ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847090 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

【金峰山】みずがき山荘からピストン

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー mutsukibreezing
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・みずがき山荘無料駐車場にマイカー駐車
 中央自動車道 須玉ICから約25km
 7時10分頃到着時点で2割〜3割程度の埋まり具合
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間23分
休憩
57分
合計
7時間20分
Sみずがき山荘07:2808:08富士見平小屋08:1008:58大日小屋09:29大日岩分岐09:3210:24砂払の頭10:2711:16金峰山11:5912:42砂払の頭12:4513:20大日岩分岐14:18富士見平小屋14:2114:48みずがき山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山道の状況
・みずがき山荘〜大日小屋
 夏道、通行に支障なし。

・大日小屋〜大日岩
 所々凍結状態。下りはアイゼン推奨。

・大日岩〜砂払いの頭
 断続的に凍結状態、時折シャーベット状の残雪。上り下り共にアイゼン推奨。

・砂払いの頭〜金峰山
 所々、シャーベット状の残雪。アイゼン着用有無は個々の判断によって。

■その他備考
・みずがき山荘脇のトイレ使用可能(1回100円)。
・富士見平小屋の水場使用可能(水量豊富)。
その他周辺情報■下山後の温泉
 増富の湯 http://www.masutominoyu.com/ 入浴料820円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

みずがき山荘より登山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みずがき山荘より登山開始。
富士見平小屋の水場。水量豊富でキンキンに冷たい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋の水場。水量豊富でキンキンに冷たい。
1
富士見平小屋到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋到着。
針葉樹と苔の感じが八ヶ岳を彷彿させる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹と苔の感じが八ヶ岳を彷彿させる。
鷹見岩方面はスルーで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹見岩方面はスルーで。
倒木により登山道が一部塞がれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木により登山道が一部塞がれている。
1
大日小屋。ここまではまったく残雪なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋。ここまではまったく残雪なし。
1
大日小屋より上へ行くと凍結箇所が出てくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋より上へ行くと凍結箇所が出てくる。
所々土も露出していて中途半端に凍結箇所がありアイゼンを履くに履けず難儀する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々土も露出していて中途半端に凍結箇所がありアイゼンを履くに履けず難儀する。
1
鎖場。足元はかなり滑りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。足元はかなり滑りやすい。
登攀中のbreezing氏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登攀中のbreezing氏。
1
大日岩を横目にすすむ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩を横目にすすむ。
大日岩分岐。ここから先は完全凍結道。要アイゼン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩分岐。ここから先は完全凍結道。要アイゼン。
1
ご覧の通りの状況。ここは迷わずアイゼン装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご覧の通りの状況。ここは迷わずアイゼン装着。
1
たまにシャーベット状の残雪が出てくると歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにシャーベット状の残雪が出てくると歩きやすい。
1
森林限界近くまでやってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界近くまでやってきた。
砂払いの頭。ここでアイゼンを外す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払いの頭。ここでアイゼンを外す。
みずがき山。春霞がかかって後方の八ヶ岳はよく見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みずがき山。春霞がかかって後方の八ヶ岳はよく見えない。
1
山頂へ続く尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ続く尾根道。
1
鎖場。凍結はしていないのでまだましだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。凍結はしていないのでまだましだ。
1
尾根道も所々残雪はあるのでアイゼン着けたままでもよかったかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道も所々残雪はあるのでアイゼン着けたままでもよかったかも。
五丈岩の近くまでやってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩の近くまでやってきた。
1
五丈岩直下。如何にしてこのように石が積み重なったのか甚だ不思議である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩直下。如何にしてこのように石が積み重なったのか甚だ不思議である。
残雪の金峰山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の金峰山山頂。
山頂で仁王立ちのbreezing氏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で仁王立ちのbreezing氏。
3
山頂で休憩した後、尾根道を引き返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で休憩した後、尾根道を引き返す。
砂払いの頭。大日小屋までの凍結に備え再びアイゼン装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払いの頭。大日小屋までの凍結に備え再びアイゼン装着。
大日小屋まで戻ってきた。この少し上部でアイゼンを外した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋まで戻ってきた。この少し上部でアイゼンを外した。
みずがき山荘へ帰還。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みずがき山荘へ帰還。
breezing本日の一枚「残雪残る登山道」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
breezing本日の一枚「残雪残る登山道」
breezing本日の一枚「山頂でのmutsuki氏バックショット」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
breezing本日の一枚「山頂でのmutsuki氏バックショット」
2
breezing本日の一枚「尾根道と瑞牆山」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
breezing本日の一枚「尾根道と瑞牆山」

感想/記録

今回はbreezing氏のリクエストを受けて金峰山へ行く事になった。
この山域は私はお気に入りでみずがき山荘は4回訪れていてアクセスの道中は慣れたものだ。

これまで4月中旬のこの時期は近場の奥多摩や丹沢の山に行くことが多く、金峰山のような
標高2000M超の山を登ったことがなかった為、残雪の具合や気温など色々未知の状況だった。
この日は気象条件はまずまず、気温も高く風も穏やか道中適温。少し残念だったのは春霞で
遠方の山の展望があまりきかなかったことだ。残雪というより残凍結はアイゼンの歯が完全
に刺さらず道中中々難儀したが、どうにかこうにか踏破した。
残雪がある事もあってか、この日は思惑以上に道中静かな山歩きを堪能できた。
次回は廻り目平から登ってみるのも面白いかもしれない。
また厳冬期の晴天時に雪景色の尾根歩きのを堪能してみたいとも思う。
いずれにせよリピート必須の山であることは間違いないだろう。

今回も成功。

感想/記録

なぜかこれまで奥秩父には足を運ぶ回数が少なく、以前より興味があった金峰山をmutsuki氏へリクエスト。
金峰山を選んだ理由としては、GWに向けた体調調整のためである。ロングルートかつ、残雪も楽しめること、それなりの標高があることが選択理由だ。
今日は春霞が濃く、まわりの山々を眺めるには残念な日であったが、登山を楽しむには良い日であったといえるだろう。適度な気温に風、とても気持ちよく歩くことができた。
大日小屋から上部は一面の凍った残雪があった。アイゼンを装着していても滑ることもあり、このような状況を体験できたことも良い経験と言えるだろう。
今度はまわりの景色が堪能できる日にまた訪れたい。
訪問者数:709人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ