ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851272 全員に公開 ハイキング北陸

閉ざされた道 大鶴山奥鶴新道

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー miller0514K-Miller
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ー大鶴山奥鶴新道ー
小松市大杉町にあります「里山自然学校 大杉みどりの里(旧少年自然の家)」横の袋小路に駐車。
石楠花時期には沢山のハイカー様が訪れますので駐車スペースはすぐに満車(10台くらいで満車となる)となるのでみどりの里の駐車場を利用されてみて下さい。
尚、その際には施設関係者様に了解を得る事が懸命であります。

ー揚原山ー
能美市辰口町鍋谷集落を過ぎしばらく進むと二又に分かれる地点に着く。
ここには蟹淵(がんぶち)と記した案内板が設置されているのでとても分かりやすくなっています。
案内板によるとこの二又道を左へと進む。
杉木立の中を通る作業林道(舗装)らしい。
やがて高野山登山口の案内板が左手に現れだしますが、本日のターゲットは蟹淵経由の揚原山なのでそのまま素通りしちゃう。
しばらく進むと右手に蟹淵及び揚原山を記した案内板が設置されたポイントにたどり着く。
その先にはダートな道が延びており道の突き当たりが蟹淵の登山口となる。
尚、ダートな道は車両進入禁止のロープが張られているので進んできた林道を300mくらい下がった辺りに路側帯がある。
こちらには10台くらいなら駐車可能よん。
※高野山登山口から高野山を経て揚原山までの縦走路も整備されている。
下りに蟹淵を通り林道を使えば周回も可能だわよ。
コース状況/
危険箇所等
ー大鶴山奥鶴新道ー
新道とは名ばかり、はっきり言って古道(廃道獣道)だわ。
その昔、加賀市山中町大土集落の住民が病を患うと診療所のある小松市大杉集落まで鶴坂峠を越えて使われていた道であると伝われている。
現在は勿論そういった手段としては使われておりません。
鶴坂峠へ向かう沢筋の登山道は荒廃かつ不明瞭、倒木や藪に覆い尽くされる。
人の手入れや管理が滞っているのが現状です。
GPSには一応道の表示が現れますが、急峻に加えトゲのあるバラ科の植物が行く手を阻む事しばしば。
この時期彩りを見せる石楠花狙いに大鶴山へ挑まれる際、整備の行き届いた隣の奥城山やす谷コース経由で挑まれる方が懸命であります。

ー揚原山蟹淵ー
際立った危険箇所はない。
ただあちらこちらからの案内板にも記されていますように「ある日、森の中、クマさんに出会った🎵」対策は万全に。
スイカ畑でスイカを盗んで逃げるようにスタこらさっさっさとずらかるのよ。
また蟹淵を過ぎて杉木立の中を通る際には落ち葉や倒木などで若干道が不明瞭となっています。
ところどころ赤布が施してありますので見落とさないように注意するべし。
その他周辺情報辰口温泉♨総湯 里山の湯が新しくて綺麗だわよ。
入浴料小人100円。やっすいわよね〜。
ちなみに私は気は小さいんですけど500円でした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

虎の巻持参

今回は石楠花が見頃を迎えていると思われる小松市大杉の大鶴山&奥城山と神秘の泉と称される蟹淵へ行っちゃうよ。
今日は参考書を持参して行ってきましょう。
2016年04月29日 15:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎の巻持参

今回は石楠花が見頃を迎えていると思われる小松市大杉の大鶴山&奥城山と神秘の泉と称される蟹淵へ行っちゃうよ。
今日は参考書を持参して行ってきましょう。
3
各ルート案内

なんでも大鶴山と奥城山の間が石楠花ドバーっとイケテるらしいねん。
人が多く行き来するやす谷コースは避けて一番ネーミングがイケている奥鶴新道とやらを登り詰めて鶴坂峠を、そこから尾根伝いに大鶴山を攻略し、更に奥城山へと進んで周回してみよう。
ふふん、この虎の巻にも攻略ルートがご丁寧に記されているので安心だわ。
(と、この時は呑気に構えていた)
2016年04月29日 16:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
各ルート案内

なんでも大鶴山と奥城山の間が石楠花ドバーっとイケテるらしいねん。
人が多く行き来するやす谷コースは避けて一番ネーミングがイケている奥鶴新道とやらを登り詰めて鶴坂峠を、そこから尾根伝いに大鶴山を攻略し、更に奥城山へと進んで周回してみよう。
ふふん、この虎の巻にも攻略ルートがご丁寧に記されているので安心だわ。
(と、この時は呑気に構えていた)
1
水芭蕉さん

まずは大鶴山を紹介するわね。
みどりの里横の駐車地には早くもわんさかと中古車が停まっていたじゃねーの。
こりゃ山頂付近はうるさい事になっていそうだわ。
出発してまず出迎えてくれたのはマヨネーズ和えしても美味しくないと言われる水芭蕉さんであります。
バター炒めでもアカンか?
2016年04月24日 08:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉さん

まずは大鶴山を紹介するわね。
みどりの里横の駐車地には早くもわんさかと中古車が停まっていたじゃねーの。
こりゃ山頂付近はうるさい事になっていそうだわ。
出発してまず出迎えてくれたのはマヨネーズ和えしても美味しくないと言われる水芭蕉さんであります。
バター炒めでもアカンか?
5
清酒立山

ウチのハニーちゃんの大ファンCMなのよ。
本当安上がりなCMなんだけどセンス抜群だわよね〜。
そのCMに登場する画像がここにも案内板としてあったのでハニーちゃんはめっちゃ大ウケで大興奮よ。
この素晴らしいロケーションに全くマッチしていないところがむしろgoodね。
2016年04月24日 09:12撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清酒立山

ウチのハニーちゃんの大ファンCMなのよ。
本当安上がりなCMなんだけどセンス抜群だわよね〜。
そのCMに登場する画像がここにも案内板としてあったのでハニーちゃんはめっちゃ大ウケで大興奮よ。
この素晴らしいロケーションに全くマッチしていないところがむしろgoodね。
6
噂CM

これが本家の清酒立山のCMよ。
(富山のお方なら誰もが知ってるわよね)
本当イケてるわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂CM

これが本家の清酒立山のCMよ。
(富山のお方なら誰もが知ってるわよね)
本当イケてるわ。
4
シャガさん

プルプルとしっとり。
朝まで降っていた雨が最高の演出となりもう美しすぎ。
2016年04月24日 09:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャガさん

プルプルとしっとり。
朝まで降っていた雨が最高の演出となりもう美しすぎ。
3
キケイマンさん
2016年04月24日 09:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キケイマンさん
3
思いがけない癒し空間

虎の巻のアバウトな地図をもとに歩いてきたは良いものの本当にここを歩いていたら登山口にたどり着くのか?ってなくらい不安に駆られる距離を進む。
せやけど、それでもいいかなってなくらいにしっとりとした癒しの空間が辺りに広がるので気分はルンルン🎵。
2016年04月24日 09:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思いがけない癒し空間

虎の巻のアバウトな地図をもとに歩いてきたは良いものの本当にここを歩いていたら登山口にたどり着くのか?ってなくらい不安に駆られる距離を進む。
せやけど、それでもいいかなってなくらいにしっとりとした癒しの空間が辺りに広がるので気分はルンルン🎵。
2
ヒメリュウキンカさん

沢や湿地が多いこの地には定番のこのお花の登場ね。
緑が多く薄暗い場所に派手な衣装で出迎えてくれるのよ。
夜の街中の裏路地で「おに〜さん、寄っていかない?」と言われている雰囲気にそっくり。
「でへへ、そぉお。じゃ〜寄ってっちゃうよ〜」と引っかかる鼻の下の長い呑んだくれのMillerさん。
2016年04月24日 09:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメリュウキンカさん

沢や湿地が多いこの地には定番のこのお花の登場ね。
緑が多く薄暗い場所に派手な衣装で出迎えてくれるのよ。
夜の街中の裏路地で「おに〜さん、寄っていかない?」と言われている雰囲気にそっくり。
「でへへ、そぉお。じゃ〜寄ってっちゃうよ〜」と引っかかる鼻の下の長い呑んだくれのMillerさん。
4
一枚岩

でっけい石壁が現れよった。
この辺りでは石切場があると虎の巻にも記されていますから、やはりこの道で間違いないだわ。
ふむふむ、こいつぁご立派な石だわ。
2016年04月24日 09:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一枚岩

でっけい石壁が現れよった。
この辺りでは石切場があると虎の巻にも記されていますから、やはりこの道で間違いないだわ。
ふむふむ、こいつぁご立派な石だわ。
採石場

なんだか異様なと言うか、レトロなと言うか、不思議な場所にやってきたばい。
ラピュタに登場するポムじいさんが中にいそうな石の洞窟?が出てきたジョ。
ここで飛行石採取できないかしら?
そしてこの施設は今でも健在なのかしら?
マジでこの辺りは宮崎駿ワールドがムンムンやで。
2016年04月24日 09:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場

なんだか異様なと言うか、レトロなと言うか、不思議な場所にやってきたばい。
ラピュタに登場するポムじいさんが中にいそうな石の洞窟?が出てきたジョ。
ここで飛行石採取できないかしら?
そしてこの施設は今でも健在なのかしら?
マジでこの辺りは宮崎駿ワールドがムンムンやで。
2
トトロの森
2016年04月24日 09:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トトロの森
2
せせらぎ

もう申し分ない。綺麗。
めちゃくちゃ落ち着きますわ。
Millerさんのお山に求める究極の世界とはこんなところやねん。
こんな場所と遭遇できたのなら今日のPEAK(石楠花)はどうでもいいわ。
2016年04月24日 09:56撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せせらぎ

もう申し分ない。綺麗。
めちゃくちゃ落ち着きますわ。
Millerさんのお山に求める究極の世界とはこんなところやねん。
こんな場所と遭遇できたのなら今日のPEAK(石楠花)はどうでもいいわ。
3
チャルメルソウさん

2016年04月24日 09:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャルメルソウさん

2
ザ〜

森の中にこだまするせせらぎの音。
たまに小鳥の囀りも。
「君、今月も営業成績が最下位だよ!もっとしっかりやらないとダメだろ!」。
な〜んて課長の怖い顔を忘れるにはもってこいの空間だわよ。
そこのアナタ、仕事で辛い気持ちになったらここへおいで。
2016年04月24日 10:01撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザ〜

森の中にこだまするせせらぎの音。
たまに小鳥の囀りも。
「君、今月も営業成績が最下位だよ!もっとしっかりやらないとダメだろ!」。
な〜んて課長の怖い顔を忘れるにはもってこいの空間だわよ。
そこのアナタ、仕事で辛い気持ちになったらここへおいで。
3
取付き

駐車地から歩き始めて一時間チョイ、ようやく取付きらしき場所にたどり着いたわよ。
ここには古びた立て表示が現れだし「鶴坂峠→」と記されていた。
どうやらここが奥鶴新道の取付きらしいで。
2016年04月24日 10:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付き

駐車地から歩き始めて一時間チョイ、ようやく取付きらしき場所にたどり着いたわよ。
ここには古びた立て表示が現れだし「鶴坂峠→」と記されていた。
どうやらここが奥鶴新道の取付きらしいで。
3
渡床

これより沢を渡るシーンがしばしば。
GPSを確認すれば鶴坂峠までは沢筋を登り上げるようやねん。
2016年04月24日 10:09撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡床

これより沢を渡るシーンがしばしば。
GPSを確認すれば鶴坂峠までは沢筋を登り上げるようやねん。
1
静かな佇まい

ここまでだれにも遭遇していません。
雰囲気ある古道といった感じで今回の選択はめっちゃHitだったと自負するMillerさん。
(と、この時まではね)。
2016年04月24日 10:14撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな佇まい

ここまでだれにも遭遇していません。
雰囲気ある古道といった感じで今回の選択はめっちゃHitだったと自負するMillerさん。
(と、この時まではね)。
2
エンレイソウさん

今年のハツモノであります。
2016年04月24日 10:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウさん

今年のハツモノであります。
3
道???

なんとなく人の踏み跡が出来ている。
横には小さな沢も流れているし、美しい新緑が芽吹きましたので雰囲気的には申し分ない。
2016年04月24日 10:19撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道???

なんとなく人の踏み跡が出来ている。
横には小さな沢も流れているし、美しい新緑が芽吹きましたので雰囲気的には申し分ない。
倒木

道がややこしくなってきた。
冬の湿った雪でやられた倒木があちらこちらに現れだした。
「グヘッ‼」。
画像を見るとハニーちゃんが倒木の下敷きになっているように見えるね。
実はくぐっているの。
2016年04月24日 10:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木

道がややこしくなってきた。
冬の湿った雪でやられた倒木があちらこちらに現れだした。
「グヘッ‼」。
画像を見るとハニーちゃんが倒木の下敷きになっているように見えるね。
実はくぐっているの。
1
道が消えた…

沢は枯れ、辺りは藪が支配し歩いてきた道(踏み跡)は突如消えた。
GPSを確認すればちゃんと表示されまだ先に続いている。
だけどどこを取り付いても、藪、やぶ、ヤブ。
特にウザいのはトゲのあるバラ科植物がやたら多く、着ている衣服にチクチクとまとわりついてくるねん。
結局この場所で約30分間あーでもない、こーでもないを繰り返したが先に進めそうな足場が見当たらなかった。
もう心はすっかり折れちゃって石楠花どころではなくなった。
「撤収❗」。
標高300mに満たない地点で無念の敗退を決めた加賀前田Miller軍勢。
先週は標高2800mの雪山を攻め落としたのに今回は標高280m手前で敗北を期す。
人の多く入るメジャーな名山より地形図にも名前の載らない里山の方が難易度が高いということが痛感した瞬間であった。
2016年04月24日 10:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が消えた…

沢は枯れ、辺りは藪が支配し歩いてきた道(踏み跡)は突如消えた。
GPSを確認すればちゃんと表示されまだ先に続いている。
だけどどこを取り付いても、藪、やぶ、ヤブ。
特にウザいのはトゲのあるバラ科植物がやたら多く、着ている衣服にチクチクとまとわりついてくるねん。
結局この場所で約30分間あーでもない、こーでもないを繰り返したが先に進めそうな足場が見当たらなかった。
もう心はすっかり折れちゃって石楠花どころではなくなった。
「撤収❗」。
標高300mに満たない地点で無念の敗退を決めた加賀前田Miller軍勢。
先週は標高2800mの雪山を攻め落としたのに今回は標高280m手前で敗北を期す。
人の多く入るメジャーな名山より地形図にも名前の載らない里山の方が難易度が高いということが痛感した瞬間であった。
1
キノッピー家族

心の中では敗退による悔しさでいっぱいだったが降りてきたら再び癒しの空間に戻れたので徐々に落ち着きを取り戻してきた。
2016年04月24日 11:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノッピー家族

心の中では敗退による悔しさでいっぱいだったが降りてきたら再び癒しの空間に戻れたので徐々に落ち着きを取り戻してきた。
4
リラクゼーション

鶴坂峠取付きまで戻ってきた。
沢と緑がMiller隊を励ましてくれる。
負け惜しみに思われちゃうかもしれませんが、やっぱり賑やかな山頂付近よりこの辺りの方が断然落ち着きますわ。
きっと神様が「おいMiller!お前は森が好きなんだろ?なんでPEAKに執着してんだよ?お前らしくね〜な。お前はここが似合ってんだよ!」と申されていて再び導いてくださったのかしれないね。
2016年04月24日 11:17撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リラクゼーション

鶴坂峠取付きまで戻ってきた。
沢と緑がMiller隊を励ましてくれる。
負け惜しみに思われちゃうかもしれませんが、やっぱり賑やかな山頂付近よりこの辺りの方が断然落ち着きますわ。
きっと神様が「おいMiller!お前は森が好きなんだろ?なんでPEAKに執着してんだよ?お前らしくね〜な。お前はここが似合ってんだよ!」と申されていて再び導いてくださったのかしれないね。
2
ホウチャクソウさん

ご親戚のナルコユリさんかもよ。
(調べるのメンドクサセーの)
2016年04月24日 11:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウチャクソウさん

ご親戚のナルコユリさんかもよ。
(調べるのメンドクサセーの)
4
ニリンソウさん
2016年04月24日 11:50撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウさん
5
ラピュタのロボットいる?

いてもいいんじゃない。
2016年04月24日 12:07撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラピュタのロボットいる?

いてもいいんじゃない。
3
ムラサキケイマンさん
2016年04月24日 12:08撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキケイマンさん
2
オオカメノキさん
2016年04月24日 12:10撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキさん
2
チゴユリさん

最後は森の中をお花探しながらブラブラして今回はおしまい。
石楠花を見たければ人の多い加賀地区の里山に入らなくたって雪の残るあのお山にも咲いているねん。
今度そちらに行って楽しんでみよ。
2016年04月24日 12:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チゴユリさん

最後は森の中をお花探しながらブラブラして今回はおしまい。
石楠花を見たければ人の多い加賀地区の里山に入らなくたって雪の残るあのお山にも咲いているねん。
今度そちらに行って楽しんでみよ。
4
蟹淵へGO!‼

ここからはおまけ。
恒例の平日午後イチお花ハイクに行って来たばい。
目指すは揚原山487m、蟹淵コースから詰めちゃうからね。
2016年04月20日 14:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟹淵へGO!‼

ここからはおまけ。
恒例の平日午後イチお花ハイクに行って来たばい。
目指すは揚原山487m、蟹淵コースから詰めちゃうからね。
ハジケル新緑

新緑が青空に向かってばんざーい‼。
2016年04月20日 14:09撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハジケル新緑

新緑が青空に向かってばんざーい‼。
2
キランとモミジ
2016年04月20日 14:11撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キランとモミジ
1
突如出現

「あっ❗こんなところに池がある‼」。
取り付きからほんのチョイで早くもお目当てが登場した。
ほうほう、ワクワクしますやん。
2016年04月20日 14:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突如出現

「あっ❗こんなところに池がある‼」。
取り付きからほんのチョイで早くもお目当てが登場した。
ほうほう、ワクワクしますやん。
名勝

めいかつ…?
はは〜ん、あれか。
「メイジ、十勝っち、スライスチ〜ズ🎵」。
あれは確か明治じゃなかったかしら?
こんなバカは無視して先に進みましょう。
2016年04月20日 14:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名勝

めいかつ…?
はは〜ん、あれか。
「メイジ、十勝っち、スライスチ〜ズ🎵」。
あれは確か明治じゃなかったかしら?
こんなバカは無視して先に進みましょう。
1
蟹淵(がんぶち)

コバルトブルーの神秘の泉が現れだした。
すり鉢状になった地形に沢から流れ込む水が貯まった泉である。
吸い込まれそうな深く蒼いブルーの水。
そして辺りの新緑とものすごくマッチした素敵な雰囲気を醸し出した場所だ。
一周300mくらいのこの泉にはぐるりと回れる道が付いているので辿ってみよう。
2016年04月20日 14:19撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟹淵(がんぶち)

コバルトブルーの神秘の泉が現れだした。
すり鉢状になった地形に沢から流れ込む水が貯まった泉である。
吸い込まれそうな深く蒼いブルーの水。
そして辺りの新緑とものすごくマッチした素敵な雰囲気を醸し出した場所だ。
一周300mくらいのこの泉にはぐるりと回れる道が付いているので辿ってみよう。
5
森の中の神秘の泉

素晴らしすぎてため息が…。
2016年04月20日 14:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中の神秘の泉

素晴らしすぎてため息が…。
5
水芭蕉

この時にはまだ水芭蕉が咲いていませんでしたが、沢水が流れ込む湿地場所には何株か咲くらしい。
ホンマ森と泉に囲まれたブルーシャトウとはこの事だ。
2016年04月20日 14:25撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉

この時にはまだ水芭蕉が咲いていませんでしたが、沢水が流れ込む湿地場所には何株か咲くらしい。
ホンマ森と泉に囲まれたブルーシャトウとはこの事だ。
1
新緑&紅葉

新緑が美しいって事はきっと紅葉も美しいってことやで。
秋の昼下がりにはチェックしておこうっと。
2016年04月20日 14:27撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑&紅葉

新緑が美しいって事はきっと紅葉も美しいってことやで。
秋の昼下がりにはチェックしておこうっと。
2
タチツボスミレさん
2016年04月20日 14:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレさん
1
いざ揚原山!

時間もたっぷりとあるので揚原山に向かうよ。
2016年04月20日 14:40撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ揚原山!

時間もたっぷりとあるので揚原山に向かうよ。
杉林

蟹淵から急に高度が上がり沢筋を登り詰めると杉林にインしちゃう。
倒木や落ち葉で道は分かりにくいの。
迷子の子猫ちゃんは赤布を見落とさないようにね。
2016年04月20日 14:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林

蟹淵から急に高度が上がり沢筋を登り詰めると杉林にインしちゃう。
倒木や落ち葉で道は分かりにくいの。
迷子の子猫ちゃんは赤布を見落とさないようにね。
1
シハイスミレさん
2016年04月20日 15:01撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シハイスミレさん
2
分岐

高野山からの縦走路と交わる分岐に到着。
ここを左に進めば揚原山PEAKやねん。
2016年04月20日 15:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐

高野山からの縦走路と交わる分岐に到着。
ここを左に進めば揚原山PEAKやねん。
爽やかな尾根歩き

日差したっぷりの稜線は若い新芽の出た木々が迎えてくれた。
なんだかスキップしたくなっちゃうよね。
「うわっ!ドテッ!い、いたいぃぃぃ!」。
調子こいてスキップ3、4歩やってみたら根っこに躓いて転び手をすりむいた。
この後一旦暗部へ降りて登り返すと揚原山頂上やで。
2016年04月20日 15:09撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽やかな尾根歩き

日差したっぷりの稜線は若い新芽の出た木々が迎えてくれた。
なんだかスキップしたくなっちゃうよね。
「うわっ!ドテッ!い、いたいぃぃぃ!」。
調子こいてスキップ3、4歩やってみたら根っこに躓いて転び手をすりむいた。
この後一旦暗部へ降りて登り返すと揚原山頂上やで。
2
揚原山PEAK487m着🎉

平日の真っ昼間にやってくるブラブラした暇人は一人もいません。
今回も独占です。
PEAKには三等三角点と標柱がある。
2016年04月20日 15:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
揚原山PEAK487m着🎉

平日の真っ昼間にやってくるブラブラした暇人は一人もいません。
今回も独占です。
PEAKには三等三角点と標柱がある。
1
眺望は?

加賀平野側の木々が狩り払われて見通しが良いね。
日本海も見える。
2016年04月20日 15:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望は?

加賀平野側の木々が狩り払われて見通しが良いね。
日本海も見える。
1
オーノー

白山の眺望は?
ノーgoodよ。
白山方面の木々も狩り払われているんだけど、それでも残る木々が邪魔してジャーンってな具合じゃなかった。
今日は空気が澄み渡り白山の眺望が抜群にええねん。
でね、肉眼では木々の隙間から白山を望む事が出来たんだけどカメラでは上手く撮れないのよ。
2016年04月20日 15:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーノー

白山の眺望は?
ノーgoodよ。
白山方面の木々も狩り払われているんだけど、それでも残る木々が邪魔してジャーンってな具合じゃなかった。
今日は空気が澄み渡り白山の眺望が抜群にええねん。
でね、肉眼では木々の隙間から白山を望む事が出来たんだけどカメラでは上手く撮れないのよ。
1
頂上退散

PEAKからの眺望も良いけどやっぱりここは森の中と泉に軍配が上がる。
lunchもないので10分くらいで飽きる。
再度森の中に降りて光の加減が変わった雰囲気を楽しんでみよ。
2016年04月20日 15:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上退散

PEAKからの眺望も良いけどやっぱりここは森の中と泉に軍配が上がる。
lunchもないので10分くらいで飽きる。
再度森の中に降りて光の加減が変わった雰囲気を楽しんでみよ。
2
三つ葉ツツジさん

緑にビシッと紅一点って感じで綺麗だわ。
だけどねツツジさんのお仲間さんは接写してもビューティフルな美貌の持ち主にはあまり出会えないのよね。
色合いは鮮やかでも花びらがくすんだのやら破れたのやらが多いわよね。
こうして遠目からパシャっとすると栄えるはよ。
2016年04月20日 15:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ葉ツツジさん

緑にビシッと紅一点って感じで綺麗だわ。
だけどねツツジさんのお仲間さんは接写してもビューティフルな美貌の持ち主にはあまり出会えないのよね。
色合いは鮮やかでも花びらがくすんだのやら破れたのやらが多いわよね。
こうして遠目からパシャっとすると栄えるはよ。
3
スポットライト

杉林に射し込む光のビームがシダを直撃。
こういったシーンも午後からの方がとらえやすくて下山時の楽しみでもあんねん。
2016年04月24日 05:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スポットライト

杉林に射し込む光のビームがシダを直撃。
こういったシーンも午後からの方がとらえやすくて下山時の楽しみでもあんねん。
2
きらきらチャルメルソウさん
2016年04月20日 16:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きらきらチャルメルソウさん
2
新緑のシルエット
2016年04月20日 15:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑のシルエット
1
森の中のせせらぎ

この水が蟹淵へ流れ込むのよ。
2016年04月20日 16:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中のせせらぎ

この水が蟹淵へ流れ込むのよ。
1
試合終了

時間は午後の五時半。
今日もよく働き、よく遊んじゃたわ。
んじゃね、ばいば〜い。
2016年04月20日 16:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
試合終了

時間は午後の五時半。
今日もよく働き、よく遊んじゃたわ。
んじゃね、ばいば〜い。
2

感想/記録

え〜、またまた一週遅れのレポを上げちゃって恐縮しております。
なかなか時代のスピードに着いていけないレベルであります事をご了承下さいませ。

さて本来なら週末のお山遊びは雪山へと向かう予定でありますた。
んが、ハニーちゃんから旬を迎えている石楠花を是非見たいとの強い要望を受け、今回はあえて春の里山に繰り出す事に決めますた。
石楠花と言えばこの辺りだと加賀里山が有名で富士写や菅倉山がメジャーでありますね。
そして今回訪れそびれた小松市大杉にあります大鶴山&奥城山の頂上付近もかなりドバーっと咲くと聞いております。
標高差も少なくお手頃感もある奥城山はお年を召された方に大人気だとか。
今回は人のよく入るやす谷コースを使わずに秘伝の虎の巻を見てネーミングの響きにビビっときた奥鶴新道から取り付きました。
「奥鶴」って素敵な名前だと思いません?
機織りをしてる鶴がいそうでメルヘンチックやん。
それに取付きまでの作業林道は雰囲気抜群、まるでしっとりとした佇まいが宮崎駿ワールドなのよね。
これだけでもここへ訪れた甲斐があったっつうもんよ。
ポムじいさんの石切場を過ぎたら沢渡床場所に古びた木製立て看板が現れた。
「え?ここは新道なのでしょ?この木製立て看板のヤル気の無いオンボロ感は何?」。
「鶴坂峠はあっち」みたいな→が記されているだけやねん。
一抹の不安を感じながらも虎の巻に記された通りに沢筋へと取付てみる。
当初は奥城山のやす谷コースのように万全な整備が行き届いたイメージを持っていたのでそのギャップの違いに躊躇してしまった。
だけどあまりにも人の手が加えられすぎってのも疑問を感じていたので自然剥き出しのこのコースにはある意味私のツボを刺激してくれて一目惚れに近い感情を抱いた。
沢を渡床して進んでみると踏み跡らしきものはあるものの不明瞭。
だけど進んでいけないレベルではなかった。
チョロチョロと流れ込む小さな沢を横にして自然味溢れるこのコースがたまらなく気に入ったジョ。
幾度となく倒木を越えて藪も掻き分け高度を上げてきたら遂に行き詰まった。
進める足場が消えちゃったのよ。
行く手にはバラ科の植物に手を焼いて悪戦苦闘の連続に。
先ほどまでの良い雰囲気モードは完全に消え失せ焦りと攻略法にいっぱいいっぱいとなっていた。
やがて傾斜は勾配増しつかまるところ、踏む込むポイント探しで困難を来した。
皮肉にもGPSを見れば道は記されていて「何をもたもたしている?」と問いかけられている気がして実に悔しい。
今回はハニーちゃんと同行しているのでこれ以上川口浩的チャレンジをさせて不安を煽るのもウチら本来のお山歩きの趣旨から外れてしまっていると感じた。。
「撤収!」。
決断すると再び楽園へと戻れる。
雰囲気の良い森の中でたくさんのお花を相手している方が心が休まる。

今回敗北を期した奥鶴新道をネットで調べてみました。
ヤマレコでもトライ記録が見当たりませんねー。
先日、longさんが山中側の大土集落からトライされて鶴坂峠を制された記録が残っていますけれど、今回のウチらのように大杉側からの例が見当たりません。
唯一今回持参した本のコース案内をされた方のみであります。
鶴坂峠から大杉まで降った記録はブログ「加賀里山逍遙」での一例のみしか見つけられませんですた。
ブログにも紹介されていましたけど、鶴坂峠直下の急峻な場所にはロープが数ヶ所設置されているらしいのですが、ほとんど藪に覆い尽くされた獣道と記されていますた。
古き時代の集落の生活道は時代の発展と共に廃れていってしまったのね。
個人的にはもう一度この道が復活してくれたなら良いのになと思っているのですけれど…。
どなたかこの奥鶴新道を制覇してみてくださいな。

平日の午後イチに訪れた蟹淵。
灯台もと暗しとはこの事で、ウチからめっちゃ近いこの場所には「いつでも行けるから」と思い続け今まで一度も訪れた事がありませぬでした。
しかし、ここ最近始めた午後イチからのぷらっと散策では夕方までの時間の制約がありますので「安近短」とならざるを得なくなった。
ここで封印を解く事としこの新緑ダイナマイト時期に出向いてみました。
これを真夏の炎天下の昼下がり時や寒々しい初冬の頃にトライしていたら「ふ〜ん、あっそ」で終わっていたに違いない。
大好きな沢や泉のある場所ではやっぱり最高の旬を迎えた時に訪れないとね。
結果は拍手喝采のスタンディングオーベーションだったわ。
初めて訪れた場所が心踊る素敵なところで良かった。
今度は秋にでも高野山との周回をやってみよっと。
訪問者数:124人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ