ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851549 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

岩稜と鎖と原生林の「妙義山」中間道+相馬岳&天狗岳

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー JUNSIN95okuniy, その他メンバー1人
天候午前曇り〜午後晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ふじみ野駅6:45〜東松山IC〜松井田妙義IC〜8:30道の駅みょうぎ駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

道の駅みょうぎ駐車場8:30〜8:45妙義神社9:00〜タルワキ沢分岐9:45〜10:45相馬岳(昼飯)11:15〜11:45天狗岳&天狗岩12:00〜タルワキ沢分岐12:45〜14:15奇岩&石門群15:15〜中之嶽神社〜15:45中之嶽神社駐車場

登山時間 約7時間15分  標高差 約650M+200M  疲労LV4
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録
by okuniy

群馬は運動会で4つのグループに分けるらしいです。赤城組、榛名組、白根組と妙義組。登山をしてれば一回は聞く名前ですね。今回は上信越道から一際目立つ妙義山へ。

上信越道の松井田妙義からは車で10分ほど、アクセスはよく妙義神社の駐車場、今回の登山口にあっと言う間に到着。道の駅はありますが、食料調達は出来ず、、、途中のSAで買うのをお勧めいたします。私は優しい2人の仲間から恵んで頂き助かりました。

妙義神社からは中間道をひたすら歩き続けました。妙義神社側からの中間道は多少の登りはありましたが、ほぼ平坦で歩きやすい。途中で展望台ありましたが、やはり曇りで良い景色は拝めず。。。相馬岳への分岐を右折し、ここからは本格登山のはじまり。急傾斜や鎖場の連続で、久々の登山にはかなり堪える厳しい山行。足元に泥濘もあり、滑った後も残っているので、ところどころは細心の注意です。

1時間ほど登り続け尾根、頂上に到着。ザイルが必要な尾根伝えの道を歩いてきたヘルメット着用の登山者が多く、低い山頂の山ですが、難易度の高い登山コースであることを実感。相馬岳からはピストンで同じ道を下る。これが滑るしなかなか怖かった。超ベテランのじいちゃんばあちゃんも、こんな山は初めてや。と言わせるほど。

中間道まで無事下山、あとは余裕〜的な雰囲気でしたが、甘かった!石門口の方までほとんど登りで体力が奪われる。。。ここまで苦しむとは思わんかったが、途中からは特徴的な岩や石門などがあらわれ、何か世界遺産、遺跡に入ってきたような景色が広がり感動。最高のご褒美でした。

帰りは、妙義神社の登山口までタクシーを使いましたが、下る下る〜で、中間道で苦しめられたのはこれが!とふと振り返る。

急傾斜、鎖場、長丁場となかなか大変な山行でしたが、他の山では見る事が出来ない景色に出会えた1日でした。お疲れ様でした。
訪問者数:307人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ