ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 850955 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ボッカトレ2 鷹ノ巣山から野陣尾根

日程 2016年04月22日(金) [日帰り]
メンバー LadyM
天候22日 晴れ後曇り、雨
23日 霧後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

1日目 中日原8:40−鷹ノ巣山12:40−七ツ石山14:50−奥多摩山荘天場15:40
2日目 天場ー小雲取山7:10−林道8:55−東日原10:50

写真

朝は蒼空が眩しかったのに、、、、
2016年04月22日 08:42撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は蒼空が眩しかったのに、、、、
1
新緑が眩しい
2016年04月22日 09:26撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が眩しい
鷹ノ巣山山頂では大いなる曇り
2016年04月22日 12:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山山頂では大いなる曇り
1
霧に包まれた
2016年04月22日 14:53撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧に包まれた
濃霧で奥多摩山荘で雨が降り出しテントを張る
2016年04月23日 06:15撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃霧で奥多摩山荘で雨が降り出しテントを張る
翌朝 小雲取山。初めてわざわざ登った
2016年04月23日 07:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝 小雲取山。初めてわざわざ登った
1
唐松谷沿いのコースは崩壊で通行止め
2016年04月23日 08:25撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松谷沿いのコースは崩壊で通行止め
1
もう沢登の季節ですね
2016年04月23日 08:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう沢登の季節ですね
ここから長い林道歩きスタート
2016年04月23日 08:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから長い林道歩きスタート
撮影機材:

感想/記録
by LadyM

 先回は水と石を背負ってのボッカトレ。今回はテントを担いでの1泊トレ。GWは6日間歩き続けなければならないので少しでも準備せねばといつもの鷹ノ巣山に向かうが、24日古賀志に行くというメールが入り参加することにしたので余力を残すことにする。
 蒼空が眩しく新緑を照らし人気のルートも誰もいないと思ったら一人登ってきた。予定では雲取山山荘まで行くつもりだったが時間配分を間違え、直下で慌ててピッチを上げたが時間がかかりすぎ、鷹ノ巣山山頂で雲行きがあやしくなった。雲取山に向かうが、濃霧となり鹿の一家もこちらを警戒して確認して逃げて行った。遂に雨が当たりだしたので奥多摩山荘でテントを張るころにした。水場は豊富。夜から本降りになり翌朝まで雨はあがらなかった。
 雨が上がりだしたので霧の中を出発、天気も悪いので小雲取山から降りることにした。前から通りたかった野陣尾根は期待通りで、最初は笹の中を、次に落ち葉に埋まった小道を新緑の中を下っていく趣のある尾根である。ブナ尾根から2パーティが登ってきた。唐松谷出合の滝は水量豊富で春だ。林道に上がり、八丁橋に下っていくと中学生の学校登山グループが登ってきた。野陣尾根は極少人数で味わいながら登るコースのように思えたので集団登山とは意外。それより長い長い林道歩きは絶対嫌なので趣のコースではあるが私はもう登ることは無いだろう。



訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/6
投稿数: 220
2016/4/24 22:29
 すごいな〜
LadyMさん、こんばんは、初めまして。

ボッカトレって言葉に反応してしまいました
すごい、頭が下がります。
さすがに学生時代しか、やった事ないけど ・・・
今もボッカトレをやっている人がいるなんて、びっくりしました。
GWの長期山行に向けて、体調整えて、がんばってください。

私も夏に向かって、トレーニングしないと

お邪魔しました。
登録日: 2012/12/10
投稿数: 18
2016/4/26 10:54
 Re: すごいな〜
Jikyoonさん

こんにちわ。ワンゲル出身ということはボッカのプロですね。
私はリハビリ中で6日間の縦走に耐えられるかーといってもエスケープルートがかなり限られるので少しでもトレーニングしておかねば です。お互い楽しく山歩きしたいものですね。
LadyM

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 林道 水場 テン ブナ 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ