ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847835 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

日連アルプス縦走と高倉山、名倉金剛山、京塚山周回

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー mudabonetei
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR中央線藤野駅
復路:JR中央線藤野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
1時間27分
合計
8時間3分
S藤野駅07:3408:37宝山08:45日連山08:4608:59杉峠(ミミザレ峠)09:0009:04新和田峠09:0509:25鉢岡山09:2609:39新和田峠09:44杉峠(ミミザレ峠)09:57峰(日連峰山)10:0310:10金剛山10:3111:52高倉見晴し11:59高倉山12:3012:35高倉見晴し12:3812:40天神峠12:4313:15金剛山(名倉金剛山)13:2414:15一本松山(蚕影山)14:1614:24坊主山14:2514:35京塚山(石山)14:4315:37藤野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
高倉山に東側からアプローチするルートは、取り付き部分が2年前の大雪後の崩落などにより通行止めの状態が続いています。以下の地図
http://info-fujino.com/map/nagura02.pdf
の藤野フラワーガーデン(B09)から見晴し台、および秋山川橋(B13からB11)です。山慣れした方なら通れなくはないレベルらしいですが、私は原則として立入禁止・通行止めが明示されたエリアには入らないことにしているため、芸術の道・天神峠側から大きく迂回しました。
通過される場合は自己責任でお願いします。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

日連アルプス東端に向かう途中、ヤマブキが満開でした。
2016年04月16日 07:50撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日連アルプス東端に向かう途中、ヤマブキが満開でした。
2
日連アルプスの東端の急坂。ロープが張られています。
2016年04月16日 08:23撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日連アルプスの東端の急坂。ロープが張られています。
日連アルプスで最も眺めの良い峰山山頂から。奥に見えるのは右から連行峰、笹尾根を経て中央付近で霞んでいるのが三頭山、左は権現山から扇山。手前は藤野駅の北側にある岩戸山から鷹取山までの稜線です。
2016年04月16日 10:01撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日連アルプスで最も眺めの良い峰山山頂から。奥に見えるのは右から連行峰、笹尾根を経て中央付近で霞んでいるのが三頭山、左は権現山から扇山。手前は藤野駅の北側にある岩戸山から鷹取山までの稜線です。
2
同じく峯山から。右奥が扇山、その手前の低山が四方津御前山、その左の急峻な小山が鶴島御前山。その左奥には高柄山と前道志の山々が見えています。左手前がこの後歩く高倉山から名倉金剛山の稜線、右手前が最後に訪問予定の京塚山。
2016年04月16日 10:01撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく峯山から。右奥が扇山、その手前の低山が四方津御前山、その左の急峻な小山が鶴島御前山。その左奥には高柄山と前道志の山々が見えています。左手前がこの後歩く高倉山から名倉金剛山の稜線、右手前が最後に訪問予定の京塚山。
1
名倉金剛山山頂からの眺め。丹沢主脈が望めます。手前にある山は峰山。ただし、先ほどの日連アルプスの峰山とは別の山です。
2016年04月16日 13:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名倉金剛山山頂からの眺め。丹沢主脈が望めます。手前にある山は峰山。ただし、先ほどの日連アルプスの峰山とは別の山です。
1
同じく名倉金剛山山頂から。こちらは大室山、手前は道志山塊の端部です。
2016年04月16日 13:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく名倉金剛山山頂から。こちらは大室山、手前は道志山塊の端部です。
3
高倉山山頂直下に設置された「山の目」。これもアートのひとつだそうです。視線を感じて振り返ると高倉山が見てた、という感じです。
2016年04月16日 13:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高倉山山頂直下に設置された「山の目」。これもアートのひとつだそうです。視線を感じて振り返ると高倉山が見てた、という感じです。
1
一本松山山頂で見かけたヒオドシチョウの越冬個体。翅がボロボロです。
2016年04月16日 14:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本松山山頂で見かけたヒオドシチョウの越冬個体。翅がボロボロです。
藤野名物、「緑のラブレター」。近くで見るとかなりボロボロになっています。
2016年04月16日 15:06撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤野名物、「緑のラブレター」。近くで見るとかなりボロボロになっています。
2
緑のラブレターに併設された「愛の鐘」。思いっきり叩いたら耳がキーンとなるくらいの凄い音がしました。叩く力は程ほどに。
2016年04月16日 15:07撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑のラブレターに併設された「愛の鐘」。思いっきり叩いたら耳がキーンとなるくらいの凄い音がしました。叩く力は程ほどに。
2
撮影機材:

感想/記録

3月末にJR中央線・藤野駅の北側にある岩戸山、小渕山、鷹取山から笹尾根の生藤山に登りましたが、その際にちょっと気になっていたのが藤野駅の南側、相模湖を渡った先にある300〜400m級の里山群です。

この里山群、中央にある秋山川を挟んで東の日連アルプスと西の高倉山・名倉金剛山の山並みに分かれています。さらに、高倉山・名倉金剛山の手前にはもうちょっと低い京塚山から一本松山までの山並みもあります。西側一体は「藤野園芸ランド遊歩道」として整備されており、京塚山から一本松山の山並みが一般コース(標識A01〜A31)、高倉山から金剛山の山並みが健脚lコース(標識B01〜B13)として設定されています。

今回は藤野駅から出発して日連アルプスを東側から縦走し、秋山川を渡って藤野園芸ランドのBコース、Aコースを周回して藤野駅まで戻ってくるルートを1日で歩いてみることにしました。里山歩きとは言え、全長17km前後はある行程です。

しかし。朝7時過ぎに藤野駅に到着し、身支度がてら駅前の案内所「ふじのね」の掲示板を見てみると・・・肝心のBコースの東端部分、秋山川橋から見晴し台までのルートが通行止めになっているではありませんか。実は事前にレコなどで昨年歩かれた方が通行止め情報を書かれているのを確認していたのですが、まさか今年に入っても通行止めが続いているとは思いませんでした。歩いている途中、日連金剛山でお会いした地元の情報に詳しい方によると2年前の大雪以来の通行止めで、当面復旧する見込みはないそうです。但し、歩いて歩けない道ではないとも伺いました。私は原則として山行記をブログなどで公開している関係上、立入禁止や通行止めが明示されている箇所には入らないことにしていますので、今回は芸術の道(舗装道路です)を天神峠付近まで迂回して見晴し台までピストンするという、かなりの大回りをすることにしました。

最初の日連アルプスは殆どの方が日連金剛山から宝山方向に向けて歩かれるらしく、東側の取り付きまでのルートは指導標も殆どなくてわかりにくいです。また、作業道っぽい道からロープつき急登の登山道に入る取り付きには指導標がありますが、小さくて見落としそうになります。東側から歩く際にはご注意ください。

そんなこんなで予定通りAコースの京塚山まで周回し、例の「緑のラブレター」経由で下山してきましたが、流石に足が棒になりました。楽しかったですけどね。

写真つきの詳細なレポートは以下のブログで公開しています。

【前編】
http://mudabonefactory.blog.fc2.com/blog-entry-284.html
【後編】
http://mudabonefactory.blog.fc2.com/blog-entry-285.html


訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/20
投稿数: 174
2016/4/19 23:40
 あの山でしたか
mudaboneteiさん、こんばんは。

山の名前を見てもどこなのか見当がつきませんでした。
電車から見えるあのラブレターだったんですね。
何で出来ているのか想像もつきませんでしたが、
ボロボロなのには笑ってしまいました。

最近写真とコメントの数が増えてきましたね。
登録日: 2013/11/29
投稿数: 28
2016/4/20 23:42
 Re: あの山でしたか
washinさん、こんばんは。
ちょっとご無沙汰していました。

やっぱりタイトルの山名からではどこのどの山なのか、皆さん見当が付かないみたいですね。いつもより、記事掲載後にアクセスしていただいている件数が少なめなんですが、そういったことが影響しているんでしょうね。タイトルに「緑のラブレター」と明記しておいたほうがよかったかも(笑)。

ご存知のように私の場合、コースとタイムのデータはヤマレコ、写真と文章はブログという風に使い分けをしていたんですが、最近ブログのほうの記事のアップがかなり遅れてしまっています。その関係で、こちらのほうへの写真のアップが多めになっています。基本的にこちらで掲載した写真はすべてブログのほうにも載せてあります。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ