ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 848279 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

寄り道もしちゃった天狗岳

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー cocoK, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
1時間20分
合計
7時間18分
S唐沢鉱泉07:1209:53黒百合ヒュッテ10:0510:10中山峠11:00東天狗岳11:4011:50天狗岳12:1512:53第二展望台13:12第一展望台13:1514:30唐沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
高度が低いところは緩んだ雪が凍ってテカテカです。下りはアイゼン等使用した方がよいです。
その他周辺情報縄文の湯:大人600円(市外者)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 タオル ツェルト ストック ピッケル カメラ

写真

駐車場からすぐに唐沢鉱泉着。ここで登山届提出。
2016年04月16日 07:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からすぐに唐沢鉱泉着。ここで登山届提出。
右に行くと第一〜第二展望台〜西天狗のコース。今日は反対回りの黒百合ヒュッテから山頂目指します。
2016年04月16日 07:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に行くと第一〜第二展望台〜西天狗のコース。今日は反対回りの黒百合ヒュッテから山頂目指します。
…がしかし、次の分岐で右に入るはずが直進してしまい…沢登りコースに変じて…
2016年04月16日 07:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…がしかし、次の分岐で右に入るはずが直進してしまい…沢登りコースに変じて…
1
引き返しました。ここが正しい分岐。ロスタイム1時間。。
2016年04月16日 08:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返しました。ここが正しい分岐。ロスタイム1時間。。
正規ルートをゴンゴン進む。まだこの辺りは氷雪とはいえない状況。
2016年04月16日 09:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正規ルートをゴンゴン進む。まだこの辺りは氷雪とはいえない状況。
お〜〜っ!他のユーザーの記録通り凍っている。滑るスベル!でもアイゼン付けずに黒百合ヒュッテまで行きました。
2016年04月16日 09:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜〜っ!他のユーザーの記録通り凍っている。滑るスベル!でもアイゼン付けずに黒百合ヒュッテまで行きました。
3
ヒュッテ到着。おトイレは200円。
2016年04月16日 09:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ到着。おトイレは200円。
4
黒百合ヒュッテから、あっという間に中山峠着。
2016年04月16日 10:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテから、あっという間に中山峠着。
さて、山頂目指しますか!木の枝が東側にだけ伸びている。
2016年04月16日 10:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、山頂目指しますか!木の枝が東側にだけ伸びている。
西天狗が見えます。枝の向きが、風の方向を表わしているのかな?
2016年04月16日 10:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗が見えます。枝の向きが、風の方向を表わしているのかな?
3
師匠、ワタクシを置いて駆け上がります。
2016年04月16日 10:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
師匠、ワタクシを置いて駆け上がります。
あっという間にあんなところまで(笑)
2016年04月16日 10:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間にあんなところまで(笑)
4
余裕です。
2016年04月16日 10:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余裕です。
2
稲子岳、奥にニュウの岩イワが見えます。師匠側から撮ったワタクシとほぼ一緒だったソロの男性。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲子岳、奥にニュウの岩イワが見えます。師匠側から撮ったワタクシとほぼ一緒だったソロの男性。
1
あと少し!
2016年04月16日 10:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し!
1
東天狗からの赤岳・中岳・阿弥陀岳
2016年04月16日 11:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗からの赤岳・中岳・阿弥陀岳
西天狗岳登頂!
2016年04月16日 11:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳登頂!
11
北横・蓼科山をバックに。
2016年04月16日 11:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北横・蓼科山をバックに。
6
今度は赤岳行きたい。。
2016年04月16日 12:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は赤岳行きたい。。
1
薄曇りですが、スマホの画面が見にくいようで。
2016年04月16日 12:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄曇りですが、スマホの画面が見にくいようで。
1
名残惜しいけれど、下山開始です。
2016年04月16日 12:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいけれど、下山開始です。
日当たりの良いところは地面露出、悪いところはアイスでした。
2016年04月16日 13:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりの良いところは地面露出、悪いところはアイスでした。
水色の部分、沢が凍っているのかな?
2016年04月16日 13:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水色の部分、沢が凍っているのかな?
下りでアイスはこわかった〜〜。
2016年04月16日 13:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りでアイスはこわかった〜〜。
単調な道で飽きるのですが、気を緩めるわけにいきません。
2016年04月16日 13:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
単調な道で飽きるのですが、気を緩めるわけにいきません。
あと少しで唐沢鉱泉。アイゼンはドロドロです。
2016年04月16日 13:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しで唐沢鉱泉。アイゼンはドロドロです。
2

感想/記録
by cocoK

八ヶ岳ブルーを見たくて天狗岳に行ってきました。

最初からルートミスで、一時間のロスタイム。
「もしかしたら周回できないかも…」と思いましたが、なんとかぐるっと周って帰って来ました。

黒百合ヒュッテまでの氷の道は「滑って転んだら骨折か?」と思うようなテカリ具合。テカリを避けながらノ―アイゼンで黒百合ヒュッテまで登り、休憩をはさんでアイゼン装着。(役に立つかどうかわからない)ピッケルをつかんで東天狗岳を目指しました。
稜線から振り返って見える稲子岳と中山、ニュウが思っていた以上に雄大で感動しました(息切れ切れだったけれど、笑)
天狗から見える赤岳、阿弥陀岳はやっぱりカッコイイ(笑)
今年はもう雪がないので無理そう。来年にお預けかな?
暖冬のせいで気温は高く、寒さを全く感じないほどでした。

西天狗から展望台への下りは、大きな石を降りるので難しかった〜!
でも、『ドM』なので嬉しかったりもしましたが…。

それにしても…八ヶ岳ブルーが見たかった。。。(/_;)
訪問者数:660人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ