ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849317 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

曽爾村を歩こう2‘ [葛(かずら)より鎧岳・兜岳へ]

日程 2016年04月19日(火) [日帰り]
メンバー yukicchi7
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
8:05 名張駅前 発
8:43 葛 着    [三重交通 770円]

帰り
14:20 葛 発
15:00 名張駅前 着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
45分
合計
4時間33分
S葛バス停08:4610:11鎧岳10:3111:38兜岳12:0313:19曽爾横輪バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
この後、葛バス停まで歩いています。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

【葛(かずら)より見る鎧岳】
今回の目的の山「鎧岳」
柱状節理が美しい。
2016年04月19日 08:46撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【葛(かずら)より見る鎧岳】
今回の目的の山「鎧岳」
柱状節理が美しい。
13
【桜の古木】
もうすっかり葉桜に。
後ろに鎧岳もいますよ。
2016年04月19日 08:54撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【桜の古木】
もうすっかり葉桜に。
後ろに鎧岳もいますよ。
3
【棚田には】
蛙の声があちこちから聞こえてきます。
休耕田には水仙が植えられてます。
正面は倶留尊山。
2016年04月19日 08:55撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【棚田には】
蛙の声があちこちから聞こえてきます。
休耕田には水仙が植えられてます。
正面は倶留尊山。
3
【登山口】
登山口はちょっとわかりづらい?
2016年04月19日 09:01撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【登山口】
登山口はちょっとわかりづらい?
1
【登山道の様子】
初めは植林の中の登りです。
2016年04月19日 09:13撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【登山道の様子】
初めは植林の中の登りです。
1
【神社があります】
「金強稲荷社」と読むのかな?
鳥居から社までの途中の広場からは、鎧岳の岸壁がよく見えるそうで・・・。
知らずに通り過ぎてしまいました。
2016年04月19日 09:16撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【神社があります】
「金強稲荷社」と読むのかな?
鳥居から社までの途中の広場からは、鎧岳の岸壁がよく見えるそうで・・・。
知らずに通り過ぎてしまいました。
2
【植林は続く】
神社から、僅かな距離ですが林道歩き。
その後も、植林は続きます。
2016年04月19日 09:27撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【植林は続く】
神社から、僅かな距離ですが林道歩き。
その後も、植林は続きます。
【稜線に出ましたが・・・】
まだまだ植林は続きます。
2016年04月19日 09:43撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【稜線に出ましたが・・・】
まだまだ植林は続きます。
1
【山頂間近】
それでも植林の中なのです。
2016年04月19日 10:02撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山頂間近】
それでも植林の中なのです。
【兜岳山頂!】
山頂に出て、やっと展望が開けました。
2016年04月19日 10:10撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【兜岳山頂!】
山頂に出て、やっと展望が開けました。
3
【山頂のちょっと南側】
この先危険!の看板あり。
その下に休憩するのによい広場があります。
もちろん小休止いたします。
2016年04月19日 10:11撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山頂のちょっと南側】
この先危険!の看板あり。
その下に休憩するのによい広場があります。
もちろん小休止いたします。
【鎧岳にいこう】
次は鎧岳への縦走です。
南側が開けてきました。
2016年04月19日 10:57撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鎧岳にいこう】
次は鎧岳への縦走です。
南側が開けてきました。
1
【花も出てきた】
イワカガミも咲き出して、いよいよ華やいできました。
2016年04月19日 11:02撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【花も出てきた】
イワカガミも咲き出して、いよいよ華やいできました。
4
【南側は崖です】
でも展望はすこぶるいい!
2016年04月19日 11:13撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【南側は崖です】
でも展望はすこぶるいい!
6
【その展望は?】
さっきまでいた鎧岳が目の前に。
休憩していたすぐ先は、断崖ですね・・・。
2016年04月19日 11:13撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【その展望は?】
さっきまでいた鎧岳が目の前に。
休憩していたすぐ先は、断崖ですね・・・。
10
【兜岳山頂に到着】
山頂の木立は間引きされ、広く明るく展望もよろしい。
ここでお昼にいたしましょう。
2016年04月19日 11:28撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【兜岳山頂に到着】
山頂の木立は間引きされ、広く明るく展望もよろしい。
ここでお昼にいたしましょう。
4
【兜岳のくだりは】
急な下り坂だったり。
2016年04月19日 12:10撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【兜岳のくだりは】
急な下り坂だったり。
2
【さらに下ると】
大きな岩の上を歩いたり。
2016年04月19日 12:23撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【さらに下ると】
大きな岩の上を歩いたり。
2
【花もぽつぽつ】
ヒナスミレかな?
葉脈ぞいの白斑がきれいです。
2016年04月19日 12:27撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【花もぽつぽつ】
ヒナスミレかな?
葉脈ぞいの白斑がきれいです。
2
【再び植林】
登山口も近くなり、明るい植林の中に。
2016年04月19日 12:30撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【再び植林】
登山口も近くなり、明るい植林の中に。
1
【延命地蔵】
登山口にある延命地蔵。
その正体は・・・?
2016年04月19日 12:37撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【延命地蔵】
登山口にある延命地蔵。
その正体は・・・?
1
【車道歩きですが】
道沿いには大きな山桜の並木道。
花びらが舞ってます。
2016年04月19日 12:41撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【車道歩きですが】
道沿いには大きな山桜の並木道。
花びらが舞ってます。
1
【若葉も萌え】
兜岳の新緑。
その向こうに鎧岳。

2016年04月19日 12:49撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【若葉も萌え】
兜岳の新緑。
その向こうに鎧岳。

3
【長走りの滝】
足元には滝も流れます。
このあたり滝が多くあるようで、今度は滝めぐりをしようかな。
2016年04月19日 12:49撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【長走りの滝】
足元には滝も流れます。
このあたり滝が多くあるようで、今度は滝めぐりをしようかな。
3
【曽爾横輪バス停付近】
石の道標。
右なばりみち
左そにかいどう
2016年04月19日 13:20撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【曽爾横輪バス停付近】
石の道標。
右なばりみち
左そにかいどう
2
【兜岳】
バスが来るまで時間があるので、葛へ戻ります。
ここから見る兜岳はパッとしませんねえ。
2016年04月19日 13:21撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【兜岳】
バスが来るまで時間があるので、葛へ戻ります。
ここから見る兜岳はパッとしませんねえ。
1
【鎧岳は天を衝く】
ここから見る鎧岳。かっけえ。
天を衝くとはこのことか。
2016年04月19日 13:41撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鎧岳は天を衝く】
ここから見る鎧岳。かっけえ。
天を衝くとはこのことか。
13
【常夜灯】
古い時代の常夜灯。
2016年04月19日 13:49撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【常夜灯】
古い時代の常夜灯。
2
【葛に戻ってきました】
再び、蛙なく葛集落へ。
目の前には曽爾高原と倶留尊山。
今度は曽爾村のどこに行こうかな。
2016年04月19日 13:55撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【葛に戻ってきました】
再び、蛙なく葛集落へ。
目の前には曽爾高原と倶留尊山。
今度は曽爾村のどこに行こうかな。
4
撮影機材:

感想/記録

「曽爾村を歩こう」
第二弾は「鎧岳・兜岳」を歩きました。

葛バス停を下りて、すぐに目に入る鎧岳。おお、柱状節理の絶壁を纏って、堂々たる姿。
山頂からの眺めもさぞやすばらしかろう。
期待に打ち震えます。

しかし登ってみると、今回使った登山道は終始植林の中。まったく展望がありません。
唯一望めたであろう神社からの展望も、気づかずに通り過ぎてしまう始末。
山頂に立っても、あの絶壁はどこに?
拍子抜けしてしまいます。

けれど、兜岳へと縦走してみれば、その思いは消し飛びました。
鎧岳のなんと凛々しいことよ。
その姿、威風堂々、天を衝く。

鎧岳は登る山ではなく、見る山です。
(少なくとも、あの絶壁からでは登れません。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第一弾「曽爾村を歩こう1' 曽爾高原から倶留尊山」http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-752707.html
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 404
2016/4/21 13:23
 鎧に兜。
yukicchi7さん、こんにちは。

鎧岳に兜岳ですか。
隣同士対になってるんですね。
植林帯で展望が残念だったようですが、
見る方向によって全然違う感じでしょうか。

赤目の滝は、聞いたことしかありませんし、
曽爾は初めて聞きました。
次回はどこでしょうか。
登録日: 2014/9/5
投稿数: 105
2016/4/21 23:10
 Re: 鎧に兜。
fujimonさん、こんばんは。

曽爾高原のリーフレットをたまたま駅で見かけ、実際に行って見て、その光景にいたく感動したのが昨年の10月の事でした。
そこから見えた山で一番印象的だったのが、今回歩いた鎧岳・兜岳です。
ここは絶対に歩いておかなければ、とそのとき思いました。

鎧岳、見る方向で印象が変わる」というほどではありませんが、写真27の位置が、一番精悍な姿をしております。

次回は?
頭がでこぼこした古光山か屏風岩を擁する住塚山か?迷いますね。
でも、来週は鈴鹿を予定しております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ