ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849491 全員に公開 ハイキング甲信越

グループ登山の実地踏査で茅ヶ岳・金ヶ岳 深田公園駐車場から往復

日程 2016年04月20日(水) [日帰り]
メンバー satotake
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東京都日野市→八王子IC→中央道→韮崎IC→県道27号線(昇仙峡ライン)→深田公園駐車場

※韮崎ICからは、目の前を横切る県道27号線(昇仙峡ライン)に右折して入ります。ICの近くにはコンビニが1軒ありますが、以降、深田公園まで商店はありません。(一方、ICで左折して塩川を渡り、市街地まで出ると店が多数あります。)
後はずっと道なりで、15分も走れば深田公園駐車場に到着します。駐車場は無料で、約20台が駐車可能。トイレ棟を備えています。

※深田公園(富士の国やまなし観光ネット)
 http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4994.html

※ナビは「スポーツランド山梨」に設定しました。ここは県道27号線(昇仙峡ライン)沿いにあり、深田公園の手前にあります。

※山梨峡北交通のバス 韮崎深田公園線(韮崎駅〜深田公園)
 冬季を除き、土曜休日に往復1便が運行されているようです。 
 http://kyohoku.jp/%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E3%83%90%E3%82%B9/%E8%8C%85%E3%83%B6%E5%B2%B3%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%8C%E3%81%8D%E7%94%B0%E5%9C%92%E3%83%90%E3%82%B9/%E9%81%8B%E8%A1%8C%E6%99%82%E9%96%93%EF%BC%88%E8%8C%85%E3%83%B6%E5%B2%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%89/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

深田公園駐車場7:00→水場7:30→女岩7:45→深田久弥氏終焉の地8:25→8:35茅ヶ岳山頂8:45→石門8:55→金ヶ岳南峰9:15→金ヶ岳北峰9:25→金ヶ岳南峰9:35→茅ヶ岳10:10→千本桜分岐10:15→林道出会10:55→林道ゲート11:10→深田公園駐車場11:20  【歩行時間:4時間10分】
コース状況/
危険箇所等
今回のルートは、「山と高原地図」では「26 金峰山・甲武信」編に記載があります。

【深田公園駐車場→女岩→茅ヶ岳】
 標識に従い、駐車場に沿って200mほど歩くと突き当りが分岐(標識あり)になっています。左は深田公園で東屋や文学碑が見えています。一方、茅ヶ岳への登山道は右へ折れます。道は赤松の林の中を真っ直ぐに伸びており、緩やかに登っていきます。足元は土道に石がゴロゴロと転がっており、避けながら進みます。
 舗装林道を横切ると、やや傾斜が増した谷筋の道になります。ピンクリボンが目立つ場所に「水場」の表示がある場所が、今回ルートで唯一の水場。水量はまずまずで冷たい水を汲むことができました。
 更に奥に進むと突き当りに大岩が見えてきますが、ここが女岩。落石が多いとのことで手前50mから先は規制されており、ここから登山道は斜面にとりつき、一挙に高度を上げながら女岩を巻きながら上部を通過します。足元が悪く慎重に歩きたいです。斜面の上部も九十九折の急登ですが、尾根が見えているので目標になります。
 九十九折を上り詰めた場所が尾根筋で、ここからは樹木越しに金峰山が見えました。尾根沿いに歩き始めると間もなく、「深田久弥氏終焉の地」の碑が目に入ります。ここからは露岩が多くなりますが、歩くほどに高度を上げて間もなく茅ヶ岳山頂に到着します。

【茅ヶ岳→金ヶ岳】
 茅ヶ岳山頂は、周囲の樹木が払われており眺望は抜群です。南に富士山。そこから右回りに南アルプス、遠く北アルプス、その右には手の届きそうな近くに金ヶ岳。その背後に八ヶ岳、更に右に金峰山と瑞牆山がクッキリ見えました。
 金ヶ岳へは、痩せ尾根を急降下します。この辺りは北斜面なのですが、まだ夜間に霜柱が立つようで、日が昇ると溶けてぬかるんでいます。土道なのでスリップに注意したいです。
 鞍部まで下りると登り返し。まずは大岩に向かい、左から巻いて石門を潜ります。その上の巨岩は上に登ることができました。足元に広がる茅ヶ岳の広い裾野と南アルプスが良く見えます。そこからは露岩の急坂を登っていき、三角点のある場所が金ヶ岳の南峰です。ここからは観音峠方面への道が分岐(標識あり)しています。
 北峰へは、2つほど小さなピークを越えて、緩く下って登り返します。

【茅ヶ岳→尾根道→深田公園駐車場】
 茅ヶ岳山頂まで戻り、今度は「←千本桜」の標識に従って下山道に入ります。緩やかに下ると間もなくに分岐(標識あり)がありますが、右は千本桜方面、直進は尾根を経由して駐車場に戻るルートです。
 直進すると、道は九十九折の急坂で、土道の表面は乾いた砂状になっており、滑りやすくて若干歩きにくく感じました。急坂が終わると、道は防火上の配慮でしょうか奥多摩の石尾根のような幅広になります。足元は石がゴロゴロして歩きにくいのですが、この辺りは雰囲気が良く、これから暫くは新緑や花が楽しめそうです。
 暫く幅広の道を下ると「←駐車場」の標識があり、左折して間もなく、舗装林道に出会います。林道を左に折れて200mも歩くと、先ほど、登りの際に林道を横切った場所に出ます。ここから往路と同じ土道を下っても、林道を歩いても駐車場に辿りつくことができます。私は林道を歩きました。

【全体的に】
 茅ヶ岳山頂までは、比較的短時間で登ることができました。駐車場の標高は940m、茅ヶ岳1704m、金ヶ岳1764mと、さほど標高差もありません。しかし、女岩からは一気に登り詰めたこともあり、それなりの登り応えを感じます。女岩の上部周辺は、山慣れしていないと、少々怖く感じるかもしれません。山頂から尾根経由の下りも上部では急降下する箇所があります。
 茅ヶ岳から金ヶ岳への縦走路は、痩せ尾根の急坂を経ていきますので、スリップしてコースアウトしないよう慎重に歩きたいです。金ヶ岳よりも茅ヶ岳からの眺望が良いので、縦走については特にお勧めという感じではありません。
 水場は女岩の手前のみ。トイレは駐車場にしかありません。私のau携帯は、終始電波状態が不安定でした。
その他周辺情報ハイジの村
 県立フラワーセンターエリアと温泉宿泊エリアがあります。5月はフラワーセンター内のバラの花が見事で、セグウェイの園内乗車体験もできます。
 http://www.haiji-no-mura.com/

クララの湯(ハイジの村)
 日帰り入浴は、820円なり。利用時間は、10〜21時(受付20時まで)、ただし11〜3月は10〜20時(受付は19時まで)。定休日は、無休(4〜12月)、火曜定休(1〜3月) 。
 http://www.kikyouya.co.jp/Clarakan/onsen.html

暖炉レストラン ターシャ
 HPでは、「日本最大級の暖炉で調理します。料理は暖炉焼きローストビーフや甲州和牛、銘柄豚富士桜ポーク・地鶏など。魚料理は八ヶ岳サーモンなど。菜園で無農薬野菜を朝採りします。」と。ステーキのコースは、どの皿も美味しかったです。 クララの湯からは、車で5分もかかりません。
 http://www.piccolo-fiore.biz-web.jp/

グレイスワイン(中央葡萄酒株式会社)
 明野・三澤農場で育成したカベルネ・ソーヴィニヨンを中心としたビンテージワイン「キュベ三澤」で有名です。ワインショップのある明野ミサワワイナリーの所在地は、山梨県北杜市明野町上手11984-1で、ハイジの村やターシャさんの近くにあります。
 http://www.grace-wine.com/index.html
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

これは県道27号線から撮影した、午前6時40分頃の茅ヶ岳です。いい天気。
2016年04月20日 06:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは県道27号線から撮影した、午前6時40分頃の茅ヶ岳です。いい天気。
5
県道の様子です。
2016年04月20日 06:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道の様子です。
1
韮崎インターチェンジから約15分で、駐車場に到着しました。
2016年04月20日 06:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
韮崎インターチェンジから約15分で、駐車場に到着しました。
20台ほど駐車できそうですが、平日だからでしょうか、数台しか停まっていません。
2016年04月20日 06:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20台ほど駐車できそうですが、平日だからでしょうか、数台しか停まっていません。
1
これは駐車場入口付近にあるトイレ棟です。
2016年04月20日 06:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは駐車場入口付近にあるトイレ棟です。
2
なんと暖房便座です。ペーパーあり。
2016年04月20日 07:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと暖房便座です。ペーパーあり。
3
「茅ヶ岳の紅葉は特に美しい」と書かれています。
2016年04月20日 06:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「茅ヶ岳の紅葉は特に美しい」と書かれています。
登山道は、駐車場の入口付近から入るようです。
2016年04月20日 06:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は、駐車場の入口付近から入るようです。
ここ。
2016年04月20日 07:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ。
1
始めは、駐車場沿いに歩きます。
2016年04月20日 07:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは、駐車場沿いに歩きます。
青い空。気温が上がってきました。
2016年04月20日 07:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空。気温が上がってきました。
1
突き当りに標識があります。左は深田公園で、右が登山道ですね。
2016年04月20日 07:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突き当りに標識があります。左は深田公園で、右が登山道ですね。
1
公園の東屋が見えています。
2016年04月20日 07:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園の東屋が見えています。
1
さて、登山道へ。
2016年04月20日 07:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、登山道へ。
1
足元は石がゴロゴロしています。
2016年04月20日 07:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は石がゴロゴロしています。
道脇には廃屋があります。こういうのって、夜に見ると怖いんですよねぇ。
2016年04月20日 07:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道脇には廃屋があります。こういうのって、夜に見ると怖いんですよねぇ。
1
舗装林道を横切ります。
2016年04月20日 07:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装林道を横切ります。
斜面に陽射しが当たっていて明るいです。
2016年04月20日 07:29撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面に陽射しが当たっていて明るいです。
1
谷筋を歩きます。
2016年04月20日 07:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋を歩きます。
ピンクリボンが見えてきました。
2016年04月20日 07:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクリボンが見えてきました。
1
看板が立っています。この奥の女岩も水場なのですが、落石のため立ち入り禁止になっているようで、茅ヶ岳唯一の水場がここということでしょう。
2016年04月20日 07:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板が立っています。この奥の女岩も水場なのですが、落石のため立ち入り禁止になっているようで、茅ヶ岳唯一の水場がここということでしょう。
4
ひしゃくが置かれています。
2016年04月20日 07:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひしゃくが置かれています。
2
水量はまずまず。
2016年04月20日 07:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量はまずまず。
6
すぐに水が汲めます。飲んでみましたが、美味しいです。
2016年04月20日 07:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに水が汲めます。飲んでみましたが、美味しいです。
10
大岩の横を通って奥へ。
2016年04月20日 07:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の横を通って奥へ。
5
突き当りが見えてきました。
2016年04月20日 07:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突き当りが見えてきました。
2
ここの看板には、「ここは女岩の50m手前で、この先は落石が多いから立ち入り禁止。」と書かれています。
2016年04月20日 07:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの看板には、「ここは女岩の50m手前で、この先は落石が多いから立ち入り禁止。」と書かれています。
女岩をアップで。
2016年04月20日 07:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女岩をアップで。
1
では、右側から巻いて登っていきましょう。ここから一気に高度を上げていきます。
2016年04月20日 07:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、右側から巻いて登っていきましょう。ここから一気に高度を上げていきます。
岩混じりの土道。女岩の上部で左を見ると高度感のある場所です。
2016年04月20日 07:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩混じりの土道。女岩の上部で左を見ると高度感のある場所です。
1
落ち葉の堆積した斜面を横切ります。
2016年04月20日 08:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の堆積した斜面を横切ります。
1
露岩帯を通過します。
2016年04月20日 08:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩帯を通過します。
今度はこの斜面を九十九折に詰めていきます。
2016年04月20日 08:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はこの斜面を九十九折に詰めていきます。
1
間もなく、尾根に出ます。
2016年04月20日 08:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく、尾根に出ます。
4
尾根には標識があります。ここからは左へ。
2016年04月20日 08:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根には標識があります。ここからは左へ。
1
尾根道の様子はこんな感じです。
2016年04月20日 08:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道の様子はこんな感じです。
歩き始めて間もなく、何やら見えてきました。
2016年04月20日 08:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて間もなく、何やら見えてきました。
「深田久弥先生終焉の地」と彫られています。ここで亡くなられたのですね。
2016年04月20日 08:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「深田久弥先生終焉の地」と彫られています。ここで亡くなられたのですね。
10
灌木帯を潜って登ります。
2016年04月20日 08:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木帯を潜って登ります。
途中、見晴の良い場所には、転落防止用のロープが張られています。ここからは金峰山がよく見えます。
2016年04月20日 08:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、見晴の良い場所には、転落防止用のロープが張られています。ここからは金峰山がよく見えます。
8
岩場の急坂。
2016年04月20日 08:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の急坂。
1
開けた場所が見えてきました。
2016年04月20日 08:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた場所が見えてきました。
1
ここが茅ヶ岳の山頂です。
2016年04月20日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが茅ヶ岳の山頂です。
13
山頂の標識と金ヶ岳。
2016年04月20日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標識と金ヶ岳。
17
金ヶ岳の左肩には、八ヶ岳が顔を出しています。
2016年04月20日 08:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金ヶ岳の左肩には、八ヶ岳が顔を出しています。
10
向かいには鳳凰三山や甲斐駒ケ岳など南アルプスの山々がクッキリと見えます。
2016年04月20日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいには鳳凰三山や甲斐駒ケ岳など南アルプスの山々がクッキリと見えます。
8
こちらは金峰山と瑞牆山。
2016年04月20日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは金峰山と瑞牆山。
5
南を見ると富士山。
2016年04月20日 08:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南を見ると富士山。
19
さて、金ヶ岳へ縦走いたしましょう。
2016年04月20日 08:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、金ヶ岳へ縦走いたしましょう。
2
急降下します。
2016年04月20日 08:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急降下します。
1
ここは痩せ尾根です。
2016年04月20日 08:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは痩せ尾根です。
2
地元の猟友会さんが、転落防止のためにロープを渡してくれています。
2016年04月20日 08:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元の猟友会さんが、転落防止のためにロープを渡してくれています。
2
北斜面に入り、足元がぬかるんでいます。霜柱が溶けているようです。
2016年04月20日 08:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面に入り、足元がぬかるんでいます。霜柱が溶けているようです。
鞍部まで下りてきました。
2016年04月20日 08:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部まで下りてきました。
1
目の前の大岩を左に巻きます。
2016年04月20日 09:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前の大岩を左に巻きます。
1
ここが石門です。
2016年04月20日 09:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが石門です。
3
石門を潜った先にある大岩です。上の乗れそうなので、行ってみましょう。
2016年04月20日 09:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石門を潜った先にある大岩です。上の乗れそうなので、行ってみましょう。
2
おお〜、先ほどまでいた茅ヶ岳が見えています。
2016年04月20日 09:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお〜、先ほどまでいた茅ヶ岳が見えています。
13
足元には広い裾野が広がっています。
2016年04月20日 09:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には広い裾野が広がっています。
2
金ヶ岳の南峰も間近です。
2016年04月20日 09:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金ヶ岳の南峰も間近です。
2
では、登山道に戻りましょう。
2016年04月20日 09:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、登山道に戻りましょう。
1
立ち枯れた大木。
2016年04月20日 09:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れた大木。
1
石混じりの登山道。
2016年04月20日 09:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石混じりの登山道。
3
山頂まで、あと0.4劼任后
2016年04月20日 09:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで、あと0.4劼任后
山頂直下の様子。
2016年04月20日 09:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の様子。
3
南峰に到着しました。三角点があります。
2016年04月20日 09:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰に到着しました。三角点があります。
7
観音峠方面への下山者に対する注意書きです。
2016年04月20日 09:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音峠方面への下山者に対する注意書きです。
1
その先には、観音峠への下山路を示す標識。
2016年04月20日 09:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先には、観音峠への下山路を示す標識。
これが下山路の入口を見たところです。
2016年04月20日 09:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが下山路の入口を見たところです。
この先の小ピークを見て。
2016年04月20日 09:21撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の小ピークを見て。
更にその先の小ピーク。ここが南峰の最上部かな。この先、緩く下って登り返すと北峰に辿りつきます。
2016年04月20日 09:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更にその先の小ピーク。ここが南峰の最上部かな。この先、緩く下って登り返すと北峰に辿りつきます。
1
振り返って、茅ヶ岳越しに富士山を観ます。
2016年04月20日 09:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、茅ヶ岳越しに富士山を観ます。
7
さてさて、茅ヶ岳まで戻ってきました。
2016年04月20日 09:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてさて、茅ヶ岳まで戻ってきました。
5
もう一度、南アルプスを見ます。山頂付近はまだ冠雪していますねぇ。
2016年04月20日 08:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度、南アルプスを見ます。山頂付近はまだ冠雪していますねぇ。
15
帰路は、尾根道を経由して駐車場に戻りたいと思います。
2016年04月20日 10:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は、尾根道を経由して駐車場に戻りたいと思います。
1
こちらへ進みます。
2016年04月20日 10:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらへ進みます。
1
始めは緩く下ります。
2016年04月20日 10:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは緩く下ります。
1
間もなく見えてくる分岐。
2016年04月20日 10:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく見えてくる分岐。
右折すると千本桜方面。私は直進して尾根道へ。
2016年04月20日 10:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右折すると千本桜方面。私は直進して尾根道へ。
千本桜への下山路を見て。
2016年04月20日 10:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千本桜への下山路を見て。
2
では、直進いたしましょう。
2016年04月20日 10:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、直進いたしましょう。
始めは歩きやすいのですが…
2016年04月20日 10:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは歩きやすいのですが…
1
すぐに急斜面に差し掛かり、九十九折に降下していきます。
2016年04月20日 10:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに急斜面に差し掛かり、九十九折に降下していきます。
どんどん下ると、針葉樹の青い葉が見えるようになりました。
2016年04月20日 10:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下ると、針葉樹の青い葉が見えるようになりました。
その先は、幅広の尾根道になります。
2016年04月20日 10:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は、幅広の尾根道になります。
奥多摩の石尾根を思い出します。
2016年04月20日 10:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩の石尾根を思い出します。
暫く幅広の道を下っていくと、この標識が現れます。
2016年04月20日 10:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く幅広の道を下っていくと、この標識が現れます。
1
左折しろということのようです。
2016年04月20日 10:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左折しろということのようです。
1
左折してみると…
2016年04月20日 10:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左折してみると…
1
その先は、舗装された林道です。左折します。
2016年04月20日 10:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は、舗装された林道です。左折します。
道はこんな感じ。間もなく、登りでこの林道を横切った箇所に差し掛かります。土道に戻ってもよいのですが、私はこのまま林道を歩くことにしました。
2016年04月20日 10:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ。間もなく、登りでこの林道を横切った箇所に差し掛かります。土道に戻ってもよいのですが、私はこのまま林道を歩くことにしました。
10分余歩くと、ゲートが見えてきました。
2016年04月20日 11:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分余歩くと、ゲートが見えてきました。
ゲートを越えて振り返ったところ。
2016年04月20日 11:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを越えて振り返ったところ。
この林道は、12月10日〜4月25日は車両が通行禁止になるようです。間もなく解禁ですね。
2016年04月20日 11:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道は、12月10日〜4月25日は車両が通行禁止になるようです。間もなく解禁ですね。
1
この林道の名前は、「前山大明神線」です。
2016年04月20日 11:12撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道の名前は、「前山大明神線」です。
1
桜が咲いています。
2016年04月20日 11:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜が咲いています。
7
駐車場が見えてきました。
2016年04月20日 11:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきました。
平日だというのに、午前11時過ぎには駐車場が満杯になっています。
2016年04月20日 11:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日だというのに、午前11時過ぎには駐車場が満杯になっています。
さて、温泉に入るべく、ハイジの村方面に車で走行中です。途中で、茅ヶ岳の全容が見えてきました。右が茅ヶ岳、左は金ヶ岳です。
2016年04月20日 11:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、温泉に入るべく、ハイジの村方面に車で走行中です。途中で、茅ヶ岳の全容が見えてきました。右が茅ヶ岳、左は金ヶ岳です。
8
ハイジの村に併設されたクララ館さん。
2016年04月20日 11:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイジの村に併設されたクララ館さん。
4
日帰り入浴ができます。
2016年04月20日 11:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日帰り入浴ができます。
1
建物の中では、立ち上がったクララが迎えてくれます。
2016年04月20日 11:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建物の中では、立ち上がったクララが迎えてくれます。
9
入浴後のお楽しみは、暖炉レストランのターシャさん。
2016年04月20日 12:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入浴後のお楽しみは、暖炉レストランのターシャさん。
3
外観はこんな感じ。
2016年04月20日 12:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外観はこんな感じ。
5
暖炉で焼いたステーキを食べて帰りたいと思います。
2016年04月20日 12:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖炉で焼いたステーキを食べて帰りたいと思います。
6
撮影機材:

感想/記録

時々、私のレコでご紹介しているゆるハイキング同好会「もりもり登山会」の5月山行の実地踏査で、休暇をいただいて茅ヶ岳と金ヶ岳へ行ってまいりました。

メンバーが集合→車で移動→ハイキング→温泉に入浴→ご飯
というスケジュールを考えますと、なるべく東京からアクセスの良い場所がよろしゅうございます。また、最近加入された新会員のことを配慮しますと、あまりハードな山行ではいけません。そこで白羽の矢が立ったのが、茅ヶ岳です。

ちょいと歩きにくい箇所があり、急坂も難点ではございますが、眺望が良くて歩行時間が短いこのルートに決定したいと思います。(金ヶ岳への縦走は割愛しようと思います)

できれば、ハイジの村でセグウェイに乗りたいのですが、そこまでの余裕は無さそう…。それでもまあ、5月には新緑や花を楽しみながらのハイキングが期待できそうで安心しました。
訪問者数:673人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/28
投稿数: 2488
2016/4/21 11:47
 実地踏査でしたか?
こんにちわ、satotakeさん

前回のガッツリ歩きのあとは、もりもり登山会の実地踏査でしたか?
茅ヶ岳までは3回歩いていますが、金ヶ岳までは歩いたことがないので、
興味深く見させていただきました。
天気の良い日の山行で、写真も景色も撮っても綺麗です
人はやはり少ないようですね。

今までよくご登場 の、可愛い3人さん(男性もいますが )に加え、
新しいメンバーさんが次回のレコには登場のようですね

ホントにいつも詳しく丁寧なレコに敬服いたします
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/4/21 21:18
 Re: 実地踏査でしたか?
いや、pikachanさんの高尾山レコにやられちゃいました。lovely

娘さん、ぽっちゃり系でvirgo可愛らしいですねぇ。
(•ө•)♡ babyは、賢い顔して先が楽しみです。孝行息子になりそうですなぁ…。
pikachanさんは、お婆ちゃんと思えませんよ。若々しくて素敵です。ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
あー、私もいつか3世代高尾山ハイクをしてみたいものでございます。

そんな私ですが、今回は茅ヶ岳に行きました。ここもいつか、pikachanさん、娘さん、成長したbabyと一緒に登ってみたい。帰りはハイジの村で お花でも見ますか。
あ、pikachanレコの感想になっちゃいました。

また、楽しいレコをお願いします。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 521
2016/4/22 11:29
 完璧なお導きレコ ❣ 仏_〆(゚∀゚ )アヒャ
菩薩様 コンニチハ

茅ヶ岳未踏です。即 お気に登録させていただきました。
地図は要らないレコ印刷してお守り代わり なんちって…
何時の事になるやらですが、楽しみ保存です。
もりもり登山の可愛こちゃん達とルンルン🎶山行
いってらしゃいまぁ〜せ 👋
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/4/22 21:09
 Re: 完璧なお導きレコ ❣ 仏_〆(゚∀゚ )アヒャ
obanyanさん、いかがお過ごしでしたか? φ(´ー`*)

最近は、だいぶ気温が 上がってきましたね〜。
茅ヶ岳では、上り下りは半袖で過ごせましたよ。頂上でもpenguin寒いと感じず、居心地良かったです。

お気にの登録、ありがとうございます。<(_ _*)> アリガトォ
以前、御座山(おぐらさん)に、obanyanさんが登っているレコを見て、「こんな風に繋がりを持てることって素敵だな。」と思いました。⏰時間を超えて同じ場所に居るのだと思えたからです。

この山は高速道路からのアクセスも良く、温泉にグルメ、お土産を買うのも困らないかと思いますです。ハイジの村も楽しいですね。
私はこの時季には、談合坂サービスエリア(上り)地元野菜の販売コーナーで「朝採りタケノコ」を買うことにしています。巨大なタケノコが数百円。休日の遅い時間では売り切れということもありますので要注意なのですが、今回は無事ゲットできました〜。smile

茅ヶ岳は、いい山でした。
obanyanさんに是非楽しんでいただきたいですし、(´・ω・`) 人(´・ω・`)もりもり登山会の皆にも楽しんで貰えると実地踏査の(甲斐の国だけに)甲斐があると思います。coldsweats01

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ