ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847002 全員に公開 ハイキング丹沢

遠見山、橅ノ平

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー peb02110kamoto
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丹沢湖北の中川橋駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
1時間6分
合計
6時間19分
S中川橋07:3107:57湖上平09:00遠見山09:0409:16フナクボ(船窪・デエロ)09:28大杉山09:2909:42小割沢ノ頭(栗ノ丸)10:0810:21小割沢乗越(小割沢打越)11:01橅ノ平11:3413:04湯ノ沢13:15イワンガワラ(湯河原)13:1613:24あしがら荘13:29喫茶「一茶」13:3013:50中川橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

駐車場向かいの、この階段から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場向かいの、この階段から。
1
ちょっと登って、駐車場を見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと登って、駐車場を見下ろす。
最初はしばらく植林の中のジグザグ道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はしばらく植林の中のジグザグ道。
植林を抜けてすぐ、540峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林を抜けてすぐ、540峰。
以後、遠見山頂上付近まで自然林です。なかなかよい雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以後、遠見山頂上付近まで自然林です。なかなかよい雰囲気。
1
ミツバツツジがちょうど季節です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジがちょうど季節です。
2
山桜もまだ十分きれいです。遠見山を見上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜もまだ十分きれいです。遠見山を見上げる。
2
いい尾根です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい尾根です。
2
畦ヶ丸と屏風岩山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸と屏風岩山。
1
遠見山が近づいてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠見山が近づいてきました。
1
尾根上部、地図では表れない、複雑で面白い地形ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上部、地図では表れない、複雑で面白い地形ですね。
遠見山頂上直下から、植林の中。ミツマタはもうずいぶん終わりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠見山頂上直下から、植林の中。ミツマタはもうずいぶん終わりました。
植林の中の大杉山はさっさと越えて、その先から、また自然林の稜線です。同角と石棚山稜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林の中の大杉山はさっさと越えて、その先から、また自然林の稜線です。同角と石棚山稜。
1
こんな尾根が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな尾根が続きます。
気分も上がりますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気分も上がりますね。
2
小割沢ノ頭。気持ちよいので、長めの休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小割沢ノ頭。気持ちよいので、長めの休憩。
石棚山の崩壊地アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山の崩壊地アップ。
白ザレの尾根歩き。特に左の湯ノ沢側はきれ落ちているので、緊張するところもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレの尾根歩き。特に左の湯ノ沢側はきれ落ちているので、緊張するところもあります。
1
立派なブナも増えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なブナも増えてきました。
撫ノ平ももうすぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撫ノ平ももうすぐ。
頂上。ちょっと広くなったブナの林です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上。ちょっと広くなったブナの林です。
2
箒沢の集落を見下ろす。まわりの家に比べてひときわ大きいのは、箒杉でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒沢の集落を見下ろす。まわりの家に比べてひときわ大きいのは、箒杉でしょうか。
中川上流方面。大きいのは大室山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中川上流方面。大きいのは大室山。
方向を定めて、湯ノ沢に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方向を定めて、湯ノ沢に下ります。
762峰に続く目標の尾根は、斜面の途中から現れます。最初はこんな小さな尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
762峰に続く目標の尾根は、斜面の途中から現れます。最初はこんな小さな尾根。
白ザレの美しいヤセ尾根です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレの美しいヤセ尾根です。
1
ミツバツツジが満開です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが満開です。
3
762峰との鞍部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
762峰との鞍部。
鞍部から、箒沢側に下る謎のロープが。箒沢に抜ける経路があるんだろうか。気になる。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から、箒沢側に下る謎のロープが。箒沢に抜ける経路があるんだろうか。気になる。。。
762峰頂上。石の椅子があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
762峰頂上。石の椅子があります。
762峰頂上直前に戻り、左に曲がってシカ柵に沿って南尾根に乗ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
762峰頂上直前に戻り、左に曲がってシカ柵に沿って南尾根に乗ります。
明るくてここも良い尾根でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくてここも良い尾根でした。
1
湯ノ沢の堰堤上に下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢の堰堤上に下りてきました。
中川の橋から、振り返って。一番高いのが、撫ノ平
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中川の橋から、振り返って。一番高いのが、撫ノ平
丹沢湖左岸の林道から、湖。2週連続でカモシカだ!(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢湖左岸の林道から、湖。2週連続でカモシカだ!(^^;

感想/記録

久々に週末に天気がよかったので、石棚南稜の撫ノ平に行ってきました。
ちょっと険しいところもありますが、白ザレの、丹沢でも屈指の美しい山域のひとつだと思います。

中川橋から遠見山の尾根は、急なところもありますが、ずっと分かりやすいルートが続いていて、いい尾根です(頂上付近はつまらないのだけれども(^^;)。
大杉山を越えたところから、自然林のきれいな尾根歩きになります。
立派なアセビとブナが目立ちます。
特に左側は垂直に近く切れ落ちているので、滑りやすい白ザレの箇所は緊張します。
湯ノ沢というと、丹沢でも1、2をあらそう極悪な沢の地域のひとつというイメージなので、特に心理的に盛り上がりますね(^^;

撫ノ平からの下りはちょっと分かりにくいので、地図をよく見たほうがいいかも(登りだったらただ登ればいいので問題ない)。
762峰に続く険しくヤセた尾根は、頂上からの尾根とずれていて、斜面の途中からはじまっているので、まずはそこを見つける必要があります。
762峰直前でシカ柵が出てきたら、脚立を越えずに、左に曲がって柵に沿って進むと、湯ノ沢に下る尾根に乗れます。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ