ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 848460 全員に公開 講習/トレーニング富士・御坂

三ッ峠

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー taka10(CL), hiroi(SL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝6時で駐車場には10台ほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
6時間27分
合計
12時間33分
S金ヶ窪登山口06:0906:52展望ポイント-106:57三つ峠山荘07:0111:25屏風岩17:0917:11三ッ峠山17:5018:00三つ峠山荘18:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アプローチは危険箇所無し
登山届は事前に山梨県警にメール送付
その他周辺情報富士山 溶岩の湯 泉水
http://www.fuji-sensui.jp/

やぶ
http://tabelog.com/yamanashi/A1903/A190301/19003029/
刺身定食と焼肉定食、いつもながら定食うまい
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

富士山が綺麗
2016年04月16日 06:56撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が綺麗
アプローチを45分で頑張ってもらったら、こーなった。
2016年04月16日 06:56撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アプローチを45分で頑張ってもらったら、こーなった。
中央カンテ2P目
2016年04月16日 07:53撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央カンテ2P目
中央カンテ3P目1
2016年04月16日 14:45撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央カンテ3P目1
中央カンテ3P目2
2016年04月16日 14:45撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央カンテ3P目2
直登カンテ1P目TR
2016年04月16日 17:08撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登カンテ1P目TR

感想/記録
by hiroi

三つ峠へ

今年の目標達成のために岩トレが必要なのでむねに依頼。快く引き受けてくれた。
自分の練習に付き合ってもらうので自分で練習メニューを考えた。完璧なメニューだ・・・自信を持ってラインで送るもその100倍完璧なメニューが返ってきた。
時間配分、登るルート、とくに懸垂手順をきっちり考えて表にしてくれた。
目標摺合せ→CLの頭でメニュー考え→アウトプット→共有
目標をきっちり摺合せしていたから無駄のない三つ峠になった。
CLのあるべき姿を勉強させていただきました。

金曜日、道の駅富士吉田へ
11:40頃都留あたりを通過。
12時がどうのこうのと言い始める。
なんだろう?よくよく聞くと12時以降に高速降りたら3割引きになるのだとか。
『ここはPAで時間調整しましょう』と言ってPAへ。夜なのに栄養ドリンクを飲んでいた。
今から飲んだら寝れないんじゃない?という心配をよそに『こんなんじゃ効かないです』とのこと。

PAを少し早く出てしまい12時前にインターに着いちゃいそうになった。
11:57
どうするのかな。と見ていると自信満々に『先客がいるはずです』となんと路肩に停める!!
トラック(先客)の後ろにぴったりつけて優雅に12時を待つ。おそるべし3割引きへの情熱。ガンガン横を追い抜き料金所に向かう車の横で『俺はブルジョワジーにはなれない。なんとでも言ってくれ』と開き直ったセリフを吐く。しかしその顔は自分の判断に最高に酔いしれていた。
時計が12時を過ぎ、12時マスターのトラックが料金所を通過しその表示が『割引』と出るのを確認しインターを出る。実に嬉しそう

その後道の駅富士吉田へ。
テントで寝るも『栄養ドリンクで寝れないかも』という彼の言葉。割引のために寄ったPAで栄養ドリンクにお金払って飲んで、それで眠れなかったらトントンじゃないかな〜と思いつつ就寝。どこに価値を置くかは人それぞれだとしみじみ思う

中央カンテ1本目:順番はむねの記録とおり
2P目 左上ランペ、以前うちごちさんと一緒に行ったとき、ロープを交差してしまいセカンドに迷惑をかけたことがある
1ピン目でむねに交差に気付いてもらい以降ロープの流れを意識。きれいなラインになった。よしよし。
3P目 +核心フォロー。なんとかC0無しで登れた。うれしい。2本目リードへの期待がつのる
4P目 懸垂支点2個の内右側に取る
支点構築は左で良かったな。トップから懸垂で降りるイメージだったので右に取ったがセカンドが登ってくるときにロープの流れに沿って難しいほうに上がってきてしまうからだ。

懸垂時にチビクラックにロープがはまる洗礼。見事に受ける。
下からぶんぶん振り回してもまっっったく外れない。しかたなくむねが外しに行く。
ロープを持って下で待つ。ごぼうで11aを登ってロープを外し、懸垂で降りてきた。
ところが第一バンドまであと数メートルというところでまたはまる。冷静だった私は『あ、またはまったな』とわかっていた。しかしかわいそうすぎて言うことができず。
引いても落ちてこないロープに『うそ!神様!』と嘆くむね。
そのうち現実逃避して一旦精神の安定を保っていた。
絶対笑っちゃいけない。ぜったいだ。
あまりに不憫なので『次は私が行くよ』と言うと『いや俺がいく!』と頑張る。
ああ、かわいそうに・・・むねが居ない時に下を向いて爆笑。
お疲れ様でした

中央カンテ2本目:順番はむねの記録とおり
C0なしの初めての3P目核心。登れた!!とっても嬉しい!
懸垂もはまることなく無事ロープダウン

右フェイス1本目:一般ルート左(森)→トラバース(今井)→サンドイッチ(今井)→NO,16(森)→NO, 18(今井)
早かったなあ。大好きな安定のサンドイッチだし休んだ後だったので早くすることができた。一般ルート左は辛かった

右フェイス2本目:一般ルート中央(今井)→T字クラック(森)→NO,16(今井)→NO, 18(森)
 NO,16の
>3P目スタート時トラバースしなかったゆえ、出だしIV+ぐらいのクラック4m
これがきつかった・・・。岩を囲んで掴むもとっかかりに乏しい
一般ルート中央も辛かった。A0、1テン。上部に手が無くて、『いきましょう!』と言われ勢いでいく。

あぶみはやってみるとなんとなく手順を思い出した。しかしビナを掴んで体重を上げられず。トップアウトしたむねはすごい

計17P。相方は23P。(笑)
CLが無駄のない計画書を作成してくれたおかげで充実した三つ峠になった。
ただ行くのではなく目標を設定して、お互いのメリットを織り込み、無駄なくこなす。
するととても意味のある練習になる。山行は行く前の準備がものを言うことを強く実感。
今回でロープワークと懸垂は時間内にこなせた。スピードも目標クリア。
とても自信がついた。
今回が自分の三つ峠のスピードのベースになる。ここから難しい登攀とかスピードアップとか目標を設定してまたチャレンジしたい

マルチのスピードだけでなく、目標に一直線に最短の道を行く方法を学んだ1日でした。
次回からは絶対私も実践する!
むねたくさん考えてくれて本当にどうもありがとう!!
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ