鉄道跡)入口11:30JR青梅線踏切11:3111:38羽村貨物駅跡の広場11:3911:45羽村取水堰11:5811:58羽村駅→武蔵村山市春名塚BS13:3214:10横田トンネル入口14:1214:31赤坂トンネル出口14:33行き止まり点14:3714:44不法投棄ゴミの山(自転車道との合流点)14:4815:39狭山湖堰堤の南端14:5416:10西武球場前駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 危険なところはありません。車にはご注意ください。

 西武安比奈線は、正式には依然西武の私有地ですが、テレビドラマの撮影や地元民の散歩道として使われ、様々なかたちで紹介されている有名なところですので、歩くだけなら事実上問題ないところであろうかと存じます。但し、当然のことながら、ここは公道や自治体が整備するハイキング道ではありませんので、つまずいて怪我をした場合には自己責任となります。とくに、線路や腐った枕木が草木に隠れ、思わぬ転倒をやらかしてしまいがちですので注意。また、森の中はマムシが出るため、注意を促す看板が立っています。

 羽村山口軽便鉄道のトンネル群のうち、通行可能な最後のトンネルである赤坂トンネルを出たのち、十字路を左に曲がりますと、さらに踏み分け道が三方に別れ、最も良く踏まれている小尾根の道を登りましたが、かなり急で滑りやすく、登りきったところと自転車道の間には不法投棄のゴミが山積! このゴミの山をゆっくり歩いて辛うじて自転車道に脱出しましたが、それがイヤな場合は引き返し、別の分かりやすい道から多摩湖畔の自転車道にアクセスすることをお勧めします。

 総歩行距離は21.56km。場所が飛び飛びですので、ヤマレコの距離グラフが正確でない点はご諒解ください。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

01. 西武新宿線の南大塚駅にて下車。2000系の並びシーンゲット♪
2016年04月15日 07:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
01. 西武新宿線の南大塚駅にて下車。2000系の並びシーンゲット♪
10
02. 駅のホームから、安比奈線の線路が分かれて行くのが見えます。
2016年04月15日 07:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
02. 駅のホームから、安比奈線の線路が分かれて行くのが見えます。
5
03. 最初のカーブは完全に柵に囲まれ、キレイに草が刈られています。
2016年04月15日 08:02撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
03. 最初のカーブは完全に柵に囲まれ、キレイに草が刈られています。
3
04. 国道16号線を越えると、草に埋もれた散歩道状態に。
2016年04月15日 08:08撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
04. 国道16号線を越えると、草に埋もれた散歩道状態に。
6
05. 家庭菜園と化したほのぼの空間。
2016年04月15日 08:10撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05. 家庭菜園と化したほのぼの空間。
8
06. さすがにこの橋は渡れませんので迂回。画面左には武甲山が見えます。
2016年04月15日 08:13撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06. さすがにこの橋は渡れませんので迂回。画面左には武甲山が見えます。
6
07. 次に現れる橋も、水路を徒渉できるかどうか微妙でしたので、改めて迂回。
2016年04月15日 08:16撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07. 次に現れる橋も、水路を徒渉できるかどうか微妙でしたので、改めて迂回。
4
08. 蒲公英の花咲く野の道という風情♪
2016年04月15日 08:27撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08. 蒲公英の花咲く野の道という風情♪
3
09. 菜の花に囲まれて墓標のように立つ架線柱……。
2016年04月15日 08:31撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09. 菜の花に囲まれて墓標のように立つ架線柱……。
8
10. 菜の花を撮りつつ
2016年04月15日 08:32撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10. 菜の花を撮りつつ
11
11. しばし近所のおじさんと談笑。
2016年04月15日 08:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11. しばし近所のおじさんと談笑。
5
12. 線路は奥の森の中へ入って行きます。
2016年04月15日 08:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12. 線路は奥の森の中へ入って行きます。
1
13. 一見すると途絶えているように見えますが、
2016年04月15日 08:40撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13. 一見すると途絶えているように見えますが、
3
14. 素晴らしき新緑の森の道でした☆
2016年04月15日 08:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14. 素晴らしき新緑の森の道でした☆
13
15. 森を抜け出たあたり。
2016年04月15日 08:44撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15. 森を抜け出たあたり。
3
16. 去りがたく振り返ります。
2016年04月15日 08:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16. 去りがたく振り返ります。
4
17. 道路を渡ると、NHK朝ドラ『つばさ』で登場した橋が。
2016年04月15日 08:48撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17. 道路を渡ると、NHK朝ドラ『つばさ』で登場した橋が。
7
18. しかし、ドラマに合わせて一時多数現れた観光客への対応で、両脇に杭が立てられたのは興ざめ(外側に出るとマムシが出るため、注意喚起)。
2016年04月15日 08:49撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18. しかし、ドラマに合わせて一時多数現れた観光客への対応で、両脇に杭が立てられたのは興ざめ(外側に出るとマムシが出るため、注意喚起)。
4
19. 木の根が長い年月をかけてレールを呑み込んでいます。
2016年04月15日 08:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19. 木の根が長い年月をかけてレールを呑み込んでいます。
9
20. 素晴らしい雰囲気!
2016年04月15日 08:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20. 素晴らしい雰囲気!
11
21. やがて線路は八瀬大橋に阻まれ (=安比奈線の復活を見越していない!)、探訪者は橋の下をくぐることに。
2016年04月15日 08:54撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21. やがて線路は八瀬大橋に阻まれ (=安比奈線の復活を見越していない!)、探訪者は橋の下をくぐることに。
4
22. 水道橋のアーチの間から大岳山が見えます。
2016年04月15日 08:57撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22. 水道橋のアーチの間から大岳山が見えます。
2
23. 枕木はいつの間に腐り果て、線路の幅がメチャクチャに。
2016年04月15日 09:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23. 枕木はいつの間に腐り果て、線路の幅がメチャクチャに。
3
24. かつて入間川の川砂利を積み出していた貨物駅の跡に到着。
2016年04月15日 09:04撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
24. かつて入間川の川砂利を積み出していた貨物駅の跡に到着。
3
25. 富嶽を遠望! 新雪が風に巻き上げられていました。
2016年04月15日 09:07撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
25. 富嶽を遠望! 新雪が風に巻き上げられていました。
18
26. 入間川沿いの美しい芽吹きを楽しみ、引き返すことにします。
2016年04月15日 09:15撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
26. 入間川沿いの美しい芽吹きを楽しみ、引き返すことにします。
2
27. 黄昏系鉄道風景の横綱級と言っても良いでしょう……。
2016年04月15日 09:21撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
27. 黄昏系鉄道風景の横綱級と言っても良いでしょう……。
12
28. ここを再び電車が走る日も見てみたかったですが……。
2016年04月15日 09:26撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
28. ここを再び電車が走る日も見てみたかったですが……。
6
29. 八瀬大橋の人道橋から、大岳山〜武甲山の連なりを望む。橋の上は猛烈な風で歩くのがやっと (@_@)。
2016年04月15日 09:39撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
29. 八瀬大橋の人道橋から、大岳山〜武甲山の連なりを望む。橋の上は猛烈な風で歩くのがやっと (@_@)。
30. JR川越線の的場駅に到着〜。次のスポット・羽村山口軽便鉄道跡の西側部分に移動します。
2016年04月15日 10:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30. JR川越線の的場駅に到着〜。次のスポット・羽村山口軽便鉄道跡の西側部分に移動します。
1
31. 当たったのはこの編成。八高線・八王子〜高麗川間電化20周年HMつき♪ そういえば既にそんなに経つのですなぁ……。
2016年04月15日 10:42撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
31. 当たったのはこの編成。八高線・八王子〜高麗川間電化20周年HMつき♪ そういえば既にそんなに経つのですなぁ……。
9
32. (おまけ) 部分電化前の八高線を走っていた車両のうち、国鉄末期に少数造られたキハ38は、その後久留里線を経て、6両中5両がミャンマーで活躍しています (今年3月撮影)。
2016年03月13日 18:07撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
32. (おまけ) 部分電化前の八高線を走っていた車両のうち、国鉄末期に少数造られたキハ38は、その後久留里線を経て、6両中5両がミャンマーで活躍しています (今年3月撮影)。
9
33. 羽村山口軽便鉄道のうち、横田基地の西側の区間を歩きます。東福生駅からアクセス!
2016年04月15日 10:58撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
33. 羽村山口軽便鉄道のうち、横田基地の西側の区間を歩きます。東福生駅からアクセス!
34. まずは横田基地の敷地沿いに。英語を直訳した日本語が何かエラソーでヘン (笑)。
2016年04月15日 11:04撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
34. まずは横田基地の敷地沿いに。英語を直訳した日本語が何かエラソーでヘン (笑)。
35. 無味乾燥な工業団地の狭間に忽然と廃線跡(神明緑道)が現れますので、見落とさず左折。
2016年04月15日 11:12撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
35. 無味乾燥な工業団地の狭間に忽然と廃線跡(神明緑道)が現れますので、見落とさず左折。
1
36. 道路の反対側から中断点を望む。画面奥の高い建物は米軍ハウス。
2016年04月15日 11:12撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
36. 道路の反対側から中断点を望む。画面奥の高い建物は米軍ハウス。
1
37. 緑濃くなりゆく未舗装の道。下には東京水道が流れています。
2016年04月15日 11:15撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
37. 緑濃くなりゆく未舗装の道。下には東京水道が流れています。
2
38. 印刷工場にブチ当たって少々迂回します。工場の建物のうち、軽便鉄道跡=東京水道の部分だけは空洞になっているのが面白い。
2016年04月15日 11:16撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
38. 印刷工場にブチ当たって少々迂回します。工場の建物のうち、軽便鉄道跡=東京水道の部分だけは空洞になっているのが面白い。
39. 春の彩り豊かな散歩道♪
2016年04月15日 11:20撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
39. 春の彩り豊かな散歩道♪
7
40. 団地を斜めに横切ります。奥には大岳山のてっぺんが。
2016年04月15日 11:23撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40. 団地を斜めに横切ります。奥には大岳山のてっぺんが。
1
41. ハナミズキの季節もそろそろ終わり、初夏近し。間もなく突き当たるJR青梅線は、少々青梅寄りの踏切で越えます。
2016年04月15日 11:27撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
41. ハナミズキの季節もそろそろ終わり、初夏近し。間もなく突き当たるJR青梅線は、少々青梅寄りの踏切で越えます。
1
42. こういうイラストを見かけると「ネロとパトラッシュ」という固有名詞が頭に浮かぶ方はオッサンに認定 (汗)。
2016年04月15日 11:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
42. こういうイラストを見かけると「ネロとパトラッシュ」という固有名詞が頭に浮かぶ方はオッサンに認定 (汗)。
3
43. チューリップ満開の季節ですね!
2016年04月15日 11:36撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
43. チューリップ満開の季節ですね!
3
44. 多摩川の手前に広がる広場がかつての軽便鉄道終点。多摩川の川砂利はインクラインでここまで上げ、鍋型トロッコ貨車に積み替えていたようです。
2016年04月15日 11:38撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
44. 多摩川の手前に広がる広場がかつての軽便鉄道終点。多摩川の川砂利はインクラインでここまで上げ、鍋型トロッコ貨車に積み替えていたようです。
2
45. 斜面の遊歩道を下ると、玉川上水と東京水道の取水口。遅咲きの桜と蒼い水の組み合わせが印象的。
2016年04月15日 11:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
45. 斜面の遊歩道を下ると、玉川上水と東京水道の取水口。遅咲きの桜と蒼い水の組み合わせが印象的。
6
46. 玉川上水沿いに少々上流へ。何となく京都っぽい風景?
2016年04月15日 11:44撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
46. 玉川上水沿いに少々上流へ。何となく京都っぽい風景?
5
47. 羽村取水堰に到着! 東京西部の小学校の遠足定番スポットなのだとか。
2016年04月15日 11:50撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
47. 羽村取水堰に到着! 東京西部の小学校の遠足定番スポットなのだとか。
1
48. 周囲の柔らかな緑と合わせて、なかなか優雅な雰囲気。
2016年04月15日 11:47撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
48. 周囲の柔らかな緑と合わせて、なかなか優雅な雰囲気。
3
49. 江戸時代、玉川上水の建設に尽力した「玉川兄弟」の像。
2016年04月15日 11:55撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
49. 江戸時代、玉川上水の建設に尽力した「玉川兄弟」の像。
4
50. 多摩川対岸の緑はまさに萌え萌えモード。
2016年04月15日 11:53撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50. 多摩川対岸の緑はまさに萌え萌えモード。
5
51. 遥か奥に望む山は、形状や防火帯の存在からして、もしかして雲取山……?
2016年04月15日 11:52撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
51. 遥か奥に望む山は、形状や防火帯の存在からして、もしかして雲取山……?
5
52. サクッと歩いて羽村駅に到着。駅北口「ぎょうざの満洲」で昼食としました。
2016年04月15日 12:08撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
52. サクッと歩いて羽村駅に到着。駅北口「ぎょうざの満洲」で昼食としました。
2
53. ちょこっと青梅線に乗って昭島駅へ。立川バスのIHI (石川島播磨重工) 行きに乗って、羽村山口軽便鉄道の東側を目指します。
2016年04月15日 13:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
53. ちょこっと青梅線に乗って昭島駅へ。立川バスのIHI (石川島播磨重工) 行きに乗って、羽村山口軽便鉄道の東側を目指します。
1
54. 25分少々乗り、終点の一つ手前「春名塚」で下車。
2016年04月15日 13:32撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
54. 25分少々乗り、終点の一つ手前「春名塚」で下車。
55. IHI工場群の手前で途切れているシーンを望みます。
2016年04月15日 13:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
55. IHI工場群の手前で途切れているシーンを望みます。
56. こんな感じの遊歩道が、約2.4kmにわたってひたすら真っ直ぐ続きます。
2016年04月15日 13:38撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
56. こんな感じの遊歩道が、約2.4kmにわたってひたすら真っ直ぐ続きます。
4
57. たまに、武蔵野の面影を残す雑木林が広がります。
2016年04月15日 13:49撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
57. たまに、武蔵野の面影を残す雑木林が広がります。
2
58. ソメイヨシノ満開の頃には、花見客多数でなかなか真っ直ぐ進めないかも。
2016年04月15日 13:59撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
58. ソメイヨシノ満開の頃には、花見客多数でなかなか真っ直ぐ進めないかも。
2
59. 「関ふれ」とは異なる「武蔵野の路」というトレイルも設定されているのですね〜。
2016年04月15日 14:05撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
59. 「関ふれ」とは異なる「武蔵野の路」というトレイルも設定されているのですね〜。
60. いよいよ、ようやく、狭山丘陵の斜面が迫って来ました♪
2016年04月15日 14:07撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
60. いよいよ、ようやく、狭山丘陵の斜面が迫って来ました♪
1
61. 素晴らしい新緑に包まれて、最初の「横田トンネル」が口を開いています。
2016年04月15日 14:10撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
61. 素晴らしい新緑に包まれて、最初の「横田トンネル」が口を開いています。
2
62. 思わず見上げてしまう青空と新緑☆
2016年04月15日 14:11撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
62. 思わず見上げてしまう青空と新緑☆
6
63. 中へ進むと一転、口径が小さく暗いトンネルに。丹沢玄倉林道の青崩トンネルと比べれば超楽勝ですが (笑)。
2016年04月15日 14:12撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
63. 中へ進むと一転、口径が小さく暗いトンネルに。丹沢玄倉林道の青崩トンネルと比べれば超楽勝ですが (笑)。
7
64. 一つトンネルを抜けると、次のトンネルがすぐに現れます。これは赤堀トンネル入口。
2016年04月15日 14:14撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
64. 一つトンネルを抜けると、次のトンネルがすぐに現れます。これは赤堀トンネル入口。
2
65. こちらは御岳トンネル入口。本当に静かで、鳥のさえずりのみが聞こえてきます。
2016年04月15日 14:19撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
65. こちらは御岳トンネル入口。本当に静かで、鳥のさえずりのみが聞こえてきます。
2
66. 御岳トンネルを抜けると、良い感じの森が現れました。
2016年04月15日 14:23撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
66. 御岳トンネルを抜けると、良い感じの森が現れました。
3
67. 赤坂トンネル入口。新緑が余りにも素晴らしく、しばし歩みを止めて激写モードに♪
2016年04月15日 14:25撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
67. 赤坂トンネル入口。新緑が余りにも素晴らしく、しばし歩みを止めて激写モードに♪
3
69. こんな青空と若葉の組み合わせに出会えたことに感謝。
2016年04月15日 14:26撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
69. こんな青空と若葉の組み合わせに出会えたことに感謝。
9
70. 一層暗いトンネルを抜けると……
2016年04月15日 14:29撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
70. 一層暗いトンネルを抜けると……
4
71. 最早民家は見られず、狭山丘陵の森の真っ只中に!
2016年04月15日 14:31撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
71. 最早民家は見られず、狭山丘陵の森の真っ只中に!
8
72. 絶品の森!
2016年04月15日 14:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
72. 絶品の森!
3
73. 第五トンネルの先は多摩湖の立入禁止ゾーンにつき、トンネルは封鎖され、ここで引き返します。
2016年04月15日 14:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
73. 第五トンネルの先は多摩湖の立入禁止ゾーンにつき、トンネルは封鎖され、ここで引き返します。
2
74. 若葉の躍動!
2016年04月15日 14:37撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
74. 若葉の躍動!
8
75. 稜線の自転車道に登ります。画面左の、尾根っぽい道を選んだのですが……
2016年04月15日 14:39撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
75. 稜線の自転車道に登ります。画面左の、尾根っぽい道を選んだのですが……
1
76. 上へ行くほど傾斜が厳しく滑りやすい……。上から見下ろしてヤレヤレ。
2016年04月15日 14:44撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
76. 上へ行くほど傾斜が厳しく滑りやすい……。上から見下ろしてヤレヤレ。
3
77. しかし今度は、自転車道の脇に大量の不法投棄ゴミが……。引き返すことも考えましたが、慎重に歩けば行けそうでしたので強行突破……(>_<)。※画像は見苦しいのでボカしました。
2016年04月15日 14:45撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
77. しかし今度は、自転車道の脇に大量の不法投棄ゴミが……。引き返すことも考えましたが、慎重に歩けば行けそうでしたので強行突破……(>_<)。※画像は見苦しいのでボカしました。
78. 多摩湖の北西側の自転車道をひたすら東に向かいます。
2016年04月15日 14:55撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
78. 多摩湖の北西側の自転車道をひたすら東に向かいます。
1
81. 狭山湖堰堤の入口で咲き誇るアカヤシオ。
2016年04月15日 15:37撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
81. 狭山湖堰堤の入口で咲き誇るアカヤシオ。
15
82. 烈風で荒波逆立つ狭山湖の奥に奥多摩の稜線。何という奇景……。
2016年04月15日 15:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
82. 烈風で荒波逆立つ狭山湖の奥に奥多摩の稜線。何という奇景……。
9
83. 台風並みの突風が吹いていなければ、湖面の新緑もゆっくり楽しめたのですが……。
2016年04月15日 15:49撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
83. 台風並みの突風が吹いていなければ、湖面の新緑もゆっくり楽しめたのですが……。
8
84. 再びアカヤシオを眺めつつ、駅へラストスパートに入ります。
2016年04月15日 15:56撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
84. 再びアカヤシオを眺めつつ、駅へラストスパートに入ります。
3
85. 西武球場前駅に到着〜。試合開催日ではないため閑散。
2016年04月15日 16:09撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
85. 西武球場前駅に到着〜。試合開催日ではないため閑散。
5
86. 所沢に移動し、16時台からやっている居酒屋に入り、超充実の一日に乾杯!!
2016年04月15日 16:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
86. 所沢に移動し、16時台からやっている居酒屋に入り、超充実の一日に乾杯!!
12
撮影機材:

感想/記録

 首都圏で桜の季節がほぼ終わり、若葉の色が目に鮮やかな今日この頃。暑くもなく寒くもなく、草木が生い茂って虫がたくさん出るわけでもない頃合いを見計らって、かねてから狭山丘陵周辺の鉄道廃線跡を歩いてみようと思っていたのですが、そんなプランに西武沿線在住鉄ヲタ友人のフォトグラファー氏が合流しまして、2路線3ヶ所をまとめて歩いてきました。数日前に互いの休みをすり合わせて決めた日取りに、ちょうど上手い具合に快晴が重なり、しかも非常に湿度が低いということで、まさに低地ウォーク日和、ルンルンにマニアックな道中を楽しんだ次第です♪

 今回の最初の目的地は、西武新宿線の終点一つ手前・南大塚駅から分かれる「安比奈 (あひな) 線」。元々は、入間川の川砂利を運ぶ貨物線だったものの、休止となって以来はや53年。線路には草木が生い茂り、枕木もあちこちで朽ち果て、廃線跡ウォーク趣味界における格好のターゲットとされ、私もいつか歩いてみたいと思っておりました。そんな路線が何故廃止されず休止のままだったのかと言えば、西武新宿線沿いの宅地開発進展による増発に備え、かつての貨物駅跡に大規模な車庫をつくり、それへのアプローチ線とするためだったのですが、今や若年層減や都心回帰現象のため、今さら西武新宿線の複々線化や増発という時代ではなくなり、ついに西武は去る2月、国交省に廃止届を提出しました。そして今年中に正式に廃止となりますと、完全に荒廃して草木の間に消えてしまい、探訪どころではなくなるはず。否、その前に、黄金週間あたりを過ぎれば間違いなく草深く鬱陶しくなること間違いなし。したがって、この春は安比奈線を歩く最後のチャンスだったのでありました。

 もう一つの目的地は、戦前の一時期のみ運行されていた水源開発のためのトロッコ路線である「羽村山口軽便鉄道」。多摩川の川砂利を運んで多摩湖や狭山湖を建設し、東京の水源を確保するために存在していたのですが、とりわけ狭山丘陵南端の稜線を通過するためにトンネルをいくつも作っており、そのうち計4ヶ所のトンネルは今でも自転車&遊歩道として日中のみ利用可能なほか(夕方になると入口のシャッターが自動で閉まります)、平地を真っ直ぐ貫く区間も遊歩道として整備されています。但し、米軍横田基地の存在によって線路跡は分断され、東西別個に訪れなければならないほか、多摩湖の水源林を貫く区間は厳重に立入禁止となっています……。

 というわけで、こんな感じで歩いてみたのですが、快晴で若葉が余りにも鮮やかで、狭山路の晩春から初夏という雰囲気を心から満喫しながら、かつてそこを列車がゴトゴト走っていた光景を想像するという、何とも充実のひとときとなりました☆ 今年の春においては珍しく、常に富士山や奥多摩・奥武蔵が見え続けたのもラッキー! 距離も結構 (?) 歩きまくり、打ち上げで入った居酒屋でのビールが美味かったぁ〜〜!! 

 ただ、余りにも風が強く、八瀬大橋や狭山湖堰堤ではしばしば立っていられないほどの烈風となり、距離相応よりもはるかに疲れたのは否めません。また、猛烈な風がヒノキ花粉を激しく飛散させ、帰宅後にはイヤ過ぎる症状が……。それでも、これでまぁ花粉症の季節も終了に向かい、これから初夏の山が面白い季節に突入すると思えば、まいっか、という感じでしょうか。

 以上、日帰りにしては多数の画像と長文で恐れ入りますが、ご覧頂き誠にありがとうございました。また、ご案内役の地元民フォトグラファー・A様には、濃厚で楽しいマニアックなひとときを共有して下さったことに、心よりお礼申し上げます!! 次はそのうち奥武蔵を漫遊しましょう♪
訪問者数:345人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/21
投稿数: 25
2016/4/19 8:40
 東京近郊にこんな廃線跡があるとは〜
こんにちは。

東京近郊にこんな廃線跡があるとは知りませんでした。完全な廃墟にならずにかろうじて線が残っているのは、まだ復活する可能性があったから、ということなのですね。田園や森の中を朽ちた線路が走ったり、はたまたトンネルがあったり、廃線跡を巡るのも何か味わい深いですねえ。

今年の春は10日間ほど日本を離れていたこともあり、花の盛りを見逃しておりました。bobandouさんのヤマレコを続けて見て春の始まりから終わりまでを味わえ、見逃した分かそれ以上に今年の春を堪能できた気分です

ではでは
登録日: 2013/11/24
投稿数: 374
2016/4/19 12:31
 >hiyo-ruさま
 こんにちは、コメントどうもありがとうございます!
 まぁ、こんな廃線の存在は普通知らないですわなぁ〜。鉄ヲタの場合も、この二つの路線は名前こそ知られていますが、実際に訪れるかというと話は全く別で、むしろ訪れたことがないヲタの方が圧倒的に多いですし……。

 西武安比奈線の場合は、復活する可能性があったからこそ、既に全く走れなくなった線路がそのまま放置されて存在感を主張していたわけですが、帰宅後改めていろいろググッてみたところ、西武は正式廃止後に線路を撤去するとかしないとか。すると、完全放置で草木に埋もれる可能性の他に,土地を川越市に丸ごと譲渡して遊歩道になるという可能性も出て来ました。すると、今回歩いたもう一つの路線である羽村山口軽便鉄道と同じようになるものと思われますが、こういう気合いの入った 廃線シーンは永遠に過去のものになります……。

 まぁ、廃線跡が遊歩道として整備されれば、大きな河川の堤防に設けられたサイクリングロードと同じく、車が入ってこない格好の「平地赤線延ばしロード」になりますので、それはそれで悪い話ではないのですが (^^;)。去る2月に筑波山の北に抜けた後に歩いた「つくばりんりんロード」も廃線跡ですし……。

 それはそうと、確かにhiyo-ru御一家のネパール漫遊は、ちょうど京都の桜が満開になる頃合いでしたね! まぁ、今年は昨年にも増して、花見の外国人観光客が京阪奈に殺到し大変だったようですから、それを避けて人の少ない (それはそれで問題ありですが) ネパールでゆっくりされたのは良かったのではないかと思います。

 しかーし!関西の春はまだまだ終わっていない! 洛北や比良の標高500mi以上の山々が一番美味しく輝くシーズンがまさに到来するではないですか! 黄金週間後半頃の比良のブナ林とか、いずれ見てみたいものですが……混んでる新幹線とか乗りたくないもので 、まずはhiyo-ruさんのレコの続編を楽しみに待つことに致します。
登録日: 2014/3/27
投稿数: 793
2016/4/19 13:23
 近くにあったら…
bobandouさん、こん○×は(^o^)/

このような緑に囲まれた廃線があったら、この時期最高の散歩道ですね。神奈川南部にはないのかなぁ… 足元がいい感じに草が生えている箇所も多いので、お嬢dogと歩くのにもってこいなんですがね

14〜20なんぞ、昔の車両で走ったらさぞ気持ちいい感じでしょうね

mamepapa dogleo

ヒノキ花粉の症状は治まりましたか
登録日: 2013/11/24
投稿数: 374
2016/4/19 18:55
 >mamepapaさま
こんばんは、コメントどうもありがとうございます!
ええ……草が若干生えた程度の廃線や休止線でしたら、適度なデコボコ感もあるということで、まさにお嬢様をはじめ犬の散歩にはちょうど良いかも知れないですね〜。  ただ、神奈川県ですと……う〜む、残念ながら思いつかないのが実情です。

横浜市内ということもあって一番雰囲気がちょうど良かったのは、本牧三渓園の東にある、神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅の南側から、三菱の工場や中小企業団地の脇を通って塩の貯蔵所に向かって延びる「国際埠頭線」でした。休止線状態から一旦塩輸送で復活したのち、約10年前に再び休止となり、今ではかなりの区間を南本牧ふ頭へのアプローチ道路の高架橋づくりのために提供してしまい、二度と列車が走ることはないだけでなく、場末の超ローカル感も消えてしまったという……。  

ま、ともあれ、鉄道廃線跡を歩くというのは、まさに「昔こんな車両がこんな景色の中を走っていたんだなぁ……」ということに想いを馳せるという空想趣味なのです。

花粉症につきましては、既にピークを過ぎているらしいのと、薬が良く効くため、結局割とすぐに治ってしまいました 。今年一番ヤバかったのは、三浦アルプスを縦走した日でしたね……
登録日: 2015/3/6
投稿数: 167
2016/4/20 17:31
 近所
ぎゃ、ウチの近所を通過しているので、一瞬ドキっとしました 笑
すれちがったかな・・・
登録日: 2013/11/24
投稿数: 374
2016/4/20 20:14
 >iga1966さま
こんばんは、コメントどうもありがとうございます!
この日、一眼レフを下げたおっさん2名が住宅街を歩いているという、何とも怪しい光景をご覧になったのでしたら、多分そうです (笑)。

地図上に赤線を引いて、その通りに歩いてみたら、意図せずして他のヤマレコユーザーの方のご近所を歩いていたことが発覚した……ということは時たま起こります 。このレコにコメントを頂いたmamepapa様のご自宅のすぐそばの、富士山が見える稜線を通っていたこともありますし……

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ