ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847013 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

獅子口〜川苔山〜花折戸尾根

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー mun
天候晴れ 爽やか
アクセス
利用交通機関
電車バス
【土曜日ダイヤ】
06:04 JR立川発 青梅行
06:34 JR青梅着 隣のホームの電車に乗換
06:05 JR青梅発 奥多摩行
07:00 JR川井着
--- 川井駅BS発 清東橋BS行バスは07:29。30分待つよりバス停5個を歩く---
07:33 北川橋BS発 清東橋BS行
07:45 終点 清東橋BS着
---山歩き---
15:13 JR鳩ノ巣発 青梅行
15:40 JR青梅着 隣のホームの電車に乗換
15:46 JR青梅発 快速東京行
16:16 JR立川着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間9分
休憩
22分
合計
7時間31分
Sスタート(川井駅バス停)07:0407:30北川橋バス停07:3607:45清東橋バス停07:5010:07獅子口小屋跡と水場10:38横ケ谷平10:4310:57曲ヶ谷北峰10:5811:07川苔山11:13川苔山東面水場11:1411:19舟井戸11:57大ダワ12:20コブタカ山(焼多亡山・疣高山・コブッタ)12:25鉄砲指12:42本仁田山12:53本仁田山−花折戸尾根分岐13:18チクマ山(池坪ノ峰)13:1913:23ゴンザス−花折戸尾根分岐14:30花折戸尾根登山口14:3314:35鳩ノ巣駅14:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.清東橋BSから大丹波ヘリポートまでの舗装道路が、重い登山靴にはキツイです。
2.大丹波川沿いの道は、飛び石渡渉が少しあります。増水時は注意が必要です。
3.獅子口小屋跡から本仁田山まで、よく整備された一般道で問題無しです。
4.本仁田山から鳩ノ巣駅まで(花折戸尾根)は、あまり歩かれていない道です。踏み跡はほぼ明瞭ですが、以下3点に気を付けて下さい。
ア)大休場尾根分岐からチクマ山までのザレ斜面
イ)ゴンザス尾根分岐からのカヤト斜面。滑ります。
ウ)鳩ノ巣駅から見えるトンネル上部から登山口取付部までの不明瞭部分。
  鳩美(蕎麦屋さん)手前の青い橋がボロボロなので、トンネル上部から駅迄は工夫が必要だと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

07:35 +10℃ 川井駅BSで30分以上の待ちだったので、北川橋BSまで歩きました。ここで07:33の清東橋行きバスに乗ります。バスはちょっと遅れて07:36に来ました。ほぼ座席が埋まる位にハイカーが乗っていました。
2016年04月16日 07:35撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:35 +10℃ 川井駅BSで30分以上の待ちだったので、北川橋BSまで歩きました。ここで07:33の清東橋行きバスに乗ります。バスはちょっと遅れて07:36に来ました。ほぼ座席が埋まる位にハイカーが乗っていました。
07:53 +10℃ バス終点の清東橋から5〜6分歩いて、棒ノ折山の道を右へ分けます。獅子口を目指して舗装道路を進みます。
2016年04月16日 07:53撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:53 +10℃ バス終点の清東橋から5〜6分歩いて、棒ノ折山の道を右へ分けます。獅子口を目指して舗装道路を進みます。
07:57 +10℃ 舗装道路を登山靴で歩くことは苦手です。でも鳥の囀りや沢山の花を見ながら舗装道路を忘れて楽しく歩きました。写真はミヤマキケマンです。ツツジ、スミレ、ヤマブキ、ヤマザクラ(終盤)、サンシュユなどが舗装道路で綺麗でした。
2016年04月16日 07:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:57 +10℃ 舗装道路を登山靴で歩くことは苦手です。でも鳥の囀りや沢山の花を見ながら舗装道路を忘れて楽しく歩きました。写真はミヤマキケマンです。ツツジ、スミレ、ヤマブキ、ヤマザクラ(終盤)、サンシュユなどが舗装道路で綺麗でした。
08:12 +8℃ 日向と日陰で温度差がありますが、山笑う爽やかな気候です。大丹波川の向こうに真名井北陵が見えます。いつか真名井北陵を歩きたいです。
2016年04月16日 08:12撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:12 +8℃ 日向と日陰で温度差がありますが、山笑う爽やかな気候です。大丹波川の向こうに真名井北陵が見えます。いつか真名井北陵を歩きたいです。
08:19 +9℃ ミツバツツジが咲き始めました。奥多摩も本格的に春到来です。
2016年04月16日 08:19撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:19 +9℃ ミツバツツジが咲き始めました。奥多摩も本格的に春到来です。
08:21 +10℃ スミレも綺麗です。紫の濃いスミレや、白い大きな花のスミレ、ピンクのスミレも咲いていました。
2016年04月16日 08:21撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:21 +10℃ スミレも綺麗です。紫の濃いスミレや、白い大きな花のスミレ、ピンクのスミレも咲いていました。
1
08:30 +11℃ 大丹波ヘリポートを通過します。この先で舗装道路が未舗装道路になりました。固い底の登山靴で歩いているので、この変化は、とても嬉しいです。
2016年04月16日 08:30撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:30 +11℃ 大丹波ヘリポートを通過します。この先で舗装道路が未舗装道路になりました。固い底の登山靴で歩いているので、この変化は、とても嬉しいです。
08:39 +11℃ この指道標の所から、大丹波川に降り、川沿いに歩きます。飛び石で渡渉する所、木の橋が多いです。ちょっと古い木の橋もありますが、道はしっかりしています。
2016年04月16日 08:39撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:39 +11℃ この指道標の所から、大丹波川に降り、川沿いに歩きます。飛び石で渡渉する所、木の橋が多いです。ちょっと古い木の橋もありますが、道はしっかりしています。
08:47 +10℃ ヤマエンゴグサだと思います。ニリンソウ、ハシリドコロ等が咲いています。小鳥も囀っています。楽しい道です。
2016年04月16日 08:47撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:47 +10℃ ヤマエンゴグサだと思います。ニリンソウ、ハシリドコロ等が咲いています。小鳥も囀っています。楽しい道です。
08:50 +10℃ ネコノメソウだと思います。もしかするとヤマネコノメソウかも。スミレもネコノメソウも似た花が多くて、見分けがつきません。
2016年04月16日 08:50撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:50 +10℃ ネコノメソウだと思います。もしかするとヤマネコノメソウかも。スミレもネコノメソウも似た花が多くて、見分けがつきません。
09:10 +12℃ 大丹波川の曲ヶ谷(まがりがや)あたりです。この先、左から曲ヶ谷沢が合わさります。渓流釣の人やボルダリングの人もこの辺まで入って来ています。
2016年04月16日 09:10撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:10 +12℃ 大丹波川の曲ヶ谷(まがりがや)あたりです。この先、左から曲ヶ谷沢が合わさります。渓流釣の人やボルダリングの人もこの辺まで入って来ています。
09:39 +10℃ 赤いけれど、シロバナネコノメソウだと思います。白いシロバナネコノメソウも勿論咲いてます。白いシロバナネコノメソウの方が、数は圧倒的に多かったです。
2016年04月16日 09:39撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:39 +10℃ 赤いけれど、シロバナネコノメソウだと思います。白いシロバナネコノメソウも勿論咲いてます。白いシロバナネコノメソウの方が、数は圧倒的に多かったです。
09:39 +10℃ コガネネコノメソウだと思います。何枚も写真を撮りました。このコース、お花をみていると、コースタイムを大きくオーバーする危険があります。
2016年04月16日 09:39撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:39 +10℃ コガネネコノメソウだと思います。何枚も写真を撮りました。このコース、お花をみていると、コースタイムを大きくオーバーする危険があります。
09:44 +10℃ 沢沿いのお花の多い道です。気持ちの良い道です。
2016年04月16日 09:44撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:44 +10℃ 沢沿いのお花の多い道です。気持ちの良い道です。
09:50 +11℃ 現役のワサビ田の脇を通ります。白いワサビの花が綺麗です。
2016年04月16日 09:50撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:50 +11℃ 現役のワサビ田の脇を通ります。白いワサビの花が綺麗です。
1
10:08 +10℃ 獅子口小屋跡です。写真正面奥に「踊平(おどりだいら)、日向沢ノ峰(ひなたさわのうら)」への道がありますが、「崩落 通行禁止」の看板とトラロープが張ってあります。写真向かって左の、「横ヶ谷平、川苔山」方向へ進みます。
2016年04月16日 10:08撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:08 +10℃ 獅子口小屋跡です。写真正面奥に「踊平(おどりだいら)、日向沢ノ峰(ひなたさわのうら)」への道がありますが、「崩落 通行禁止」の看板とトラロープが張ってあります。写真向かって左の、「横ヶ谷平、川苔山」方向へ進みます。
10:11 +10℃ 獅子口です。祠を拝んでから、美味しい水を頂きます。塩ビ管があり給水も可能です。写真右の沢は、小さい氷河みたいな雪渓が残ってます。
2016年04月16日 10:11撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:11 +10℃ 獅子口です。祠を拝んでから、美味しい水を頂きます。塩ビ管があり給水も可能です。写真右の沢は、小さい氷河みたいな雪渓が残ってます。
1
10:16 +8℃ 沢から離れて斜面を登ります。このあと檜植林の中を登りました。
2016年04月16日 10:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:16 +8℃ 沢から離れて斜面を登ります。このあと檜植林の中を登りました。
10:37 +15℃ 横ヶ谷平に到着しました。ここからは何度か来たことがある道です。ちょうどよい切株に座ってオニギリ休憩にしました。ポカポカと暖かく、鳥も鳴いています。
2016年04月16日 10:37撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:37 +15℃ 横ヶ谷平に到着しました。ここからは何度か来たことがある道です。ちょうどよい切株に座ってオニギリ休憩にしました。ポカポカと暖かく、鳥も鳴いています。
10:55 +13℃ 川苔山への道で、長澤背稜が良く見えました。でも樹木が邪魔で写真に出来たのは、特徴的ですぐ判る、天目山(ミツドッケ)と蕎麦粒山です。間の山は、大平山だと思います。
2016年04月16日 10:55撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:55 +13℃ 川苔山への道で、長澤背稜が良く見えました。でも樹木が邪魔で写真に出来たのは、特徴的ですぐ判る、天目山(ミツドッケ)と蕎麦粒山です。間の山は、大平山だと思います。
1
11:07 +15℃ 川苔山に到着です。多くのハイカーが休憩しています。石尾根から長沢背稜まで一通り眺めて、瘤高山を目指します。
2016年04月16日 11:07撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:07 +15℃ 川苔山に到着です。多くのハイカーが休憩しています。石尾根から長沢背稜まで一通り眺めて、瘤高山を目指します。
1
11:43 +10℃ 舟井戸から大ダワへ鋸尾根を降ります。南向きの鋸尾根は日当たりが良いです。アカヤシオが咲きだしてました。
2016年04月16日 11:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:43 +10℃ 舟井戸から大ダワへ鋸尾根を降ります。南向きの鋸尾根は日当たりが良いです。アカヤシオが咲きだしてました。
11:50 +11℃ もったいないなぁ、また瘤高山に登り返すんだよなぁ、と思いながら大ダワに降ります。大ダワで山ノ神の祠を拝んで先に進みます。
2016年04月16日 11:50撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:50 +11℃ もったいないなぁ、また瘤高山に登り返すんだよなぁ、と思いながら大ダワに降ります。大ダワで山ノ神の祠を拝んで先に進みます。
12:05 +11℃ 今度はムラサキヤシオ(別名ミヤマツツジ)だと思います。ミツバツツジとの違いが良く分かってないので、もっと勉強しておきます。
2016年04月16日 12:05撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:05 +11℃ 今度はムラサキヤシオ(別名ミヤマツツジ)だと思います。ミツバツツジとの違いが良く分かってないので、もっと勉強しておきます。
1
12:10 樹の花の名前調査中です。サンシュユに似てますが、黄色が濃いし、ヒュウガミズキ系かもしれません。
2016年04月16日 12:10撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:10 樹の花の名前調査中です。サンシュユに似てますが、黄色が濃いし、ヒュウガミズキ系かもしれません。
12:21 +11℃ 瘤高山を通過します。
2016年04月16日 12:21撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:21 +11℃ 瘤高山を通過します。
12:43 +10℃ 本仁田山に到着しました。12〜3人のハイカーさんが休憩しています。東京方面を1枚写して通過します。
2016年04月16日 12:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:43 +10℃ 本仁田山に到着しました。12〜3人のハイカーさんが休憩しています。東京方面を1枚写して通過します。
1
12:43 +10℃ 本仁田山の南側が伐採されて、大岳山、天地山、愛宕山の方が見やすくなってました。休憩ポイントが広がりました。
2016年04月16日 12:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:43 +10℃ 本仁田山の南側が伐採されて、大岳山、天地山、愛宕山の方が見やすくなってました。休憩ポイントが広がりました。
12:45 +10℃ 大休場尾根とチクマ山の分岐です。ここの岩でオニギリ休憩にしました。ここの指道標の花折戸尾根の板の後ろに「スベル スベル!」とマジック書きしてあります。
2016年04月16日 12:45撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:45 +10℃ 大休場尾根とチクマ山の分岐です。ここの岩でオニギリ休憩にしました。ここの指道標の花折戸尾根の板の後ろに「スベル スベル!」とマジック書きしてあります。
13:19 +12℃ 急斜面を降り、鞍部から少し登り返してチクマ山に到着です。先に進みます。
2016年04月16日 13:19撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:19 +12℃ 急斜面を降り、鞍部から少し登り返してチクマ山に到着です。先に進みます。
13:23 +12℃ ゴンザス尾根の分岐を右に分けて、花折戸尾根を降ります。
2016年04月16日 13:23撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:23 +12℃ ゴンザス尾根の分岐を右に分けて、花折戸尾根を降ります。
13:38 +13℃ カヤトの斜面から南が良く見えます。右から鋸岳ー大岳山、その先は馬頭刈尾根でしょうか。
2016年04月16日 13:38撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:38 +13℃ カヤトの斜面から南が良く見えます。右から鋸岳ー大岳山、その先は馬頭刈尾根でしょうか。
13:38 +13℃ このカヤトの道が滑ります。「スベル スベル!」は、ここのことかな? 本仁田山からチクマ山への急斜面もザレていて滑ります。でも、ここのカヤトの方が滑ると思います。
2016年04月16日 13:38撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:38 +13℃ このカヤトの道が滑ります。「スベル スベル!」は、ここのことかな? 本仁田山からチクマ山への急斜面もザレていて滑ります。でも、ここのカヤトの方が滑ると思います。
14:16 +16℃ 白丸ダムにヤシオツツジが良く映えます。青梅街道からバイクや車の音がとても近く聞こえます。この岩の上に立つと、ちょっとゾクゾクする高さです。
2016年04月16日 14:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:16 +16℃ 白丸ダムにヤシオツツジが良く映えます。青梅街道からバイクや車の音がとても近く聞こえます。この岩の上に立つと、ちょっとゾクゾクする高さです。
14:29 +16℃ 青梅線のトンネルの上から、踏み跡を辿って右側を降りて来ました。このへん、道が不明瞭です。ここから鳩美(お蕎麦屋さん)へ向かい青い橋を渡ろうとしたらボロボロで渡れません。仕方がないので川に降りました。
2016年04月16日 14:29撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:29 +16℃ 青梅線のトンネルの上から、踏み跡を辿って右側を降りて来ました。このへん、道が不明瞭です。ここから鳩美(お蕎麦屋さん)へ向かい青い橋を渡ろうとしたらボロボロで渡れません。仕方がないので川に降りました。
1
14:34 +16℃ 川からアルミハシゴで登って消防団詰所の裏から出てきました。このアルミハシゴが取り払われたら、川から上がるのはとても難しいと思います。
2016年04月16日 14:34撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:34 +16℃ 川からアルミハシゴで登って消防団詰所の裏から出てきました。このアルミハシゴが取り払われたら、川から上がるのはとても難しいと思います。
14:43 +16℃ 鳩ノ巣駅に着いたら、14:35が丁度発車する所でした。駅前で缶ビール300円、のらぼうおひたし300円でのんびりして、次の15:13で家に帰りました。鳩ノ巣駅は3/31から無人駅になっていました。【終わり】
2016年04月16日 14:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:43 +16℃ 鳩ノ巣駅に着いたら、14:35が丁度発車する所でした。駅前で缶ビール300円、のらぼうおひたし300円でのんびりして、次の15:13で家に帰りました。鳩ノ巣駅は3/31から無人駅になっていました。【終わり】
2
撮影機材:

感想/記録
by mun

このコース、舗装道路のアプローチが長いので今まで敬遠していました。たまたま、気まぐれで歩いてみました。花や鳥が多くて楽しいコースでした。また、このコースを歩きたいです。
訪問者数:320人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ