ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 850923 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鷹ノ巣山(水根沢林道→石尾根)

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー oreshio
天候曇り。しっとりひんやりとした体感で歩きやすい。日が差すと蒸す。
アクセス
利用交通機関
電車バス
▼行き
板橋5:03ー(池袋・新宿・立川乗り換え)ー7:38奥多摩
奥多摩駅7:45=(西東京バス峰谷行き)=奥多摩湖BS

※立川駅6:21発の青梅線は前の4両のみが奥多摩行きとなります。
※水根沢林道への最寄バス停は水根ですが、今回はトイレがあって身支度整えるのに適した奥多摩湖で下車。バス停1つ分なので大した距離ではありません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間52分
休憩
30分
合計
8時間22分
S奥多摩湖バス停08:1311:15榧の木尾根-水根分岐11:2111:37石尾根-榧ノ木尾根分岐12:00鷹ノ巣山12:2112:42水根山(金佐ノ頭)13:00城山(奥多摩町)13:20将門馬場(馬責場)13:53六ッ石山分岐13:5514:42十二天山14:4315:09越路ノ森(峰畑峠)15:41絹笠・石尾根登山口16:35もえぎの湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●水根沢林道
・下部は道幅が狭く、路肩を踏み外すと大事故になる可能性のある場所を散見します。大雨・大雪の直後は特に下りでの使用は避けるほうが無難です。
・枯れ沢を渡る場所で、沢が倒木で埋もれているためルートが分かりにくい場所ありました。

●石尾根
・適度に湿って歩きやすいコンディションでしたが、三ノ木戸山の東の肩からの植林帯の黒土は相変わらず良く滑ります。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

水根沢林道は過去に1度だけ下りで使ったことがありますが、登りで使うのは初めて。
親切な道標のおかげで迷わず登山口までたどり着けました。
2016年04月23日 08:26撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根沢林道は過去に1度だけ下りで使ったことがありますが、登りで使うのは初めて。
親切な道標のおかげで迷わず登山口までたどり着けました。
1
水根集落は春爛漫
2016年04月23日 08:29撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根集落は春爛漫
2
ヒトリシズカ。
この時期の杉林ではよく見る花ですね。
2016年04月23日 08:42撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ。
この時期の杉林ではよく見る花ですね。
枝尾根を登る方向に作業道あり。行先がちょっと気になります。迷い込む心配はありません。
2016年04月23日 09:06撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝尾根を登る方向に作業道あり。行先がちょっと気になります。迷い込む心配はありません。
ミヤマキケマン。
2016年04月23日 09:11撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキケマン。
ヨゴレネコノメ。
花の名前、違ってたら教えてくださいm(__)m
2016年04月23日 09:13撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨゴレネコノメ。
花の名前、違ってたら教えてくださいm(__)m
危険箇所。谷側が大きく切れ落ちているので、下りで使うとかなり怖さを感じるでしょう。
2016年04月23日 09:29撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険箇所。谷側が大きく切れ落ちているので、下りで使うとかなり怖さを感じるでしょう。
登山道沿いは植林ですが、水根沢に目を遣ると新緑真っ盛りで良い雰囲気です。
2016年04月23日 09:34撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道沿いは植林ですが、水根沢に目を遣ると新緑真っ盛りで良い雰囲気です。
ここで水根沢本谷を渡って以後は右岸を歩きます。
2016年04月23日 09:40撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで水根沢本谷を渡って以後は右岸を歩きます。
新緑に埋まる谷
2016年04月23日 09:50撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑に埋まる谷
1
これが最後の木橋。
ここからは徐々に水根沢本流を離れていきます。
2016年04月23日 09:55撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが最後の木橋。
ここからは徐々に水根沢本流を離れていきます。
枯れ沢を渡る場所。倒木で道わかりにくい。
沢を渡った後、沢の上流方面に道は続きます。間違った踏み跡もあるので注意。
2016年04月23日 10:07撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れ沢を渡る場所。倒木で道わかりにくい。
沢を渡った後、沢の上流方面に道は続きます。間違った踏み跡もあるので注意。
このあたりハシリドコロが群生してました。
2016年04月23日 10:37撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりハシリドコロが群生してました。
尾根筋へむけてのキツイ登りが続きます。
2016年04月23日 10:42撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋へむけてのキツイ登りが続きます。
1
1つめの分岐
2016年04月23日 11:11撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つめの分岐
カヤノキ尾根に合流します。
2016年04月23日 11:15撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤノキ尾根に合流します。
1
石尾根に出ました。曇っていますが、歩く分には涼しくて快適です。
2016年04月23日 11:42撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根に出ました。曇っていますが、歩く分には涼しくて快適です。
鷹ノ巣山が見えてきました。
2016年04月23日 11:48撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山が見えてきました。
2
19回目の鷹ノ巣山は実は1年半ぶり。
人は多いですが、みなさん静かに休憩をとられてます。
2016年04月23日 12:01撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19回目の鷹ノ巣山は実は1年半ぶり。
人は多いですが、みなさん静かに休憩をとられてます。
3
下山はこれまた久しぶりの石尾根縦走。
調べてみたら2年前に三ノ木戸林道経由で下山して以来でした。写真は将門馬場の東の肩付近。
2016年04月23日 13:30撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はこれまた久しぶりの石尾根縦走。
調べてみたら2年前に三ノ木戸林道経由で下山して以来でした。写真は将門馬場の東の肩付近。
さらば石尾根
2016年04月23日 15:25撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば石尾根
2
衣笠の登山口に到着。ここに下山するのは3年半ぶりでした。
2016年04月23日 15:46撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衣笠の登山口に到着。ここに下山するのは3年半ぶりでした。
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ