ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847235 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢主脈の三角点ピークめぐり(大倉BS→焼山登山口BS)

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー aruki_maniac
天候曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
行き:神奈川中央交通バス「大倉」バス停
帰り:津久井神奈交バス「焼山登山口」バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間42分
休憩
1時間16分
合計
8時間58分
Sどんぐり山荘07:1807:34観音茶屋07:3607:46雑事場ノ平08:11駒止茶屋08:18堀山08:23堀山の家08:2408:37天神尾根分岐08:52花立山荘08:5309:00花立09:03金冷シ09:0609:09花立09:14花立山荘09:1509:20花立09:2209:25金冷シ09:36塔ノ岳09:52日高09:5310:03竜ヶ馬場10:13みやま山荘10:15丹沢山10:1610:28早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)10:2910:36箒杉沢ノ頭10:40不動ノ峰休憩所10:4210:47不動ノ峰10:54棚沢ノ頭11:04鬼ヶ岩ノ頭11:08鬼ヶ岩11:13中ノ沢乗越11:23蛭ヶ岳山荘11:24蛭ヶ岳11:4211:52小御岳12:06ポッチノ頭12:21地蔵平12:2212:29地蔵平道標12:37原小屋平12:49姫次12:5913:02萩ノ丸13:0313:10袖平山13:1413:24萩ノ丸13:28姫次13:44八丁坂ノ頭13:59黍殻避難小屋14:06大平分岐14:0714:14黍殻山14:28平丸分岐14:2914:41鳥屋分岐14:4214:49焼山15:1316:09焼山登山口16:16焼山登山口バス停16:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
すべてが一般登山道ですが、地蔵平前後は若干道がわかりづらいかもしれません。
4月になりましたが、焼山周辺はまだヤマビルは大丈夫なようです。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

大倉バス停からスタート。最初からちょっと雲が多い。
2016年04月16日 07:16撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉バス停からスタート。最初からちょっと雲が多い。
大倉尾根0。
2016年04月16日 07:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根0。
観音茶屋。
2016年04月16日 07:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音茶屋。
見晴茶屋。工事は概ね終わっている様子。
2016年04月16日 07:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋。工事は概ね終わっている様子。
1
駒止茶屋。本当はこの裏にも三角点があるらしい。。
2016年04月16日 08:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒止茶屋。本当はこの裏にも三角点があるらしい。。
堀山の家。
2016年04月16日 08:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家。
花立山荘。
2016年04月16日 08:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘。
金冷し。もう少し進んでから、メガネを花立山荘のベンチに忘れたことが発覚。。。
2016年04月16日 09:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷し。もう少し進んでから、メガネを花立山荘のベンチに忘れたことが発覚。。。
1
取りに戻りました。途中チャンプに遭遇し名刺をいただく。
2016年04月16日 09:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りに戻りました。途中チャンプに遭遇し名刺をいただく。
1
改めて金冷し。
2016年04月16日 09:25撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて金冷し。
塔の岳山頂。寄り道したけど、意外に早かった。
2016年04月16日 09:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔の岳山頂。寄り道したけど、意外に早かった。
2
【主脈の三角点その1】塔ケ岳(3等)。
2016年04月16日 09:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【主脈の三角点その1】塔ケ岳(3等)。
1
今日は天気が悪いので、主脈歩きにはちょっと不向きかも。
2016年04月16日 09:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は天気が悪いので、主脈歩きにはちょっと不向きかも。
日高。
2016年04月16日 09:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高。
ちょっと霧が晴れたり、晴れなかったり。。
2016年04月16日 09:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと霧が晴れたり、晴れなかったり。。
1
竜が馬場。
2016年04月16日 10:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜が馬場。
丹沢山山頂。
2016年04月16日 10:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山山頂。
2
【主脈の三角点その2】丹沢山(1等)。
2016年04月16日 10:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【主脈の三角点その2】丹沢山(1等)。
1
ちょっと青空が・・。
2016年04月16日 10:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと青空が・・。
1
東丹沢の方はちょっと見晴らしも。
2016年04月16日 10:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東丹沢の方はちょっと見晴らしも。
ここの景色が好きです。
2016年04月16日 10:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの景色が好きです。
不動ノ峰に進みます。
2016年04月16日 10:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰に進みます。
1
不動ノ峰休憩所のとなり。
2016年04月16日 10:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰休憩所のとなり。
1
不動ノ峰。
2016年04月16日 10:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰。
棚沢ノ頭。
2016年04月16日 10:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚沢ノ頭。
ちょっと振り返る。
2016年04月16日 10:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと振り返る。
まだ蛭が岳は見えない。
2016年04月16日 10:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ蛭が岳は見えない。
1
ユーシン方面もなかなか雲がとれない。
2016年04月16日 10:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシン方面もなかなか雲がとれない。
鬼が岩。
2016年04月16日 11:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼が岩。
鬼が岩からようやく蛭が岳が見えました。
2016年04月16日 11:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼が岩からようやく蛭が岳が見えました。
1
鎖場。
2016年04月16日 11:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。
1
蛭が岳山頂そばから宮が瀬方面。
2016年04月16日 11:25撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭が岳山頂そばから宮が瀬方面。
1
【主脈の三角点その3】蛭ケ岳(3等)。
2016年04月16日 11:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【主脈の三角点その3】蛭ケ岳(3等)。
3
蛭ケ岳山頂。
食事していましたが、そばに喫煙者がいて気分が悪くなり早々に下山。。。
2016年04月16日 11:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ケ岳山頂。
食事していましたが、そばに喫煙者がいて気分が悪くなり早々に下山。。。
2
下山中、大室山がよく見えました。
2016年04月16日 11:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、大室山がよく見えました。
1
こちらは檜洞丸と大コウゲかな。
2016年04月16日 12:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは檜洞丸と大コウゲかな。
1
地蔵平。
2016年04月16日 12:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵平。
原小屋平。
2016年04月16日 12:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原小屋平。
姫次。ここはいつもそれなりに混んでます。
2016年04月16日 12:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次。ここはいつもそれなりに混んでます。
カラマツとその奥に蛭が岳。
2016年04月16日 12:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツとその奥に蛭が岳。
1
美林50選の立て札も、もはや役目をはたしていない。。
2016年04月16日 12:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美林50選の立て札も、もはや役目をはたしていない。。
主脈のそばということで袖平山に向かいます。
2016年04月16日 12:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈のそばということで袖平山に向かいます。
袖平山はここからもうちょっと登ります。
2016年04月16日 13:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山はここからもうちょっと登ります。
蛭が岳から丹沢主稜。
2016年04月16日 13:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭が岳から丹沢主稜。
1
袖平山山頂。
2016年04月16日 13:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山山頂。
【主脈の三角点その4】青根村3(3等)。
2016年04月16日 13:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【主脈の三角点その4】青根村3(3等)。
1
袖平山からは大室山がとてもよく見えました。
2016年04月16日 13:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山からは大室山がとてもよく見えました。
黍殻山に向かう途中。丹沢三峰。
2016年04月16日 13:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻山に向かう途中。丹沢三峰。
1
宮が瀬が見えました。
2016年04月16日 13:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮が瀬が見えました。
1
途中、登山道を外れて尾根を登り、黍殻山山頂。
2016年04月16日 14:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、登山道を外れて尾根を登り、黍殻山山頂。
【主脈の三角点その5】青根村(3等)。
2016年04月16日 14:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【主脈の三角点その5】青根村(3等)。
尾根はちょっとヤセてる場所もあり。
2016年04月16日 14:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根はちょっとヤセてる場所もあり。
1
また登山道に合流。
2016年04月16日 14:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また登山道に合流。
途中、ヤマザクラあり。
2016年04月16日 14:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、ヤマザクラあり。
1
焼山山頂。
2016年04月16日 14:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山山頂。
展望台から宮が瀬湖。
2016年04月16日 14:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から宮が瀬湖。
1
展望台から都心方面。
2016年04月16日 14:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から都心方面。
1
展望台から丹沢三峰〜蛭が岳。
2016年04月16日 14:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から丹沢三峰〜蛭が岳。
1
三角点はちょっと離れた場所にありました。
2016年04月16日 14:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点はちょっと離れた場所にありました。
1
【主脈の三角点その6】焼山(2等)。
2016年04月16日 14:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【主脈の三角点その6】焼山(2等)。
焼山からの下山中。だんだん緑が見えてきました。
2016年04月16日 15:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山からの下山中。だんだん緑が見えてきました。
このあたりがちょっと新緑っぽかった。
2016年04月16日 15:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりがちょっと新緑っぽかった。
うーん、まだ新緑の季節ではないかな?
2016年04月16日 15:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、まだ新緑の季節ではないかな?
1
今日も焼山登山口に向かいます。
2016年04月16日 16:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も焼山登山口に向かいます。
ここです。
2016年04月16日 16:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここです。
いつもゲート開いていたような。。
2016年04月16日 16:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもゲート開いていたような。。
焼山登山口バス停に到着。バス停のわきにヒル退治用食塩があり、身体についていないか、ちょっと気になりました。
2016年04月16日 16:16撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山登山口バス停に到着。バス停のわきにヒル退治用食塩があり、身体についていないか、ちょっと気になりました。

感想/記録

丹沢ではあまり三角点をじっくり見ていなかったので、主脈のメジャーな三角点を確認しに行ってきました。最近はバリルート歩きにはまってましたが、少し長い距離を歩きたかったのも、主脈を選んだ理由の一つです。

本当は大倉尾根途中の駒止茶屋の裏に三角点「一ノ沢(3等)」があるそうですが、主脈ではないのと、正直途中で気づいたけど戻るのも躊躇してしまいました。そのため、主脈開始の塔ノ岳からスタートとしました。
「‥礇嘘戞3等)」は尊仏山荘のわきに立てかけてありました。これはちょっとわかりづらい。。次は「丹沢山(1等)」。山頂標のそばにあるのでわかりやすい。「⑶蛭ケ岳(3等)」も‘瑛佑覆錣りづらさ。蛭ケ岳山荘の脇にありました。ここからしばらくなく、姫次のそばの袖平山山頂の「だ頂村3(3等)」。避難小屋から少し離れた黍殻山山頂の「ダ頂山(3等)」。最後に「焼山(2等)」は少し探してしまいましたが、この周辺でピークになっている場所をざっと探すと見つけることができました。
しばらくロング歩きがごぶさただったので、比較的早い時間からスタートしましたが、寄り道にも関わらず蛭山頂まで約4時間で行けましたので、自分的にはなかなかいいペースでした。メジャーな山でも、三角点の確認を怠っていた場所はそれなりにあるので、ちょっと復習?も兼ねて三角点を確認しにいくのも若干マニアックだけども面白いかと思いました。・・・人にはお勧めできませんが。
訪問者数:254人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ