ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851669 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

大台ヶ原(大杉谷峡谷⇒日出ヶ岳)&大峰山(行者環トンネル東口⇒八経ヶ岳⇒カナビキ尾根)

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー -TIROL-, その他メンバー1人
天候4月29日:快晴(夕方曇一時ポツポツ雨)
4月30日:快晴
5月1日:快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
<往路>
東京6:06⇒(東海道新幹線のぞみ)⇒7:43名古屋8:05⇒(特急南紀1号)⇒9:47三瀬谷
三瀬谷9:50⇒(大杉峡谷登山バス)⇒11:30大杉谷登山口
※6:16発の新幹線でも間に合いますが、南紀1号の入線時間が7:50なので、自由席に座るために早めの新幹線に乗りました。
(南紀1号の自由席は1車両のみ/GWのためほぼ満席で発車しました)
※大杉谷登山バスは予約制です。乗車日の3日前まで要予約 (2,500円)
 今回はGW限定プランの三瀬谷駅9:50発のバスを利用。
 通常は道の駅おおだい10:30発なので時間短縮できました。
---------------------------------------------------------------------------------------
エス・パール交通株式会社
http://www.ma.mctv.ne.jp/~s-pearl/tozanbus.html

今回利用しませんでしたが、大宮・池袋・新宿・横浜から大台町(道の駅おおだい)までの深夜バス(早朝着)も有
三重交通 高速南紀大宮線
http://www.sanco.co.jp/highway/nankitokyo/time.php
西武観光バス 南紀勝浦線
http://www.seibubus.co.jp/kousoku/line/line_nankikatsuura.html

<大台ヶ原→行者還トンネル>
タクシーを利用…12,000円
(実際には12,000円を少しオーバーしたが、予約の際に12,000円を超えたらメーターを止めてもらうよう交渉)
今回は大台ヶ原バス停で1人同乗者を見つけたので、一人あたり4,000円になりました。
---------------------------------------------------------------------------------------
川上タクシー
http://www.vill.kawakami.nara.jp/kankyokai/kanko/play_kawakamitaxi/


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間47分
休憩
0分
合計
3時間47分
S大杉谷登山口11:3813:22千尋滝15:25桃ノ木小屋
2日目
山行
12時間16分
休憩
51分
合計
13時間7分
桃ノ木小屋04:2605:15七ツ釜滝05:43庄野ヶ浜05:48光滝05:4906:24堂倉滝06:4407:45堂倉小屋07:4609:40大台ヶ原山09:5509:58展望台分岐10:30正木ヶ原10:3110:40尾鷲辻10:4110:45本ゴヤ嶺10:55牛石ヶ原10:57大蛇分岐10:5811:06大蛇11:1211:44シオカラ谷吊橋14:45行者還トンネル東口14:4615:44一ノ垰15:4515:50一の垰プレート16:03奥駈道出合16:25弁天の森16:2817:33弥山小屋
3日目
山行
4時間19分
休憩
13分
合計
4時間32分
弥山小屋07:0707:35大峰山07:3607:36八経ヶ岳07:3708:31日裏山08:3208:44高崎横手08:4909:02頂仙岳09:08ナベの耳09:0909:25カナビキ尾根分岐10:22金引橋10:48熊渡10:5111:09白倉橋11:1011:14みたらい渓谷分岐11:39天川川合バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※大杉谷は5月末辺りからヒルが多くなるそうです。
 苦手な方は暑い時期は避けたほうが良さそうです。
※大杉谷はケータイの電波は入りません。

---------------------------------------------------------------------------------------
<山行HP>
大杉谷登山センター(最新情報はここでチェック)
http://oosugidani.jp/
桃の木山の家
http://www.momonokigoya.jp/
上北山村公式HP(大台ヶ原コースmapや大台ヶ原バス時刻表など)
http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/tanoshimu/odaigahara/
その他周辺情報■下山後の温泉■
下市温泉 明水館……入浴料500円
天川川合から下市口行バスに乗り、岩森(下市温泉)で途中下車(バス停は施設敷地内)
営業時間は12:00〜、入浴は13:00〜なので注意!
http://www.town.shimoichi.lg.jp/0000000302.html
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

写真

JR三瀬谷駅から大杉峡谷登山バスにて出発!途中『大杉登山センター』でトイレ休憩。ここで登山届を出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR三瀬谷駅から大杉峡谷登山バスにて出発!途中『大杉登山センター』でトイレ休憩。ここで登山届を出します。
2
予定よりも10分早く登山口駐車場に到着。トイレはここではなくもう少し先にあるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定よりも10分早く登山口駐車場に到着。トイレはここではなくもう少し先にあるようです。
2
さて登山準備をして出発!駐車場は10台程のスペースが有りますが、GWということもあり既に満車!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて登山準備をして出発!駐車場は10台程のスペースが有りますが、GWということもあり既に満車!
2
歩き出しは車道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出しは車道。
1
宮川第3発電所の脇を通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮川第3発電所の脇を通過します。
1
登山口までのタクシー料金表。大人数ならタクシーを利用しても良いかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口までのタクシー料金表。大人数ならタクシーを利用しても良いかも。
2
さて7~8分歩いたところで、いよいよ登山道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて7~8分歩いたところで、いよいよ登山道に入ります。
1
そしていきなりこれ(笑) 初っ端から『黒部の下の廊下』を彷彿とさせるような水平歩道が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしていきなりこれ(笑) 初っ端から『黒部の下の廊下』を彷彿とさせるような水平歩道が始まります。
3
眼下にはエメラルドグリーンの渓谷!これを見に来た!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下にはエメラルドグリーンの渓谷!これを見に来た!
2
その後は、このような鎖が何箇所も出てきます。雨の後は滑りやすいので注意!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は、このような鎖が何箇所も出てきます。雨の後は滑りやすいので注意!
1
11:45 大日ぐら通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:45 大日ぐら通過
2
橋を渡ったりしながら鎖をたどっていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ったりしながら鎖をたどっていく。
1
そして最初の吊橋『大日グラ吊橋』を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最初の吊橋『大日グラ吊橋』を渡ります。
1
新緑の森のなかに吸い込まれそー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の森のなかに吸い込まれそー!
2
あちこちから滝のように水が流れ落ちています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちから滝のように水が流れ落ちています。
4
登山道には橋の跡のような遺構が残されていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道には橋の跡のような遺構が残されていた
1
さて次は『能谷吊橋』
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて次は『能谷吊橋』
1
対岸へ渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸へ渡ります。
1
能谷吊橋を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能谷吊橋を振り返る
1
渡りきったところが能谷川原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡りきったところが能谷川原
1
そして3つ目の橋は『地獄谷吊橋』
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして3つ目の橋は『地獄谷吊橋』
1
とにかく吊橋が続きます。このルートでは以前吊橋事故があったようですが、今はしっかり整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく吊橋が続きます。このルートでは以前吊橋事故があったようですが、今はしっかり整備されています。
1
さて、歩き出しはスリリングだった登山道も少し緩やかになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、歩き出しはスリリングだった登山道も少し緩やかになってきました。
2
ふと辺りを見回すと苔の森!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと辺りを見回すと苔の森!
1
気持ちの良い散歩道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い散歩道が続きます。
2
そうこうしていると突然こんな看板!「浸水時は通行できない?」と、行先を見ると……
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうこうしていると突然こんな看板!「浸水時は通行できない?」と、行先を見ると……
1
なんとも気持ちよさそうな河原!ということは登山道まで増水するときもあるってこと!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとも気持ちよさそうな河原!ということは登山道まで増水するときもあるってこと!?
1
少し驚きつつもこの河原で暫し休憩?それにしても澄み切った水…夏だったら泳ぎたくなりそー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し驚きつつもこの河原で暫し休憩?それにしても澄み切った水…夏だったら泳ぎたくなりそー!
1
さて、休憩後も鎖の付いた狭い道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、休憩後も鎖の付いた狭い道が続きます。
2
勿論吊橋も!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勿論吊橋も!
1
エメラルドグリーンの川の流れと…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エメラルドグリーンの川の流れと…
1
様々な滝……これが延々と続くのが大杉峡谷ルート!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
様々な滝……これが延々と続くのが大杉峡谷ルート!
1
13:20 『水越谷出合』通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:20 『水越谷出合』通過
1
その後もいろんな滝を眺め歩いていくと…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後もいろんな滝を眺め歩いていくと…
2
ひときわ目立つ、遙か天空から流れ落ちてくるかのような滝の姿が見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひときわ目立つ、遙か天空から流れ落ちてくるかのような滝の姿が見えてきた!
1
…あれはもしや…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…あれはもしや…
1
やはり『千尋滝』
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり『千尋滝』
1
千尋滝前には東屋があり、そこで休憩しながらしばし滝に見とれる。
2016年04月29日 13:28撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝前には東屋があり、そこで休憩しながらしばし滝に見とれる。
4
また東屋の先にもビュースポットがあり、角度を変えた千尋滝の姿が楽しめた。
2016年04月29日 13:32撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また東屋の先にもビュースポットがあり、角度を変えた千尋滝の姿が楽しめた。
2
さてその後も神秘的な道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてその後も神秘的な道が続きます。
1
軽く沢を渡り…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く沢を渡り…
1
木の根だらけの急な尾根を登ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根だらけの急な尾根を登ると…
1
目の前に広い河原が見えてきた。どうやらあそこが『シシ淵』らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に広い河原が見えてきた。どうやらあそこが『シシ淵』らしい。
1
ここで来た道を振り返ってみると…結構スリリングな場所だったw
2016年04月29日 14:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで来た道を振り返ってみると…結構スリリングな場所だったw
1
そして雨のように水が滴る岩の隙間をくぐり抜けて…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして雨のように水が滴る岩の隙間をくぐり抜けて…
2
シシ淵に到着!河原に降りて上流を覗き込むと…
2016年04月29日 14:15撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシ淵に到着!河原に降りて上流を覗き込むと…
2
奥の方に流れ落ちる滝…
2016年04月29日 14:16撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の方に流れ落ちる滝…
2
ここが有名な撮影スポット!静謐且つ神秘的な雰囲気♪
2016年04月29日 14:20撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが有名な撮影スポット!静謐且つ神秘的な雰囲気♪
5
さてシシ淵を堪能し再出発。まずは急な階段を上って高巻道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてシシ淵を堪能し再出発。まずは急な階段を上って高巻道に入ります。
1
濡れ落ち葉を踏みしめながら登って行くとすぐに二本滝が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れ落ち葉を踏みしめながら登って行くとすぐに二本滝が見えてきた。
3
そこから角度を変えてゲートを通過。このルートには幾つか門扉が取り付けられている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから角度を変えてゲートを通過。このルートには幾つか門扉が取り付けられている。
1
そして岸壁を高巻いていくと、先程シシ淵の奥に見えたニコニコ滝の正面に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして岸壁を高巻いていくと、先程シシ淵の奥に見えたニコニコ滝の正面に出た。
1
しばらく歩いて行くとニコニコ滝展望台の東屋があったのでそこでも少し休憩。
2016年04月29日 14:37撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩いて行くとニコニコ滝展望台の東屋があったのでそこでも少し休憩。
2
その後平等グラ吊橋で対岸に渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後平等グラ吊橋で対岸に渡ります。
2
こちら側も険しい道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側も険しい道が続きます。
1
そして大杉谷の看板があるベンチを過ぎると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして大杉谷の看板があるベンチを過ぎると…
2
登山道は樹林帯の中へ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は樹林帯の中へ…
1
右手の谷底の川の流れを眺めながら歩いて行くと、だんだん道が良くなってきた。こうなれば小屋は近い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の谷底の川の流れを眺めながら歩いて行くと、だんだん道が良くなってきた。こうなれば小屋は近い!
1
吊橋の先に今夜の宿・桃の木山の家が見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋の先に今夜の宿・桃の木山の家が見えてきた!
2
こんな場所によく小屋なんか建てたな〜と感心しつつ吊橋を渡って…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな場所によく小屋なんか建てたな〜と感心しつつ吊橋を渡って…
1
15:25 桃の木小屋に到着!1日目はここで素泊して、明日は大台ヶ原と大峰山弥山を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:25 桃の木小屋に到着!1日目はここで素泊して、明日は大台ヶ原と大峰山弥山を目指します。
1
翌朝は4:30前に出発。小屋から20分程歩き七ッ釜滝に到着した頃にようやく明るくなってきた。
2016年04月30日 04:51撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は4:30前に出発。小屋から20分程歩き七ッ釜滝に到着した頃にようやく明るくなってきた。
1
優美な姿の七ッ釜滝
2016年04月30日 04:54撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
優美な姿の七ッ釜滝
3
15分程休憩し、ここから急登を登り始める。
2016年04月30日 05:03撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分程休憩し、ここから急登を登り始める。
1
昨日に引き続き鎖を掴んで…
2016年04月30日 05:07撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日に引き続き鎖を掴んで…
1
切り立った岩盤に穿たれた道ももうすっかり慣れた。
2016年04月30日 05:13撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り立った岩盤に穿たれた道ももうすっかり慣れた。
2
そして相変わらず綺麗なエメラルドグリーン?
2016年04月30日 05:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして相変わらず綺麗なエメラルドグリーン?
3
しかし渓流沿いということもあって、風が吹き抜ける場所はかなり寒い!
2016年04月30日 05:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし渓流沿いということもあって、風が吹き抜ける場所はかなり寒い!
1
と、谷の奥に崩壊地が見えた。あれが一昨年までこのルートを長年通行不能にしていた原因。
2016年04月30日 05:29撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、谷の奥に崩壊地が見えた。あれが一昨年までこのルートを長年通行不能にしていた原因。
1
よく見ると、巨岩が沢を埋めるようになだれ込んでいる。
2016年04月30日 05:29撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ると、巨岩が沢を埋めるようになだれ込んでいる。
1
そしてここが崩壊地の登り口。崩壊地というからもっと土砂的なものを想像していたけど岩だらけ。
2016年04月30日 05:33撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてここが崩壊地の登り口。崩壊地というからもっと土砂的なものを想像していたけど岩だらけ。
1
しかしとてもよく整備されているので、むしろここまでの行程で一番歩きやすいのがこの崩壊地という…なんという皮肉(笑)
2016年04月30日 05:39撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしとてもよく整備されているので、むしろここまでの行程で一番歩きやすいのがこの崩壊地という…なんという皮肉(笑)
3
崩壊地を過ぎると一旦河原に降ります。そこには大杉谷のシンボルツリー・サワグルミの木。このまま河原を直進しそうになりますが…
2016年04月30日 05:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を過ぎると一旦河原に降ります。そこには大杉谷のシンボルツリー・サワグルミの木。このまま河原を直進しそうになりますが…
1
再び左手の高巻きへ戻ります。
2016年04月30日 05:46撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び左手の高巻きへ戻ります。
1
しばらく歩いて行くと…
2016年04月30日 05:47撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩いて行くと…
1
光滝が見えてきました。このルートでは珍しいナメ滝です。
2016年04月30日 05:48撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光滝が見えてきました。このルートでは珍しいナメ滝です。
2
そしてその先には…
2016年04月30日 05:59撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてその先には…
1
今度は隠滝。ちょうど吊橋の陰に隠れてしまうので少し身を乗り出して撮影。
2016年04月30日 05:59撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は隠滝。ちょうど吊橋の陰に隠れてしまうので少し身を乗り出して撮影。
2
その後は与八郎滝と続き…
2016年04月30日 06:08撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は与八郎滝と続き…
1
最後に長い吊橋を渡ると、発電所のような施設が見えてきた。
2016年04月30日 06:20撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に長い吊橋を渡ると、発電所のような施設が見えてきた。
1
そしてその先に、このルート最後の滝『堂倉滝』があった。滝までの近さとその水量の多さで凄い迫力!辺りにはマイナスイオンが漂っている気配がした。
2016年04月30日 06:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてその先に、このルート最後の滝『堂倉滝』があった。滝までの近さとその水量の多さで凄い迫力!辺りにはマイナスイオンが漂っている気配がした。
4
堂倉滝を眺めながら20分程休憩して出発。ここからは沢から離れて山道をひたすら急登!あまりの辛さに写真を撮っている余裕がなかった。
2016年04月30日 06:42撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉滝を眺めながら20分程休憩して出発。ここからは沢から離れて山道をひたすら急登!あまりの辛さに写真を撮っている余裕がなかった。
1
そして1時間程で林道に出た。この先には粟谷小屋と避難小屋がある。寄り道はしなかったが粟谷小屋から発電機の音がしたので今日は営業しているようだった。
2016年04月30日 07:40撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして1時間程で林道に出た。この先には粟谷小屋と避難小屋がある。寄り道はしなかったが粟谷小屋から発電機の音がしたので今日は営業しているようだった。
1
因みにこちらが堂倉避難小屋
2016年04月30日 07:45撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
因みにこちらが堂倉避難小屋
1
内部はとても綺麗!でもここにトイレが無いのが難点!
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部はとても綺麗!でもここにトイレが無いのが難点!
2
小屋の中には…あれ?もしかしてここ電気が点くの?
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の中には…あれ?もしかしてここ電気が点くの?
2
小屋の裏手にまわってみるとソーラーパネル…これでどのくらい発電できるんだろう?
2016年04月30日 07:45撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の裏手にまわってみるとソーラーパネル…これでどのくらい発電できるんだろう?
1
7:46 さて避難小屋からは大台ヶ原までひたすら登り。
2016年04月30日 07:46撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:46 さて避難小屋からは大台ヶ原までひたすら登り。
1
展望のない樹林帯を黙々と登ります。
2016年04月30日 07:55撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望のない樹林帯を黙々と登ります。
1
暫く行くと階段が出てきた。
2016年04月30日 07:58撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く行くと階段が出てきた。
1
久しぶりの平坦地…
2016年04月30日 08:03撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりの平坦地…
1
と思ったら、その後は延々と階段を登ります。辺りにはシャクナゲが沢山…この辺りがシャクナゲ坂かな?
2016年04月30日 08:17撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら、その後は延々と階段を登ります。辺りにはシャクナゲが沢山…この辺りがシャクナゲ坂かな?
1
そしてロープが貼ってある岩場を通過。
2016年04月30日 08:23撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてロープが貼ってある岩場を通過。
1
ひたすら急登です。実はこの先で踏み跡を見逃してちょっと迷いかけた。
2016年04月30日 08:36撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら急登です。実はこの先で踏み跡を見逃してちょっと迷いかけた。
1
8:50 シャクナゲ平でちょっと休憩。展望はないけど風を遮ってくれるのでホッと一息。
2016年04月30日 08:50撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:50 シャクナゲ平でちょっと休憩。展望はないけど風を遮ってくれるのでホッと一息。
1
9:00 シャクナゲ平を出発。
2016年04月30日 09:01撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:00 シャクナゲ平を出発。
1
目の前に見える山をこれから登っていくのかな…
2016年04月30日 09:06撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に見える山をこれから登っていくのかな…
1
この辺りから立ち枯れの木々が目立ってきて、なんか大台ヶ原っぽくなってきた!
2016年04月30日 09:16撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから立ち枯れの木々が目立ってきて、なんか大台ヶ原っぽくなってきた!
1
苔でもこもこした木の根がなんだかカワイイ。
2016年04月30日 09:19撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔でもこもこした木の根がなんだかカワイイ。
2
そうこうしているうちに広い笹原に出た。この先から最後の登りが始まるようだ。
2016年04月30日 09:20撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうこうしているうちに広い笹原に出た。この先から最後の登りが始まるようだ。
2
登山道脇には霜柱。歩いているので気が付かないけど、気温はかなり低いらしい。
2016年04月30日 09:28撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇には霜柱。歩いているので気が付かないけど、気温はかなり低いらしい。
1
そして最後の長い階段を登り始める。
2016年04月30日 09:30撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最後の長い階段を登り始める。
1
青い空と笹原…なんか丹沢とか四国の剣山を思い出した。
2016年04月30日 09:35撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空と笹原…なんか丹沢とか四国の剣山を思い出した。
3
そしてようやく山頂が見えてきた!
2016年04月30日 09:38撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてようやく山頂が見えてきた!
4
9:39 日出ヶ岳に到着!立派な展望台に比べてあまり目立たない山頂標&三角点
2016年04月30日 09:39撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:39 日出ヶ岳に到着!立派な展望台に比べてあまり目立たない山頂標&三角点
3
とりあえず展望台に登って見る。条件が良ければ富士山が見えるというが…残念ながら遠望は霞んで見えなかった。
2016年04月30日 09:41撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず展望台に登って見る。条件が良ければ富士山が見えるというが…残念ながら遠望は霞んで見えなかった。
2
でも熊野灘ははっきりと見えた。意外と海が近くてビックリ!
2016年04月30日 09:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも熊野灘ははっきりと見えた。意外と海が近くてビックリ!
3
そしてこちらは大峰方面。
2016年04月30日 09:42撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこちらは大峰方面。
2
大峰山脈(奥駈道)を一望。このあと弥山まで行く予定だが、本当に今日中に行けるのだろうか…
2016年04月30日 09:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山脈(奥駈道)を一望。このあと弥山まで行く予定だが、本当に今日中に行けるのだろうか…
2
大台ヶ原は日本随一の多雨地帯ということだがこの日は快晴!
2016年04月30日 09:46撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ヶ原は日本随一の多雨地帯ということだがこの日は快晴!
1
さて15分程景色を楽しんで日出ヶ岳を後にします。因みに雷雨の時は展望台1階が避難所になるようです。
2016年04月30日 09:54撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて15分程景色を楽しんで日出ヶ岳を後にします。因みに雷雨の時は展望台1階が避難所になるようです。
1
とりあえず正木峠を目指して階段を下ります。
2016年04月30日 09:54撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず正木峠を目指して階段を下ります。
2
ここからは観光地。あちこちに展望ベンチがあって景色を楽しむことが出来る。
2016年04月30日 10:10撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは観光地。あちこちに展望ベンチがあって景色を楽しむことが出来る。
2
立ち枯れの木が林立する笹原を延々と下っていきます。
2016年04月30日 10:12撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木が林立する笹原を延々と下っていきます。
1
気持ちの良い笹原ですが、ここはもともと苔むす森だったそうです。伊勢湾台風がきっかけでここまで環境が激変したとはちょっと意外。
2016年04月30日 10:13撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い笹原ですが、ここはもともと苔むす森だったそうです。伊勢湾台風がきっかけでここまで環境が激変したとはちょっと意外。
1
そんな正木峠を振り返りつつ先へ進む。
2016年04月30日 10:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんな正木峠を振り返りつつ先へ進む。
2
牛石ヶ原付近では謎の神武天皇像
2016年04月30日 10:54撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛石ヶ原付近では謎の神武天皇像
1
そして大台ヶ原のクライマックス『大蛇グラ』 流石GW…大渋滞!
2016年04月30日 11:07撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして大台ヶ原のクライマックス『大蛇グラ』 流石GW…大渋滞!
3
大蛇グラ最先端からの景色。写真では高度感が伝わらないのが残念!
2016年04月30日 11:10撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇グラ最先端からの景色。写真では高度感が伝わらないのが残念!
2
さて大蛇グラからピストンして散策路に戻ると時刻は11:25。残りのCTは1時間40分。タクシーの予約が13:30なので急がなければ!
2016年04月30日 11:25撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて大蛇グラからピストンして散策路に戻ると時刻は11:25。残りのCTは1時間40分。タクシーの予約が13:30なので急がなければ!
1
CT50分のところ20分でシオカラ吊橋を通過。ここまでは下りだったので問題ないが、この先は急登が続く…
2016年04月30日 11:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CT50分のところ20分でシオカラ吊橋を通過。ここまでは下りだったので問題ないが、この先は急登が続く…
1
そしてなんとか急登をこなして12:15に大台ヶ原駐車場に到着。この後タクシーで八経ヶ岳登山口まで移動するので、それまで食堂で昼食を済ませておかなくては!
2016年04月30日 12:15撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてなんとか急登をこなして12:15に大台ヶ原駐車場に到着。この後タクシーで八経ヶ岳登山口まで移動するので、それまで食堂で昼食を済ませておかなくては!
3
因みにここはトイレ脇の休憩所。山行計画練っている時にここで野宿(仮眠)出来ないかな〜と悩んでいた場所。因みに大台ヶ原一帯はキャンプ・火気使用禁止です。
2016年04月30日 12:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
因みにここはトイレ脇の休憩所。山行計画練っている時にここで野宿(仮眠)出来ないかな〜と悩んでいた場所。因みに大台ヶ原一帯はキャンプ・火気使用禁止です。
2
さて、大台ヶ原からタクシーで行者還トンネル東口までやってきた。時刻は14:30。弥山のテン場までCT約3時間半だから18:00到着目標…急がなくては!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、大台ヶ原からタクシーで行者還トンネル東口までやってきた。時刻は14:30。弥山のテン場までCT約3時間半だから18:00到着目標…急がなくては!
3
東口コースへはトンネル入口手前を左折して進みます。弥山まではトンネル西口から登るのがメジャーですが、こちらからの方が自然林の景色が素晴らしいので敢えて破線ルートを選びました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東口コースへはトンネル入口手前を左折して進みます。弥山まではトンネル西口から登るのがメジャーですが、こちらからの方が自然林の景色が素晴らしいので敢えて破線ルートを選びました。
1
とりあえず登山口までしばらく荒れた林道を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず登山口までしばらく荒れた林道を下ります。
1
するとすぐに登山口に到着!登り始めに踏み跡のわかりにくい箇所が一箇所ありましたが、その後は踏み跡もマーキングもしっかりしてて迷いません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
するとすぐに登山口に到着!登り始めに踏み跡のわかりにくい箇所が一箇所ありましたが、その後は踏み跡もマーキングもしっかりしてて迷いません。
1
最初はトラバース気味に進みますが、すぐに尾根を直登するようになり、それが一の垰まで延々と続く。既に早朝から8時間歩いた足には正直ココが一番辛く、なかなか足が進まなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はトラバース気味に進みますが、すぐに尾根を直登するようになり、それが一の垰まで延々と続く。既に早朝から8時間歩いた足には正直ココが一番辛く、なかなか足が進まなかった。
3
あまりの辛さに写真を撮る余裕もなく、70分程で一の垰に到着。冬の間に体力が落ちたのか自分らしくないペースの遅さに避難小屋へのエスケープも覚悟したが、一応CT通りなので予定通り弥山まで行くことにした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりの辛さに写真を撮る余裕もなく、70分程で一の垰に到着。冬の間に体力が落ちたのか自分らしくないペースの遅さに避難小屋へのエスケープも覚悟したが、一応CT通りなので予定通り弥山まで行くことにした。
2
一の垰からは奥駈道と合流して緩やかな稜線歩きになる。西口コースとの合流まで気持ちの良い笹原歩き…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の垰からは奥駈道と合流して緩やかな稜線歩きになる。西口コースとの合流まで気持ちの良い笹原歩き…
3
辺りはなんの花畑だろうか?まるで天国のような稜線…ここまでの急登の苦労が報われた思いだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辺りはなんの花畑だろうか?まるで天国のような稜線…ここまでの急登の苦労が報われた思いだった。
2
16:05 トンネル西口コース(奥駈道出合)に到着。時間的に多くの下山者とすれ違う。やはり人の少ない東口を登ってきて正解!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:05 トンネル西口コース(奥駈道出合)に到着。時間的に多くの下山者とすれ違う。やはり人の少ない東口を登ってきて正解!
1
さて日没に間に合うよう弥山小屋のテン場を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて日没に間に合うよう弥山小屋のテン場を目指す。
1
ここからの登りは傾斜もゆるいのでサクサク歩ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの登りは傾斜もゆるいのでサクサク歩ける。
2
16:24 弁天の森通過。ここから聖宝ノ宿跡までは下りなので若干スピードアップ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:24 弁天の森通過。ここから聖宝ノ宿跡までは下りなので若干スピードアップ!
1
16:48 聖宝ノ宿跡通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:48 聖宝ノ宿跡通過
1
この頃になると太陽が山に隠れ薄暗くなり焦るが、既に弥山の姿も見えているし、日没までにはなんとか辿り着けるだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この頃になると太陽が山に隠れ薄暗くなり焦るが、既に弥山の姿も見えているし、日没までにはなんとか辿り着けるだろう。
1
そしてここから最後の登りが続く。登り始めは普通の山道だが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてここから最後の登りが続く。登り始めは普通の山道だが…
1
後半はずっと木の階段を延々と登る。そしてその階段を登りきれば…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半はずっと木の階段を延々と登る。そしてその階段を登りきれば…
1
17:35 弥山小屋に到着ー!山の上はまだまだ陽が差していて明るく、それに照らされた苔がキラキラして疲れを癒やしてくれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:35 弥山小屋に到着ー!山の上はまだまだ陽が差していて明るく、それに照らされた苔がキラキラして疲れを癒やしてくれた。
2
しかしテン場はほぼ満員。それでもなんとか場所を見つけてテントを設営…西日本のせいか19:30過ぎまで外は明るく意外とゆっくり出来た。しかし日が暮れて強風が吹き始めると一気に気温低下。とても寒い夜になった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしテン場はほぼ満員。それでもなんとか場所を見つけてテントを設営…西日本のせいか19:30過ぎまで外は明るく意外とゆっくり出来た。しかし日が暮れて強風が吹き始めると一気に気温低下。とても寒い夜になった。
3
翌朝は5:00起床。計画では4:00に出発する筈でしたが昨日の疲労をみて計画変更…今日は下山するだけにしたのでテン場で朝日を眺めながらのんびりと出発準備。
2016年05月01日 05:13撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は5:00起床。計画では4:00に出発する筈でしたが昨日の疲労をみて計画変更…今日は下山するだけにしたのでテン場で朝日を眺めながらのんびりと出発準備。
1
そして出発する前に小屋からすぐの弥山に登ってみる。弥山山頂には神社。
2016年05月01日 07:02撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして出発する前に小屋からすぐの弥山に登ってみる。弥山山頂には神社。
1
弥山から次に登る近畿最高峰の八経ヶ岳を望む。その奥に見えるのは明星ヶ岳。
2016年05月01日 07:02撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山から次に登る近畿最高峰の八経ヶ岳を望む。その奥に見えるのは明星ヶ岳。
2
弥山小屋に戻ると既にテントも人もまばら…
2016年05月01日 07:04撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋に戻ると既にテントも人もまばら…
1
こちらはテン場の外トイレ。
2016年05月01日 07:05撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはテン場の外トイレ。
2
昨夜はこの辺りにテントを張ったのですが、強風だった割に樹木で風が遮られてなかなかよい場所でした。
2016年05月01日 07:05撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜はこの辺りにテントを張ったのですが、強風だった割に樹木で風が遮られてなかなかよい場所でした。
2
そんな訳で計画よりも3時間遅れの7:07に弥山小屋を出発。6時半には出るつもりだったのにかなりのんびりしてしまった。
2016年05月01日 07:07撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんな訳で計画よりも3時間遅れの7:07に弥山小屋を出発。6時半には出るつもりだったのにかなりのんびりしてしまった。
1
八経ヶ岳までは一旦下って登り返すのだが、標高差も少ないので気持よく登れる。
2016年05月01日 07:14撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳までは一旦下って登り返すのだが、標高差も少ないので気持よく登れる。
1
7:30 そして20分程で八経ヶ岳到着!
2016年05月01日 07:31撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:30 そして20分程で八経ヶ岳到着!
2
山頂には錫杖。
2016年05月01日 07:30撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には錫杖。
2
八経ヶ岳から大峯奥駈道南部を望む。とても心惹かれる縦走路だが、山上ヶ岳の女人禁制が解かれない限り足を踏み込むことはないだろう…
2016年05月01日 07:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳から大峯奥駈道南部を望む。とても心惹かれる縦走路だが、山上ヶ岳の女人禁制が解かれない限り足を踏み込むことはないだろう…
2
さて八経ヶ岳から少し下り、7:50に弥山辻より下山開始。ついでに明星ヶ岳に登ろうとしたが、山頂への踏み跡が薄かったので途中で引き返してきた。
2016年05月01日 07:46撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて八経ヶ岳から少し下り、7:50に弥山辻より下山開始。ついでに明星ヶ岳に登ろうとしたが、山頂への踏み跡が薄かったので途中で引き返してきた。
2
弥山辻からは、踏み跡もしっかりした歩きやすい道が続く。
2016年05月01日 07:53撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山辻からは、踏み跡もしっかりした歩きやすい道が続く。
1
傾斜も足に負担がなく丁度良い感じ。森林浴&散歩気分で楽しく下っていった。
2016年05月01日 08:00撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜も足に負担がなく丁度良い感じ。森林浴&散歩気分で楽しく下っていった。
1
弥山辻から30分程で日裏山を通過。暑くなったので衣類を脱いで半袖に…昨日の寒さから一転、この日は下界では夏日を記録した。
2016年05月01日 08:21撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山辻から30分程で日裏山を通過。暑くなったので衣類を脱いで半袖に…昨日の寒さから一転、この日は下界では夏日を記録した。
2
さて身軽になって高崎横手を目指す。
2016年05月01日 08:27撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて身軽になって高崎横手を目指す。
1
8:43樹林帯のなかの高崎横手に到着。
2016年05月01日 08:43撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:43樹林帯のなかの高崎横手に到着。
1
案内では弥山辻から1時間30分となっているが、実際には1時間もかからなかった。
2016年05月01日 08:43撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内では弥山辻から1時間30分となっているが、実際には1時間もかからなかった。
1
高崎横手からは頂仙岳の西側を延々と巻き、その後稜線の東側に出て杉林の中を進むとカナビキ尾根の分岐へと出た。
2016年05月01日 08:51撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高崎横手からは頂仙岳の西側を延々と巻き、その後稜線の東側に出て杉林の中を進むとカナビキ尾根の分岐へと出た。
1
9:24 カナビキ尾根分岐到着。さてここから破線ルート。分岐にはこれでもかとピンクテープがマークされていた。
2016年05月01日 09:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:24 カナビキ尾根分岐到着。さてここから破線ルート。分岐にはこれでもかとピンクテープがマークされていた。
1
ひたすら尾根をガンガン下っていきます。途中でトラロープで行き止まりになる箇所があるのですが、そこから一旦尾根の東側に下り、植林された杉林を進むと再び尾根に合流します。
2016年05月01日 09:42撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら尾根をガンガン下っていきます。途中でトラロープで行き止まりになる箇所があるのですが、そこから一旦尾根の東側に下り、植林された杉林を進むと再び尾根に合流します。
2
そして2度目の尾根の突き当り。目印になにか書かれているようだが読めない。尾根の先にも白いテープが見えるが…
2016年05月01日 10:05撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして2度目の尾根の突き当り。目印になにか書かれているようだが読めない。尾根の先にも白いテープが見えるが…
1
どうやらここから左手の杉林へと進むのが本線のようだ。その後再び尾根に出て白テープルートと合流したが、そちらの踏み跡はとても心細かった。
2016年05月01日 10:06撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやらここから左手の杉林へと進むのが本線のようだ。その後再び尾根に出て白テープルートと合流したが、そちらの踏み跡はとても心細かった。
1
その後はひたすら杉林の中を下り続けて、10:20に林道終点に到着!カナビキ尾根から約1時間といったところだった。
2016年05月01日 10:21撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後はひたすら杉林の中を下り続けて、10:20に林道終点に到着!カナビキ尾根から約1時間といったところだった。
1
金引橋からみた沢の流れ
2016年05月01日 10:22撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金引橋からみた沢の流れ
2
さてここからは林道歩き。下山後の林道歩きは大好き!新緑の中、気持ちの良い5月の風に吹かれながらひたすら歩く。
2016年05月01日 10:22撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてここからは林道歩き。下山後の林道歩きは大好き!新緑の中、気持ちの良い5月の風に吹かれながらひたすら歩く。
1
林道途中には落石がゴロゴロ…
2016年05月01日 10:38撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道途中には落石がゴロゴロ…
2
土砂が崩れて林道を塞いでいる箇所もあり、ここまで車で入ってくることは無理そう。
2016年05月01日 10:42撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂が崩れて林道を塞いでいる箇所もあり、ここまで車で入ってくることは無理そう。
1
双門コースの案内板。時間に余裕があればこのルートを通ってみたかった。
2016年05月01日 10:48撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双門コースの案内板。時間に余裕があればこのルートを通ってみたかった。
1
10:50 熊渡到着。ゲートがあって車が入れないようになっていた。
2016年05月01日 10:50撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:50 熊渡到着。ゲートがあって車が入れないようになっていた。
2
最後に川迫川橋を渡る。
2016年05月01日 10:51撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に川迫川橋を渡る。
1
と、橋には飛び込み禁止の看板…なぜ?
2016年05月01日 10:50撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、橋には飛び込み禁止の看板…なぜ?
1
下を覗き込んでみると納得!これは飛び込みたくもなるわ!
2016年05月01日 10:50撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を覗き込んでみると納得!これは飛び込みたくもなるわ!
2
熊渡には特に駐車場がない様子で路駐がいっぱい。
2016年05月01日 10:51撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊渡には特に駐車場がない様子で路駐がいっぱい。
1
さて、ここから車道歩きが始まります。
2016年05月01日 10:51撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ここから車道歩きが始まります。
1
昨日タクシーで来た行者還トンネルから続く国道309号線。マニア垂涎の酷道歩き。
2016年05月01日 10:53撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日タクシーで来た行者還トンネルから続く国道309号線。マニア垂涎の酷道歩き。
3
左手に川迫川の清流を眺めながら歩く。初日の大杉谷から始まったこの旅…最後もエメラルドグリーンの渓谷で締めくくられた。
2016年05月01日 10:52撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に川迫川の清流を眺めながら歩く。初日の大杉谷から始まったこの旅…最後もエメラルドグリーンの渓谷で締めくくられた。
2
そして短いトンネルをくぐると…
2016年05月01日 11:08撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして短いトンネルをくぐると…
1
11:10頃、みたらい渓谷入口。実はここから渓谷遊歩道を通り、観音峰登山口バス停から洞川温泉へ向かう予定でカナビキ尾根を下山路に選んだのだが…
2016年05月01日 11:09撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10頃、みたらい渓谷入口。実はここから渓谷遊歩道を通り、観音峰登山口バス停から洞川温泉へ向かう予定でカナビキ尾根を下山路に選んだのだが…
1
朝が遅かったせいで温泉行のバスに間に合わなくなってしまった(せめて30分早く出発するべきだった)仕方ないので予定変更。今ならギリギリ11:39発の下市口行バスに間に合うかも!
2016年05月01日 11:12撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝が遅かったせいで温泉行のバスに間に合わなくなってしまった(せめて30分早く出発するべきだった)仕方ないので予定変更。今ならギリギリ11:39発の下市口行バスに間に合うかも!
1
と言う事で小走りで天川川合バス停を目指す…が、ほぼタッチの差で無情にバスは走り去ってしまった。ここで近くのお店を覗いたりして1時間待ち12:39のバスに乗車した。
2016年05月01日 11:33撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言う事で小走りで天川川合バス停を目指す…が、ほぼタッチの差で無情にバスは走り去ってしまった。ここで近くのお店を覗いたりして1時間待ち12:39のバスに乗車した。
1
その後「岩森(下市温泉)」で途中下車し、バス停前の温泉で日帰り入浴。施設内の食堂でようやくビール&食事にありつけた。
2016年05月01日 13:25撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後「岩森(下市温泉)」で途中下車し、バス停前の温泉で日帰り入浴。施設内の食堂でようやくビール&食事にありつけた。
3
下市温泉前のバス時刻表。帰りは14:50のバスで下市口へ出て、京都から新幹線で東京へと帰った。
2016年05月01日 13:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下市温泉前のバス時刻表。帰りは14:50のバスで下市口へ出て、京都から新幹線で東京へと帰った。
1
新幹線の車窓から伊吹山。今年のGWは分散型のせいか、当日でも指定が取れてゆっくり座りながら帰れた。それにしても3日間好天続きで最高のGW山行でした。
2016年05月01日 17:59撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新幹線の車窓から伊吹山。今年のGWは分散型のせいか、当日でも指定が取れてゆっくり座りながら帰れた。それにしても3日間好天続きで最高のGW山行でした。
3

感想/記録

2016年GWは、日本3大渓谷で近畿の秘境・大杉峡谷(大杉谷)からの大台ヶ原と、世界遺産登録の大峰山の八経ヶ岳に登ってきました。
大杉峡谷ルートは2004年の水害で登山道が崩壊し、一昨年全線開通するまで10年間通行不能だったルート。「大台ヶ原に登るなら是非このルートから登りたい!」「エメラルドグリーンの清流と滝めぐりをしたい!」ということで、多雨地帯の吉野熊野エリアでも好天予報が出ていたGW前半の4月29日〜5月1日に、2泊3日で日本百名山2座を登ってきました。
訪問者数:368人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/8/21
投稿数: 709
2016/5/4 20:49
 大杉峡谷
ロングコースお疲れ様でした。

大杉峡谷は昨年そこを紹介したテレビ番組があり随分良いところだと感じました。それは雨が降る日に歩いた記録でした。
今回-TIROL-さんの記録を見るとさらに良いところと思うのは好天の日の写真だからでしょう

しかしテレビ番組ではあまりスリルを感じるところがなかったのですが、この記録を拝見すると私にとっては怖そうなところありすぎです

ところでいつも思うのですがこれだけのコースを歩く準備の事前調査は凄いですね
登録日: 2009/5/8
投稿数: 248
2016/5/5 9:17
 Re: 大杉峡谷
hachiさん、ありがとうございます

私もそのテレビ番組観ました!中部ネイチャーシリーズの番組じゃないですか?
実はその番組で大杉峡谷ルートを知って行ってきた次第なんですよcoldsweats01
大台ヶ原は「年間400日は雨が降る」と言われるほど雨の多い地域らしいですが、晴天に恵まれて本当に良かったです また新緑の季節というのもgoodでした。

大杉谷は確かに道幅が狭かったり滑りやすい危ない場所も多いですが、崖沿いにはしっかりとした鎖が付いているし、吊橋も安定感のある頑丈な橋ばかりなので、気をつけて歩けばそれ程怖い感じはありませんでした。本当によく整備された道でしたよ。

事前準備といえば…計画する時点で、効率よく移動するためにいろんなルートを考えるのですが、このルートは大杉谷から登ったほうが良さそうです。
確かに大台ヶ原から大杉谷へ下るほうがCTも短く早く移動出来るのですが、やはり沢沿いの下りはスリップ事故が多いらしいし、それにやはり川を遡上しながら山頂を目指すほうがテンション上がってオススメですhappy01

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ