ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847562 全員に公開 ハイキング東海

焼尾山から千手観音、ミニダイラ へ

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー dedeppo5
天候春霞(微風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三重県側トンネル手前の駐車場に駐車(8台可)
トンネル口空地は大型車両の転回用として、駐車禁止に成ってます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
15分
合計
5時間20分
S鞍掛トンネル東登山口07:5012:23焼尾山12:2912:47鞍掛峠12:5213:06鞍掛トンネル東登山口13:1013:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鉄塔巡視路以外は、トレースが無く、ルーファイ(有視界)歩行の為
今回の軌跡も全く参考になりません。

落葉樹林帯なので、二次林好きには、ミニダイラは癒しの場であるが、
ヤマビルの生息地なので、5〜10月は、それなりの対応を要します。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

橋を渡ると、登山届ポストは在ります。
2016年04月16日 07:50撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると、登山届ポストは在ります。
1
歩き出して間もなく、避難小屋が在りますが
2016年04月16日 07:55撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出して間もなく、避難小屋が在りますが
中はこの様、使用は不可です。
2016年04月16日 07:55撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はこの様、使用は不可です。
最初の鉄塔、L22
2016年04月16日 08:13撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鉄塔、L22
L22から尾根を登ると
2016年04月16日 08:14撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
L22から尾根を登ると
巡視路の表示があり、ここを右折します。
2016年04月16日 08:18撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巡視路の表示があり、ここを右折します。
以前からこの斜面の巡視路は崩落し、荒れたままでしたが
2016年04月16日 08:28撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前からこの斜面の巡視路は崩落し、荒れたままでしたが
補修されておりまして、とても歩き易くなってました。
2016年04月16日 08:31撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
補修されておりまして、とても歩き易くなってました。
2
ここは、鉄塔Lと鉄塔Rの分岐です。尾根筋へと北上します。
2016年04月16日 08:36撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、鉄塔Lと鉄塔Rの分岐です。尾根筋へと北上します。
1
二つ目の鉄塔に辿りつきました。(R22)
2016年04月16日 08:52撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の鉄塔に辿りつきました。(R22)
巡視路と別れると後は下りと成りますが、薄い花曇りながら、見通しが利くので、今日の有視界歩行は楽しいです。
2016年04月16日 09:20撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巡視路と別れると後は下りと成りますが、薄い花曇りながら、見通しが利くので、今日の有視界歩行は楽しいです。
3
ここまで来ると、シャクナゲの藪もありませんが、時期を前にした蕾をアップしてみます。まだまだ固そうですが。
2016年04月16日 09:27撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ると、シャクナゲの藪もありませんが、時期を前にした蕾をアップしてみます。まだまだ固そうですが。
足下にはカタクリの花。
2016年04月16日 09:31撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下にはカタクリの花。
1
群生はして居らず、ポツリ ポツリ 見られます。
2016年04月16日 09:31撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群生はして居らず、ポツリ ポツリ 見られます。
1
木々の向こうには山の稜線も見え、これが、新緑前の楽しみでもありますね。
2016年04月16日 09:33撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の向こうには山の稜線も見え、これが、新緑前の楽しみでもありますね。
1
高度が大分下りました。新芽も膨らんで来ています。
2016年04月16日 09:59撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が大分下りました。新芽も膨らんで来ています。
2
生活の跡を感じる二次林。ここは、ミニダイラ入り口です。
2016年04月16日 10:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生活の跡を感じる二次林。ここは、ミニダイラ入り口です。
1
そしてミニダイラ。
鈴鹿の上高地よりは狭いが、湿地ではないので、大股でゆっくり、落ち葉を踏みしめて、歩ける処です。
2016年04月16日 10:18撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてミニダイラ。
鈴鹿の上高地よりは狭いが、湿地ではないので、大股でゆっくり、落ち葉を踏みしめて、歩ける処です。
4
芽吹きが深まると、地面の日射も弱まるが、地面の土も落ち葉も今日は乾いて居り、心置きなく、自由に散策できます。
2016年04月16日 10:18撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽吹きが深まると、地面の日射も弱まるが、地面の土も落ち葉も今日は乾いて居り、心置きなく、自由に散策できます。
1
ミニダイラの東側に回ります。
2016年04月16日 10:22撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニダイラの東側に回ります。
1
新芽が色づき萌黄が映えます。
2016年04月16日 10:22撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新芽が色づき萌黄が映えます。
2
二次林でも、木炭化を免れた樹木もあります。
2016年04月16日 10:25撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二次林でも、木炭化を免れた樹木もあります。
1
植樹されたと思われる桜の老木。
2016年04月16日 10:25撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植樹されたと思われる桜の老木。
2
花片が散り、ピンク色も新芽に、もう負けていました。
2016年04月16日 10:26撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花片が散り、ピンク色も新芽に、もう負けていました。
1
そして千手観音。
2016年04月16日 11:27撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして千手観音。
2
根元では、穴を覗きながら、子供の巣立ちを待ちくたびれて、苔むした親が腹ばってるように見えました。
2016年04月16日 11:27撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根元では、穴を覗きながら、子供の巣立ちを待ちくたびれて、苔むした親が腹ばってるように見えました。
3
根も枝も四方に張り巡らし、風雪・雷に耐え、歴史の流れを見守って居ます。
2016年04月16日 11:27撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根も枝も四方に張り巡らし、風雪・雷に耐え、歴史の流れを見守って居ます。
2
ミニダイラと千手観音参り後も、花と老木を探しながらのジグザグ歩行。
2016年04月16日 11:45撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニダイラと千手観音参り後も、花と老木を探しながらのジグザグ歩行。
6
尾根に戻り
2016年04月16日 12:23撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に戻り
焼尾山まで来るが、ここへは遠足気分で来れるので、この山の花は、盗掘され易く、シャクナゲの蕾も、以前に比べたら、グーンと少なくなりました。
2016年04月16日 12:24撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼尾山まで来るが、ここへは遠足気分で来れるので、この山の花は、盗掘され易く、シャクナゲの蕾も、以前に比べたら、グーンと少なくなりました。
1
鞍掛峠を経由し
2016年04月16日 12:35撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠を経由し
駐車場まで下山して来ました。
「車両転回場の為駐車禁止」と謳ってますが、バス等で来た時などの、「大型車両転回場」と、大型の文字を入れないと、登山者にはどうも、理解して貰えそうにないようです。
2016年04月16日 13:06撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場まで下山して来ました。
「車両転回場の為駐車禁止」と謳ってますが、バス等で来た時などの、「大型車両転回場」と、大型の文字を入れないと、登山者にはどうも、理解して貰えそうにないようです。
撮影機材:

感想/記録

鞍掛トンネルから鞍掛峠迄の桧林の通過が気になったが、天気が良いとの予報なので、ミニダイラまで出掛けてみた。

今日は微風であったこと、花期も終わりに近づき、殆ど花粉を目にする事もなく、桧林を通過出来ました。ここを過ぎれば、あとは落葉樹林帯。しかも新緑前の明るい二次林なので、今日も一人だし、全く気儘な山行となりました。

老人の単独行は
人のペースを乱さず、ハイペースに引き込まれもせず、人の心配等を考慮しなければ、何と、精神的な贅沢だろうと、山行の度に感じていますが、

でも現実は
家族の心配を和らげる為に、山行時は、自分の足跡を追跡出来るよう、ハンディー無線機の電源を入れて居るので、今日は、運送車両の交信声に静寂を破られたりしたが、近場でありながら、R306を楽しむバイクの音も届かないので、自然に耽るにはいい処である。

何れこの静寂も、独占は出来なくなるだろうが、自然に同化する積もりで、時折、訪れ度いものだ。
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/11/5
投稿数: 37
2016/4/17 14:33
 山の季節ですね(*^^*)
若葉萌える季節が近づいて来ましたね。写真からはまだまだの様ですが。
単独行、私には程遠いことで、いつもご一緒していただき、お陰で寂しさや不安な思いはありません。

山での静寂は最高の幸せ。
普段の喧噪から離れて、無になれる時間もとても大切で、お気持ちよく分かります。
そんな中、無線交信、先日はお付き合いして頂きありがとうございました。
時々聞こえてくる仲間の声に、今はまだ心高めさせてもらい、交信できる喜びを感じています。
APRSで現在地の確認が出来ることはこの上ない安心ですね。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 253
2016/4/17 15:51
 Re: 山の季節ですね(*^^*)
そうなんです。
探される方は、歳だし、で、覚悟はしてますが
探す方は大変と思うからでしょう、必ず止めますね−。

でも、APRSと無線で、直ぐ見つかるよ。となだめて
出掛けてますが、単独行の時には更に慎重に、危険域
には入らないように努めているんですよ。

皆さんと同様、クラブの看板を背負ってますから、事故
を起こさない体力と感性を、磨いて行き度いものです。

また、補聴器代わりも、宜しくお願いします。
登録日: 2012/2/15
投稿数: 252
2016/4/17 19:22
 単独行とAPRS。
こんばんは、dedeppo5 さん。
ミニダイラ、雰囲気良さそうな所ですね〜。
鈴鹿は知らない所が一杯で参考になります。
私も単独行が多いので、APRSには興味が有り、
いずれは導入したいと思っていますが、
使いこなすのは難しいのでしょうか。
グループ登山も楽しくて良いですが、
単独行もdedeppo5 さんも言われてるように、
気楽で精神的な贅沢が有りますよね。
ご苦労様でした。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 253
2016/4/17 20:58
 Re: 単独行とAPRS。
私もAPRSを活用したくて、4級アマ無線免許を取得し、APRS機能付き無線機を使ってます。周波数を合わせて置いて、山行時に電源を入れるだけです。

APRSの足跡は、リアルタイムでも事後でもネットでチェック出来ますが、完全追跡は無理です。なので、会の方が自費を投じ、鈴鹿の山に中継アンテナを立て、増やしては居ますけど、それでも、ロストするエリアーは、まだ解消してません。

しかし、ロストする前は何時に何処を歩いて居たかが、公知の情報と成りますので、登山届と同様、登山者の強い味方(道具・安心)と、私は捉えております。
登録日: 2012/9/8
投稿数: 323
2016/4/20 19:01
 お疲れ様でした
当時はPCからTJFさんの軌跡をAPRSで拾っていましたのでヤマレコ更新を楽しみにしていました。
ちなみに今回はロケーションが良かったようでAPRSは全て拾ってた感じです。
カタクリをちゃんと撮ってくださいよ。
ボケてるじゃありませんかぁ。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 253
2016/4/20 22:12
 Re: お疲れ様でした
ファインダー覗いても焦点合わせられないから、ファインダーの無いカメラで
シャッターを闇雲(○○○)押ししてるんです。眼鏡を3種類ぐらい持って行けば、もう少しピントを合わせられる(撮影会では、エクボもバッチリ)だけど、見えないんだから、ボケは勘弁して。

天気なら、4/29〜30に御池でテント泊。30日に、ノタノ坂に下りて藤原に出、県境尾根を御池に戻る予定。学校も休みだし、お子さん連れでどうですか。
登録日: 2012/9/8
投稿数: 323
2016/4/22 22:35
 Re[2]: お疲れ様でした
うわぁ〜
いいですね〜
仕事の都合もありますが鈴鹿のテン泊検討してみます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ