ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 846553 全員に公開 ハイキング京都・北摂

保津峡からミツバツツジ愛でに愛宕・竜ヶ岳周回

日程 2016年04月15日(金) [日帰り]
メンバー inisie
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き: JR京都駅から保津峡駅まで20分、240円。
帰り: 京都バス清滝バス停から野々宮神社前まで230円。
    徒歩3分でJR嵯峨嵐山駅より京都駅240円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
25分
合計
7時間40分
S保津峡駅07:5007:55保津峡橋07:58愛宕山登山口07:5908:04保津峡橋09:01荒神峠09:0509:42ツツジ尾根方面分岐09:49水尾分かれ09:59ケーブル愛宕駅跡10:0210:08水尾分かれ10:25黒門10:30愛宕神社社務所10:42愛宕山10:5511:01(展望広場)12:13竜ヶ岳12:1513:26首なし地蔵13:2715:01月輪寺登山口15:09(水場)15:15東海自然歩道分岐15:23愛宕神社二の鳥居15:2415:30清滝バス停15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
保津峡駅からツツジ尾根経由で愛宕山表参道合流地点まで
明瞭なルートですが、案内板はありません。
竜ヶ岳から芦見谷への下降は激下りで一部不明瞭な箇所あり。
首無し地蔵から一旦林道に出て、約600m下ると、右手に赤テ
表示の登山道あり。
ここから八丁山ルートを通らず梨ノ木谷出合まではルート不鮮明。
ナビと地形図でルーファイ要す。
その他周辺情報トイレは保津峡駅改札出たところ、愛宕神社境内、清滝大駐車場
すぐのところにそれぞれあり。
京都バス清滝バス停から京都駅行きは平日、土日ともに17:05発
が最終。
(但し、阪急嵐山駅までなら毎時0分発と33分発は遅くまであり)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

JR保津峡駅から愛宕山を見る
2016年04月15日 07:48撮影 by E5000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR保津峡駅から愛宕山を見る
2
ツツジ尾根に上がるとすぐにホソバミツバツツジ
があらわれる。
2016年04月15日 08:06撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ尾根に上がるとすぐにホソバミツバツツジ
があらわれる。
5
満開を過ぎたとはいえ、尾根の左右に
次から次へと楽しめた。
2016年04月15日 08:11撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開を過ぎたとはいえ、尾根の左右に
次から次へと楽しめた。
2
やがて「荒神峠」へ。ここを直進
2016年04月15日 09:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて「荒神峠」へ。ここを直進
2
7合目「水尾の分かれ」
2016年04月15日 09:47撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目「水尾の分かれ」
2
「水尾の分かれ」の50m先を右折、しばらく
行くと、戦前まで運行していた「愛宕ケーブル
カー駅舎」がある。
2016年04月15日 09:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「水尾の分かれ」の50m先を右折、しばらく
行くと、戦前まで運行していた「愛宕ケーブル
カー駅舎」がある。
4
70年以上も経っているので、建物はぼろぼろ。
全国の廃線マニアには外せないスポットのよう
である。
2016年04月15日 09:58撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
70年以上も経っているので、建物はぼろぼろ。
全国の廃線マニアには外せないスポットのよう
である。
1
愛宕神社に到着。
2016年04月15日 10:41撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社に到着。
3
気温は5度Cだった。この日、冬へ逆戻りの
寒さのせいか薪ストーブが暖かく、汗で濡れ
たウエアーはみるみる乾いた。
2016年04月15日 10:40撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は5度Cだった。この日、冬へ逆戻りの
寒さのせいか薪ストーブが暖かく、汗で濡れ
たウエアーはみるみる乾いた。
竜ヶ岳へのルートに入ると、クロモジの
木々が増えてきた。
2016年04月15日 11:20撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳へのルートに入ると、クロモジの
木々が増えてきた。
4
コブシのやや小さめの花も美しく
天に向かってあちこちに咲いている。
2016年04月15日 11:30撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブシのやや小さめの花も美しく
天に向かってあちこちに咲いている。
4
しばらく進むと「馬酔木ロード」が迎えてくれる。
ちょうど花の最盛期だったが、個人的にはあまり
スキではない(^o^)
2016年04月15日 11:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと「馬酔木ロード」が迎えてくれる。
ちょうど花の最盛期だったが、個人的にはあまり
スキではない(^o^)
2
なだらかな尾根を登り詰めると「竜ヶ岳」
真西にある「地蔵山」が手に届きそうだ。
2016年04月15日 12:08撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな尾根を登り詰めると「竜ヶ岳」
真西にある「地蔵山」が手に届きそうだ。
5
こちらは三角点がなく、小さなケルンが積んである。
お向かいの地蔵山は一等三角点。
2016年04月15日 12:09撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは三角点がなく、小さなケルンが積んである。
お向かいの地蔵山は一等三角点。
2
竜の山頂から激下りしたらやがて「竜ノ小屋」。
もうバラックのような佇まい。
小屋の前のクリンソウ群生地は完全に姿を
消していた。
2016年04月15日 13:07撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜の山頂から激下りしたらやがて「竜ノ小屋」。
もうバラックのような佇まい。
小屋の前のクリンソウ群生地は完全に姿を
消していた。
2
途中、「クリンソウ」群生地に偵察がてら
寄り道したが、哀れ無残これまでの規模
の10%にも満たない状況に言葉を失う。
2016年04月15日 13:20撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、「クリンソウ」群生地に偵察がてら
寄り道したが、哀れ無残これまでの規模
の10%にも満たない状況に言葉を失う。
1
定番の「首無し地蔵」。
あたりの地面にはスミレがあちこち
咲いていて休憩にちょうどいい。
2016年04月15日 13:27撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番の「首無し地蔵」。
あたりの地面にはスミレがあちこち
咲いていて休憩にちょうどいい。
3

感想/記録
by inisie

ミツバツツジがあちこちで満開を迎えているが、JR保津峡駅から
愛宕山へ通じる通称「ツツジ尾根」も両側に群生している。
きょうは保津峡駅〜愛宕山〜竜ヶ岳〜八丁山〜清滝の周回コースを
歩いてきました。
期待したミツバツツジですが、満開を過ぎてやや散り染めの感が否め
ませんでしたが、随所に見どころもありました。
途中、戦前まで動いていた愛宕山ケーブルカーの愛宕駅舎跡地にも寄って
その名残を見てきましたが、ボロボロの建物とはいえ必見の価値ありです。
愛宕神社に参拝して竜ヶ岳に向かいますが、風が強くて冬へ逆戻りの印象
でした。
竜ヶ岳に群生するアズマシャクナゲも見応えがありますが、注意深く観察
するも、花芽が少なく今年も余り期待出来ないのではとちょっとガッカリ。
芦見谷へ下ってからついでなので「クリンソウ」群生地にも寄ってみました
が、3年ほど前から鹿害でごっそり減っていて今年はどうか 
案の定、最盛期の二十分の一くらいの規模に愕然。花芽がついた途端にこれら
の花たちも鹿の犠牲になるのかと悄然として足早に去りました。
平日のせいか愛宕神社周辺で10人あまり会っただけで、あとは風の音と鳥の
さえずりが聞こえるだけのとっても静かで充実した16劼任靴拭 
訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/28
投稿数: 767
2016/4/18 18:29
 愛宕山にケーブルカー
inishieさん、こんばんは♪
京都の春の便りレコですね

愛宕山にケーブルカーがあったなんか知りませんでした 戦前の建築で、文化財だとは思うのですが、いわば廃墟 比良のように自然に帰ればいいスポットなんですけどね…。いわば伊吹のロープウェー跡といっしょっすかね?

愛宕神社といえば台所にはるお札ですが、名古屋に来てからは玄関に立山のお札をはってるだけっす
登録日: 2012/2/9
投稿数: 58
2016/4/20 10:51
 Re: 愛宕山にケーブルカー
edus4100 さん こんにちは。
そうですよねぇ。74才の私でさえ小さな頃に父から聞いたくらい
ですから。それよりづっとお若いedus4100 さんなら当然です(^o^)

建物自体に価値はないのですが、廃線マニアの方たちが全国から
やってくるようです。中には、ケーブルカーの軌道を歩いて登って
くる猛者もおられるようですが、さすがにトンネルなんかは崩れて
いて危険なんですが....。
愛宕神社は1000年以上も前からの火の神様で、今も全国から御札を
もらいに来られるようですね。
「立山の御札」ですか(^o^) それもまた安全祈願になりますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ