ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851317 全員に公開 ハイキング奥秩父

【大菩薩嶺】家族登山・2016年2回目

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山NcStrafe, その他メンバー3人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:第二市営駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
58分
合計
5時間13分
S上日川峠08:1608:21ロッヂ長兵衛08:2208:42福ちゃん荘08:4808:54富士見山荘08:58勝縁荘09:0209:43大菩薩峠09:5610:11親不知ノ頭10:25賽ノ河原10:3010:43神部岩10:4611:01雷岩11:12大菩薩嶺11:1611:25雷岩11:3212:44福ちゃん荘12:5713:26ロッヂ長兵衛13:2813:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報やまと天目山温泉(日帰り入浴:大人510円/小人300円)
http://eiwa-kotsu.com/tenmoku.html
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

上日川峠の第二駐車場は、スペースが残りわずかで、我が家は滑り込みセーフという感じだった。早速次男が案内図を使ってルートを解説している。(ように見える。)
2016年04月23日 08:17撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠の第二駐車場は、スペースが残りわずかで、我が家は滑り込みセーフという感じだった。早速次男が案内図を使ってルートを解説している。(ように見える。)
1
しばらくは林道(車道)沿いの遊歩道を歩く。天気予報では午後から晴れるとのことだったが、霧が…
2016年04月23日 08:26撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは林道(車道)沿いの遊歩道を歩く。天気予報では午後から晴れるとのことだったが、霧が…
1
周囲はあっという間に濃霧に包まれ、不穏なムードに。
2016年04月23日 08:34撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲はあっという間に濃霧に包まれ、不穏なムードに。
霧(と気分)は晴れぬまま、福ちゃん荘に到着。
2016年04月23日 08:45撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧(と気分)は晴れぬまま、福ちゃん荘に到着。
1
食事もできるし、登山バッジやジュースなども販売している。「ここが山頂?」と次男。そんなワケないだろ…
2016年04月23日 08:46撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事もできるし、登山バッジやジュースなども販売している。「ここが山頂?」と次男。そんなワケないだろ…
1
相変わらずヤル気のない次男のため、本日は最も難易度の低い(と思われる)表登山道周回コースを利用する。唐松尾根は斜度がキツイので…
2016年04月23日 08:47撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずヤル気のない次男のため、本日は最も難易度の低い(と思われる)表登山道周回コースを利用する。唐松尾根は斜度がキツイので…
1
ふと、富士見山荘方面に歩み寄って行く子供たち。
2016年04月23日 08:54撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと、富士見山荘方面に歩み寄って行く子供たち。
お目当てはブランコだった。片方が壊れていたので代わりばんこに遊んでいた。なお、手持ちの地図では富士見山荘は休業中となっていたが、電話予約をすれば開けてくれるらしい。
2016年04月23日 08:55撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お目当てはブランコだった。片方が壊れていたので代わりばんこに遊んでいた。なお、手持ちの地図では富士見山荘は休業中となっていたが、電話予約をすれば開けてくれるらしい。
1
破線ルート(富士見新道)に挑もうとする少年たち。そっちじゃない。
2016年04月23日 08:56撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルート(富士見新道)に挑もうとする少年たち。そっちじゃない。
2
杖を持った老人の物真似をするなど、まだまだ余裕の次男坊。
2016年04月23日 08:58撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖を持った老人の物真似をするなど、まだまだ余裕の次男坊。
1
程なく、勝縁荘に到着。関係者のものと思われる車が何台か停めてあった。GWに備えて準備中か?
2016年04月23日 09:00撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく、勝縁荘に到着。関係者のものと思われる車が何台か停めてあった。GWに備えて準備中か?
立派な橋(というか道路)で沢を渡る。介山荘の車はここを渡って林道を上がって行くようだ。
2016年04月23日 09:00撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な橋(というか道路)で沢を渡る。介山荘の車はここを渡って林道を上がって行くようだ。
手を変え品を変え遊んでいる次男。遊び疲れてバテなければいいが…
2016年04月23日 09:03撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手を変え品を変え遊んでいる次男。遊び疲れてバテなければいいが…
1
今度は石拾いに夢中。全然ペースが上がらない。
2016年04月23日 09:17撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は石拾いに夢中。全然ペースが上がらない。
1
霧が晴れて空が徐々に明るくなってきた。予報通り晴れるか?
2016年04月23日 09:24撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れて空が徐々に明るくなってきた。予報通り晴れるか?
休憩用のベンチがあったが、ここまで再三休憩を取っているので登山を続行。
2016年04月23日 09:30撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩用のベンチがあったが、ここまで再三休憩を取っているので登山を続行。
長男に引っ張ってもらいながらも「もう疲れた、先行っていいよ」とかゴネ始める次男坊。
2016年04月23日 09:33撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長男に引っ張ってもらいながらも「もう疲れた、先行っていいよ」とかゴネ始める次男坊。
2
高木が疎らになると、視界は一面の笹原に。なんと、上空には青空が見え始めている。
2016年04月23日 09:44撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高木が疎らになると、視界は一面の笹原に。なんと、上空には青空が見え始めている。
1
介山荘に到着。ここまでは山荘の車が入る道なので、広くて歩きやすかった。
2016年04月23日 09:46撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘に到着。ここまでは山荘の車が入る道なので、広くて歩きやすかった。
1
大菩薩峠に到着。小説のタイトルとしても有名な場所だ。
2016年04月23日 09:52撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着。小説のタイトルとしても有名な場所だ。
4
介山荘周辺は結構賑わっていた。ここのオリジナルバッジが格好良かったので(子供に)購入。500円也。
2016年04月23日 09:54撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘周辺は結構賑わっていた。ここのオリジナルバッジが格好良かったので(子供に)購入。500円也。
1
ここまでは幅広の林道のような道を歩いてきたので、ある意味ここからが本格的な登山道である。しばし休憩。
2016年04月23日 09:58撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは幅広の林道のような道を歩いてきたので、ある意味ここからが本格的な登山道である。しばし休憩。
9
登山者が一様に同じ方向にカメラを向けてシャッターを切っているのを見て、視線を辿ると…山の端から雲をまとった富士の姿が!
2016年04月23日 10:02撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者が一様に同じ方向にカメラを向けてシャッターを切っているのを見て、視線を辿ると…山の端から雲をまとった富士の姿が!
5
霧が晴れただけではなく富士まで拝めるとはラッキーだ。気を良くしながら稜線の道を行く。
2016年04月23日 10:02撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れただけではなく富士まで拝めるとはラッキーだ。気を良くしながら稜線の道を行く。
裾野が雲に覆われているが、これはこれで絵になる。圧倒的な存在感。
2016年04月23日 10:10撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裾野が雲に覆われているが、これはこれで絵になる。圧倒的な存在感。
5
賽の河原の手前から、大菩薩嶺の威容。
2016年04月23日 10:20撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原の手前から、大菩薩嶺の威容。
2
ケルンは子供たちの格好の遊び場であった。まずは兄。
2016年04月23日 10:25撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンは子供たちの格好の遊び場であった。まずは兄。
3
続いて弟。ケルンが現れるたびにこれを繰り返す兄弟。
2016年04月23日 10:26撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて弟。ケルンが現れるたびにこれを繰り返す兄弟。
2
この写真、手前に写る登山者との対比が面白い。
2016年04月23日 10:30撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真、手前に写る登山者との対比が面白い。
2
岩場を乗り越え、先へ進むと…
2016年04月23日 10:35撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を乗り越え、先へ進むと…
神部岩に到着。標識によると標高2,000メートル地点のようだ。
2016年04月23日 10:43撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神部岩に到着。標識によると標高2,000メートル地点のようだ。
2
見晴らしが良いので、ここでも小休止。次男がちょっとキツそう…
2016年04月23日 10:43撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしが良いので、ここでも小休止。次男がちょっとキツそう…
2
辿ってきた稜線を振り返る。大菩薩峠の先には天狗棚山、その奥には小金沢連峰の山々が連なる。
2016年04月23日 10:44撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辿ってきた稜線を振り返る。大菩薩峠の先には天狗棚山、その奥には小金沢連峰の山々が連なる。
2
ここからは遠く南アルプスの峰々を望むことができた。
2016年04月23日 10:48撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは遠く南アルプスの峰々を望むことができた。
しばらく歩くと、前方に再び岩場が出現。
2016年04月23日 11:01撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、前方に再び岩場が出現。
岩場を越えると広場があり、この標識が設置されていた。先ほどの岩場の全体が「雷岩」なのか?
2016年04月23日 11:03撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を越えると広場があり、この標識が設置されていた。先ほどの岩場の全体が「雷岩」なのか?
標識から10分ほどで、山頂へ辿り着く。
2016年04月23日 11:12撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識から10分ほどで、山頂へ辿り着く。
大菩薩嶺山頂に到着。標高2,057メートルピークで、三等三角点(点名:大菩薩)が埋設されている。なお、大菩薩峠と違って展望はゼロ。
2016年04月23日 11:13撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺山頂に到着。標高2,057メートルピークで、三等三角点(点名:大菩薩)が埋設されている。なお、大菩薩峠と違って展望はゼロ。
6
記念撮影後、またまた小休止。
2016年04月23日 11:17撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影後、またまた小休止。
1
雷岩に戻ってきた。いつ来てもこの岩場ではたくさんの登山者が休んでいる。いわゆる憩いの場、である。
2016年04月23日 11:28撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩に戻ってきた。いつ来てもこの岩場ではたくさんの登山者が休んでいる。いわゆる憩いの場、である。
1
我々も持参した食糧を食べながら休もうと思ったのだが、次男が早く下りたいというので、下山開始。(トイレに行きたかったらしい…)
2016年04月23日 11:33撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々も持参した食糧を食べながら休もうと思ったのだが、次男が早く下りたいというので、下山開始。(トイレに行きたかったらしい…)
富士はだいぶ隠れてしまった。
2016年04月23日 11:40撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士はだいぶ隠れてしまった。
2
上の方から学生の集団が下りてきたので、道をあけてやり過ごすが、大人数なので時間がかかってしまう。次男が数えた限りでは、70人以上いたとか。ホントか?
2016年04月23日 11:49撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方から学生の集団が下りてきたので、道をあけてやり過ごすが、大人数なので時間がかかってしまう。次男が数えた限りでは、70人以上いたとか。ホントか?
1
松ぼっくり?
2016年04月23日 12:07撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ぼっくり?
2
次男が疲れてウダウダし始めるが、長男が手を引いてサポート。
2016年04月23日 12:26撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次男が疲れてウダウダし始めるが、長男が手を引いてサポート。
2
二人がよく遊んでいるゲームの話題を振るなどして気を紛らせているようだ。さすが五年生。
2016年04月23日 12:39撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二人がよく遊んでいるゲームの話題を振るなどして気を紛らせているようだ。さすが五年生。
2
長男の機転のお蔭で次男の足取りが戻り、順調に進む。
2016年04月23日 12:42撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長男の機転のお蔭で次男の足取りが戻り、順調に進む。
2
福ちゃん荘でトイレ休憩。妻はここで昼食にしたかったらしいが、温泉に寄って食べる計画だったので、ラムネだけ買って下山することにする。
2016年04月23日 12:55撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘でトイレ休憩。妻はここで昼食にしたかったらしいが、温泉に寄って食べる計画だったので、ラムネだけ買って下山することにする。
1
お馴染みのリスくん。往路では気が付かなかった。
2016年04月23日 13:27撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みのリスくん。往路では気が付かなかった。
登山口に戻ってきた。お疲れ様。この後は予定通り温泉(やまと天目山温泉)で湯に浸かり、遅めの昼食をとった。自分と妻は天ぷらそば、長男はもりそばを、次男はラーメンを頼み、スープまで残さず平らげたのだった。
2016年04月23日 13:28撮影 by NIKON 1 S2, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきた。お疲れ様。この後は予定通り温泉(やまと天目山温泉)で湯に浸かり、遅めの昼食をとった。自分と妻は天ぷらそば、長男はもりそばを、次男はラーメンを頼み、スープまで残さず平らげたのだった。
3

感想/記録

今年2回目の月例家族登山。車で標高を稼ぐことができる山として、大菩薩嶺をチョイスしてみた。
長男にとっては少々物足りなかったようだが、妻と次男にはちょうど良いレベルだったと思う。
当日は午前中は曇っていて霧が濃く、展望はまったく期待できない状態だったが、予報通り午後は晴天となり、雲をまとった富士や、南アルプスの山々を眺めることができた。
訪問者数:230人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ケルン 林道 三角点
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ