ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 848052 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

針ノ木岳 扇沢オープン 初物大雪渓を遊んじゃえ!✌

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー K-Miller
天候霞み晴れ☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
祝立山黒部アルペンルート開通🎉
扇沢駅前の有料💴駐車場(1日1000円)に見栄張って駐車してしまった。
これでこの後の2日間くらいはご飯にふりかけ生活を送らねばならん。
尚、一段下には無料駐車場(未舗装)も完備しておりますが貧乏人優遇とは限りません。
基本的に早い者勝ちでありますて、お金持ちのお方もなに食わぬ顔をして駐車されますねん。
そんなもんやからアッちゅう間に満車となりますたわ。
5万円ポッキリのバタバタな中古の鈴木アルトの隣に軽く1000万円は越えようかと思われる超エレガントな新型BMW7シリーズが停まる異様な世界が繰り広げられていた。
満車になって停められへんようになったらしゃ〜ないで。
何も無理して有料駐車場に停めなくちゃいけない事はない。
潔く麓から自転車及び徒歩で来りゃええねん。

コースタイム [注]

針ノ木岳登山口 6:45
大沢小屋 7:34
ヤマクボ沢出合 8:52
針ノ木岳PEAK着 10:40
針ノ木岳PEAK発 11:43
ヤマクボ沢出合 12:45
針ノ木岳登山口 14:15

自宅パソコさんの危篤状態はちぢく。
相変わらず不便な生活もちぢく。
GPSログは同ルートを挑まれておられるお方が多数おいでますのでそちらを参考になさって下さいませ。
コース状況/
危険箇所等
今年は雪が少ない❗
昨年も扇沢オープン初日にここ針ノ木岳へやって来たのですけれど、その時は登山口からずっと雪が繋がっていますた。
今年は所々地面が顔を出しふきのとう天国となっている。
勿論車道もカラカラの雪無し。
アイゼン履いたままお構い無しで進む。
昨年赤沢からの大規模なデブリがあり「およよ❗」って驚かされましたけれど今年は見られなかった。

大雪渓下部では雪割れが進み沢が復活、ジョバジョバと豪快に流れ出していますた。
雪の割れた周辺に近寄るとパリン‼ドボン‼のおそれもあるわよ。
こりゃ今年の雪のスーパージャイアント遊びはかなり早くに終わりまっせ。

大雪渓中部よりヤマクボ沢出合にかけてはデブリ放題。
斜面はボコボコで超歩きにくいねん。
スキーやボードの方はもっとたまんないと思うで。
落石も小規模ながら随所に確認出来ました。
もしも石が落ちてきたらすかさずキャッチなさってくださいな。
ちゃうちゃう。
メット装着して迅速かつ慎重にを心掛けましょうね。

ヤマクボ沢出合から稜線まではかなりの急登。
本コースの正念場ってヤツですね。
スキーヤーさんはクトーをガッチンコしてガシガシ行かれるみたいですが限界があります。
最後の稜線までの激斜面では兼用靴にアイゼンを合体させシートラ歩行となりますやね。

稜線に出たら最後のラスボスが待ち受ける。
ピーク直下には本日一番の急斜面を攻略しなくてはいけない。。
距離こそ短いが高度感バッチリでとても二足歩行ではクリアー出来やしない。
ピッケルをおもいっきりぶっ刺しアイゼンもおもいっきり蹴り込んで一歩ずつ慎重にスパイダーマン登り(赤ちゃんハイハイ登り)で挑むべし。
下山時も勿論ハイハイ降りよ。
(下山時の方が断然怖い)

下山時、大雪渓下部(大沢小屋上部辺り)まで降りてくると気温の上昇に伴い雪が腐り出して股下までの踏み抜きが続出。
どこを歩いてもズボズボでとても落ち着いて歩けたものではなかった。
ツボでは厳しくワカンやスノーシューで対応すべし。
その他周辺情報下山後は木崎湖温泉♨「ゆ〜ぷる木崎湖」へお邪魔させていただきますた。
結構綺麗な入浴施設なんだけどお客様がガラガラなの。
ま、このガラガラ感が気に入っているんだけどね。
入浴料金は男性650円です。女性はいくら?
女性も650円です(当たり前やろ)。
シャンプー、ボディソープ完備。
脱衣場の扇風機で髪の毛も乾かせます。
はて、ドライヤーはあったかしら?
女性脱衣場には直接確認した訳ではありませんけれどドライヤー2機完備だそうよん。
(ウチのハニーちゃんから聞いた)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

やれやれ…

針ノ木大雪渓を今シーズントップで登ってやろうと朝の早い内から意気込んで来たのに扇沢線のゲートが閉ざされてやんの。
「お〜い、開けろ〜っ!俺は立山なんざに用がたね〜んだよぉ!」。
ゲート前からはズラ〜リとマリオカートの長蛇の列を成し、フラッグがいつ下ろされても瞬時にロケットスタートできる状態となっていた。
結局ゲートが開いたのは朝6時すぎ。
立山アルペン富裕層組のとばっちりを受け大幅に予定が狂っちまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ…

針ノ木大雪渓を今シーズントップで登ってやろうと朝の早い内から意気込んで来たのに扇沢線のゲートが閉ざされてやんの。
「お〜い、開けろ〜っ!俺は立山なんざに用がたね〜んだよぉ!」。
ゲート前からはズラ〜リとマリオカートの長蛇の列を成し、フラッグがいつ下ろされても瞬時にロケットスタートできる状態となっていた。
結局ゲートが開いたのは朝6時すぎ。
立山アルペン富裕層組のとばっちりを受け大幅に予定が狂っちまった。
1
扇沢駅

アルペンチケットを求め富裕層の方達の列が形成し始めた。
それを見て私の心はと言いますと…。
彼らの列に目掛けてボーリングの大玉を転がしてみたくなった。
「いいか、ストライクを狙うんだぞ❗」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢駅

アルペンチケットを求め富裕層の方達の列が形成し始めた。
それを見て私の心はと言いますと…。
彼らの列に目掛けてボーリングの大玉を転がしてみたくなった。
「いいか、ストライクを狙うんだぞ❗」。
1
北斗の雄登場‼

登山口には誰もいない。
フッ、良いってことよ。
昨年の開幕時と同様、登山口からいきなり雪が付いているので扁平足とアイゼンのドッキングに取り掛かる。
すると…。
急に背後から物凄い覇気(殺気)を感じた。
とっさに振り向いてみると一人の男性BC様がおられますた。
全く気配を感じさせずに一瞬にして背後を取るとは…、こちらのお方只者ではないな。
(戦国時代なら一瞬で殺られていたな…)
このMillerを戦かせるとは、相当な腕の立つ猛者であるとお見受けいたす。
「ん?」。
こちらの男性、どこかでお目に掛かった様な気がするなぁ。
「あ〜‼、あ、貴方は‼」。
「ひろろとろろさんだ〜‼」。
こちらの男性は福井県を代表するお山のスペシャリストであり超人気ブロガーでもありますねん。
私が尊敬する憧れのお方でありますて、心の中の「お山のお師匠様」的存在なのでありますのよ。
お山歩きを始めて何年も経ちますが、やっとお会いする事が出来ました。
縄張りが似かよった地元の白山界隈のお山ではなく、この静かな針ノ木岳でお会い出来るとは…。
光栄です。嬉しいです。
やっぱ針ノ木岳に来て良かった〜‼
彼はお仲間様達と一緒にBCを楽しまれるそうでありますよん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斗の雄登場‼

登山口には誰もいない。
フッ、良いってことよ。
昨年の開幕時と同様、登山口からいきなり雪が付いているので扁平足とアイゼンのドッキングに取り掛かる。
すると…。
急に背後から物凄い覇気(殺気)を感じた。
とっさに振り向いてみると一人の男性BC様がおられますた。
全く気配を感じさせずに一瞬にして背後を取るとは…、こちらのお方只者ではないな。
(戦国時代なら一瞬で殺られていたな…)
このMillerを戦かせるとは、相当な腕の立つ猛者であるとお見受けいたす。
「ん?」。
こちらの男性、どこかでお目に掛かった様な気がするなぁ。
「あ〜‼、あ、貴方は‼」。
「ひろろとろろさんだ〜‼」。
こちらの男性は福井県を代表するお山のスペシャリストであり超人気ブロガーでもありますねん。
私が尊敬する憧れのお方でありますて、心の中の「お山のお師匠様」的存在なのでありますのよ。
お山歩きを始めて何年も経ちますが、やっとお会いする事が出来ました。
縄張りが似かよった地元の白山界隈のお山ではなく、この静かな針ノ木岳でお会い出来るとは…。
光栄です。嬉しいです。
やっぱ針ノ木岳に来て良かった〜‼
彼はお仲間様達と一緒にBCを楽しまれるそうでありますよん。
3
BC部隊も進軍開始

どうやらこの静かな針ノ木岳にもポツポツと人が来られているようですね〜。
皆様方も私と一緒で貧民層に属されるかしら?
良いんだ、良いんだ、何千何万と大金を注ぎ込んで立山に上がってだな、「あなたは日本人?それとも中国人?」って思われるよりかはマシだって。
ここには中国人は来ない。
無料のフィールドでおまけに時間制約も無し。
小銭しか持てない私達にピッタリやんか。
みんな、ここで存分に楽しんじゃお〜ぜ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
BC部隊も進軍開始

どうやらこの静かな針ノ木岳にもポツポツと人が来られているようですね〜。
皆様方も私と一緒で貧民層に属されるかしら?
良いんだ、良いんだ、何千何万と大金を注ぎ込んで立山に上がってだな、「あなたは日本人?それとも中国人?」って思われるよりかはマシだって。
ここには中国人は来ない。
無料のフィールドでおまけに時間制約も無し。
小銭しか持てない私達にピッタリやんか。
みんな、ここで存分に楽しんじゃお〜ぜ。
第1堰堤

残雪期は夏道を一切通らず雪の付いた沢筋をガンガン攻め込んでいくねん。
この沢筋を攻め込んでいくと幾つもの堰堤が姿を現すねん。
これらをヒョイヒョイと馬跳びの様に越えられりゃ楽なんだけどそうもいかない。
堰堤端に向けガリガリ斜面をトラバース気味に進めなくてはならんねん。
ここでBC部隊が苦戦を強いられ、アイゼン楽勝歩行のMillerさんがここでトップに躍り出る。
2016年04月16日 07:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1堰堤

残雪期は夏道を一切通らず雪の付いた沢筋をガンガン攻め込んでいくねん。
この沢筋を攻め込んでいくと幾つもの堰堤が姿を現すねん。
これらをヒョイヒョイと馬跳びの様に越えられりゃ楽なんだけどそうもいかない。
堰堤端に向けガリガリ斜面をトラバース気味に進めなくてはならんねん。
ここでBC部隊が苦戦を強いられ、アイゼン楽勝歩行のMillerさんがここでトップに躍り出る。
1
第2堰堤

トップに躍り出たMillerさんはすいすいと第2堰堤前までやって来た。
昨年ここには赤沢からの大規模なデブリ跡が見られましたけれど、今年は良い子にしちゃっているみたいで落ち着いていますわ。
この第2堰堤前まで来ると本日のターゲットである針ノ木岳が姿を現すねん。
ここからは終始ずっとターゲットを見ながらのハイクアップとなりますのでテンションはバッツンバッツンで進められちゃうよ。
2016年04月16日 07:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2堰堤

トップに躍り出たMillerさんはすいすいと第2堰堤前までやって来た。
昨年ここには赤沢からの大規模なデブリ跡が見られましたけれど、今年は良い子にしちゃっているみたいで落ち着いていますわ。
この第2堰堤前まで来ると本日のターゲットである針ノ木岳が姿を現すねん。
ここからは終始ずっとターゲットを見ながらのハイクアップとなりますのでテンションはバッツンバッツンで進められちゃうよ。
1
蓮華大沢

蓮華ダイブからの滑走もBCチームやボーダー達を虜にすらくらい超オンモロイと聞く。
私の様に登山部隊はあまり縁が無いエリアかもしれないけどね。
ほんでも眺めはスンバラシ〜ね〜。
2016年04月16日 07:29撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華大沢

蓮華ダイブからの滑走もBCチームやボーダー達を虜にすらくらい超オンモロイと聞く。
私の様に登山部隊はあまり縁が無いエリアかもしれないけどね。
ほんでも眺めはスンバラシ〜ね〜。
2
大沢小屋

第2堰堤を右岸に取り付き登り上げると大沢小屋前までたどり着く。
第2堰堤を左岸から攻めてそのまま大雪渓を進む手もあるんだけれど小屋回りの雰囲気やブナ、ダケカンバとも触れあいたいのでいつものように道草をしちゃいますわ。
画像の大沢小屋の後方に写る白く険しいお山が針ノ木岳だよん。
2016年04月16日 07:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢小屋

第2堰堤を右岸に取り付き登り上げると大沢小屋前までたどり着く。
第2堰堤を左岸から攻めてそのまま大雪渓を進む手もあるんだけれど小屋回りの雰囲気やブナ、ダケカンバとも触れあいたいのでいつものように道草をしちゃいますわ。
画像の大沢小屋の後方に写る白く険しいお山が針ノ木岳だよん。
1
大沢小屋

小屋は山開き祭以降からの営業となるので閉ざされたままとなっていた。
(GWは営業するのかしら?)
へっへっへ…、無人君の小屋なら今がチャンス。
ちょっと扉をこじ開けて中に牛一頭(吉田君)を置いておこうっと。
いいか、みんなにここで可愛いがってもらえ。
2016年04月16日 07:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢小屋

小屋は山開き祭以降からの営業となるので閉ざされたままとなっていた。
(GWは営業するのかしら?)
へっへっへ…、無人君の小屋なら今がチャンス。
ちょっと扉をこじ開けて中に牛一頭(吉田君)を置いておこうっと。
いいか、みんなにここで可愛いがってもらえ。
1
大雪渓ブルー

大沢小屋に吉田君を預けてきて再度出発。
大雪渓に再び着地した。
「うっひゃ〜‼、これよこれ」。
何度見ても胸のすく爽快感。
目に飛び込んだのは超定番アングルの青く澄んだ空にダイナミックな大雪渓コラボシーンよん。
今年も青空で感謝やで。
尚、第2堰堤上からは一部で雪割れが生じ下部を流れる沢がゴーゴーしちゃっていた。
ロシアンルーレットやあらへんけどいつか誰かがパリン‼ドボン‼となるでしょう。
2016年04月19日 15:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓ブルー

大沢小屋に吉田君を預けてきて再度出発。
大雪渓に再び着地した。
「うっひゃ〜‼、これよこれ」。
何度見ても胸のすく爽快感。
目に飛び込んだのは超定番アングルの青く澄んだ空にダイナミックな大雪渓コラボシーンよん。
今年も青空で感謝やで。
尚、第2堰堤上からは一部で雪割れが生じ下部を流れる沢がゴーゴーしちゃっていた。
ロシアンルーレットやあらへんけどいつか誰かがパリン‼ドボン‼となるでしょう。
2
デブリばびでブー

小屋回りでのんびり道草しちゃっていたんだけど後続部隊はいったい何をしてんねん?
Millerさんは相変わらずのトップをキープ。
前方シーンには人が写りません。
それはそうと高度を上げてきたら足元の斜面が不安定となってきた。
小規模ながらのデブリ跡がず〜っとちぢくねん。
2016年04月19日 15:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デブリばびでブー

小屋回りでのんびり道草しちゃっていたんだけど後続部隊はいったい何をしてんねん?
Millerさんは相変わらずのトップをキープ。
前方シーンには人が写りません。
それはそうと高度を上げてきたら足元の斜面が不安定となってきた。
小規模ながらのデブリ跡がず〜っとちぢくねん。
1
謎の裏ルートより入手

今現在ぶっちぎりで単独トップ。
辺りには誰もいやしません。
今がチャンス、ちょっとここらで一息しておこう。
隠し持っていたいつものあの液を取り出す。
そしてお尻を出してしゃがむ。
注射器でお尻にあの液をブチューとぶっ射せば。
これで私はポパイになった。
2016年04月16日 07:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎の裏ルートより入手

今現在ぶっちぎりで単独トップ。
辺りには誰もいやしません。
今がチャンス、ちょっとここらで一息しておこう。
隠し持っていたいつものあの液を取り出す。
そしてお尻を出してしゃがむ。
注射器でお尻にあの液をブチューとぶっ射せば。
これで私はポパイになった。
1
謎のトレース??

果て?
今日が扇沢オープン初日のはずで今現在ぶっちぎりトップの私である。
つう事は今シーズンここに足を踏み入れた第1号が私って事になるはずなのに、何故か真新しいスキー滑走跡があんねん。
どうやらフライングした選手がいてるようだね。
せっかちは女性に嫌われちゃうわよ。
2016年04月16日 07:56撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎のトレース??

果て?
今日が扇沢オープン初日のはずで今現在ぶっちぎりトップの私である。
つう事は今シーズンここに足を踏み入れた第1号が私って事になるはずなのに、何故か真新しいスキー滑走跡があんねん。
どうやらフライングした選手がいてるようだね。
せっかちは女性に嫌われちゃうわよ。
1
お爺

振り返ると200名山のお爺の勇姿が現れた。
そうか、扇沢オープンって事はお爺のオープンでもあるね。
今度は雪のお爺にも登ってみたいな〜。
デッカイ鹿島槍ヶ岳と劔岳&立山のコラボも楽しみたいね。
2016年04月16日 08:13撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お爺

振り返ると200名山のお爺の勇姿が現れた。
そうか、扇沢オープンって事はお爺のオープンでもあるね。
今度は雪のお爺にも登ってみたいな〜。
デッカイ鹿島槍ヶ岳と劔岳&立山のコラボも楽しみたいね。
2
選手の交代

「タイム!」。
ヤマクボ沢出合手前の平坦な場所で装備のチェンジを指示したMiller監督。
これより先はず〜っと勾配がきつくなるのでその対策に出る事にした。
先発を任されてきたストック君をベンチに下げ、抑えの切り札のツルハシ君にチェンジした。
勿論同時にヘルメットも装着。
これで道路工事作業がいつでも出来るようになった。
2016年04月16日 08:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
選手の交代

「タイム!」。
ヤマクボ沢出合手前の平坦な場所で装備のチェンジを指示したMiller監督。
これより先はず〜っと勾配がきつくなるのでその対策に出る事にした。
先発を任されてきたストック君をベンチに下げ、抑えの切り札のツルハシ君にチェンジした。
勿論同時にヘルメットも装着。
これで道路工事作業がいつでも出来るようになった。
1
後退

ツルハシ君とヘルメットを装着し現場作業員に変身したMillerさんはここで賞味期限切れに気付いたカステラをどうするか思案していた。
「なんで一口も食わんかったやろか?」。
9回裏にサヨナラ負けを喫した敗戦監督のように深い憤りに駆られただただ身体は震えていた。
涙をこらえ呆然と立ちすくんでいたら後続から上がってきたBC部隊のお二人さんにマクられてしまい3位に後退した。
2016年04月16日 08:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後退

ツルハシ君とヘルメットを装着し現場作業員に変身したMillerさんはここで賞味期限切れに気付いたカステラをどうするか思案していた。
「なんで一口も食わんかったやろか?」。
9回裏にサヨナラ負けを喫した敗戦監督のように深い憤りに駆られただただ身体は震えていた。
涙をこらえ呆然と立ちすくんでいたら後続から上がってきたBC部隊のお二人さんにマクられてしまい3位に後退した。
振り返ればお爺

第4位以降の部隊も続々と上がってきている。
ひろろとろろさん部隊もその中にいるはずだ。
もし彼が単独で挑まれていれば間違いなくぶっちぎりのトップでPEAKな立ったでありましょう。
しかし今日は皆様方とペースを合わされ楽しくワイワイしながらハイクアップされておられるのでしょうね。
2016年04月16日 08:43撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ればお爺

第4位以降の部隊も続々と上がってきている。
ひろろとろろさん部隊もその中にいるはずだ。
もし彼が単独で挑まれていれば間違いなくぶっちぎりのトップでPEAKな立ったでありましょう。
しかし今日は皆様方とペースを合わされ楽しくワイワイしながらハイクアップされておられるのでしょうね。
ヤマクボ沢出合

ここで運命の岐路に着く。
と、大袈裟な事は申しません。
これより左に進めば針ノ木小屋のある針ノ木峠、右に進めばヤマクボのコルまで行けちゃうねん。
蓮華を目指すのなら針ノ木峠だけど針ノ木岳PEAKを目指すのならヤマクボ沢を詰めるのがセオリーね。
トップを進むBC様は既にヤマクボ沢へインしていますけど、二番手のお方はここで小休止されておられますた。
2016年04月16日 08:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマクボ沢出合

ここで運命の岐路に着く。
と、大袈裟な事は申しません。
これより左に進めば針ノ木小屋のある針ノ木峠、右に進めばヤマクボのコルまで行けちゃうねん。
蓮華を目指すのなら針ノ木峠だけど針ノ木岳PEAKを目指すのならヤマクボ沢を詰めるのがセオリーね。
トップを進むBC様は既にヤマクボ沢へインしていますけど、二番手のお方はここで小休止されておられますた。
いざヤマクボ沢

本コースの正念場とも言えるのがここからだ。
太ももやふくらはぎが悲鳴をあげる急登が稜線までちぢくのよ。
Millerさんはここで二番手に上がり30馬身以上離されたトップのBC様の猛追に掛かる。
2016年04月16日 08:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざヤマクボ沢

本コースの正念場とも言えるのがここからだ。
太ももやふくらはぎが悲鳴をあげる急登が稜線までちぢくのよ。
Millerさんはここで二番手に上がり30馬身以上離されたトップのBC様の猛追に掛かる。
1
さすらいの彼

キツい急斜面を振り返るとヤマクボ沢出合で小休止されていたBCのお方は針ノ木峠を目指されていた。
目指すは今シーズントップの蓮華岳なのでしょうか?
これで彼もぶっちぎりである。
2016年04月16日 08:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすらいの彼

キツい急斜面を振り返るとヤマクボ沢出合で小休止されていたBCのお方は針ノ木峠を目指されていた。
目指すは今シーズントップの蓮華岳なのでしょうか?
これで彼もぶっちぎりである。
針ノ木岳PEAK

近くに見えるようで結構遠い。
だけど青空に栄えるその美しい勇姿に励まされ何とかキツい登りに耐えられる。
2016年04月16日 09:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳PEAK

近くに見えるようで結構遠い。
だけど青空に栄えるその美しい勇姿に励まされ何とかキツい登りに耐えられる。
2
スバリ岳

トップの彼はダイレクトに針ノ木岳左側の稜線へ目掛けて進軍されておられますた。
せやけど彼の進行方向途中では雪の切れた岩陵帯が露出してんねんけどどうすんねん?
一方のMillerさんは迂回する戦術を取り、雪のしっかり付いたヤマクボのコルを目指すように直登する。
2016年04月16日 09:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバリ岳

トップの彼はダイレクトに針ノ木岳左側の稜線へ目掛けて進軍されておられますた。
せやけど彼の進行方向途中では雪の切れた岩陵帯が露出してんねんけどどうすんねん?
一方のMillerさんは迂回する戦術を取り、雪のしっかり付いたヤマクボのコルを目指すように直登する。
今日のHIT賞

快晴の雪山の姿も素晴らしいのですが、以前雪の唐松岳でお会いした写真家が「雲は山に命を吹き込む(動きを現す)ので絶対条件だ」と申されていた。
う〜ん、確かにBackがのっぺり青空よりも雲がある方がドラマチックでんな。
2016年04月16日 09:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のHIT賞

快晴の雪山の姿も素晴らしいのですが、以前雪の唐松岳でお会いした写真家が「雲は山に命を吹き込む(動きを現す)ので絶対条件だ」と申されていた。
う〜ん、確かにBackがのっぺり青空よりも雲がある方がドラマチックでんな。
3
針ノ木峠と蓮華岳偽物PEAK

さすらいの彼が進んだ針ノ木峠方面をまたまた振り返る。
こうして見ると針ノ木峠へ挑む激斜面も結構Mでっせ。
夏道じゃまず直登は無理でんな。
2016年04月16日 09:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木峠と蓮華岳偽物PEAK

さすらいの彼が進んだ針ノ木峠方面をまたまた振り返る。
こうして見ると針ノ木峠へ挑む激斜面も結構Mでっせ。
夏道じゃまず直登は無理でんな。
大休止

ぶっちぎり独走かと思われたトップの彼が岩陵帯越えで結構体力を消費してしまったのか、かなりグロッキーしちゃっている。
彼も充電タイム、そしてこの後の作戦タイムといったところでありましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休止

ぶっちぎり独走かと思われたトップの彼が岩陵帯越えで結構体力を消費してしまったのか、かなりグロッキーしちゃっている。
彼も充電タイム、そしてこの後の作戦タイムといったところでありましょう。
緩斜面台地

ヤマクボ沢を登り詰めるとPEAKまでの中腹部には緩やかで広い場所にたどり着く。
ここから進路を左に取り針ノ木峠方面の稜線を目指す。
トップの彼が挑まれる斜面にMillerさんも取り付きますぜ。
2016年04月16日 09:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩斜面台地

ヤマクボ沢を登り詰めるとPEAKまでの中腹部には緩やかで広い場所にたどり着く。
ここから進路を左に取り針ノ木峠方面の稜線を目指す。
トップの彼が挑まれる斜面にMillerさんも取り付きますぜ。
Try Again

彼が動き出した。
やはり彼も一位の座は絶対譲れないと見える。
ここまでスキーによるハイクアップで頑張って来られましたが、ここからは尋常ではない急斜面が立ちはだかるので作戦をシートラに変更されたようだ。
これで荷物が重くなった分、Millerさんより彼の方が不利であると思われるが、Millerさんもラーメンセット持参なのでかなり重い。
2016年04月16日 09:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Try Again

彼が動き出した。
やはり彼も一位の座は絶対譲れないと見える。
ここまでスキーによるハイクアップで頑張って来られましたが、ここからは尋常ではない急斜面が立ちはだかるので作戦をシートラに変更されたようだ。
これで荷物が重くなった分、Millerさんより彼の方が不利であると思われるが、Millerさんもラーメンセット持参なのでかなり重い。
ヤマクボのコルとスバリ岳

昨年はコルからPEAKを目指しあとちょっとといったところでギブアップした。
ギブアップしたからこそ、その後制覇につながった。
今年は昨年の経験も踏まえ最初から針ノ木峠側を詰める。
2016年04月16日 09:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマクボのコルとスバリ岳

昨年はコルからPEAKを目指しあとちょっとといったところでギブアップした。
ギブアップしたからこそ、その後制覇につながった。
今年は昨年の経験も踏まえ最初から針ノ木峠側を詰める。
DEAD HEAT

最後の稜線までの激斜面で遂に彼を捉えた。
一時は首位と10ゲーム差以上引き離されていたが今年の阪神はやる気が違う。
追い越すとしたらここしかあらへん。
しかし、彼も引き下がらない。
板を担ぎ重い荷物となっているであろうがガツガツとステップを切られ、むしろ足取りが軽やかに見える。
私もここでラーメンセット🍜を捨てれば逆転のチャンスは大いにしてあるのだか…。
2016年04月16日 10:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
DEAD HEAT

最後の稜線までの激斜面で遂に彼を捉えた。
一時は首位と10ゲーム差以上引き離されていたが今年の阪神はやる気が違う。
追い越すとしたらここしかあらへん。
しかし、彼も引き下がらない。
板を担ぎ重い荷物となっているであろうがガツガツとステップを切られ、むしろ足取りが軽やかに見える。
私もここでラーメンセット🍜を捨てれば逆転のチャンスは大いにしてあるのだか…。
1
劔岳

おお〜〜〜っと。
出てもうたわ劔岳。
本日一番のオタノシミやねん。
PEAKにたどり着くまで我慢して絶対に見ないゾと心に堅く誓っていたのですが、急な登りの一息についついスバリ岳に目をやったら入ってしもうた。
ちょっとコメントし難いなぁ。
それはそうと、この急斜面見てどう思う?
ホンマ尋常やないで。
2016年04月16日 10:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
劔岳

おお〜〜〜っと。
出てもうたわ劔岳。
本日一番のオタノシミやねん。
PEAKにたどり着くまで我慢して絶対に見ないゾと心に堅く誓っていたのですが、急な登りの一息についついスバリ岳に目をやったら入ってしもうた。
ちょっとコメントし難いなぁ。
それはそうと、この急斜面見てどう思う?
ホンマ尋常やないで。
5
はぁはぁはぁ…

な、何とか稜線に出られますた。
後半なんかは斜面に這いつくばって舌をチョロチョロ出しながらトカゲ登りですたわ。
そ、そすて頑張り抜いたご褒美の眺望はと言いますと…。
…。
コメントはディープスペクターさんにでも聞いてくださいな。
2016年04月16日 10:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はぁはぁはぁ…

な、何とか稜線に出られますた。
後半なんかは斜面に這いつくばって舌をチョロチョロ出しながらトカゲ登りですたわ。
そ、そすて頑張り抜いたご褒美の眺望はと言いますと…。
…。
コメントはディープスペクターさんにでも聞いてくださいな。
2
やはり彼は強かった

彼の強さは光っていた。
最後の登りで追い越すどころか、最終的には引き離されてしまった。
今日のWinnerは勿論彼だ。
そして彼がいたからMillerさんも頑張り通せた。
2016年04月16日 10:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり彼は強かった

彼の強さは光っていた。
最後の登りで追い越すどころか、最終的には引き離されてしまった。
今日のWinnerは勿論彼だ。
そして彼がいたからMillerさんも頑張り通せた。
1
扇沢

稜線から望む扇沢。
アソコから登ってきたんやな〜と感慨深げ。
オレの車は泥棒に遭ってへんやろか?。
アンタより高額なマシーンは売る程ようけ停まっていますさかい、まずノーマークとちゃうか?
2016年04月16日 10:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢

稜線から望む扇沢。
アソコから登ってきたんやな〜と感慨深げ。
オレの車は泥棒に遭ってへんやろか?。
アンタより高額なマシーンは売る程ようけ停まっていますさかい、まずノーマークとちゃうか?
2
針ノ木峠方面

この高さまで到達すれば蓮華岳の偽物PEAKの奥にホンマもんPEAKを望む事が出来んねん。
2016年04月16日 10:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木峠方面

この高さまで到達すれば蓮華岳の偽物PEAKの奥にホンマもんPEAKを望む事が出来んねん。
1
核心

稜線に出て安堵する人はここで降りなはれ。
針ノ木岳最大のラスボス戦がこれから控えてますねん。
距離こそ短いが斜度は本コース最大級のいわゆる「壁」が立ちはだかる。
先行の彼は荷物をデポし軽身でPEAKに挑まれました。
彼が先行してくれたおかげでMillerさんはトレース泥棒をさせてもらえますねん。
これは野球で言う後攻が有利である作戦と同じです。
2016年04月16日 10:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心

稜線に出て安堵する人はここで降りなはれ。
針ノ木岳最大のラスボス戦がこれから控えてますねん。
距離こそ短いが斜度は本コース最大級のいわゆる「壁」が立ちはだかる。
先行の彼は荷物をデポし軽身でPEAKに挑まれました。
彼が先行してくれたおかげでMillerさんはトレース泥棒をさせてもらえますねん。
これは野球で言う後攻が有利である作戦と同じです。
3
最終決戦

やはり二番手(後攻)でも怖い。
そして何度経験しても怖い。
これよりPEAKまでは撮影するゆとりはありません。
2016年04月16日 10:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終決戦

やはり二番手(後攻)でも怖い。
そして何度経験しても怖い。
これよりPEAKまでは撮影するゆとりはありません。
2
祝 針ノ木岳PEAK2821m制覇🎉

お陰様で二番手の勝利者となりますた。
それもこれも一番の彼のおかげです。
記念に私のお見合い画像を撮っていただきますた。
アップしたらさぞやキャーキャー言われる事でありましょう。
2016年04月16日 10:40撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祝 針ノ木岳PEAK2821m制覇🎉

お陰様で二番手の勝利者となりますた。
それもこれも一番の彼のおかげです。
記念に私のお見合い画像を撮っていただきますた。
アップしたらさぞやキャーキャー言われる事でありましょう。
12
寝てる三角点

三角点ってのは寝るほど暇なの?
っつうかそんな柔な構造な訳?
2016年04月16日 10:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寝てる三角点

三角点ってのは寝るほど暇なの?
っつうかそんな柔な構造な訳?
1
黒部湖はエメラルドグリーン

く〜、やっぱりか〜。
今年はやっぱ暖かいんだ。
昨年、ここから望んだ黒部湖は氷に覆われていたし、立山ももっともっと雪が多かった。
それにこの霞晴れにはガッカリだよ〜。
2016年04月16日 10:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部湖はエメラルドグリーン

く〜、やっぱりか〜。
今年はやっぱ暖かいんだ。
昨年、ここから望んだ黒部湖は氷に覆われていたし、立山ももっともっと雪が多かった。
それにこの霞晴れにはガッカリだよ〜。
4
薬師岳方面

他の山のドーテイが出来ません。
果て?ドーテイってどんな字でしたっけ?
そこの貴方ドーテイOK?。
誰がドーテイやねん!。
2016年04月16日 10:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳方面

他の山のドーテイが出来ません。
果て?ドーテイってどんな字でしたっけ?
そこの貴方ドーテイOK?。
誰がドーテイやねん!。
4
後立山方面

スバリ岳からお爺、更に鹿島槍ヶ岳と続き、白馬三山へと連なる。
こちら方面も視界はカスカスで肝心の佐渡島が視力26.0の私でも全く見えないのが悔しい。
2016年04月16日 10:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山方面

スバリ岳からお爺、更に鹿島槍ヶ岳と続き、白馬三山へと連なる。
こちら方面も視界はカスカスで肝心の佐渡島が視力26.0の私でも全く見えないのが悔しい。
4
オタノシミPart2

針ノ木岳最大のオタノシミその2は槍穂のグランビューでありますね。
ちょうど立山劔岳と槍穂の中間地点辺りに位置するのでどちらのダイナミックビューも楽しめられるんだけれど、何とか認識出来るのは高瀬湖や水晶岳辺りまででしょうか。
南面の主役を飾る槍穂は分かりません。
この借りは必ず来年利息なしで返したるわい。
2016年04月16日 10:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オタノシミPart2

針ノ木岳最大のオタノシミその2は槍穂のグランビューでありますね。
ちょうど立山劔岳と槍穂の中間地点辺りに位置するのでどちらのダイナミックビューも楽しめられるんだけれど、何とか認識出来るのは高瀬湖や水晶岳辺りまででしょうか。
南面の主役を飾る槍穂は分かりません。
この借りは必ず来年利息なしで返したるわい。
5
勝利者の宴

風もなくそして暖かくて気持ち良い。
勿論PEAKも踏んだので気分も良い。
今日の塩分ラーメンも格別だわ。
2016年04月18日 16:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝利者の宴

風もなくそして暖かくて気持ち良い。
勿論PEAKも踏んだので気分も良い。
今日の塩分ラーメンも格別だわ。
6
標柱

「針ノ」まで出た雪に埋まった標柱。
このアップが世に出る頃には「針ノ木岳」までの字が出ているかもしれない。
2016年04月16日 10:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱

「針ノ」まで出た雪に埋まった標柱。
このアップが世に出る頃には「針ノ木岳」までの字が出ているかもしれない。
4
また来るぜ‼

PEAKには一時間以上のんびりしちゃいますたわ。
名残惜しいのでありますがいよいよ下山いたします。
あばよ、チュ💋➰💕
2016年04月16日 11:43撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来るぜ‼

PEAKには一時間以上のんびりしちゃいますたわ。
名残惜しいのでありますがいよいよ下山いたします。
あばよ、チュ💋➰💕
1
次々と核心攻め

核心部は登りよりも降りの方が断然怖い。
登り時に付けたトレースを一歩ずつ忠実に梯子降りで下った。
この時間、次々とアタックチームが現れだし果敢にPEAKに挑みだした。
2016年04月16日 11:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々と核心攻め

核心部は登りよりも降りの方が断然怖い。
登り時に付けたトレースを一歩ずつ忠実に梯子降りで下った。
この時間、次々とアタックチームが現れだし果敢にPEAKに挑みだした。
今年は多い

今年は雪が少ないがここへ訪れた方は結構多い。
昨年のここではこんなに人と出会わなかったような気がする。
そして入山者の98%がスベる人ばかり。
人生スベりっぱなしのMillerさんのようにお山歩きアタック部隊はごくわずかでありますた。
2016年04月16日 11:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は多い

今年は雪が少ないがここへ訪れた方は結構多い。
昨年のここではこんなに人と出会わなかったような気がする。
そして入山者の98%がスベる人ばかり。
人生スベりっぱなしのMillerさんのようにお山歩きアタック部隊はごくわずかでありますた。
1
スーパーダウンヒル

登りでは結構しんどい激斜面でしたけれど降りはビュンビュンで超オンモロイ。
落ちたらどないしようなんて怖さは全くありませんわ。
その一方で皆様辛そうなお顔をされております。
ここは何か一発芸でもして彼らの辛さを払拭させてあげましょうかしら?
(むっちゃ心の余裕をカマす)
しかしウケなかったら私まで辛い想いをしてしまうのでやっぱり遠慮しておこう。
2016年04月16日 12:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スーパーダウンヒル

登りでは結構しんどい激斜面でしたけれど降りはビュンビュンで超オンモロイ。
落ちたらどないしようなんて怖さは全くありませんわ。
その一方で皆様辛そうなお顔をされております。
ここは何か一発芸でもして彼らの辛さを払拭させてあげましょうかしら?
(むっちゃ心の余裕をカマす)
しかしウケなかったら私まで辛い想いをしてしまうのでやっぱり遠慮しておこう。
立て‼立つんだジョー‼

立ってますやん。
せやけどこちらのシーンなどは見ているこっちがキバりそうなる。
もし何でしたらお尻にお注射して差上げましょうか?
ちょっとだけモリモリしてきまっせ。
2016年04月16日 12:04撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立て‼立つんだジョー‼

立ってますやん。
せやけどこちらのシーンなどは見ているこっちがキバりそうなる。
もし何でしたらお尻にお注射して差上げましょうか?
ちょっとだけモリモリしてきまっせ。
ズバリと一匹侍

BCのお方がシートラされますと背中に刀を背負う侍に見えるからカッコいいよね。
こちらのお方はまさしく柳生十兵衛ですよね。
くどいようですけれどこれがMillerさんだと工事現場作業員に見える訳ですから悲しすぎる。
2016年04月16日 12:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズバリと一匹侍

BCのお方がシートラされますと背中に刀を背負う侍に見えるからカッコいいよね。
こちらのお方はまさしく柳生十兵衛ですよね。
くどいようですけれどこれがMillerさんだと工事現場作業員に見える訳ですから悲しすぎる。
見上げるとかなりリアルな激斜面

うわ〜、みんなそんな重い装備背負ってようやってるわ。
こういうのを見せつけられると私にはBCになる体力と根性はないな〜。
それ以前に装備を揃える財力もないねんけどな…。
2016年04月16日 12:08撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるとかなりリアルな激斜面

うわ〜、みんなそんな重い装備背負ってようやってるわ。
こういうのを見せつけられると私にはBCになる体力と根性はないな〜。
それ以前に装備を揃える財力もないねんけどな…。
頑張って下さ〜い!

スレ違うお方にはただただ励ましのお声を掛けることしか出来ませぬ。
勿論ハゲてる人にもハゲまします。
2016年04月16日 12:10撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って下さ〜い!

スレ違うお方にはただただ励ましのお声を掛けることしか出来ませぬ。
勿論ハゲてる人にもハゲまします。
ヤマクボのコルからダイブ

今日はPEAKに意識せずスベりを楽しもうと来られた方も結構おられますた。
そのような方達は主にヤマクボのコルを目指します。
コルからの立山劔岳の眺望を堪能したら待望のダイブ。
お山の楽しみはいろいろ、人それぞれやねん。
2016年04月16日 12:13撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマクボのコルからダイブ

今日はPEAKに意識せずスベりを楽しもうと来られた方も結構おられますた。
そのような方達は主にヤマクボのコルを目指します。
コルからの立山劔岳の眺望を堪能したら待望のダイブ。
お山の楽しみはいろいろ、人それぞれやねん。
緩斜面台地は休憩基地

ここは傾斜も緩やかでとても広い。
適度に岩もむき出しているので座るのにも楽ちんのようです。
だけど誰も塩ラーメンを召し上がっておられませんね。
「フンだ、欲しいっつてもやらないもんね」。
2016年04月16日 12:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩斜面台地は休憩基地

ここは傾斜も緩やかでとても広い。
適度に岩もむき出しているので座るのにも楽ちんのようです。
だけど誰も塩ラーメンを召し上がっておられませんね。
「フンだ、欲しいっつてもやらないもんね」。
針ノ木岳よサヨウナラ

出だしで頑張ってくれた青空はもうどこにもありません。
完全に霞んでしまいますた。
これよりヤマクボ沢出合にムケて再度エキサイティングダウンヒルを楽しんじゃオー!
2016年04月16日 12:19撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳よサヨウナラ

出だしで頑張ってくれた青空はもうどこにもありません。
完全に霞んでしまいますた。
これよりヤマクボ沢出合にムケて再度エキサイティングダウンヒルを楽しんじゃオー!
ドシドシ来っゾ

お昼を過ぎたのにまだまだ登ってこられますジョ。
ま、これも陽が長くなってきたから出来る事なんでしょうね。
明日は春の嵐が予想されているので泊まりは無謀だよ。
2016年04月16日 12:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドシドシ来っゾ

お昼を過ぎたのにまだまだ登ってこられますジョ。
ま、これも陽が長くなってきたから出来る事なんでしょうね。
明日は春の嵐が予想されているので泊まりは無謀だよ。
南斗聖拳最後の将登場‼

登ってこられます女性をメインに優しくお声を掛けていたらとてつもないオーラを漂わせたお方と遭遇した。
こちらはさぞや凄いお方に違いないはず。
私は緊張しまくりながらもその女性を見つめてみた。
「ん???、あれれ??」。
「あーっ!HIROMIさんやんか!」。
お会いしたこちらの女性はハニーちゃんと大の仲良しのHIROMIさんでありますた。
HIROMIさんもお山の超スペシャリストよん。
今日はひろろとろろさんといい、HIROMIさんといい、「ひろ」に縁のある凄い男女のお二方と出会えたよん。
いやぁ、ホンマ今日は良い日だった。
2016年04月19日 16:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南斗聖拳最後の将登場‼

登ってこられます女性をメインに優しくお声を掛けていたらとてつもないオーラを漂わせたお方と遭遇した。
こちらはさぞや凄いお方に違いないはず。
私は緊張しまくりながらもその女性を見つめてみた。
「ん???、あれれ??」。
「あーっ!HIROMIさんやんか!」。
お会いしたこちらの女性はハニーちゃんと大の仲良しのHIROMIさんでありますた。
HIROMIさんもお山の超スペシャリストよん。
今日はひろろとろろさんといい、HIROMIさんといい、「ひろ」に縁のある凄い男女のお二方と出会えたよん。
いやぁ、ホンマ今日は良い日だった。
3
YES‼MILLER‼

HIROMIさんとワイワイした後お別れ時に彼女のスマホで写真を撮ってくれた。
その画像をLINEで送ってくれました。
めっちゃハジケル作業員風に撮れていて気に入りました。
時期年賀状候補にノミネートしちゃうのは言うまでもありませぬ。
HIROMIさん、ありがとうございます💓
2016年04月18日 15:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
YES‼MILLER‼

HIROMIさんとワイワイした後お別れ時に彼女のスマホで写真を撮ってくれた。
その画像をLINEで送ってくれました。
めっちゃハジケル作業員風に撮れていて気に入りました。
時期年賀状候補にノミネートしちゃうのは言うまでもありませぬ。
HIROMIさん、ありがとうございます💓
2
ヤマクボ沢出合

ここまで降りてきたら急斜面はもうない。
だけどこれより下は雪が緩んで踏み抜き地獄の黒ひげ危機一髪逆バージョン版に恐怖しなければならん。
2016年04月16日 12:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマクボ沢出合

ここまで降りてきたら急斜面はもうない。
だけどこれより下は雪が緩んで踏み抜き地獄の黒ひげ危機一髪逆バージョン版に恐怖しなければならん。
颯爽と行く

踏み抜き知らずのBC部隊はデブリ斜面をモノともせずに華麗に滑り降りていく。
方やこっちはズボズボしっぱなしでおっかなくてしょうがない。
くっそぉ〜!彼ら達にも何かトラップを仕掛けてやりて〜。
空からタライでも落としてみるか。
2016年04月16日 12:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
颯爽と行く

踏み抜き知らずのBC部隊はデブリ斜面をモノともせずに華麗に滑り降りていく。
方やこっちはズボズボしっぱなしでおっかなくてしょうがない。
くっそぉ〜!彼ら達にも何かトラップを仕掛けてやりて〜。
空からタライでも落としてみるか。
ヒーロー戦隊

なんでBCの方達が群れを成すとヒーロー戦隊に見える訳?
ウチらが群れで揃ってもどう見たってJA職員にしか思われへんで。
2016年04月16日 13:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒーロー戦隊

なんでBCの方達が群れを成すとヒーロー戦隊に見える訳?
ウチらが群れで揃ってもどう見たってJA職員にしか思われへんで。
1
蓮華大沢

蓮華大沢はボーダー天国となっているようね。
どのお方もボーダーさんばかり。
ヤマクボ沢はスキーヤーの縄張りで蓮華大沢はボーダーの縄張りなのかしら?
中立の私は来年はそちらに足を運んでみましょうかしら。
2016年04月16日 13:29撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華大沢

蓮華大沢はボーダー天国となっているようね。
どのお方もボーダーさんばかり。
ヤマクボ沢はスキーヤーの縄張りで蓮華大沢はボーダーの縄張りなのかしら?
中立の私は来年はそちらに足を運んでみましょうかしら。
サヨナラ大雪渓

ほら見て、堰堤ちょい上の雪が割れて沢がジョバジョバしちゃっているでしょう。
ここでの滑走も一ヶ月はもたないかもね。
2016年04月16日 13:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サヨナラ大雪渓

ほら見て、堰堤ちょい上の雪が割れて沢がジョバジョバしちゃっているでしょう。
ここでの滑走も一ヶ月はもたないかもね。
針ノ木岳登山口に無事に帰還

暑い。
降りてきたら春を通り越えて初夏やん。
この時期の着る物はむずかしいよ。
2016年04月16日 14:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳登山口に無事に帰還

暑い。
降りてきたら春を通り越えて初夏やん。
この時期の着る物はむずかしいよ。
扇沢ターミナル

ホモっぽいタイのキックボクサーみたい人がちらほらといる。
絶対目を合わさないようにしよ。
2016年04月16日 14:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢ターミナル

ホモっぽいタイのキックボクサーみたい人がちらほらといる。
絶対目を合わさないようにしよ。
無料駐車場は満員御礼

ベンツにBMWなどとお金持ちのアンタらが何も無料駐車場に停めなくたってといった光景となっている。
一方のスカスカな有料駐車場にはなぜか下取り査定ゼロと思われる車も停まっている。
かわいそうにと思っていたら自分の車だった。
2016年04月19日 16:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無料駐車場は満員御礼

ベンツにBMWなどとお金持ちのアンタらが何も無料駐車場に停めなくたってといった光景となっている。
一方のスカスカな有料駐車場にはなぜか下取り査定ゼロと思われる車も停まっている。
かわいそうにと思っていたら自分の車だった。
1
松川から望む白馬三山

入浴後、国道148を走っていたら綺麗な白馬三山が目に飛び込んできた。
日中の霞晴れは何だったのかと思えるくらいによく見渡せた。
2016年04月19日 16:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松川から望む白馬三山

入浴後、国道148を走っていたら綺麗な白馬三山が目に飛び込んできた。
日中の霞晴れは何だったのかと思えるくらいによく見渡せた。
1
麓は新緑

春の息吹きや新緑が青空に栄えて実に美しかった。
雪がなくなっていくのは寂しいけれど新しい息吹きとの出会いはやっぱり嬉しい。
2016年04月19日 15:28撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓は新緑

春の息吹きや新緑が青空に栄えて実に美しかった。
雪がなくなっていくのは寂しいけれど新しい息吹きとの出会いはやっぱり嬉しい。
1

感想/記録

え〜、毎度の事ながら誠に遅いアップでかたじけないと思う次第であります。
自宅のパソコさんの故障で慣れない携帯からのアップとなりますので中々はかどらず苦労の連続であります。
もし明日にでも挑まれますお方がおいでましたら私どもの記録を参考になさらずチラ見程度に留めておいて、拍手だけ連打しておいて下さいませ。
おそらく環境が激変しているかもしれないおそれがございます。
ひょっとしたら大雪渓の雪が半分以上無くなっているかもしれません。
それでも行きて〜っつんならどうか自己責任でTryなさって下さいまし。
私ゃ、知らん。

え〜、今回の感想はと申しますと各描写毎にエネルギッシュなコメントを入れさせていただいておりますので手短にいきましょうね。
そして、そろそろ私も眠くなってきましたので誤字脱字警報を発令させておきますのでご了承下さいませ。。

さて、昨年に引き続き「扇沢オープン 雪の針ノ木岳」を満喫してまいりますた。
とても良いお天気に恵まれ遠くは佐渡島や小笠原諸島までと期待された眺望も江頭2.5の影響からか近くの山々すら確認できない残念な結果となりますた。
それでも素敵な出会いにも恵まれまして心に残る素晴らしい山旅となりますたのは確かでごじゃいます。
来年はお爺や蓮華岳などを攻めて違う視点から北アルプスのグレートビューを楽しんでみようかな〜と思っちゃった。
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/14
投稿数: 2352
2016/4/25 5:30
 うーん、超大作!
この数の写真に対して相変わらず細かい描写。
まるでその場に居合わせたかのような感覚にとらわれます。

3年ほど前に針ノ木を滑った時のことを思い出しました。
その時はルートよくわかってなくてスバリ側のコルに乗り上げ、岩と氷のMIXと化した夏道いってひどい目に会いましたが・・・
マヤクボ沢はスキーヤーにとって最高の斜面ですね。

それにしてもあの狭い山頂でよく塩ラーメン楽しみましたね。
その場に居合わせたら食べるの手伝ったのに・・・

あ、昨日、一昨日と立山(内蔵助)から針ノ木を眺めてました。
記録アップのタイミングがまるで昨日のレコみたいですが、一週間ずれてるんですよね(笑)
登録日: 2014/12/7
投稿数: 376
2016/4/25 17:40
 槍穂劔のためならエンヤコラ
Sanchanさん、こんにちは。
ありがとうございます。

う〜ん、針ノ木岳も止められないのよね〜。
いえね、何も立山に行けずにケチっている訳じゃございませんのよ。
ホンマここが好きなのよ。
立山天狗山の翌週はここって決めちゃってるの。
天狗山からの劔岳をドーン❗
翌週に角度を変えて再度劔岳をドーン❗
凍った黒部湖なんてのはこの時しか見られないから尚更なのよ。
ほんでもね〜、BC天国なのよ、ここも。
ホンマMillerさんもスキーが出来れば楽しさ5割増なんだろうな〜ってつくづく思えるフィールドやねん。

それはそうとなんですって??
立山お泊まり?
あ〜、Sanchanさんもやっぱり富裕層ですか〜。
ボーリングの大玉に気を付けてね。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ