ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847542 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

蕨山・大ヨケの頭のアカヤシオ からの蕎麦粒山〜棒ノ折周回

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー YAMA555(CL)
天候晴れ 気温10℃以上で結構風が心地よかったです
アクセス
利用交通機関
車・バイク
この辺は縦走できるように電車・バスで来ることが多いのですが、今回は行程が結構長めだったので、大事を取って車で行きました。
地元草加から下道でさわらびの湯駐車場まで約2時間30分。片道約70キロ。
帰りも下道で渋滞にはまりながら3時間30分。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20のGPSデータです。
今回は単独だったので、早足・休憩少な目で通常よりコースタイムは早いかと思います。
コース状況/
危険箇所等
●さわらびの湯〜蕨山
なかなかの急なのぼりから始まります。しばらくは針葉樹林帯ですが、途中から広葉樹へと変わり樹林越しに展望が開けてきます。大ヨケの頭付近のツツジとアカヤシオは見事満開でした。ここからの登山道でもチラホラとツツジ・アカヤシオが咲いています。
蕨山もアカヤシオが咲いていました。展望は北側、大持・小持が見えます。

●蕨山〜有馬山〜●オハヤシの頭
最初はなだらかな尾根ですが、有馬峠を越えた辺りから急な登りになります。
有馬峠が飯能最高地点にある登山口のようですね。名栗湖が遠望できました。蕎麦粒山登る人が使うんでしょうかね。
途中鉄塔付近で展望有、アセビが満開でした。

●蕎麦粒山〜棒ノ折
蕎麦粒山への尾根は防火帯のためか切り払われたいて気持ちよい尾根歩きができます。最後の登りは急坂で重装備だとこたえます。
棒ノ折への尾根もなだらかかと思いきやかなりアップダウンが激しいです。以前長沢背稜へ向かう時には、あまりの急坂に重装備でヘコタレ一杯水で泊まりました。
トレランの人が多いようですね。今回も数組見かけました。何株かアカヤシオ咲いていました。

●棒ノ折〜白谷沢登山口〜さわらびの湯
メジャールートです。山頂は人が賑わっていました。
白谷沢登山口は沢の真ん中を歩くような場所もあるのでスリップ注意。特に下りは気を使いましょう。芽吹きが始まり、これから新緑が見事になって来るでしょう。
その他周辺情報●温泉
さわらびの湯にて汗を流しました(3時間800円也)。
100円返却式靴置き場。着替えは100円返却式ロッカーあります。登山装備の場合はザックは入らないかも、休憩場所に荷物置いて貴重品だけもって風呂行くようにと案内していました。
露天、サウナ、水風呂あります。休憩スペースあり、自販機多数。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

さわらびの湯から蕨山までのハイキングコースは案内板がありました。私のコースは上の有馬山を越えて棒ノ折まで歩く周回ルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわらびの湯から蕨山までのハイキングコースは案内板がありました。私のコースは上の有馬山を越えて棒ノ折まで歩く周回ルート。
登山口から蕨山まで6.5km。結構距離ありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から蕨山まで6.5km。結構距離ありますね。
登山口近辺には山吹でしょうか。満開でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口近辺には山吹でしょうか。満開でした。
2
道端にはシャガも咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端にはシャガも咲いています。
1
スミレでしょうか。日陰の登山道の脇に結構咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレでしょうか。日陰の登山道の脇に結構咲いています。
1
登山道はしっかりしていますが、いきなりなかなかの登りが始まります。一気に汗が噴出してきてすぐに半袖に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はしっかりしていますが、いきなりなかなかの登りが始まります。一気に汗が噴出してきてすぐに半袖に。
登り始めて30分で金比羅山奥の院に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて30分で金比羅山奥の院に到着。
奥の院からも結構登りあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院からも結構登りあり。
しばらく登っていると眼下に名栗湖が見えました。そしてこの時期は山桜がまだ咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登っていると眼下に名栗湖が見えました。そしてこの時期は山桜がまだ咲いています。
中登坂に到着。ところどころ案内板があります。ここから下って名栗湖からさわらびに行くルートを名栗湖ネイチャートレイルって言うんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中登坂に到着。ところどころ案内板があります。ここから下って名栗湖からさわらびに行くルートを名栗湖ネイチャートレイルって言うんですね。
中登坂より先よりちらほらツツジが咲いています。
奥は後半歩く反対側の山稜です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中登坂より先よりちらほらツツジが咲いています。
奥は後半歩く反対側の山稜です。
登り始めて1時間くらいするとだいぶ展望が開けてきてツツジも多くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて1時間くらいするとだいぶ展望が開けてきてツツジも多くなってきました。
2
ツツジ咲き誇っていますね。
春山の雰囲気も気持ちよいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ咲き誇っていますね。
春山の雰囲気も気持ちよいです。
ツツジと槙尾山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジと槙尾山方面。
1
登ること1時間10分で初アカヤシオ!
淡いピンク色に丸い花弁のアカヤシオは私の好きな花の1つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ること1時間10分で初アカヤシオ!
淡いピンク色に丸い花弁のアカヤシオは私の好きな花の1つ。
10
ここからしばらくは写真撮りながらでユックリペースになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらくは写真撮りながらでユックリペースになりました。
1
アカヤシオアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオアップ。
10
連続して咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連続して咲いています。
4
大ヨケの頭に到着。この近辺がツツジとアカヤシオが今回一番きれいでしたね。樹林帯越しながらなかなか展望良いし、本当に見ごたえある場所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヨケの頭に到着。この近辺がツツジとアカヤシオが今回一番きれいでしたね。樹林帯越しながらなかなか展望良いし、本当に見ごたえある場所です。
ツツジが幾層にも重なって。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが幾層にも重なって。
さらに歩くとこれから回る有馬山方面の山塊が一望できました。
イヤー長そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに歩くとこれから回る有馬山方面の山塊が一望できました。
イヤー長そう。
2
藤棚山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤棚山に到着。
この辺も道はわかり易い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺も道はわかり易い。
そして蕨山への最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして蕨山への最後の登り。
蕨山に到着。登り始めて2時間、結構頑張ってタイムを縮められたかな。前半最初のポイントです。
ここでベンチに座って水と携帯食を取ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕨山に到着。登り始めて2時間、結構頑張ってタイムを縮められたかな。前半最初のポイントです。
ここでベンチに座って水と携帯食を取ります。
蕨山山頂もアカヤシオ咲いています。
北方面の展望もそこそこ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕨山山頂もアカヤシオ咲いています。
北方面の展望もそこそこ。
山頂のアカヤシオ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のアカヤシオ。
6
蕨山から一旦下り橋小屋の頭付近までは気持ちよく歩けます。そして有馬山に到着。ここで1組いらっしゃいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕨山から一旦下り橋小屋の頭付近までは気持ちよく歩けます。そして有馬山に到着。ここで1組いらっしゃいました。
1
樹林越しには大持、小持が見えます。
いつか繋げたい山稜です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林越しには大持、小持が見えます。
いつか繋げたい山稜です。
ちょうど樹林が切れたところでウッスラと両神でしょうか。
5月にアカヤシオを愛でに行こうかと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど樹林が切れたところでウッスラと両神でしょうか。
5月にアカヤシオを愛でに行こうかと。
1
気持ちよい樹林帯歩き。標高1,000m以上はまだ芽吹いてませんね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちよい樹林帯歩き。標高1,000m以上はまだ芽吹いてませんね。
タタラノ頭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タタラノ頭。
1
有馬峠の道標立派ですね。正面に名栗湖が遠望できます。
有馬ダムから見える奥の山稜はここでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬峠の道標立派ですね。正面に名栗湖が遠望できます。
有馬ダムから見える奥の山稜はここでしょう。
1
そしてこの峠、飯能最高地登山口だそうです。確かに林道がうねうね通っていますね。でも片方は通行止めでしたが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこの峠、飯能最高地登山口だそうです。確かに林道がうねうね通っていますね。でも片方は通行止めでしたが。
1
眼下に見える名栗湖。ぐるっと回ってまたあそこまで歩かなければ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に見える名栗湖。ぐるっと回ってまたあそこまで歩かなければ。
4
有馬の尾根を登っているとアセビの花が満開でした。この辺で女性1人休憩されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬の尾根を登っているとアセビの花が満開でした。この辺で女性1人休憩されていました。
なかなかの急坂を登ってきてオハヤシの頭に到着。登り始めて3時間40分。長沢背稜に続く尾根に出た!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの急坂を登ってきてオハヤシの頭に到着。登り始めて3時間40分。長沢背稜に続く尾根に出た!
1
長沢背稜に続く尾根は以前雲取まで歩いた時に使いました。結構気持ちよい尾根だし、時間が早かったので蕎麦粒山までピストンすることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜に続く尾根は以前雲取まで歩いた時に使いました。結構気持ちよい尾根だし、時間が早かったので蕎麦粒山までピストンすることに。
2
蕎麦粒山の最後の登りはキッツイですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山の最後の登りはキッツイですね。
2
蕎麦粒山山頂に到着。展望はぼちぼち。ちょうど休憩されているかた2人。1人と話すと日原からいらっしゃったとのこと。電車を使って縦走する人じゃないとこの山は来ないかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山山頂に到着。展望はぼちぼち。ちょうど休憩されているかた2人。1人と話すと日原からいらっしゃったとのこと。電車を使って縦走する人じゃないとこの山は来ないかな。
2
蕎麦粒山からの展望。まだ登ったことの無い川苔山が立派ですね。その奥は大岳山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山からの展望。まだ登ったことの無い川苔山が立派ですね。その奥は大岳山かな?
1
一旦オハヤシの頭に戻って、今度は反対側の棒ノ折を目指します。結構急峻な下りが続く。
逆コース行った時には、酉谷まで行くつもりが重装備もあって挫けて一杯水避難小屋に変更。結構キツカッた覚えがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦オハヤシの頭に戻って、今度は反対側の棒ノ折を目指します。結構急峻な下りが続く。
逆コース行った時には、酉谷まで行くつもりが重装備もあって挫けて一杯水避難小屋に変更。結構キツカッた覚えがあります。
1
ちらほらとスミレの花が咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちらほらとスミレの花が咲いています。
1
この尾根歩きでカタクリの花も見られました。群生しているわけではないですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根歩きでカタクリの花も見られました。群生しているわけではないですが。
3
長尾丸山に到着。奥は歩いてきた蕨山山塊。途中トレランぽい人数組と2人ほど登山者すれ違いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾丸山に到着。奥は歩いてきた蕨山山塊。途中トレランぽい人数組と2人ほど登山者すれ違いました。
ここでエネルギーチャージ。コーラ味のジェル初めてでしたが味はイマイチ。ジェルというより水飴みたいでした。でもこれで結構カロリーあるんですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでエネルギーチャージ。コーラ味のジェル初めてでしたが味はイマイチ。ジェルというより水飴みたいでした。でもこれで結構カロリーあるんですよね。
歩いてきた蕨山山塊の展望がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた蕨山山塊の展望がある。
槙ノ尾山に到着。棒ノ折からそんなに離れていないですが、静かな山塊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槙ノ尾山に到着。棒ノ折からそんなに離れていないですが、静かな山塊。
棒ノ折に到着。今日は人混雑していました。さすが人気の山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折に到着。今日は人混雑していました。さすが人気の山です。
3
展望がいいですね。何の山かは案内板見ないとわからないですが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望がいいですね。何の山かは案内板見ないとわからないですが・・・。
棒ノ折は人が多かったので写真を撮って下山を開始します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折は人が多かったので写真を撮って下山を開始します。
下ってくると芽吹きで新緑が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってくると芽吹きで新緑が。
山桜も咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜も咲いています。
白沢谷コースを下ります。こちらは沢歩きの雰囲気で気持ちよいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢谷コースを下ります。こちらは沢歩きの雰囲気で気持ちよいですね。
1
滝を間近に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を間近に。
ゴルジュっぽい雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュっぽい雰囲気。
2
そして無事に下山して名栗湖が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして無事に下山して名栗湖が見えてきました。
名栗湖からの展望。奥が有馬峠始め私が周回した山稜ですね。
棒ノ折は登山初心者時に来た山ですが、まさかあの奥を周回するようになるとは思いませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗湖からの展望。奥が有馬峠始め私が周回した山稜ですね。
棒ノ折は登山初心者時に来た山ですが、まさかあの奥を周回するようになるとは思いませんでした。
下山後はさわらびの湯にて汗を流しました。
顔が塩でカピカピだったのでスッキリ!やはり温泉は欠かせません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後はさわらびの湯にて汗を流しました。
顔が塩でカピカピだったのでスッキリ!やはり温泉は欠かせません。
2

感想/記録

夏山に向けて体を戻すために先週の桃源郷歩きに続き、今回もロングコースを歩いてきました。いろんなレコを拝見させていただいていたら、蕨山でアカヤシオが咲き始めたとのこと。直近でアップしてくださる方には、いつも感謝です。そこで以前から気になっていた蕨山〜有間山〜棒ノ折の周回コースを歩くことにしました。

蕨山というよりは大ヨケの頭付近のツツジとアカヤシオは見事です。いずれもピンクですが、花弁の丸い淡いピンクのアカヤシオは私の好きな花の1つで、これからの長いトレイルを控えて幸先の良い幸せな時間でした。
1,000mを越えるとさすがにまだ春は早いようで芽吹きもないのですが、枝越しに展望を見ながら静かな尾根歩きが出来ました。思いのほか早かったので蕎麦粒山ピストンのおまけも。
棒ノ折まではアップダウンが結構あってなかなか歯ごたえがあるコースです。カシミールでルートを見ると今回のルートは累積標高2,800越えとさすがにハードなルートだったようです。先週25キロ越えで歩いていたので、今回は降り終えても結構余力があり、ようやく体が慣れてきた感じ。

来週は天気が良ければ再び残雪の山を楽しみに行こうと思います。この時期は残雪と花の低山、どちらに行こうか悩みが尽きないですね。
訪問者数:359人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/29
投稿数: 41
2016/4/17 23:45
 意外と近くにいたんですね
YAMA555さん、こんばんは。
16日私は武甲山に行ってました、工程はYAMAさんの数分の一ですが。。。
2週続けて25km越えとは恐れ入ります。
武甲山山頂に着いた午後1時頃はもう霞んでいましたが、午前早い時間はまだスッキリしていたようですね。

花の写真が多いですね〜、自分に花の知識が全く無いので羨ましいです。
覚えようかなぁと思ったこともありますが、中々頭に入らない。。
歳のせいにしとこう( ゚Д゚)
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/4/18 0:36
 Re: 意外と近くにいたんですね
ya_saさんこんばんは。
頻繁に行ってると体が少しずつ慣れてきますね^^この調子で今年も年間50日目指します。
何回かは是非ご一緒しましょう!

両神のアカヤシオ見たくてGW翌週に八丁行こうかと思ってます。
今年は全体的に前倒しなので見ごろ過ぎちゃうと悲しいな〜と。花の名前わからなくても八丁峠でピンクの可憐な花見たらきっとピンときますんで。レコ楽しみにしています!

そして物覚えが悪いのは私も同じ・・・歳のせいにしておこう(T T)
kaz
登録日: 2008/8/24
投稿数: 254
2016/4/18 22:48
 うゎ〜(@_@) 今回もガッツリ歩いてますね
あいかわらずの健脚を発揮してますね〜、こりゃスゴイです(@_@)
奥多摩エリア、こうやってルートを採ると、近場でもガッツリで魅惑的なルートが作れるんですね、参考になります。ちょっと真似してみたいなと(^^;)

でもこれだけガッツリ歩けてるんで、GW山行、ついていけるかしら、と少し不安...
でも何とかついて行きますので、よろしくです('◇')ゞ
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/4/19 0:36
 Re: うゎ〜(@_@) 今回もガッツリ歩いてますね
今回の目的はアカヤシオでしたが、なかなか歩き応えがあるルートでした。1人だと少し背伸びをしたロングトレイルにチャレンジできますね。武甲山からの尾根歩きもチャレンジしてみたいなと思ってます。低山ロングの赤線伸ばしも楽しいッス。

GWの穂高楽しみですね〜。お酒担ぎますよ〜!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ