ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847780 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

久しぶりの気持ちよさ〜平標山

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー mizcreidMococo
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平標山登山口駐車場を利用。
午前6時頃に続々と車が到着。空きは十分にあったので駐車に困ることはありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間58分
休憩
48分
合計
8時間46分
S平標登山口駐車場06:4906:51平標登山口06:5208:24松手山コース送電鉄塔08:2809:25松手山09:2910:39一ノ肩11:32平標山12:1013:00平標山の家13:0114:18平元新道登山口15:35平標登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【登山口〜松手山】
そこそこガッツリ系の登り。
背後の景色が楽しめることもあり、キツさはあまり感じられず、危険な箇所もありません。
途中の鉄塔で展望が開けます。
松手山の手前から残雪が出てきます。どんどん溶けているのでこの先量は減ると思いますが、その代わりに雪解け水で登山道がぬかるみ、泥でスリップしやすい箇所が増えてきます。

【松手山〜平標山】
しばらく緩やかな稜線歩きです。
全面的に残雪、ぬかるみがあります。雪に木が埋もれて通りにくくなっていたり、残雪のトラバースでは滑落すると谷底かなーと思われるところもありましたので要所要所では慎重に。
平標山の直下から再び登りが始まります。
とても登りやすい階段が設置されており、前半ほど苦労せずに登れるかと思います。

【平標山〜平標山の家】
基本的に階段と木道の下りです。が、残雪が多く階段が埋もれている箇所が目立ちます。
雪はグズグズで踏み抜きがあります。階段のステップの隙間を踏み抜くとかなり深く、怪我をする可能性が高いと思います。
下にステップがある場所を踏むか、いっそのこと階段の上を外れて残雪上を下ったほうがリスクがないかも知れません。

【平標山の家〜駐車場】
山の家のトイレは利用可能でした。来週からオープンだそうです。
下り始めは結構急な傾斜で、残雪と埋もれた階段のとで歩きにくい状況でした。
チェーンスパイクくらいつけた方が安全なのは間違いないと思います(大半の人は無しで下っちゃうと思いますが)。
残雪が途切れれば特に危険もない下り道です。
林道に出た後はほぼ平坦な道です。別荘地手前で右の沢脇に下り、沢沿いに林道下を進みます(正直なところ林道をそのまま歩いた方が歩きやすそうでしたが)。
その他周辺情報【立ち寄り湯】
まんてん星の湯
http://www.mantenboshinoyu.com/
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

平標山登山口駐車場に駐車。午前6時過ぎに続々と車入場(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山登山口駐車場に駐車。午前6時過ぎに続々と車入場(み)
1
いざ出発!(み)
イテキマース٩( 'ω' )و (も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ出発!(み)
イテキマース٩( 'ω' )و (も)
4
駐車場から徒歩3分。ここからが山道(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から徒歩3分。ここからが山道(み)
登り始めてすぐに背後にご褒美景色が見え始めます(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐに背後にご褒美景色が見え始めます(み)
3
ときおり振り返っては景色を楽しむ(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときおり振り返っては景色を楽しむ(み)
2
第一目標の鉄塔が近づいてきます(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一目標の鉄塔が近づいてきます(み)
第一目標の鉄塔がますます近づいてきます(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一目標の鉄塔がますます近づいてきます(み)
鉄塔に到着。一休み一休み(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔に到着。一休み一休み(み)
鉄塔は展望のいい場所です。苗場スキー場と筍山(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔は展望のいい場所です。苗場スキー場と筍山(み)
6
残雪登場。以降、少しずつ増量(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪登場。以降、少しずつ増量(み)
朝晩は冷え混んで雪解け水が凍るですね(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝晩は冷え混んで雪解け水が凍るですね(も)
2
気持ちがいいお山ですな(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちがいいお山ですな(も)
6
松手山に到着!(み)
青でした(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松手山に到着!(み)
青でした(も)
8
この先気持ちのいい道が待っています(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先気持ちのいい道が待っています(み)
6
バテたふりをしています(み)
後ろの山が素晴らしいんだわ(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バテたふりをしています(み)
後ろの山が素晴らしいんだわ(も)
7
ここが歩きたかったところ(み)
ウェイウェイ٩( 'ω' )و (も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが歩きたかったところ(み)
ウェイウェイ٩( 'ω' )و (も)
9
背後には苗場山などが見えます(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後には苗場山などが見えます(み)
4
またバテた振りをして写真を撮っています(み)
後ろの景色すごいんだわ(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またバテた振りをして写真を撮っています(み)
後ろの景色すごいんだわ(も)
8
登ってる人がみえるんだわ(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってる人がみえるんだわ(も)
1
再度、ちょっと傾斜のある登りが始まります(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、ちょっと傾斜のある登りが始まります(み)
4
振り返ると歩いてきた道がとてもきれいに見えます(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると歩いてきた道がとてもきれいに見えます(み)
2
この登りは階段が設置されていて、とても登りやすい道です(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登りは階段が設置されていて、とても登りやすい道です(み)
1
歩いてきた道を振り返って(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返って(み)
6
山頂までもう少し(み)
着いちゃうのがもったいないね(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し(み)
着いちゃうのがもったいないね(も)
2
周り中良い景色(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周り中良い景色(み)
苗場山も楽しそうだ(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山も楽しそうだ(み)
6
良い日にこれました(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い日にこれました(も)
2
足元、ぐずぐずでぼこぼこだったりするので景色ばかり見てもいられませんが(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元、ぐずぐずでぼこぼこだったりするので景色ばかり見てもいられませんが(み)
1
ここはずっと歩いていられる景色なりなぁ(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはずっと歩いていられる景色なりなぁ(も)
1
平標山に到着!(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山に到着!(み)
9
名残惜しいですが下ります。
下りも良い景色なり(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが下ります。
下りも良い景色なり(も)
5
階段が雪に埋もれ、踏み抜くと相当深いので要注意(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が雪に埋もれ、踏み抜くと相当深いので要注意(み)
気持ち良く滑り降り下りる感じで(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ち良く滑り降り下りる感じで(も)
5
小屋が見えました(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えました(み)
3
そろそろ見納め。良い山でした(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ見納め。良い山でした(み)
2
一休み。来週からオープンだそうです。テン泊もOK(み)
おトイレもキレイでしたん(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休み。来週からオープンだそうです。テン泊もOK(み)
おトイレもキレイでしたん(も)
5
咲いていた花は美味しそうなヤツだけでしたん(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲いていた花は美味しそうなヤツだけでしたん(も)
2
小屋からは急な下りを経て、林道まで出ます(み)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からは急な下りを経て、林道まで出ます(み)
1
あとは林道沿いにテクテク(み)
美味しそうなヤツが一杯咲いてました(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは林道沿いにテクテク(み)
美味しそうなヤツが一杯咲いてました(も)
ゴール。お疲れ様でした(み)
蕗の薹味噌舐めたい(も)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール。お疲れ様でした(み)
蕗の薹味噌舐めたい(も)
6

感想/記録

夜明けの時点で、すでに春らしく霞のかかった空は、気持ちの良い青空、とは言えない色をしていた。
朝6時過ぎ、登山口の駐車場に車を停めたときにはまだ誰も入山していなかった。
もそもそと装備を整えている間に次々に車がやって来て、手際よく準備を済ませた登山者が先に出発していく。
駐車場併設のトイレは閉鎖されており、手前のコンビニあたりで済ませてくれば良かったかなぁ〜などとブツブツ言いつつ、我々も出発。

登山口を入るとのっけから登りが始まる。
急登ではない。が、緩やかでもない。山に登っているというのが実感できる程よい傾斜だ。
登り始めて程なくして、木々の切れ目から背後に苗場スキー場を見下ろし、その背後にそびえる残雪を被った筍山の姿が見える。
登るにつれてその景色は広がりを見せる。
傾斜は緩まないが、ご褒美の景色が早々に与えられるので、時折足を止めては振り返り、
「山に来たなぁ」
そう実感する。

標高1400メートル付近の鉄塔に至ると、周囲の山々が展望できるとともに、次に目指す松手山が見える。
松手山までのちょうど中間地点。まだまだ登りは続くが、この先展望は広がる一方なので気分は盛り上がる。
このコースは最初の傾斜が最もきつく、登るにつれて緩やかになる。松手山から先はしばらくの間楽しい稜線歩きだ。
背後には横たわったカバドンの背ビレのような苗場山が現れる。
どの山も綺麗に残雪を被ってシーボーズのようなツートンカラーの模様だ。

平標山の直下から再び登りとなるが、ここにはいい感じの階段が設置されていてとても登りやすい。
ステップの幅も高さも程よく、負担になりにくい。
ところどころで崩れてしまって傾いたりしているステップもあるが、全般的にはベストオブ登りやすい階段、と言ってもいいくらい素晴らしい階段だった。
平標山に着くと、視界は360度に開ける。
風はやや強め。シートを引いて寝転がると風はそれほど当たらず、ぽかぽかの日差しが心地よい。
のんびりしていたい場所だった。

もうしばらく居ても良かったが、初めての道ということで、下りで難儀するといけないので、ほどほどのところで撤収。
平標山の家方面へ下る。階段が整備されていて歩きやすい道……と言いたいところだが雪がかなり残っており、階段が埋まっている箇所が多い。
かつ、ぐずぐずになった雪を踏み抜いたところが階段のステップの隙間だったりするとかなり深く、下手をすれば怪我をしかねない。
むしろ階段の上を外して雪上を下ったほうが安全かも知れない。

小屋から先、下り道は登りとは逆に、下るほどに傾斜が緩やかになる道だ。
下り始め直後は傾斜がきつい。加えてグズグズになった残雪が階段に覆いかぶさり、とても歩きにくい。
踏み抜きもあるし、溶けかけた雪と階段のステップは滑りやすいことこの上ない。
足を下ろすのが怖いな、と感じる場面が何度かあった。
どうせ雪の箇所は多くないだろ……と甘く見てそのまま下ったが、素直にチェーンスパイクをつけた方が安心して下れただろう。

林道まで出るとあとはダラダラと平らな道を歩くだけだった。
この周回コースは、やはり今回の方向に回るのが正解だ。
逆周りだったら最後の最後で急な下りとなるし、午前中の余裕のある時間帯は気持ちの良い道に費やしたい。
ピークハントだけが目的ならば林道経由ピストンもありだろうが、やはり松手山から平標山にかけての気持ちの良い稜線こそが、この山の一番の魅力のように思える。

今回は久しぶりに山に登った気分になった。



感想/記録
by Mococo

ずーっとの登 りと稜線歩き方、小屋までの道が気持ち良かった。
下りは蕗の薹いっぱいで口が蕗の薹欲して困った。
蕗の薹の天ぷ もりもり食べたい。
訪問者数:482人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ