ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851230 全員に公開 トレイルラン丹沢

手強いぞ西丹沢 大石山、檜洞丸

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー zucca
天候曇り、山頂はガスガスガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平丸
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハシゴ、鎖、ロープ多数
その他周辺情報いやしの湯700円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

平丸登山口
2016年04月23日 05:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平丸登山口
途中は雲海、
2016年04月23日 07:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中は雲海、
1
丹沢と言えば、木道。個人的には嫌い
2016年04月23日 08:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢と言えば、木道。個人的には嫌い
山頂はガス
2016年04月23日 08:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はガス
誰?
2016年04月23日 09:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰?
ユーシンへは対岸へ渡るのだけど、川が広すぎて対岸のどこなのか最初分からず。
2016年04月23日 10:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンへは対岸へ渡るのだけど、川が広すぎて対岸のどこなのか最初分からず。
この対岸
2016年04月23日 10:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この対岸
対岸を少し右に行くと看板あり
2016年04月23日 10:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸を少し右に行くと看板あり
崩落してる
2016年04月23日 11:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落してる
気になっていた「ユーシン」
2016年04月23日 11:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になっていた「ユーシン」
お尻だけ見える
2016年04月23日 14:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お尻だけ見える
1
近くにもいた
2016年04月23日 17:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くにもいた
1
登山口に戻ったのは真っ暗になってから。
2016年04月23日 19:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻ったのは真っ暗になってから。
撮影機材:

感想/記録
by zucca

丹沢の地図を見て考えた。
丹沢主脈ルートと西丹沢の山々を繋いで円になると。
実行してみたら、予想以上にきつかった。
途中一部ルートをショートカットしても明るいうちも下山できなかった。

東丹沢の塔ノ岳、丹澤山、蛭ケ岳は、一度走っているので、想像できた。
アップダウンもそれほどでもなく、タイムを稼げる区間だ。

予想外だったのが、西丹沢の大石山、同角ノ頭、檜洞丸だ。かなりの急登で、岩場、やせ尾根、切れた尾根伝い、ハシゴ、ロープ、鎖場の連続で緊張を迫られる。当然、走ることなんかできない。

ユーシンロッジからの西丹沢区間で時間を大幅に超過し、登山口の分岐に着いたのが、真っ暗になってからだった。ここから1時間の下りだ。
ハンドライトを持っていたので、なんとかなると思ったが、ここも予想以上に緊張した。ハンドライトの明かりのみで登山道を見極めなくてはならない。九十九折りの登山道がどうなっているか、慎重に見極めた。一度コースを外れると、元の場所に戻るのも容易ではない。
幸い、なにもなく登山口まで戻ってこれた。
明るいうちに下山は鉄則です。





訪問者数:326人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 ガス 急登 鎖場 崩落 木道 ロッヂ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ