ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 848226 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

住吉道から東おたふく山

日程 2016年04月17日(日) [日帰り]
メンバー hanamaru123
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間41分
休憩
5分
合計
1時間46分
Sエクセル東バス停13:4113:56五助ダム13:5714:05打越峠分岐14:48雨ヶ峠14:4915:03東お多福山15:0415:10土樋割峠15:1215:27東おたふく山登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

エクセル東バス停よりスタート。4月ながらかなり気温が上がっており、半袖でもいいくらい。
2016年04月17日 13:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エクセル東バス停よりスタート。4月ながらかなり気温が上がっており、半袖でもいいくらい。
いつもの分岐。住吉道をそのまま進む。
2016年04月17日 13:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの分岐。住吉道をそのまま進む。
2
五助堰堤が見えてきた。この辺りは空が開けており、晴れた日は気持ちいい。
2016年04月17日 13:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五助堰堤が見えてきた。この辺りは空が開けており、晴れた日は気持ちいい。
3
堰堤越えたところにある木橋その1.ここも雰囲気が好き。
2016年04月17日 14:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤越えたところにある木橋その1.ここも雰囲気が好き。
3
木橋すぐ先は広くなっており、休憩するのにちょうどよさそう。
2016年04月17日 14:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋すぐ先は広くなっており、休憩するのにちょうどよさそう。
3
木橋その2を渡る。
2016年04月17日 14:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋その2を渡る。
3
池の横を過ぎ、林道に入っていく。
2016年04月17日 14:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の横を過ぎ、林道に入っていく。
2
住吉道の特徴とも言える石畳。この道は暗くはないが、ほどよい日陰となっており、結構涼しい。
2016年04月17日 14:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉道の特徴とも言える石畳。この道は暗くはないが、ほどよい日陰となっており、結構涼しい。
3
左岸道をそのまま進みます。
2016年04月17日 14:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸道をそのまま進みます。
2
この石段の手前、右側の沢へ下りれそうなので行ってみる。
2016年04月17日 14:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石段の手前、右側の沢へ下りれそうなので行ってみる。
4
この木橋、誰かのログで見たことある。たしか、西おたふく山へ続く道だったっけ。
2016年04月17日 14:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木橋、誰かのログで見たことある。たしか、西おたふく山へ続く道だったっけ。
3
木橋すぐ奥の大岩に乗ってみる。ここも休憩にちょうど良さそう。
2016年04月17日 14:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋すぐ奥の大岩に乗ってみる。ここも休憩にちょうど良さそう。
4
左岸道に戻り、進みます。
2016年04月17日 14:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸道に戻り、進みます。
1
ここは、以前通ったことのある、西おたふく山への分岐。そのまま進みます。
2016年04月17日 14:27撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、以前通ったことのある、西おたふく山への分岐。そのまま進みます。
4
暖かいせいか、ヘビがいました。
2016年04月17日 14:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖かいせいか、ヘビがいました。
これも寄ってみる。住吉道は寄り道ポイントが多い。
2016年04月17日 14:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも寄ってみる。住吉道は寄り道ポイントが多い。
3
ふうん、としか言えない。
2016年04月17日 14:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふうん、としか言えない。
4
石垣があったりと、古道の面影があちこちに見られる。
2016年04月17日 14:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣があったりと、古道の面影があちこちに見られる。
3
住吉道全体の印象は、広くて明るいながらも、日陰が多いこと。そしてなだらか。かなりお気に入りの道ですが、なぜか人がほとんど通っていない。
2016年04月17日 14:37撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉道全体の印象は、広くて明るいながらも、日陰が多いこと。そしてなだらか。かなりお気に入りの道ですが、なぜか人がほとんど通っていない。
3
分岐です。今回は東おたふく山へ向かうので、右に進みます。
2016年04月17日 14:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐です。今回は東おたふく山へ向かうので、右に進みます。
3
ちょっとした登りですが、すぐに登りきれます。
2016年04月17日 14:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした登りですが、すぐに登りきれます。
1
ほどなく、雨ヶ峠に到着。東おたふく山方面へ。
2016年04月17日 14:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく、雨ヶ峠に到着。東おたふく山方面へ。
1
今日の東おたふく山は、雲一つない絶景です。
2016年04月17日 14:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の東おたふく山は、雲一つない絶景です。
7
山頂に到着。
2016年04月17日 15:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
5
ドビワリ峠に下り、
2016年04月17日 15:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドビワリ峠に下り、
1
作業用林道を下ります。
2016年04月17日 15:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業用林道を下ります。
1
東おたふく山登山口バス停に到着。
2016年04月17日 15:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東おたふく山登山口バス停に到着。
1

感想/記録

入っていた予定が急にキャンセルとなり、急遽六甲山へ。今回はお気に入りの住吉道から東おたふく山へ抜けました。道は広くて歩きやすく、急な部分もほとんどありません。しかも変化に富んだ登山道で、歩く人がこんなに少ないのか、謎です。
静かにのんびり歩きたい人には、おすすめコースです。
訪問者数:210人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ