ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 850069 全員に公開 山滑走栗駒・早池峰

栗駒山 山頂急斜面を堪能

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー nakamuTSUCHIHASHI
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旧いこいの村の跡地にたくさん停められます。
たぶん100台以上。
この日は登る前に15台くらいいたでしょうか…
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
1時間43分
合計
4時間22分
Sスタート地点08:2809:18いわかがみ平09:2209:22東栗駒コース登山口09:2310:37中央・東栗駒コース合流地点10:3810:44栗駒山12:1612:19中央・東栗駒コース合流地点12:2412:36東栗駒コース登山口12:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クルマまで滑ってこられますが、ボトム部はかなり雪が薄いです。
灌木もかなり立ち上がっています。
新湯沢はだいぶ雪が融けて、口を開けているところがあります。
その他周辺情報ハイルザーム栗駒が近くて便利。
日帰り入浴850円。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 日よけ帽子 ブーツ ザック 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 サングラス タオル ストック カメラ ビンディング スキー板

写真

すぐに樹林帯を登る
2016年04月16日 08:44撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに樹林帯を登る
今年の雪壁は低い
2016年04月16日 09:11撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の雪壁は低い
東栗駒方面
2016年04月16日 10:25撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東栗駒方面
山頂はもう少し
2016年04月16日 10:32撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はもう少し
焼石岳方面
2016年04月16日 10:42撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼石岳方面
1
山頂お社とエビの尻尾
2016年04月16日 10:47撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂お社とエビの尻尾
1
秀麗無比なる鳥海山
2016年04月16日 10:50撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗無比なる鳥海山
2
営業開始前の須川高原温泉
2016年04月16日 11:02撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
営業開始前の須川高原温泉
1
いわかがみ平レストハウス
2016年04月16日 12:37撮影 by EX-ZR100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いわかがみ平レストハウス

感想/記録
by nakamu

1年ぶりの須川岳の山スキー。
去年初めて滑り、ホントに楽しかったので今年もチャレンジ。
去年もかなり雪の少ない年であったが、今年はそれに輪をかけて少ない。
旧いこいの村のテニスコートから、アイゼンを装着し登り始める。
ツボ足でも登れそうだが、面倒なので最初からアイゼンを装着。
林の中はかなり雪が少なく、灌木も立ち上がり始めている。
スキーをザックに挿して背負っているので、何度も木の枝に引っかかり歩き辛い。
何とかそんなエリアを抜けていわかがみ平へ到着。
そこから少しの休憩後に東栗駒コース方面に新湯沢沿いを進む。
沢は雪解け水が音を立てて流れている部分もある。
そして須川岳山頂から東斜面の雪があるところを繋いで、徐々に中央ルート方面に。
あとはまっすぐに山頂を目指す。
風も強くなり寒くなってくる。
寒さを我慢して山頂まで一気に登る。
無事に山頂到着。
山頂ではエビの尻尾が見られ寒さを痛感する。
山頂から、秀麗無比なる鳥海山、焼石岳、月山、朝日連峰などなど、雲が広がった割にはハッキリと見えていた。
大満足の絶景のなかでカップラとおにぎりを頬張る。
その後滑走準備にとりかかり、スキーブーツに履き替える。
去年は中斜面である東斜面をそのまま滑って戻ったので、今年は急斜面の南斜面を滑ってみる。
とりあえず下まで行ってしまうと、中央コースの尾根沿いの雪が無い部分に入ってしまうので、100メートル程度滑る。



しかし、やはりもう一本滑りたいと思い登り返し。
再び東斜面までトラバースの後に山頂目指して登る。
もう一度、急斜面の南斜面へドロップイン。
やめられない止まらないだが…これくらいにして下山開始。
中央コースを超え、雪を繋いで新湯沢方面へ。



いわかがみ平を超え、樹林帯の中を木々を縫って…
そして雪を繋ぎ何とかクルマまで戻って来られました。
山頂直下の急斜面滑走はホントに楽しかった!
訪問者数:184人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ