ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 850979 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

リハビリ6発目 駅からハイキング 奥多摩三大急登の山 本仁田山

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー juusinn005
天候曇り時々霧
アクセス
利用交通機関
電車
往路 JR青梅線 奥多摩駅
復路 JR青梅線 鳩ノ巣駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間36分
休憩
39分
合計
4時間15分
S奥多摩駅09:1509:23氷川国際釣場09:48安寺沢10:25大休場10:3311:23本仁田山−花折戸尾根分岐11:26本仁田山11:5712:07鉄砲指12:13コブタカ山(焼多亡山・疣高山・コブッタ)12:57大根ノ山ノ神13:30鳩ノ巣駅13:30鳩ノ巣駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
奥多摩駅     9:15
氷川国際マス釣り場9:23
安寺沢      9:48
大休場     10:25ー10:33
花折戸尾根分岐 11:23
本仁田山    11:26ー11:57
瘤高山     12:13
大ダワ分岐   12:45
大根ノ山ノ神  12:57
鳩ノ巣駅    13:30
休憩
大休場  8分
本仁田山 31分
計    39分
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは駅前の観光案内所内に
奥多摩駅〜安寺沢
車道歩きが長い。高度を稼いでいくので意外とキツイ。
安寺沢〜本仁田山
民家の横から山道へ。
植林帯の中をジグザクに登る。
傾斜がかなりきつく、大休場の手前では右側が切れ落ちているような高度感が
ある場所もある。
大休場からは尾根に乗るが、傾斜のきつさは変わらず、上部では露岩も出てくる。
本仁田山〜鳩ノ巣駅
すぐに急な下りになる。
瘤高山へは一度ゆるやかに登り返すが、すぐに急な下りに変わる。
防火帯のような道がしばらく続いた後、植林帯の中の下りに変わり傾斜は緩むが
川苔山・本仁田山登山口までひたすら下りが続く。
集落に入っていからは舗装の急な下りが鳩ノ巣駅まで続く。

前半の安寺沢から本仁田山山頂までとにかくキツイ。
ガイド本等では初級向きとあるが、とにかく体力勝負の登り。
登り出す前に足腰のストレッチは十分に行うべきだろう。
その他周辺情報河辺温泉梅の湯 ¥860 露天風呂に消毒なし、かけ流しの風呂が一つある。
オススメ
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 軍手 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ スパッツ レスキューシート 膝サポーター

写真

奥多摩駅、バス待ちの行列が見えるが、自分には関係なし。
2016年04月23日 09:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅、バス待ちの行列が見えるが、自分には関係なし。
5
国際マス釣り場付近から、要塞みたいだな。
2016年04月23日 09:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国際マス釣り場付近から、要塞みたいだな。
1
安寺沢、民家の横から登る。
2016年04月23日 09:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安寺沢、民家の横から登る。
2
大休場、ここまでの登りは凄かった。
足の筋という筋が伸びきるかと思った。
2016年04月23日 10:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休場、ここまでの登りは凄かった。
足の筋という筋が伸びきるかと思った。
5
霧の大休場尾根、ドーピングして登りに備える。
2016年04月23日 10:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の大休場尾根、ドーピングして登りに備える。
7
霧が少し晴れた大休場尾根
2016年04月23日 10:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が少し晴れた大休場尾根
5
たまにツツジが咲いている。
2016年04月23日 11:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにツツジが咲いている。
11
目立ったのはツツジとアセビの花ぐらいか。
2016年04月23日 11:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目立ったのはツツジとアセビの花ぐらいか。
13
山頂手前の分岐
2016年04月23日 11:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の分岐
1
本仁田山山頂に到着
2016年04月23日 11:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山山頂に到着
11
三角点がある。
2016年04月23日 11:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点がある。
4
何も見えない。
2016年04月23日 11:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えない。
3
アセビの花
2016年04月23日 11:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビの花
5
本日の昼飯は立川駅のおにぎり屋で購入、わかめご飯のおにぎり、鮭のおにぎり、卵焼きに唐揚げ、足りない分はドライフルーツとアミノ酸ゼリーを追加
2016年04月23日 11:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の昼飯は立川駅のおにぎり屋で購入、わかめご飯のおにぎり、鮭のおにぎり、卵焼きに唐揚げ、足りない分はドライフルーツとアミノ酸ゼリーを追加
17
山頂が混んできたので下山開始
2016年04月23日 11:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が混んできたので下山開始
2
最初はなだらかだが、
2016年04月23日 11:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はなだらかだが、
3
すぐに急な下りになる、これは振り返ったところ
2016年04月23日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに急な下りになる、これは振り返ったところ
3
霧の中を慎重に下る。
2016年04月23日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の中を慎重に下る。
3
新しい葉っぱに水滴が付いている。
2016年04月23日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい葉っぱに水滴が付いている。
3
瘤高山の分岐、鳩ノ巣駅へ向かう。
2016年04月23日 12:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瘤高山の分岐、鳩ノ巣駅へ向かう。
2
鳩ノ巣駅への道
2016年04月23日 12:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅への道
2
下ってきた道を振り返る。
2016年04月23日 12:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた道を振り返る。
5
防火帯のような道
2016年04月23日 12:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防火帯のような道
2
傾斜がやっと緩くなった。
2016年04月23日 12:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜がやっと緩くなった。
3
ミツバツツジで良いのかな。
2016年04月23日 12:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジで良いのかな。
14
オオダワへの巻道と合流
2016年04月23日 12:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオダワへの巻道と合流
1
大根ノ山ノ神付近、本仁田山登山道入り口
2016年04月23日 12:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大根ノ山ノ神付近、本仁田山登山道入り口
2
大根ノ山ノ神
2016年04月23日 12:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大根ノ山ノ神
5
川苔山へはこちら
2016年04月23日 12:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山へはこちら
2
鳩ノ巣駅の踏切から奥多摩駅方面
2016年04月23日 13:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅の踏切から奥多摩駅方面
7
鳩ノ巣駅
2016年04月23日 13:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅
6
鳩ノ巣駅に到着
2016年04月23日 13:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅に到着
6
跨線橋から鳩ノ巣駅
2016年04月23日 13:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
跨線橋から鳩ノ巣駅
4
鳩ノ巣駅
2016年04月23日 13:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩ノ巣駅
4
河辺温泉梅の湯で汗を流した。
2016年04月23日 15:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河辺温泉梅の湯で汗を流した。
7
青梅線河辺駅
2016年04月23日 15:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅線河辺駅
4
撮影機材:

感想/記録

先週の金時山に続き負荷をかけたリハビリを行うべく、奥多摩三大急登の山と呼ば
れる本仁田山を登ってみた。

前日の天気予報では、昼前から晴れとあったが、奥多摩駅は曇りで山には霧が掛か
っていた。
駅前のバス乗り場は凄い行列だったが、本仁田山は駅から登れるので行列を横目に
舗装道路を安寺沢へ向かう。
40分ほど歩くので意識的にペースを落として歩いたが、そこそこ高度を稼ぐためか
安寺沢についたときは、体が温まっていた。

民家の横から山道に入ると、すぐに傾斜が急なジグザグの登りが始まる。
先週のutakiさんのレコにあるように、足の筋という筋が伸びきるかのような登りだ。
植林の中、霧と言う天候で先が見えない急な登りが嫌になるほど続いたが、大休場
に到着。
水を補給し、アミノ酸でドーピングした後、若干霧が晴れて聳えるような尾根道に
とりかかる。
高度を稼ぐうちに、道は落葉樹が混じりだし、露岩も出始める。
大休場まで程ではないが、キツイ登りが続く中を一歩づつ確実に進めて山頂へ。

山頂は東側の樹木が払われて、多少眺めが良くなったとのことだが、ちょうど雲の
中で何も見えない。
何も見えないが、頭上に太陽が出て暖かいので食事にする。
食事をしているうちに人が増えてきたので、そそくさと下山開始。
霧が再び出てきたので、川苔山が見えると言う瘤高山も何も見えなかった。
ガスの中、急坂を慎重に下って行き、防火帯のような雰囲気の道を過ぎ、植林帯の
中へ。
道標は殆どないが、歩きやすい下りの道を下って高度を下げていくと霧の中を出た
のか、対面の山が見え始めた。
生憎奥多摩の山には詳しくないので、どの山が見えていたのか分からない。

大根ノ山ノ神を過ぎて、程なくすると眼下に人家が見え始め、鳩ノ巣駅に到着。
比較的待ち時間が少なかったので、河辺駅に向かい、梅の湯で汗を流してから帰宅
した。

今回リハビリで本仁田山を単体で歩いてみたが、奥多摩三大急登の山と呼ばれるの
もむべなるかな、と言う急登だった。
川苔山とセットで登るのが定番らしいが、自分なら本仁田山から登ったら、更に登
るのが嫌になって川苔山には多分行かないだろうと思った。
訪問者数:235人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ