ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 850770 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

二上山 岳のぼり(当麻寺駅-当麻寺-烏谷口古墳-大岩-祐泉寺-馬の背-雌岳-二上山-銀峰-烏岳-二上山駅)

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー KENPEI
天候曇り
(13:51二上山 19℃)
アクセス
利用交通機関
電車
往路:近鉄・当麻寺駅
復路:近鉄・二上山駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間5分
休憩
42分
合計
3時間47分
S当麻寺駅10:4811:23傘堂11:33鳥谷口古墳11:49(休憩)12:0112:29祐泉寺12:3012:43水場12:4613:03馬の背13:0613:13雌岳13:3113:36馬の背13:3713:48二上山13:5114:11銀峰14:34烏岳14:3514:35二上山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所なし。

過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(1) 非常食(カロリーメイト)(2) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) 食事(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) タオル(1) 手袋(2) 帽子(1) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 健康保険証(1) 雨具(1) レジャーマット(1) 虫除けスプレー(1)

写真

相撲の開祖、当麻蹴速之塚。
2016年04月23日 10:52撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相撲の開祖、当麻蹴速之塚。
1
當麻寺・大門
2016年04月23日 10:59撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
當麻寺・大門
1
當麻寺・日本最古の梵鐘
2016年04月23日 11:03撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
當麻寺・日本最古の梵鐘
1
當麻寺・本堂
2016年04月23日 11:06撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
當麻寺・本堂
1
中将姫。
2016年04月23日 11:08撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中将姫。
1
岳のぼりの受付をすませて、いざ二上山へ
2016年04月23日 11:31撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳のぼりの受付をすませて、いざ二上山へ
烏谷口古墳
2016年04月23日 11:33撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏谷口古墳
1
烏谷口古墳の裏から登りました。右の踏み跡へ。
2016年04月23日 11:33撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏谷口古墳の裏から登りました。右の踏み跡へ。
1
二上山ふるさと公園からの登山ルートに合流したようです。
2016年04月23日 11:48撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二上山ふるさと公園からの登山ルートに合流したようです。
1
木に直書の道標。このまま二上山の雄岳へ登れますが、ちょっとしんどいルートです。暑いし。そこで大岩、祐泉寺を経由し、谷筋から馬の背へルート変更しました。
2016年04月23日 12:12撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に直書の道標。このまま二上山の雄岳へ登れますが、ちょっとしんどいルートです。暑いし。そこで大岩、祐泉寺を経由し、谷筋から馬の背へルート変更しました。
大岩?、ここで行き止まり。
2016年04月23日 12:19撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩?、ここで行き止まり。
1
こっちが道標の言う大岩?
二上の覗きと言う人がいる場所ですね。
ここを下るのは怖いので、右側から巻いて下りました。
2016年04月23日 12:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちが道標の言う大岩?
二上の覗きと言う人がいる場所ですね。
ここを下るのは怖いので、右側から巻いて下りました。
1
モミジに包まれた祐泉寺。
2016年04月23日 12:29撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジに包まれた祐泉寺。
1
二上山源流水。
2016年04月23日 12:43撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二上山源流水。
1
馬の背が近づくにつれ、急坂になります。
2016年04月23日 12:53撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背が近づくにつれ、急坂になります。
1
岳のぼりの受付で貰った抽選券を持って、雌岳での抽選会に参加。結果、4等のビニール製の筆入れをゲット。
2016年04月23日 13:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳のぼりの受付で貰った抽選券を持って、雌岳での抽選会に参加。結果、4等のビニール製の筆入れをゲット。
2
蓮花ちゃん(葛木市のゆるキャラ)。
写ってませんが、太子くん(太子町のゆるキャラ)も居ました。
2016年04月23日 13:19撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮花ちゃん(葛木市のゆるキャラ)。
写ってませんが、太子くん(太子町のゆるキャラ)も居ました。
雌岳よりの眺望
2016年04月23日 13:25撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌岳よりの眺望
1
ヤマブキ
2016年04月23日 13:27撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマブキ
1
ヤマブキ
2016年04月23日 13:28撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマブキ
1
二上山(雄岳)
2016年04月23日 13:30撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二上山(雄岳)
二上山(雄岳)山頂
2016年04月23日 13:48撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二上山(雄岳)山頂
1
二上山(雄岳)山頂の神社。葛木坐二上神社と言いますが、神社の説明看板が無くなり、神社名もわからなくなってます。誰も管理してないのかなあ?
2016年04月23日 13:49撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二上山(雄岳)山頂の神社。葛木坐二上神社と言いますが、神社の説明看板が無くなり、神社名もわからなくなってます。誰も管理してないのかなあ?
1
八重桜は満開ちょっと過ぎという感じでした。
2016年04月23日 13:50撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八重桜は満開ちょっと過ぎという感じでした。
1
木に「→二上山エキ」とあります。これに従い、未踏のルートへ。
2016年04月23日 13:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に「→二上山エキ」とあります。これに従い、未踏のルートへ。
休憩所があるやん。
2016年04月23日 13:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所があるやん。
ここは左へ。
2016年04月23日 14:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左へ。
1
銀峰、山頂感なしの小ピークでした。
2016年04月23日 14:11撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀峰、山頂感なしの小ピークでした。
1
三差路で、左へ行き烏岳を目指します、右は大池ルートの入口付近に合流でした。
2016年04月23日 14:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三差路で、左へ行き烏岳を目指します、右は大池ルートの入口付近に合流でした。
このカラス岳の書き込みを見落とすと、烏岳を通り過ぎそう。
2016年04月23日 14:28撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このカラス岳の書き込みを見落とすと、烏岳を通り過ぎそう。
えらいササ藪と思ったが、2〜3mだけでした。
2016年04月23日 14:30撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えらいササ藪と思ったが、2〜3mだけでした。
烏岳、山頂感なしの小ピークでした。
2016年04月23日 14:35撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏岳、山頂感なしの小ピークでした。
1
大池ルートに合流
2016年04月23日 15:02撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池ルートに合流
1

感想/記録
by KENPEI

二上山は何度も登ったことある山ですが、登山地図に載ってないコースが色々あるようです。今回は烏谷口古墳の上からのコース、銀峰、烏岳を歩いてみました。いずれも登山地図に記載なしで、初めて歩くところです。

実際歩いてみると…

烏谷口古墳の近くで、パイプテントが張ってあり、そこの人に声を掛けられました。話を聞くと、二上山の「岳のぼり」という行事をやっていて、雌岳で抽選会をしているとのこと。参加者名簿(?)に記帳し、抽選券、ティッシュ、ゴミ袋を受け取りました。

烏谷口古墳へ登ると、ネットで調べた情報通り、簡単に二上山へのルート発見。たまたま居合わせた男性と談笑しながら歩きました。烏谷口古墳からのルートは、ふるさと公園からのルートにすぐ合流することがわかりました。そこから少し登ってから、男性と別行動にしました(私が遅いのと、どっか適当なところで昼食にしたかった)。

見晴らしのいいベンチで昼食にし、少し登ると、大岩からのルートが合流してきました。そのまま道なりに登れば、二上山・雄岳に行けるのはわかっています。でも、それだとキツイ道なので暑いときは大変なんですね。

そこで廻り道になってしまいますが、大岩、祐泉寺へと下ってから、谷道のハイキングコースで登ることにしました。少し涼しい谷道を登り、馬の背を経由し、雌岳へ。

雌岳はいつもよりかなり人が多めでした。抽選券を岳まつりの係員に渡し、くじを引くと4等でした。景品はビニール製の筆入れでした。

雌岳には、蓮花ちゃん、太子くんという地元のユルキャラがいました。太子くんは、少々お疲れの御様子で、すぐにテントの中にお隠れになりました(笑)。蓮花ちゃんは、小学生の女の子達にモテモテの御様子で、両手に花ならぬ「両手に女の子」という感じでした。

その後、雄岳へ。八重桜が綺麗でした。

下山は銀峰、烏岳を通るようなコース取りにしました(初めてのコースです)。上手く銀峰、烏岳へ行けるか、ちょっと心配でしたが拍子抜けするほど簡単に行けました。

その後、二上山駅で電車に乗り、帰路に着きました。

今回は、銀峰、烏岳というピークに初めて行きました。しかし、二上山近辺には、麻呂子山、原岳、白銀峰、鳶塚というような行ったことないところがいくつかあります。こうしたところも、ちょっとずつ行ってみたいと思います。


訪問者数:170人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ