ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851189 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

あわや遭難の岩岳山・・・破線ルート完全に消滅!!

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー fujiyoshi, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間34分
休憩
0分
合計
10時間34分
Sスタート地点08:3514:22岩岳山19:09石切ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

林道ゲートから1番目の吊り橋を渡りP992の三角点目標に登ります。
2016年04月23日 08:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートから1番目の吊り橋を渡りP992の三角点目標に登ります。
3
トラロープもありこれから先のルート状況も期待する。
2016年04月23日 08:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープもありこれから先のルート状況も期待する。
2
急登。
2016年04月23日 09:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登。
3
急登。
今日はここまでにヘビ2匹と遭遇。
2016年04月23日 09:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登。
今日はここまでにヘビ2匹と遭遇。
2
P950あたりで灌木帯の稜線に出る。景色もよいので15分ほど休憩。
2016年04月23日 10:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P950あたりで灌木帯の稜線に出る。景色もよいので15分ほど休憩。
2
正面に京丸山からの尾根とボンジ山。
2016年04月23日 10:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に京丸山からの尾根とボンジ山。
4
右手に京丸山。
2016年04月23日 10:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に京丸山。
2
人工物発見。
2016年04月23日 10:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工物発見。
三等三角点(992.43)
点名:風巻
2016年04月23日 11:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点(992.43)
点名:風巻
5
荷小屋峠からの主稜線を行く。
2016年04月23日 11:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷小屋峠からの主稜線を行く。
快適な道ですがほとんど植林帯。
2016年04月23日 11:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な道ですがほとんど植林帯。
1
荷小屋峠にてランチ
今日はお花見ということでバーナー料理開始。
2016年04月23日 12:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷小屋峠にてランチ
今日はお花見ということでバーナー料理開始。
5
はい出来上がりの
富士宮焼きそばめしとオニオンスープ。
山で食べれば何でもおいしくしてくれます。
2016年04月23日 12:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい出来上がりの
富士宮焼きそばめしとオニオンスープ。
山で食べれば何でもおいしくしてくれます。
7
だいぶん時間が押していますのでこの時点で竜馬ヶ岳行はやめにして岩岳山のみの登頂に切り替え。
2016年04月23日 13:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶん時間が押していますのでこの時点で竜馬ヶ岳行はやめにして岩岳山のみの登頂に切り替え。
1
ミツバツツジも満開だ。
2016年04月23日 13:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジも満開だ。
7
アカヤシオも満開。
2016年04月23日 14:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオも満開。
9
岩岳山到着。
山頂で2人食事休憩中でした。
2016年04月23日 14:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩岳山到着。
山頂で2人食事休憩中でした。
6
Aちゃんは分岐でお留守番でした。
2016年04月23日 14:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Aちゃんは分岐でお留守番でした。
1
所々ガスが湧いて見通しが悪くなる。
2016年04月23日 14:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々ガスが湧いて見通しが悪くなる。
荷小屋峠到着。
今日は真直ぐ登り返します。
登りの途中で出会った登山者から最後の水場あたりで親子熊の目撃情報を聞いた。
やはり油断はできないなと緊張が走る。
2016年04月23日 15:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷小屋峠到着。
今日は真直ぐ登り返します。
登りの途中で出会った登山者から最後の水場あたりで親子熊の目撃情報を聞いた。
やはり油断はできないなと緊張が走る。
3
京丸川向けての破線ルートの起点に向かう、
2016年04月23日 15:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京丸川向けての破線ルートの起点に向かう、
1
下降点には境界石がありました。
2016年04月23日 16:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降点には境界石がありました。
前方が開けていて見晴らしがいい。
2016年04月23日 16:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方が開けていて見晴らしがいい。
1
作業用なのかステージがあったが朽ちています。
2016年04月23日 16:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業用なのかステージがあったが朽ちています。
2
こんな感じで見えております。
2016年04月23日 16:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで見えております。
2
下りだしは歩きやすい尾根道。
2016年04月23日 16:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りだしは歩きやすい尾根道。
1
素晴らしいミツバツツジの木に遭遇。
2016年04月23日 16:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしいミツバツツジの木に遭遇。
7
最近でしょうか?
植林帯の管理がされたようだ。
2016年04月23日 16:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近でしょうか?
植林帯の管理がされたようだ。
これもいい感じ。
2016年04月23日 16:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもいい感じ。
3
どれもこれも満開状態。
2016年04月23日 16:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どれもこれも満開状態。
4
角度は急
2016年04月23日 16:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度は急
2
歩きやすいと思ったが・・・。
2016年04月23日 17:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすいと思ったが・・・。
1
すぐに伐採の切り倒された枝が邪魔
2016年04月23日 17:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに伐採の切り倒された枝が邪魔
1
ようやく川が見えた。唯一心配は吊り橋が実際にあるのかないのか?
2016年04月23日 17:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく川が見えた。唯一心配は吊り橋が実際にあるのかないのか?
1
期待した吊橋はなく渡歩で対岸に渡ろうと思案する。
Aちゃんが、下流に向かってトラバースするようにピンクテーピンクテープの連打を発見。

きっと釣り師の引き返しルートだろう。
2016年04月23日 18:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
期待した吊橋はなく渡歩で対岸に渡ろうと思案する。
Aちゃんが、下流に向かってトラバースするようにピンクテーピンクテープの連打を発見。

きっと釣り師の引き返しルートだろう。
4
危険個所だらけのトラバースでしたが何とか橋についた。
パッと見えたときインディージョーンズに出てきそうな橋なので泣きが入ったが、よく見たら下に立派な橋あり。
2016年04月23日 18:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所だらけのトラバースでしたが何とか橋についた。
パッと見えたときインディージョーンズに出てきそうな橋なので泣きが入ったが、よく見たら下に立派な橋あり。
8
これです。
時間も押してるしで安堵した。
2016年04月23日 18:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これです。
時間も押してるしで安堵した。
5
林道と合流。
2016年04月23日 18:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と合流。
4
今日、朝渡った橋から2本目の吊り橋。
2016年04月23日 18:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日、朝渡った橋から2本目の吊り橋。
1

感想/記録

 スタート時にGPSの補足ができなく林道途中がスタートとなってしまったが林道ゲートからのスタートです。

林道ゲートについたら確かではないが見覚えのある車が・・・。
daishohさん来てるのかな〜〜と思いつつ出発。

 今日はバリエーションルートで岩岳山に登り帰りは小俣ー京丸間の破線ルートを下る。さらにお昼はバーナーでランチをし、ミツバツツジやアカヤシオのお花見・・・といった贅沢な山旅でしたが、小俣ー京丸間の破線ルートは完全に消滅していた。さらに尾根には大量の伐採した木々が横たわり、ルートと体力と時間を奪っていく。
さらに追い打ちをかけられたのは京丸川まで下がってきたら・・・橋がない!!

 時間も18:00、脳裏には浅い所を渡歩しようか?でも対岸の様子がつかめない・・・。とりあえずはツエルト張ってビバークかなと思いかけたとき。
Aちゃんがピンクテープ発見、よく見ると連打されている。釣り師の巻ルートと察しいくことに決定、足元はよくないが15分ほど下流に行ったところで橋を発見。

 林道歩きは久しぶりのヘッデンとなりました。反省会(特にfujiyoshi)しながらの道中となったのは言うまでもない。

<ルートの感想・注意点>
※今回使った登りルートは使えますが、小俣ー京丸の破線ルートは尾根や斜面一面に伐採直後で倒木の枝が絡み合って非常に歩きにくい、さらに降った先には橋が無い。故に使えない。

※今日、荷小屋下の水場あたりで親子熊の目撃情報あり。

ミツバツツジやアカヤシオの咲きっぷりは見事の一言に尽きる。

どうも納得のいかない山行であったが無事が何より!!

山に感謝

PS:やっぱりdaishohさん来ていたんですね、コメントメモありがとう。。


訪問者数:694人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/5
投稿数: 1764
2016/4/24 10:18
 吊橋
fujiyoshiさん、こんにちは!
あんな吊橋あるんですね 最初fujiyoshiさんの計画見たときにどうして沢を渡るのか
首を傾げていましたが、しっかりした吊橋あるんですね
新ルート発見です。いつも岩嶽山へはペンションからしか行けないと思っていましたので・・
でもこのルートはAチャンさんにはちょっと厳しかったかな  

お疲れ様でした。
登録日: 2013/11/20
投稿数: 170
2016/4/24 21:01
 Re: 吊橋
daishohさんこんばんは
吊橋は2本掛っています。その奥に今回下りの時渡ったH鋼で作られた橋がありました。
それぞれの橋とルートがはっきりしません
林業作業用に掛けられているし実際、山中で作業しているのでどっかにある程度の作業道があるのでしょうね。
え〜〜Aちゃんは目をぱちぱち、開いた口がふさがらなかったです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ