ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 851850 全員に公開 ハイキング白神山地・岩木山

崩山

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー fujita244
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道101号から十二湖へ。中の池の無料駐車場に駐車。青池横の崩山登山口まで徒歩15分。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
0分
合計
2時間50分
S中の池08:3008:40落口の池11:20茶屋11:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道の雪はすっかり解けた。倒木により迂回しなければならない箇所が1か所。去年春に崩落した部分はロープが張ってあった。
その他周辺情報アオーネ白神十二湖、森の物産館キョロロ
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

生後4か月のワンコ。初めての登山。
2016年04月24日 09:12撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生後4か月のワンコ。初めての登山。
4
湧き水にかぶりつく。
2016年04月24日 09:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き水にかぶりつく。
5
4か月とは言え、人間の数倍健脚だ。
2016年04月24日 09:23撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4か月とは言え、人間の数倍健脚だ。
3
猿が現れた。犬だと思ってナメている様子。
2016年04月24日 09:42撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿が現れた。犬だと思ってナメている様子。
3
ワンコは猿が怖いのか、しっぽが下がってしまっている。
2016年04月24日 09:42撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンコは猿が怖いのか、しっぽが下がってしまっている。
3
どんどん先を進む犬。
2016年04月24日 09:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん先を進む犬。
2
進んでは待つを繰り返す。
2016年04月24日 09:48撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んでは待つを繰り返す。
2
やっと追いついた。
2016年04月24日 09:49撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと追いついた。
3
中の岱の休憩所。犬は元気、私はへとへと。
2016年04月24日 10:00撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の岱の休憩所。犬は元気、私はへとへと。
2
また何か居たのか、しっぽが下がっている。姿は見えなかったが、熊かもしれない。
2016年04月24日 10:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また何か居たのか、しっぽが下がっている。姿は見えなかったが、熊かもしれない。
3
まもなく大崩展望所。
2016年04月24日 10:28撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく大崩展望所。
2
いい眺め。
2016年04月24日 10:30撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい眺め。
4
犬は全然怖がっていないように見えたが・・・
2016年04月24日 10:30撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬は全然怖がっていないように見えたが・・・
3
しっぽが下がっていたからやっぱり怖かったのか。
2016年04月24日 10:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっぽが下がっていたからやっぱり怖かったのか。
3
間違って転落したら大変と思い、リードを繋いでおいた。
2016年04月24日 10:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違って転落したら大変と思い、リードを繋いでおいた。
2
雪は沢筋にわずかに残る程度。
2016年04月24日 10:40撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は沢筋にわずかに残る程度。
2
十二湖は、今が新緑の芽吹きはじめ。
2016年04月24日 10:46撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二湖は、今が新緑の芽吹きはじめ。
1
またしっぽが下がった。
2016年04月24日 10:47撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またしっぽが下がった。
2
何か居るのか?。熊だと怖いのでかまわず下山した。
2016年04月24日 10:48撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か居るのか?。熊だと怖いのでかまわず下山した。
登山口の湧き水をまたがぶのみ。
2016年04月24日 11:14撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の湧き水をまたがぶのみ。
2
二輪草の中を進む。
2016年04月24日 11:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二輪草の中を進む。
2
青池到着。
2016年04月24日 11:27撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青池到着。
1
撮影機材:

感想/記録

 体力を持て余している生後3ヶ月の秋田犬を連れての登山。散歩よりも遊ぶのが好きなので、ちゃんと歩いてくれるか心配だった。車の助手席に乗せて十二湖までドライブ。車の中ではキョロキョロして落ち着かない。
 中の池の駐車場から出発。最初はリードをつけて進む。青池までの遊歩道では、観光客がいたため、犬は大喜びで人に寄って行く。引き止めながら歩いた。青池から登山道に入り、人気が無くなったところでリードから解放する。登山道を外れて薮の中に行ってしまったらどうしよう、とか、はぐれたらどうしようという不安もあったが、歩くよりもじゃれるのが好きなので、とにかく私の脚にからまりながら進む。慣れてくると私の前を進むようになった。犬は元気いっぱいで休憩することを知らない。置いて行かれてはいけないと思ってハイペースの登山となった。
 暑がりなのか、登山口の水場では行きも帰りも脚を突っ込んで水をがぶ飲みしていた。それ以外に水場が無かったので、道中喉が渇いたかもしれない。休憩所で、私の飲んでいたスポーツドリンクをキャップに入れて与えると喜んで飲んでいた。今度は犬用の水を携行する必要があると思った。
 動物の気配には敏感で、猿にも遭遇した。自分一人で登山しているときは周りが見えていないので猿にも気付くことがほとんど無いが、犬と一緒だと、逆に動物を呼び寄せる可能性も高まるのかなと思ったりした。
 大崩展望所では、果敢に崖下を覗き込んでいるように見えたが、よく見ると尻尾が下がっていたので、怖かったのかもしれない。間違って転落したら大変と思い、リードを繋いでおいた。
 
 約3時間の登山だったが、これほど長時間の散歩は初めてだったし、初めての山がよっぽど楽しかったようで、帰りの車に乗るのを嫌がっていたがなんとかなだめて連れ帰った。

 例年だと雪が残っているが、今回は、登山道には一切雪が無かった。ふもとではカタクリやニリンソウが、大崩展望所付近ではフキノトウが咲いていた。
訪問者数:109人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

カタクリ 水場 崩落 倒木 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ