ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851623 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

栗石山・男鹿岳[福島県・栃木県]

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー tetsu0216
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
29分
合計
7時間16分
Sスタート地点06:3008:28大川峠08:3610:28男鹿岳10:4912:01大川峠13:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

釜沢橋近くに駐車してスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜沢橋近くに駐車してスタート
最初は約2時間の林道歩きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は約2時間の林道歩きです
落石が多いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石が多いです
1
道路が崩落している箇所もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路が崩落している箇所もあります
林道の終盤でやっと残雪が出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終盤でやっと残雪が出てきました
大川峠(男鹿峠)到着。ここからは藪との戦いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川峠(男鹿峠)到着。ここからは藪との戦いです
2
踏跡やマーキングはあるので迷うことはありませんが、チシマザサ等をかき分けて進むので疲れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏跡やマーキングはあるので迷うことはありませんが、チシマザサ等をかき分けて進むので疲れます
2
栗石山山頂付近でやっと雪が増えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗石山山頂付近でやっと雪が増えてきました
一応チェーンアイゼンを装着しましたが雪は緩かったため無くても問題なさそうな感じでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応チェーンアイゼンを装着しましたが雪は緩かったため無くても問題なさそうな感じでした
1
栗石山山頂。ここから男鹿岳までもしばらくは藪が濃かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗石山山頂。ここから男鹿岳までもしばらくは藪が濃かったです
2
藪漕ぎが辛いので雪が出てくると安心します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪漕ぎが辛いので雪が出てくると安心します
2
男鹿岳山頂。辿り着けて良かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男鹿岳山頂。辿り着けて良かったです
5
三等三角点「男鹿岳」。雪の下かと思いましたが普通に出ていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点「男鹿岳」。雪の下かと思いましたが普通に出ていました
3
山頂から那須連山方面。天気は良かったのですが霞んでいて遠望は利きませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から那須連山方面。天気は良かったのですが霞んでいて遠望は利きませんでした
2
来た道を戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります
藪漕ぎに必死になっていたらいつの間にか栗石山を過ぎていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪漕ぎに必死になっていたらいつの間にか栗石山を過ぎていました
3
下山時に藪の中で滑った際、眼鏡が吹っ飛んで探すのにとても苦労しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に藪の中で滑った際、眼鏡が吹っ飛んで探すのにとても苦労しました
1
やっと大川峠(男鹿峠)に戻ってきました。ここからまた長い林道歩きが始まるのですが、とりあえず藪が終わって嬉しいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと大川峠(男鹿峠)に戻ってきました。ここからまた長い林道歩きが始まるのですが、とりあえず藪が終わって嬉しいです
林道沿いにはフキが沢山生えていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いにはフキが沢山生えていました
2
無事に戻ってきました。先週歩いた飯能アルプスとはまた違った辛さでしたが、登れて良かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に戻ってきました。先週歩いた飯能アルプスとはまた違った辛さでしたが、登れて良かったです

感想/記録

日本三百名山にも選ばれている栃木県と福島県の県境にある男鹿岳に登ってきました。
今年の目標の一つとして栃木県内の未踏の日本三百名山を登ろうと考えており、雪が少なくて大変そうだと思いながらも行ってみることにしました。

寝坊して到着が予定より遅くなりましたが、思った以上に車があって一安心。
やはり雪が少なく藪漕ぎが長くて大変でしたが、その分山頂に着いた時の達成感は大きかったです。
訪問者数:403人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/7
投稿数: 3
2016/4/26 9:22
 私は、5時15分に出発しました。
タイムを見ると、かなり早く登っているので感心しました。林道の分岐点で左の工事用道路のどんずまりまで間違って歩き、1時間のロスになりました。今日は取りやめようかなとちらっと考えましたが、思い直して大川峠まで行き、登りはじめで藪がひどく、、道が最後までわかるか不安だらけでまた止めようかと考えながら、栗石山に到着して山名板があったので、やっと安心できました。
結局登山口まで往復9時間以上かかりました。苦い経験は逆に良い思い出として残りそうです。
お疲れ様でした。
登録日: 2014/11/23
投稿数: 15
2016/4/26 23:01
 Re: 私は、5時15分に出発しました。
jctrh964さん

男鹿岳登頂お疲れ様でした。
長いコースで1時間のロスは体力的にも精神的にも辛いものがありますね。
林道の序盤は作業道との分岐が多くて分かりづらかったですね。
僕も事前にある程度は調べましたが不安になって何度も確認しながら進みました。
長い林道歩きと藪漕ぎという大変な山行でしたが、確かに良い思い出として残りそうです。
登録日: 2013/7/15
投稿数: 86
2016/4/27 21:56
 初めまして
初めまして。
週末に男鹿山に登る予定ですが、6本爪アイゼンで問題無さそうでしょうか?
それとも12本アイゼンの方がよいでしょうか?
少しでも軽量化したいので情報を頂けると助かります。
登録日: 2014/11/23
投稿数: 15
2016/4/27 22:25
 Re: 初めまして
munaitaさん

はじめまして。
僕が歩いたルートでしたら6本爪アイゼンで全く問題ないかと思います。
もう雪が少ないですので12本爪ですと却って邪魔かもしれません。
藪漕ぎが大変かもしれませんがお気をつけて登山をお楽しみ下さい。
登録日: 2016/3/28
投稿数: 3
2016/4/30 17:59
 お疲れさまでした。
4月23日(土)私も男鹿岳に登りました。急登で藪漕ぎが大変でしたでしょう。
前半曇り後半晴れで那須岳等眺望が有り最高な山旅でした。
登録日: 2014/11/23
投稿数: 15
2016/4/30 21:04
 Re: お疲れさまでした。
knagatomoさん

男鹿岳登頂お疲れ様でした。
残雪が少なくて藪漕ぎが大変でしたが、天気が良く思い出に残る良い山行となりましたね。
登録日: 2013/7/15
投稿数: 86
2016/5/3 23:15
 Re[2]: 初めまして
こんにちわ。
5月1日に男鹿岳行ってきました。
曇り予報でしたが大川峠から雨ザーザー。GWなのに誰一人登っておらず、雪も2割程度でずっと藪漕ぎ。途中からホワイトアウト気味。
心細く精神的体力的にも辛い旅となりましたが、充実感ある登山となりました。
下山もピンクテープが目立ち迷う事は無かったです。
辛いながらもある程度安心感をもって登れたのも情報提供された皆さんのレコのおかげです。ありがとうございました。
登録日: 2014/11/23
投稿数: 15
2016/5/4 21:57
 Re[3]: 初めまして
munaitaさん

男鹿岳登頂及び遠征お疲れ様でした。
唯でさえ藪漕ぎで辛いのに雨だと更に辛かったかと思いますが、それでも同じ日にもう1座登られるなんて凄いですね。
僕もまだまだ先は長いですが日本三百名山は完登したいと思っていますので、お互い頑張りましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ