ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849439 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鳥屋戸尾根〜蕎麦粒山〜棒杭尾根

日程 2016年04月19日(火) [日帰り]
メンバー kuroske
天候はれ後くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
倉沢林道入口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鳥屋戸尾根:破線ルートではあるが道はしっかりしていて、取付きと終了点にはきちんと道標もある。標高850mあたりがザレ気味の急登になっているが、ロープが取り付けられ整備されている。

棒杭尾根〜魚留橋:下降点には道標の杭に「古棒杭尾根」と手書きで書かれている。道は良く踏まれており歩きやすい尾根だ。下半部は植林帯の急斜面で、以前は伐採で荒れており歩きにくかったが今は問題ない。なお、倉沢林道魚留橋の手前が崩壊しているが、容易に通過できた。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

日原川をのぞき込むと釣り人が。さぞかし気分がいいだろう
2016年04月19日 10:12撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原川をのぞき込むと釣り人が。さぞかし気分がいいだろう
3
新緑がまぶしい
2016年04月19日 10:23撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑がまぶしい
2
川乗谷林道に入るとすぐに取付きの標識
2016年04月19日 10:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川乗谷林道に入るとすぐに取付きの標識
フデリンドウ
2016年04月19日 11:23撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フデリンドウ
3
この辺りに群生している。小さいが可憐な花
2016年04月19日 11:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りに群生している。小さいが可憐な花
1
急斜面だがロープが張られていて安心
2016年04月19日 11:31撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面だがロープが張られていて安心
ミツバツツジが見頃
2016年04月19日 11:35撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが見頃
2
立派なブナ
2016年04月19日 12:07撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なブナ
1
笙ノ岩山
2016年04月19日 12:19撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笙ノ岩山
1
このあたりは奥多摩には珍しい松林が続く
2016年04月19日 12:31撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは奥多摩には珍しい松林が続く
本仁田山の向こうに大岳
2016年04月19日 12:32撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山の向こうに大岳
1
明るい稜線が続く
2016年04月19日 12:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい稜線が続く
もうすぐ頂上
2016年04月19日 13:34撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ頂上
1
蕎麦粒山頂着。思ったより時間がかかった
2016年04月19日 13:37撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山頂着。思ったより時間がかかった
4
山頂は川苔山方向だけ開ける
2016年04月19日 13:39撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は川苔山方向だけ開ける
1
芽吹きはまだ
2016年04月19日 13:44撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽吹きはまだ
仙元峠
2016年04月19日 14:09撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙元峠
1
棒杭尾根下降点
2016年04月19日 14:37撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒杭尾根下降点
棒杭尾根前半は自然林が多く快適に歩ける
2016年04月19日 14:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒杭尾根前半は自然林が多く快適に歩ける
2
ブナの古木
2016年04月19日 14:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの古木
3
逞しい根張りだ
2016年04月19日 14:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逞しい根張りだ
2
いい雰囲気
2016年04月19日 15:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気
3
長尾谷に降り立つ。ここからは林道
2016年04月19日 15:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾谷に降り立つ。ここからは林道
1
ボタンネコノメ?
2016年04月19日 15:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンネコノメ?
2
ムラサキケマン
2016年04月19日 15:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキケマン
3
ミヤマキケマン?
2016年04月19日 15:55撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキケマン?
1
五段滝
2016年04月19日 16:04撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五段滝
崩壊していて呆然としたが、右手に踏み跡が
2016年04月19日 16:04撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊していて呆然としたが、右手に踏み跡が
1
ロープあり
2016年04月19日 16:07撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープあり
右手に回り込むと魚留橋。対岸に林道が見える
2016年04月19日 16:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に回り込むと魚留橋。対岸に林道が見える
1

感想/記録

鳥屋戸尾根は今まで歩いたことがなかったのですが、予想したより道がよく、一般道と変わりなく快適に歩けました。しかし標高差がある長い尾根なので、結構歩き応えはありました。そのせいか、三ツドッケまで回るのが面倒になり棒杭尾根を下ることにしました。前回は沢登りの帰路で日も暮れだしていたため慌ただしく、印象が薄かったのですが、のんびり歩いてみると結構いい尾根です。こちらも道がしっかりしていて、一時間少々で林道に降り立ちました。
標高が高いところはまだ寒々としていますが、ブナの新緑や紅葉のシーズンは格別でしょう。また訪れてみたいものです。
訪問者数:390人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ