ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849741 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

甲武信ヶ岳〜今、まさに芽吹く奥秩父へ〜

日程 2016年04月19日(火) [日帰り]
メンバー YAHA1976
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西沢渓谷入口無料駐車場駐車
(道の駅みとみにて車中泊)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

05:40 西沢渓谷無料駐車場発
05:55 近丸新道入口着
07:45 徳ちゃん新道・近丸新道分岐着(07:55発)
09:20 木賊山・戸渡尾根分岐着
09:28 木賊山着
10:00 甲武信ヶ岳着(10:25発)
10:55 木賊山・戸渡尾根分岐
12:00 徳ちゃん新道・近丸新道分岐着(12:05発)
13:15 ネトリ橋手前トイレ着
13:30 西沢渓谷無料駐車場着
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

西沢渓谷入口手前を左に進むと無料駐車場。
西沢渓谷には右の舗装道路を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷入口手前を左に進むと無料駐車場。
西沢渓谷には右の舗装道路を進みます。
1
ゲートを横切ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを横切ります。
ネトリ橋手前のトイレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネトリ橋手前のトイレ。
近丸新道の入口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近丸新道の入口。
新緑はまだまだの状態で見通しがいい登山道を突き進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑はまだまだの状態で見通しがいい登山道を突き進みます。
苦手なトラバース道。
緩く細いトラバース道が何度か現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦手なトラバース道。
緩く細いトラバース道が何度か現れます。
倒木が多々ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が多々ありました。
珪石運搬軌道が見え隠れします。
当時は、トロッコがここを走っていたんですね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珪石運搬軌道が見え隠れします。
当時は、トロッコがここを走っていたんですね〜。
2
何の小屋でしょうか?
ちょっと怖くて覗けませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の小屋でしょうか?
ちょっと怖くて覗けませんでした。
1
ここで徒渉です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで徒渉です。
鉄板が橋として掛けられていましたがとても不安定。
増水時の徒渉は難しい印象がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄板が橋として掛けられていましたがとても不安定。
増水時の徒渉は難しい印象がありました。
渡渉後、急坂が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉後、急坂が始まります。
珪石が転がる白い登山道が時折現れます。
雪でもない白い登山道。珍しいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珪石が転がる白い登山道が時折現れます。
雪でもない白い登山道。珍しいですね。
珪石アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珪石アップ。
3
丈の低いシャクナゲに覆われた登山道。
花が咲いたら見事でしょうが、歩きにくい。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丈の低いシャクナゲに覆われた登山道。
花が咲いたら見事でしょうが、歩きにくい。。。
徳ちゃん新道との分岐に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道との分岐に到着。
見通しが良くなりました。
あれが木賊山でしょうか。
遠いな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見通しが良くなりました。
あれが木賊山でしょうか。
遠いな〜
木賊山へはほぼほぼ樹林帯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山へはほぼほぼ樹林帯。
1
そして残雪も多くなり、チェーンアイゼン装着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして残雪も多くなり、チェーンアイゼン装着です。
1
ヘロヘロ状態で木賊山への分岐到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘロヘロ状態で木賊山への分岐到着。
1
木賊山到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山到着。
1
そして、やっとこさ甲武信ヶ岳とご対面!
この景色が見たかった!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、やっとこさ甲武信ヶ岳とご対面!
この景色が見たかった!!
10
甲武信小屋到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋到着。
2
甲武信ヶ岳山頂到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳山頂到着。
12
バックに八ヶ岳を入れて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックに八ヶ岳を入れて。
4
まだ真っ白。
かっこいい・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ真っ白。
かっこいい・・・・
7
国師ヶ岳、朝日岳、金峰山。
大きな山並み。いつか縦走してみたい。
バックは南アルプスでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳、朝日岳、金峰山。
大きな山並み。いつか縦走してみたい。
バックは南アルプスでしょうか?
8
黒金山方面。
富士山、見えません。。。
見方が悪い?!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒金山方面。
富士山、見えません。。。
見方が悪い?!
三宝岩。
次の機会は、千曲川源泉遊歩道&三宝岩からの十文字峠を登ってみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝岩。
次の機会は、千曲川源泉遊歩道&三宝岩からの十文字峠を登ってみたいです。
1
帰路にて広瀬湖を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路にて広瀬湖を望む。
2
帰りは徳ちゃん新道を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは徳ちゃん新道を下ります。
なかなかな急な下りが続きます。
苦手だな〜・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかな急な下りが続きます。
苦手だな〜・・・
急坂の後、緩やかな下りになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂の後、緩やかな下りになります。
伝わり難いですが、
木々が薄らと緑を纏っています。
気持ちいい緑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伝わり難いですが、
木々が薄らと緑を纏っています。
気持ちいい緑。
1
林道に出たところに西沢山荘が現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出たところに西沢山荘が現れます。
川辺の新緑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川辺の新緑。
なれいの滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なれいの滝。
駐車場近辺の山肌。
う〜ん、新緑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場近辺の山肌。
う〜ん、新緑。
3
駐車場手間に咲いていた桜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場手間に咲いていた桜。
2

感想/記録

テレビの天気予報では関東甲信越は晴。
でも、ヤマテンさん情報だと、長野方面は午前後半から霧。群馬方面は午前後半からところによって雨。奥秩父・奥多摩なら午後過ぎまで天気が持ちそう。せっかくなら登ったことがない山に登ってみようと甲武信ヶ岳に。
調べるとこの山、千曲川、荒川、笛吹川の源流となっているとのこと。
笛吹川はともかく、千曲川と荒川の源流がここにあるとは聞いただけでは信じれず地図を追うと、、、、やはりたどり着くのが甲武信ヶ岳。おもしろい。

とは言え、この山、キツかった。
体力不足が原因もあるだろうが、長い長い登り、斜度のある登りが続く続く。
木々は葉を落とし見通しが良かったからいいものの、葉をたっぷりと付けた樹林帯となった時期にこの山を登り切る自信はないなと思いながら耐え前に進み頂上へ。

頂上からみた国師ヶ岳・朝日岳・金峰山の山並みはとても素晴らしかった。
自信がないと思っていたのも忘れて、今度は甲武信ヶ岳からこの山並みを縦走したい!と景色と地図を見ながらどんな行程を組もうか考えるほど。

時間に余裕を持てないことをいいことに、楽して、行き慣れた山、お気に入りの山、何度も行ったことがある山に行こうとしてしまう。
今回の甲武信ヶ岳のように、まだまだ行ったことがない山がたくさんある。
もっとチャレンジしないとな〜・・・

今回も無事に素敵な山を楽しめた。感謝。
私を囲むすべてにありがとう。


訪問者数:1292人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ