ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 850111 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

前日光・道に迷って1万歩

日程 2016年04月20日(水) [日帰り]
メンバー youji
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

登山口(7:15〜7:30)テレ朝アンテナ(8:05〜8:15)アカヤシオ群落地1回目(9:15)水仙群落地(9:55)稜線(10:20)アカヤシオ群落地2回目(10:30)県道(10:45)登山口(11:15)
コース状況/
危険箇所等
今回歩いたコースには道標は一切ありません。テープによるマーキングは随所にありましたが・・・
その他周辺情報わたらせ鉄道渓谷線水沼駅の温泉に立ち寄りました。600円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

前面に女峰山を見ながら日光道路を走ります
2016年04月20日 06:21撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前面に女峰山を見ながら日光道路を走ります
1
細尾峠に着きました。ここに自転車をデポします
2016年04月20日 06:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾峠に着きました。ここに自転車をデポします
足尾側に下って国道122号と県道15号の合流点の路側に車を置き歩き始めます
2016年04月20日 07:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足尾側に下って国道122号と県道15号の合流点の路側に車を置き歩き始めます
足尾の町は桜が満開です
2016年04月20日 07:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足尾の町は桜が満開です
テレ朝のアンテナ。眺めのよい場所で休憩ポイントによい
2016年04月20日 08:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレ朝のアンテナ。眺めのよい場所で休憩ポイントによい
中禅寺湖南岸の社山から大平山の稜線の眺めもよい
2016年04月20日 08:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中禅寺湖南岸の社山から大平山の稜線の眺めもよい
2
若木を鹿害から守る金網の筒が沢山設置してありました
2016年04月20日 08:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若木を鹿害から守る金網の筒が沢山設置してありました
金網の隙間から新芽が出ていました
2016年04月20日 08:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金網の隙間から新芽が出ていました
1
これは熊が皮を剥ぐのを防ぐ対策でしょうか?
2016年04月20日 08:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは熊が皮を剥ぐのを防ぐ対策でしょうか?
こんな風に皮を剥がされた木が沢山ありました
2016年04月20日 08:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな風に皮を剥がされた木が沢山ありました
ツツジの新芽が出ています。半月もすればツツジのトンネルになるでしょう
2016年04月20日 08:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジの新芽が出ています。半月もすればツツジのトンネルになるでしょう
アカヤシオが咲き始めていました。感動です
2016年04月20日 09:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオが咲き始めていました。感動です
2
アカヤシオのトンネル
2016年04月20日 09:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオのトンネル
1
青空にピンクの花が映えます
2016年04月20日 09:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空にピンクの花が映えます
2
アップで
2016年04月20日 09:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで
あっちもこっちも咲いています
2016年04月20日 09:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっちもこっちも咲いています
2
落ちた花も綺麗です
2016年04月20日 09:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちた花も綺麗です
1
もう一枚
2016年04月20日 09:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚
1
さらにもう一枚
2016年04月20日 09:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにもう一枚
こんなにかたまって咲いています。
このあと道に迷ってリングワンデリングをしてしまいます。
2016年04月20日 09:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなにかたまって咲いています。
このあと道に迷ってリングワンデリングをしてしまいます。
4
沢沿いに咲いていた水仙。
ここから再び稜線に登り返しましたが・・・
2016年04月20日 09:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに咲いていた水仙。
ここから再び稜線に登り返しましたが・・・
どうしても地蔵岳方面の道が見つからず作業小屋のある下界に下りてしまいました。撤退を決める
2016年04月20日 10:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしても地蔵岳方面の道が見つからず作業小屋のある下界に下りてしまいました。撤退を決める
1
国道122号線沿いはしだれ桜が満開。お花見ドライブを楽しみながら帰路につきました
2016年04月20日 12:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道122号線沿いはしだれ桜が満開。お花見ドライブを楽しみながら帰路につきました
2

感想/記録
by youji

 去年の12月に、古峰神社を拠点にして前日光山系の地蔵岳に登ろうとしたが、途中で民家火災を発見して足止めを食らったり、私の勘違いから登山口が見つからず、早々に退散して帰ってきた覚えがある。

 その後、ヤマレコの投稿記事を参考にして、足尾側から登って地蔵岳の山稜を縦走して細尾峠に至り、峠にデポした自転車で車に戻る計画を練った。

 山稜に若葉が出てシロヤシオやミツバツツジが全盛な5月に行こうとも思ったが待ちきれず今回の出発となった。

 日光道路経由で細尾峠までは順調に行った。峠に愛車をデポし、峠を足尾側に下り、古峰ヶ原高原からの県道が国道に合流した地点の路側に車をとめ、ヤマレコ記事を参考にしながら歩き始めた。

 稜線上にある展望の良いテレ朝のアンテナ施設が最初の休憩所だ。天気も上々。去年歩いた中禅寺湖南岸の社山から黒檜岳への稜線が懐かしく見えた。桜が満開の足尾の街並みも箱庭のように見下ろせた。渡良瀬鉄道の茶色の電車が1両、ガッタン、ゴットンと心地よい音を谷間に響かせながら走って行った。ほのぼのとする景観に疲れも忘れた。

 標識は一切ないものの、この先もマーキングテープと踏み跡を頼りに先へ進む。最初のチェックポイントの1029mの三等三角点が見つからなかった。高度計とにらめっこをしながら、ちょっとしたピークの山腹を巻いた地点がどうやらポイントらしいと見当をつける。

 この先も、しっかりした踏み跡とマーキングを頼りに尾根をたどったところ、予期もせず、満開のアカヤシオの群落があった。あっちからこっちから夢中で写真を撮り、満足感に浸りながら歩いていたら急に道がなくなった。

 かすかな踏み跡はあるもののマーキングが見つからない。アカヤシオのところまでは確かにマーキングがあるのだ。向かい側に小高い山が見えているが眼下には舗装道路も見えている。ここはどこのあたりなんだろう。古峰ヶ原高原方向の稜線はどこなんだろう。右に左にルートを探したがどこへ行っても踏み跡がなくなってしまう。

 しかたなく、アカヤシオの群落まで戻って今度は獣防止用のフェンスに沿って下ってみた。下るにつれ沢音が聞こえて来た。なんだかおかしい。でも枯れ草に足を取られながら下りきったらしっかりとした山道があった。沢を下るのは見当違いと思って沢沿いの道を登っていくと突然ラッパ水仙の群落が現れた。今が盛りとばかり、黄色い八重咲きの花が咲き誇っていた。明らかに人の手により植えられたものだし、周囲には石垣もあった。

 稜線に戻ろうと見当をつけて欅の植林地を登っていったらしっかりとした踏み跡の山道に出た。ほっとしてここで休憩を取って地図を見直した。この稜線を右に行けば地蔵岳方面だろうと思って歩き出したら下界の景色が何かおかしい。ついさっき見たような景色が見えている。登り着いた稜線は、道に迷う前の稜線だったのだ。向かっているのは登山口方面に戻っているのだ。道迷いの典型的なリングワンデリングをしてしまったのだ。現在地がわかったので、もう一度慎重に踏み跡とマーキングを確認しながら先へ進んでみることにした。

 木にはしっかり赤ペンキのマークがある。マークをたどって行くとさっき見たアカヤシオの群落地へ出た。マーキングはピタリとここで終わっていた。どこを見てもマーキングはない。どっちへ下っても下に見える道路の方へ下りてしまいそうだ。完全に方向を失い、踏み跡もなくなってしまったので仕方なく一旦道路に下ってみることにした。

 さっきと同じ沢沿いの道に出たので今度はそのまま下ってみたらすぐに舗装道路に出てしまった。東電の車が止まっていた。施設点検に来ていると札が出ていた。

 どっちに行こうかと迷っていたら施設点検をしている作業員の姿を認めた。声をかけて現在地を教えてもらったら、本来の尾根からぐっと右に折れて古峰ヶ原高原へと続く道路付近に下りてしまったのがわかった。

 古峰ヶ原高原まで行けば、今回の本来の縦走路に出るのはたやすい。しかし、古峰ヶ原高原までは舗装道路を10劼曚品發なくてはならない。山中をさまよい、すでに11時近くなっている。歩数計を見たらすでに1万歩以上歩いているではないか。もう舗装道路を古峰ヶ原高原まで歩く気にはならない。ここで撤退を決意した。

 昨年に続き再び地蔵岳はお預けとなった。細尾峠から車まで10劼瞭擦鮗転車で下るのも楽しみにしていたがこれもお預けである。仕方ない。細尾峠の自転車を回収に行こう。そのあとは予定していた渡良瀬鉄道水沼駅の温泉にでも入って帰ることとしよう。
 思いもかけず、アカヤシオの群落を見ることが出来たのがせめてもの慰めである。
訪問者数:355人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ