ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 848352 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

【北岳】力尽きて泊ってきただけ

日程 2016年04月16日(土) 〜 2016年04月17日(日)
メンバー kanenoki
天候1日目は穏やかな薄曇り。2日目は雨風の半日
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夜叉神峠登山口の駐車場。出発時7台。道路凍結無し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間57分
休憩
51分
合計
11時間48分
S夜叉神峠駐車場04:5005:16西口登山口06:15鷲ノ住山06:1707:40アルキ沢橋BS07:5309:50池山御池小屋10:2613:34ボーコン沢ノ頭16:38北岳山頂
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
北岳山頂には泊ってません。
ログは途中からなので距離とかも参考になりません。
片道だけでもログを残したかったので。
登山メモ写真の読み込みが悪くなり無駄に電力消費、
長丁場も確実なので、
節電の為1日目でログは終了させました。
以降…
北岳山頂16:50下山開始
池山御池小屋21:20到着【泊】
(2日目)
池山御池小屋7:44下山開始
夜叉神峠駐車場11:30〜45位(安堵で記憶曖昧)

コース状況/
危険箇所等
【夜叉神峠〜歩き沢橋】
トンネルは真っ暗で足元に段差が有ったりするのでライト必要。鷲ノ住山は、急傾斜の連続で帰りは行きの3倍は登るので覚悟です。野呂川吊橋から車道までも急登で道も細く危ない岩場も有るので注意。5mのトラロープでもいいので持って行けば、ここと八本歯のコルで助かると思う

【歩き沢橋〜ボーコン沢ノ頭】
池山御池小屋までの前半3割は緩い傾斜でハイキング気分で歩けますが、中盤4割は急登で標高稼ぐ感じ、後半3割はまた緩くなり小屋まで続いてます。明瞭な道で新しいピンクテープも有るので、日中なら道迷いは無いと思う。
小屋を過ぎると雪深くなって来ますが、トレースとピンクテープが有るので、ここも日中なら迷わないと思う。
雪道の登りではほとんど踏み抜かないので気持ち良く登れますが、帰りは一転、小屋近くまで踏み抜きの連続で消耗しました。

【ボーコン沢ノ頭〜北岳山頂】
地図のコースタイムは2時間ですが、雪部分はほとんど深く踏み抜くので3時間掛りました。下手な所を歩けば滑落もある危険地帯です。
八本歯の岩場は北岳に向かう時は下ります。
雪はほとんどありませんが、グラグラする岩も多かったので素手で慎重に下りました。帰りは岩を登るので難易度は下がります。
頂上直下は急斜面になり雪も硬くなるので細心の注意が必要です。
石突きは一発では決まらず何回も刺した所も有りました。
ステップも何回か蹴り込んだりしました。
ピック部分は一発で決まるので下りる時はダブルピックで後ろ向きでした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

薄明るくなった4時51分にスタート。3時半には起きてたけど…ゲート奥の漆黒の闇に恐怖を感じモタモタしてました
2016年04月16日 04:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄明るくなった4時51分にスタート。3時半には起きてたけど…ゲート奥の漆黒の闇に恐怖を感じモタモタしてました
2
ライト2つで突入、一発目から一番長いトンネル。20回は振り返って後方確認(半泣)出口付近の天井に生き物居ますよ…
2016年04月16日 05:02撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライト2つで突入、一発目から一番長いトンネル。20回は振り返って後方確認(半泣)出口付近の天井に生き物居ますよ…
3
凄い断崖絶壁でした
2016年04月16日 05:24撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄い断崖絶壁でした
快晴なら北岳見えるポイントみたいだけど…残念
2016年04月16日 05:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴なら北岳見えるポイントみたいだけど…残念
谷深いこの位置に道路が有るのが凄いと思う
2016年04月16日 05:48撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷深いこの位置に道路が有るのが凄いと思う
2
鷲ノ住山の登り口。行きは楽勝〜帰りは急登地獄
2016年04月16日 05:57撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲ノ住山の登り口。行きは楽勝〜帰りは急登地獄
1
最後の勇姿にならないように頑張ります
2016年04月16日 06:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の勇姿にならないように頑張ります
6
廃電線が所々目印がわりにあるけど、新しいピンクテープの方が見つけ易い。これは古いテープ
2016年04月16日 06:16撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃電線が所々目印がわりにあるけど、新しいピンクテープの方が見つけ易い。これは古いテープ
道はほとんどが急で雨降ると滑るので注意
2016年04月16日 06:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はほとんどが急で雨降ると滑るので注意
あそこまで下ります…
2016年04月16日 06:31撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまで下ります…
3
道の脇に鉄塔あります
2016年04月16日 06:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の脇に鉄塔あります
めちゃ揺れる野呂川吊橋。足元に飛び出た番線あるので、つまずき注意。吊り橋から車道までで危険個所あります。写真一番最後にあり
2016年04月16日 06:56撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めちゃ揺れる野呂川吊橋。足元に飛び出た番線あるので、つまずき注意。吊り橋から車道までで危険個所あります。写真一番最後にあり
2
歩き沢橋。帰り用に、500mlの水を隠しデポ
2016年04月16日 07:33撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き沢橋。帰り用に、500mlの水を隠しデポ
1
義盛新道は大木多くて雰囲気良し
2016年04月16日 07:59撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
義盛新道は大木多くて雰囲気良し
1
明るく開けてて小鳥が元気に囀っていてハイキング気分。鷲ノ住山とは大違い
2016年04月16日 08:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく開けてて小鳥が元気に囀っていてハイキング気分。鷲ノ住山とは大違い
1
振り返って下を撮る。前半緩く、中盤は急ですが、後半また緩くなります
2016年04月16日 08:48撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って下を撮る。前半緩く、中盤は急ですが、後半また緩くなります
1
大木の倒木が多くて雰囲気があります。道は良く見えます。新しいテープも有って分かり易い
2016年04月16日 09:16撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大木の倒木が多くて雰囲気があります。道は良く見えます。新しいテープも有って分かり易い
池山御池小屋近くで凍結雪出て来ますが、平坦なので小屋まで普通に歩けます
2016年04月16日 09:38撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山御池小屋近くで凍結雪出て来ますが、平坦なので小屋まで普通に歩けます
2
池に出たら右回りが登山道ですが、左から小屋に行ってしまいました
2016年04月16日 09:44撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池に出たら右回りが登山道ですが、左から小屋に行ってしまいました
1
無人で中は綺麗ですね。銀マット2枚・毛布3枚・コタツ布団だと思うが3枚
2016年04月16日 09:50撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無人で中は綺麗ですね。銀マット2枚・毛布3枚・コタツ布団だと思うが3枚
3
小屋に500mlのポカリとパンとアイゼンケースをデポ。穏やかなので30分以上休憩して出発した
2016年04月16日 10:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に500mlのポカリとパンとアイゼンケースをデポ。穏やかなので30分以上休憩して出発した
1
小屋から15分でアイゼン装着。写真はもう少し進んだ所。たまに踏み抜くけど快適に歩けました。帰りは一転、小屋近くまで踏み抜きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から15分でアイゼン装着。写真はもう少し進んだ所。たまに踏み抜くけど快適に歩けました。帰りは一転、小屋近くまで踏み抜きます
1
いい道ですが森林限界まで景色は期待出来ません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい道ですが森林限界まで景色は期待出来ません
2
砂払付近からは別世界で間ノ岳ド〜ン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払付近からは別世界で間ノ岳ド〜ン
6
岩場と雪のミックス地帯。踏み抜く確率が多くなるので雪を避けるルートを選ぶ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場と雪のミックス地帯。踏み抜く確率が多くなるので雪を避けるルートを選ぶ
2
ぴょっこり雷鳥がハイマツから顔を出した。ヤッタ〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぴょっこり雷鳥がハイマツから顔を出した。ヤッタ〜♪
8
アップで♪メスも居たけど写真逃した。二羽仲良しで羨ましくて負けた気分(笑)
2016年04月16日 13:24撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで♪メスも居たけど写真逃した。二羽仲良しで羨ましくて負けた気分(笑)
8
ボーコン沢ノ頭到着。霞んでるけど景観良くて大満足
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーコン沢ノ頭到着。霞んでるけど景観良くて大満足
2
北岳もド〜ン♪ここで2800m有るんですけど…北岳が4000m峯に見えるんですけど!?コースタイムも2時間で行けるの!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳もド〜ン♪ここで2800m有るんですけど…北岳が4000m峯に見えるんですけど!?コースタイムも2時間で行けるの!?
9
ケルンと間ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンと間ノ岳
3
危険だったら速攻で引き返すと誓い、取り合えずあそこのピーク目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険だったら速攻で引き返すと誓い、取り合えずあそこのピーク目指す
4
ボーコン沢ノ頭〜北岳頂上直下まで雪部分は踏み抜き地獄でした。底無しに踏み抜く所は地面から何mも下だろうね…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーコン沢ノ頭〜北岳頂上直下まで雪部分は踏み抜き地獄でした。底無しに踏み抜く所は地面から何mも下だろうね…
4
奥に梯子が見えます。梯子から上が急なんですけど!登れるの?って感じ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に梯子が見えます。梯子から上が急なんですけど!登れるの?って感じ…
1
トレースは梯子を登ったら直登して、左にトラバースしてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースは梯子を登ったら直登して、左にトラバースしてる
4
梯子前に核心部“本歯の岩場を降りて来た。雪はほとんど無いですけど、危険を感じて素手になりました。残置カラナビにロープ付けられます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子前に核心部“本歯の岩場を降りて来た。雪はほとんど無いですけど、危険を感じて素手になりました。残置カラナビにロープ付けられます
4
梯子近くに資材あり。梯子増設?是非とも八本歯の岩に掛けて欲しいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子近くに資材あり。梯子増設?是非とも八本歯の岩に掛けて欲しいです
直登してます。転んだら滑り、ピッケル制動必要な傾斜です。大きな雪の亀裂も有り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登してます。転んだら滑り、ピッケル制動必要な傾斜です。大きな雪の亀裂も有り
4
表面はザラザラですが奥は硬かったり踏み抜いたり色々で油断出来ません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表面はザラザラですが奥は硬かったり踏み抜いたり色々で油断出来ません
核心部更に急登になり、斜めトラバースしないといけないオマケ付き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部更に急登になり、斜めトラバースしないといけないオマケ付き
5
先ほどの写真の下方向。雪部分で止まれないと下には岩地帯が有ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの写真の下方向。雪部分で止まれないと下には岩地帯が有ります
6
斜めトラバース後半。表面はザラザラ溶けてますが、奥は硬くて石突きが一発では刺さらない事も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜めトラバース後半。表面はザラザラ溶けてますが、奥は硬くて石突きが一発では刺さらない事も
5
少しだけ見えてる夏道で休む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ見えてる夏道で休む
1
ダブルピッケルで登ってます。持って来て良かった。吊尾根分岐で京都から来たスキーヤーと話して写真を撮ってあげました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダブルピッケルで登ってます。持って来て良かった。吊尾根分岐で京都から来たスキーヤーと話して写真を撮ってあげました。
3
濃い男ー命深最圈
2016年04月16日 16:38撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃い男ー命深最圈
4
濃い男太陽方向なので成功。ピークで初めてアウター着ました
2016年04月16日 16:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃い男太陽方向なので成功。ピークで初めてアウター着ました
11
濃い男5娶でも成功。後光差してる!天国行く前に下山しないと…
2016年04月16日 16:40撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃い男5娶でも成功。後光差してる!天国行く前に下山しないと…
5
横のベンチいいね!座ってのんびり出来ました
2016年04月16日 16:41撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横のベンチいいね!座ってのんびり出来ました
4
無風で快適♪ピークでも春を感じますが…既に16時41分…どうする!?真似してはいけない工程です
2016年04月16日 16:41撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無風で快適♪ピークでも春を感じますが…既に16時41分…どうする!?真似してはいけない工程です
4
2日目の唯一の写真。野呂川吊橋から車道までの危ない岩場。3mのロープを木に結ぶだけでも安全になります。木から木にロープなら8mかな。今度行く時は捨てロープ持って行きます
2016年04月17日 09:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の唯一の写真。野呂川吊橋から車道までの危ない岩場。3mのロープを木に結ぶだけでも安全になります。木から木にロープなら8mかな。今度行く時は捨てロープ持って行きます
3

感想/記録

タイトルはalsoさんのユーモアセンスをパクらせていだだきました(^o^)丿

北岳日帰りしてる、syakonnuさんのレコを見てビックリ!
狙ってました。同じ日に偶然にも、alsoさんが先行してました。
歩き沢橋からの義盛新道でえぐれた土の新しい足跡が有ったので、誰か先に歩いているかも?は、雪道のトレースで確信に変わりました。

alsoさんとはボーコン沢〜北岳直下までの稜線で会い少し話して別れましたが、お互いがヤマレコユーザーとは知りませんでした。夜叉神峠から日帰りしてる凄い人が居たと書こうと思ってました(笑)

お二人の凄いレコは、北岳検索で探して見て下さい。
syakonnuさんのレコは義盛新道から雪道の大変で寒い中を歩き、強風の雪多い稜線も突き進んでピークに行ってしまった凄いレコですし、alsoさんのレコは詳細にコース状況が分かるので大変参考になります。
なので、私は気持ち中心の感想にします。

参考になると書いたのはコース状況であって、お二人の日帰りを真似すると大変な事になるので注意して下さい!
私は無雪期の槍ヶ岳〜新穂高から10時間半、甲斐駒ケ岳〜黒戸尾根から8時間半の実力ですが、池山御池小屋で力尽きました。
この池山御池小屋は、時間や体力的に丁度中間地点だと思います。

この小屋を行きに見た時から、心の奥底に頼る気持ちが有ったかもしれない…。
北岳ピークを目指してる時も時間的に近くの二つの冬期小屋を頼る気持ちが有ったかもしれない…。ですが、こちらは吊尾根分岐で話した京都から来たスキーヤーが、明日天候が崩れるので泊ろうと思っていたけど下ると言って、大樺沢方面に滑って行きましたので、私の選択肢からも外れました。

ボーコン沢ノ頭で日没になりましたが、雪を照らすと明るいし、一本しかない雪のトレースを追えばいいだけなので、踏み抜きにはうんざりしましたが、問題無く小屋まで戻れました。

小屋で休憩しながら残りの日帰り工程4分の1を歩けるか自問した結果、義盛新道の道迷いと鷲ノ住山の急登を恐れて泊る事にしました。
ソロで怖いのは道迷いと怪我と滑落ですから、慣れてない所で深夜に徘徊とか…事故のデパートですからね。

短いマットと夏用寝袋とモンベルのテンチョは持っていたけど使わず、小屋の銀マットと昭和の香りがする毛布とコタツ布団?四枚を有難く使わせて頂きましたが…寝てると足元が寒い!良く見ると足が出そうです。やはり布団ではありません。四角いのでコタツ布団ですね。足元に一枚追加で合計五枚です。

7時間以上暖かく眠れましたが、深夜にキェー!キャー!と鹿が鳴くのが近くで聞こえていたので、浅い眠りだったかもしれない。
明け方、ぬくぬくの布団の中から明るくなっていく曇窓硝子を見ていました。
体中のダルさに気が付き、長く休んでも食べないと体力は回復しないんだと学びました。昨夜はパンとカロリーメイト2本しか食べなかったからね。

重い腰を上げ外に出て、残雪の塊を掘ってみると綺麗なザラメ雪がある!
コッヘル山盛にしてストーブで溶かしてコーンポタージュを作り、残りを下山用に。

今まで春の残雪期とか経験なくて、雪から簡単に水が作れるとか考えもしませんでした。昨日のボーコン沢ノ頭でも半分飲んだコーラのペットボトルに雪を2回詰め込んで自然解凍2倍増量作戦も上手く行ったので、4ℓも水を持って上がる必要ありませんでしたね。

小屋の布団を片付け、床を綺麗に掃いて下山開始です。
棚上に置いてある残り少ないガス缶…有難く使う人が居ると思って置いて行ったのでしょうね…【あなたが要らない物は他の人も要りません】

小屋入口にゴミ袋があって、中に山盛に捨ててあるガス缶やビール缶…
ゴミ袋があるから捨てていいと、勝手な解釈なんでしょうね…
市が片付けるとか思って捨ててるんでしょうね…
【自分に甘えてる人って山では格好悪いですよ】

濁してしまいました…続きです。
下山開始時、空はどんよりしてミゾレ雨が降ってました。
やがて普通の雨になりました。義盛新道の下りは泥ぬちゃスリップを覚悟してましたが、落ち葉の堆積が有るのでフカフカで足に優しく安心して歩けました。
車道に出たら雨風強いのに気が付いた。風も無く歩けた樹林帯は凄いですね!

アルキ沢橋でデポした隠し水を回収して少し歩いてトンネルで休憩。
トンネルも雨風しのげて使えます。自分の中でトンネル評価上昇。

鷲ノ住山は急登で滑りました。泊って少しは体力回復したので、結構楽に登れると高をくくってましたが…謝ります!許して下さい!頂上はまだですか?状態でした。
日中なので上が見え、ピークらしい雰囲気の所まで頑張っても、まだ上あるのね…。
これを3回位繰り返す。とにかくピークまで全て急登なので覚悟です。

車道に出たら後はやっつけ仕事です。雨風強いので落石を警戒して谷側をだらだら歩いて帰還しました。

今回経験したので、次回は早出出来ると思ってます。トンネル耐性ついたし(笑)
北岳ピークまでの稜線と下山時の踏み抜きで体力が奪われなくなったら、また日帰りチャレンジしてみたいです♪

鷲ノ住山と義盛新道に新しいピンクテープを付けながら歩いてくれた人に感謝します。

訪問者数:1449人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/1
投稿数: 105
2016/4/21 18:35
 凄いっす
kanenokiさん、こんばんわ。先日も、○○さんが釜トンから槍ヶ岳往復(50km)を日帰りで達成された超ど級のレコがありましたが、世の中には凄い人がいらっしゃる 。眩暈しそうです。

積雪期の北岳登山にはこのコースを選択するかと思いますが自分は本コースの経験はありません(北岳には学生時代に3回登っていますが)。
地図を見て鷲ノ住山から野呂川までの下りを想像するだけで戦意喪失でした 。次回は日帰りで成功しますよ。お疲れ様です。

プライベートなことを推察しまして失礼とは承知してますが、登山経験が1年であるにもかかわらず超ど級登山を何本もされ、ご趣味が、ジョギング、自転車となると、アイアンマンですよね。
登録日: 2015/10/29
投稿数: 53
2016/4/21 21:31
 Re: 凄いっす
はじめまして、コメントありがとうございます
地図を見ただけで鷲ノ住山の凄さが分かるのは流石です!
私は北岳方面しか注目してなかったので面喰いました。
アルキ沢橋までジョギングシューズで行こうと思ってた位ですから(笑)
山はスピードや滞在時間ではなく、一番楽しめた人がチャンピオンだと思います。
fujikitaさんは海外の山も楽しまれてるみたいで羨ましいです
ピークも、はじめの一歩も同じ山ですからね
お互いに〜山を見上げてピカピカ笑顔で居ましょう
アイアンマンレースはハーフの70.3マイルレースに出た事ありますが、
今は登山一本です
登録日: 2014/7/29
投稿数: 588
2016/4/22 0:15
 こ、このタイトルはっ
kanenokiさんこんにちは。

当日は同じ道を歩かれている方がいるなんて思わず…驚いてしましました。
自分は天候的に一番よろしくない時間に山頂だったのでkanenokiさんが登ったときは、一番景色がよかったんじゃないですか?
あの時間、日の当たり方も抜群でした。
行ったものにしか分からない風景、空気感、感情、達成感。
大変でしたが最高でしたよね!
池山吊尾根、あんなにいい場所とは思いませんでした。
キタダケソウが咲いた頃にまた…いや、しばらくいいか…(汗

自分は白いライチョウ見たことなくて(ウズラみたいなのばかり)前から探しているのですが、まさか出会った付近に居たとは…
羨ましいです。
BCの方は夜叉神からチャリで広河原まで行って登ったようですね。
ほぼ同じ時間に戻ってきたのですが、最後の夜叉神トンネルでいきなり後ろからクシャミされて死ぬほどビビりました(笑

>一番楽しめた人がチャンピオンだと思います
これにつきますね!本当にお疲れ様でした!
登録日: 2015/10/29
投稿数: 53
2016/4/22 19:54
 Re: こ、このタイトルはっ
alsoさんコメントありがとうございます♪

北岳検索で同じタイトルが並んでるのを見て大変満足してます
私はトレースを追っていたので心の準備は出来ていました。
山頂の時は無風で快適でしたが、隣の間ノ岳でさえ霞んでましたね!
だけど、反対に雰囲気があって、
景色全部に包まれてる様な幸福感に浸れました
雷鳥ポイントは登りでボーコン沢ノ頭に到着する少し手前です。

私は一泊して完全燃焼してないので、まだまだやる気あります。
山には感動する風景や追い付きたくても簡単には追い付けない凄い人達が居る
だからワクワクするし面白い♪
有り難う御座いました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ