ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847637 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

鳳凰山〜夜叉神から鳳凰小屋分岐までピストン

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー guccigucci, その他メンバー1人
天候晴れてて無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道双葉JCTより中部横断自動車道を白根ICで降りて約30分
白根ICから芦安までの間にコンビニはローソンや7-11などあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間34分
休憩
1時間40分
合計
13時間14分
S夜叉神峠登山口04:4805:37夜叉神峠05:3805:40夜叉神峠小屋05:4306:53杖立峠07:39火事場跡08:18苺平08:2308:48南御室小屋08:5510:04砂払岳10:0710:10薬師岳小屋10:1710:30薬師岳10:3211:11鳳凰山11:1611:44鳳凰小屋分岐12:0512:42鳳凰山12:5113:31薬師岳13:37薬師岳小屋13:5113:59砂払岳14:41南御室小屋14:5415:27苺平15:55火事場跡16:27杖立峠16:3217:19夜叉神峠小屋17:2417:27夜叉神峠18:02夜叉神峠登山口18:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※夜叉神駐車場〜夜叉神峠:残雪なし、全体的に歩き易い。
※夜叉神峠〜杖立峠:残雪なし、足場の悪い急登があります。
※杖立峠〜苺平:、凍結箇所は所々にあるもののアイゼン付ける程ではない程度、この先融けてなくなるのも1〜2週間くらいか。僕らは苺平でチェーンアイゼンを装着、以降終日チェーンアイゼンで歩行してました。
※苺平〜南御室小屋:残雪あり、凍結箇所、時間帯によっては踏み抜きあり。
※南御室小屋〜薬師岳:樹林帯は残雪ありでこの時期は踏み抜き多数です。
陽の当たる稜線では雪はなくアイゼンで削られた砂の登山道が壊れかけてるのでアイゼンは外して歩いてと薬師岳小屋に張り紙がありました。
※薬師岳〜観音岳:ここは全体的に稜線から分けて北側に残雪があり南側にはほぼ
ありません。12本爪の様なアイゼンだと逆に歩き辛いと思います。
山頂付近には残雪があるので時間帯では軽アイゼンまたはキックステップで登れます。
※観音岳〜鳳凰小屋分岐の岩稜まで:全般残雪が今のところあり、雪の残る所ではこれも昼くらいだと踏み抜きまくり。

写真

さて長丁場ですが元気に出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて長丁場ですが元気に出発!
1
途中木々の間から日の出が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中木々の間から日の出が見えた。
夜叉神峠に到着。
トイレは並んでる仮設っぽいトイレではなく冬季用のトイレがその裏にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠に到着。
トイレは並んでる仮設っぽいトイレではなく冬季用のトイレがその裏にあります。
杖立峠に到着。
この先辺りから凍結気味に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖立峠に到着。
この先辺りから凍結気味に。
火事場跡に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火事場跡に到着
木々から垣間見える白峰三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々から垣間見える白峰三山
開けたところで。
この景色が見えるまで結構歩いたな。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けたところで。
この景色が見えるまで結構歩いたな。。
1
間ノ岳と農鳥岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳と農鳥岳
ここから結構下ります。
帰りが辛そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから結構下ります。
帰りが辛そう。
2
南御室小屋に到着。
冬季トイレ仕様の際はアイゼンは外しましょう。
外さず使用している初心者がいたので。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋に到着。
冬季トイレ仕様の際はアイゼンは外しましょう。
外さず使用している初心者がいたので。
1
薬師岳までの樹林帯をひたすら進む。
帰りは気温で緩くなってて踏み抜く事数回。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳までの樹林帯をひたすら進む。
帰りは気温で緩くなってて踏み抜く事数回。
1
薬師岳小屋手前のピーク。
ザレテて微妙に体力を奪う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋手前のピーク。
ザレテて微妙に体力を奪う。
1
薬師岳小屋。
皆さんのレコから大分お目見えしてきましたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋。
皆さんのレコから大分お目見えしてきましたね。
1
薬師岳山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂に到着。
2
北岳と右に仙丈ケ岳。
さてと観音岳に向かいますか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と右に仙丈ケ岳。
さてと観音岳に向かいますか。
1
観音岳は近そうに見えて中々遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳は近そうに見えて中々遠い。
1
稜線から見る白峰三山と手前の池山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から見る白峰三山と手前の池山
2
ここが鳳凰三山の主稜、観音岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが鳳凰三山の主稜、観音岳
地蔵岳、時間も時間ですが行ける所まで行ってみる事に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳、時間も時間ですが行ける所まで行ってみる事に。
1
結構下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構下ります。
鳳凰小屋分岐の岩稜でタイムアップ。
僕らの貧弱な脚力を考えると明るい時間に車に戻れるのはここで
12時が限界でした(汗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋分岐の岩稜でタイムアップ。
僕らの貧弱な脚力を考えると明るい時間に車に戻れるのはここで
12時が限界でした(汗
2
名残惜しいですが地蔵岳のオベリスクをアップで撮って
帰ります。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが地蔵岳のオベリスクをアップで撮って
帰ります。。
4
観音岳まで登り返した。
かなりのHP消費;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳まで登り返した。
かなりのHP消費;。
1
でも結構好きだなこの稜線は。
もうチョイ雪があるとカッコイイだろうな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも結構好きだなこの稜線は。
もうチョイ雪があるとカッコイイだろうな。
1
北岳をアップで。
大樺沢の雪渓がイイ感じですなー。
八本歯も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳をアップで。
大樺沢の雪渓がイイ感じですなー。
八本歯も見える。
一気に下山。
途中から見える甲府市街。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下山。
途中から見える甲府市街。
杖立峠に到着。
手前の登り返しでヘロヘロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖立峠に到着。
手前の登り返しでヘロヘロ。
夜叉神小屋が見えた。
テン泊の方が1名いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神小屋が見えた。
テン泊の方が1名いた。
1
陽が伸びたので何とか明るいうちに帰ってこれた。
疲れたの一言です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が伸びたので何とか明るいうちに帰ってこれた。
疲れたの一言です。
1

感想/記録

随分前から鳳凰三山には行こう、行こうと思っておりましたが中々機会を得ず。
今回も当初八ヶ岳辺りに友人とテン泊でもしにいこうと考えてましたが
結局17日の天候があまり良くない予報が出ていたので、車でせいぜい3時間以内で家から行ける登ってない日帰りの百名山と言うことで鳳凰山になった、。

しかし樹林帯が長い山ですねー。。
お陰で絶景が見える場所まで相当な時間が掛かりましたよ。
残雪はこの時期としてはやはり少ないのでしょうね。
最後の地蔵岳までと何とか頑張ってみたものの帰りの暗がりをヘッデンの明かりだけで踏み抜きながら歩くのは危険と判断し途中で撤退せざるを得なかったです。
ピストンだと要所要所で登り返しのおまけが付いてくるので累積標高も中々。。
観音岳のピークを踏まず手前の薬師岳で引き返す方が多かったのも頷けます。

駐車場に帰り着いた時は多分もうこのルートは辿らないだろうなと思ってましたが、
山って不思議ですね、、もう昨日の今日で今度ここに行く時はと考えています。

そう今度ここに行く時はバスが運航している時期にもう少し早く出て地蔵岳を白凰峠の方に降りて広河原からバスに乗って帰ってくるルートを辿った方が良いなと思いました。

訪問者数:832人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ