ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847211 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

黒斑山〜今年最後の雪山登山?〜

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山katsukaty
天候晴れ、無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ビジターセンターに駐車(無料)。高峰高原ホテルにも停められそう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間54分
休憩
2時間2分
合計
4時間56分
S車坂峠08:3208:58車坂山09:0009:27開けたガレ場09:3710:17槍ヶ鞘10:4510:55トーミの頭11:0311:20黒斑山12:3312:45トーミの頭12:4613:28高峰高原ビジターセンター13:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
表コースは、腐れ雪とツルツル氷と夏道が交互に出現。中コースはほぼ一貫して腐れ雪。
外輪山稜線上は、ぐちゃぐちゃベチャベチャの箇所が多いです。
その他周辺情報高峰高原ホテルでトイレを借りられます。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ストック

写真

すっかり雪が解けた箇所も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり雪が解けた箇所も。
樹林帯は、概ねこんな路面でした。今年最後の雪道を踏みしめて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯は、概ねこんな路面でした。今年最後の雪道を踏みしめて。
2
外輪山稜線にとうちゃーく!
黒斑山頂に着くまで、見えているのが浅間山だと思ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山稜線にとうちゃーく!
黒斑山頂に着くまで、見えているのが浅間山だと思ってました。
3
トーミの頭までの登り。見た目より大変ではありませんでしたが、泥濘に難渋しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭までの登り。見た目より大変ではありませんでしたが、泥濘に難渋しました。
1
牙山?と街を眺望できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牙山?と街を眺望できます。
1
天気は良いのですが、少し霞んでいるのが残念です。小諸あたりも展望でき、なかなかの景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は良いのですが、少し霞んでいるのが残念です。小諸あたりも展望でき、なかなかの景色。
3
黒斑山頂から。絶景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山頂から。絶景です。
6
黒斑山頂からのパノラマ。癒されます。
2016年04月16日 11:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山頂からのパノラマ。癒されます。
3
アサマ2000、営業は終了しているようですが、リフトが動いていて滑っているグループがいました。何かのチームでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサマ2000、営業は終了しているようですが、リフトが動いていて滑っているグループがいました。何かのチームでしょうか。
撮影機材:

感想/記録

1月に縞枯山へ登って以来、スキーにかまけてご無沙汰になっていた家族登山。スキー場も軒並みクローズし、小2と小4の子供達に程よい山の雪もそろそろなくなりそうなので、今年最後の雪山ハイクとして黒斑山に行ってきました。
巻機山とどちらにしようか迷いましたが、余裕を持った山行をしたかったので、短時間で登れる黒斑山にしました。

【アクセス等】
上信越道佐久インターチェンジから30分くらいでしょうか。佐久I.C.を降りてしばらくはコンビニが幾つかあるので、補給には困りません。
アサマ2000に近づくにつれ、九十九折の急登になります。初めて行きましたが、雪の時期には、我が家のFFミニバンでは登らないと思われます。
午前7時半くらいに着きましたが、気温は6度くらいだったでしょうか。結構寒いんですね。きっと山頂は寒くなるだろうと覚悟して登山開始です。

【登山口〜表コース〜槍ヶ鞘】
登山口を入るとすぐに腐れ雪ゾーンが始まります。ただ、雪自体はあまり多くはないので、来週には無くなっているかもしれませんね。
全体的に、_篤察↓▲競ザク雪道、ツルツル氷道が順番に現れます。△鉢では、チェーンスパイクがあった方が楽に登れます。
ただ、滑落の危険があるような場所には雪はないので、慎重に歩けば、チェーンスパイク無しでも登れると思います。

【槍ヶ鞘〜黒斑山】
噴石シェルターを過ぎると、すぐに稜線に出て槍ヶ鞘に到着。ようやく浅間山(前掛山)を展望できます。槍ヶ鞘は少し開けていて、この時は4−5組が休憩していました。
槍ヶ鞘から少しだけ下って、トーミの頭まで登り返します。その鞍部が、中コースとの分岐です。
トーミの頭から先は、浅間山側が崖になっています。登山道と崖との間に低木があるので高度感はありませんが、ちょっと助かりそうにもないので、子供達にも注意を促しながら進みます。

【黒斑山】
この日の黒斑山は天気も良く風もなく、山頂でのんびりするには絶好のコンディションでした。浅間山が目の前に鎮座し、外輪山も一望できます。地形が良くわかるので、地形の成り立ちを調べてみたくなりますね。調べてませんが・・・

【黒斑山〜中コース〜登山口】
シラビソ(?)の綺麗な樹林帯をなだらかに下りづるけると、あっという間に登山口。こちらのコースは、登山口までほぼザクザクの雪道でした。路面のコンディションも良く、普段のハイキングと比べると登りも楽だったので、子供達のペースがやたらと早く、コースタイムの約7割、50分くらいで登山口に到着しました。
訪問者数:688人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ