ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852078 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

御在所岳(アカヤシオ、ショウジョウバカマ咲く中道ルート)

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー michele_alex, その他メンバー1人
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイラインの御在所山の家近くに30台程停められる綺麗な駐車場あり。6:25頃着で、まだ結構空いていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、中道の登山口にあり。危険箇所は、キレットと岩を伝う鎖場の箇所。
その他周辺情報アクアイグニス(片岡温泉)は、コスパも良く、綺麗でお薦め。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

おばれ石
2016年04月24日 06:52撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おばれ石
1
ミツバツツジ(三葉躑躅)
2016年04月24日 07:01撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ(三葉躑躅)
地蔵岩
2016年04月24日 07:17撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岩
3
キレットを越えたところから、裏道を臨む
2016年04月24日 07:28撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを越えたところから、裏道を臨む
アカヤシオは、下の方はしなびているものもあったが、登っていくに従って、だんだん元気な綺麗な花が見られるようになった
2016年04月24日 07:38撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオは、下の方はしなびているものもあったが、登っていくに従って、だんだん元気な綺麗な花が見られるようになった
アカヤシオ(赤八汐)
2016年04月24日 07:39撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ(赤八汐)
1
アカヤシオ
2016年04月24日 07:39撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ
ショウジョウバカマ(猩々袴)
2016年04月24日 08:05撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ(猩々袴)
ショウジョウバカマ
2016年04月24日 08:07撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
結晶が綺麗
2016年04月24日 08:13撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結晶が綺麗
1
ショウジョウバカマ
2016年04月24日 08:13撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
1
その蕾
2016年04月24日 08:14撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その蕾
中道の駐車場が上から見えた(富士見岩より)
2016年04月24日 08:16撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道の駐車場が上から見えた(富士見岩より)
朝と比べると、だいぶ霧が晴れた
2016年04月24日 08:16撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝と比べると、だいぶ霧が晴れた
バイカオウレン(梅花黄蓮)
2016年04月24日 08:22撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイカオウレン(梅花黄蓮)
望湖台より。コブシ(辛夷)の花が所々に白く見える。アカヤシオはほぼ見られなかった
2016年04月24日 08:47撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望湖台より。コブシ(辛夷)の花が所々に白く見える。アカヤシオはほぼ見られなかった
1
タチツボスミレ(立坪菫)
2016年04月24日 09:56撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ(立坪菫)
1
タテヤマリンドウ(立山竜胆)。これは紫色
2016年04月24日 10:01撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ(立山竜胆)。これは紫色
タテヤマリンドウ。青色
2016年04月24日 10:02撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ。青色
アカヤシオ
2016年04月24日 11:00撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ
1
鎌ヶ岳にかかるゴンドラ
2016年04月24日 11:17撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳にかかるゴンドラ
立岩
2016年04月24日 11:38撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立岩
1
ミツバツツジ
2016年04月24日 11:54撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
立岩からは、アカヤシオで彩られた山腹が綺麗に見えた
2016年04月24日 12:09撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立岩からは、アカヤシオで彩られた山腹が綺麗に見えた

感想/記録

御在所岳へ
友人を案内する。アカヤシオが綺麗な時季を選んだ。ルートは、中道で。
他の方の記録を拝見していたところ、やはり早くに駐車場が埋まるようだったので、早め到着を目指し、6:25頃、中道登山口の最寄りの駐車場に到着。7割位の駐車率。

準備運動をし、6:45登山開始。登山口までの道路は工事をしており、案内によると道路を横断してはならず、道路の下に下りて、反対側に渡ることになる。

登山開始からしばらくは、大きな石を跨いだりが少ししんどかった(先週の藤原岳とはだいぶ違う!)。が、少し汗をかき、体が温まってくると、調子が出てきた。
道には、前夜の雨の影響はそれ程無かった。
御在所登山は、3回目。驚きは薄れてきたが、改めて見るとやはりおばれ石、地蔵岩など、どうしてこうなっちゃった!?と不思議に思う。

アカヤシオは、5合目位までは少なく、また、あっても盛りを過ぎていた。代わりに、ミツバツツジが明るい紫の鮮やかな色を発していた。

6合目位から、アカヤシオが綺麗に咲いているのが見られるようになった。朝方は曇り空だったが、晴れてきて花にも輝きが見えるようになった。
菰野町の方にかかっていた霞も少しずつ晴れてきて、眺望が良くなってくる。

キレットは、慎重に行けば大丈夫だと思うが、高所恐怖症の人は少し厳しいかも。
この日はけっこう風が強かったので、岩の上や、道が細い所(キレットを超えた所など)は、特に慎重になる。

初めての山ではないので、こんな感じだったなぁと思いながら登れる。辛さはあまり無い。が、体にはキツさがある。ウェアはいつもの2枚だが、汗をかいて、強い風ですぐに汗が引いて、の繰り返し。

富士見岩に着いたら、あとは山頂まで楽な道。富士見岩からの展望を楽しんだ後、気楽に登る。

山頂遊園では今回はスキー場の方から登った。途中、チラホラとタテヤマリンドウが可憐な姿を見せていた。

9:10頃、山頂三角点に到着。時間が早いからか、まだ3組位しかいない。

望湖台から琵琶湖方面を臨むが、まだ霞んでいて、見えない。見える景色は、アカヤシオの色も無く、コブシの白い花が所々にある枯れ木の林だった。

昼食を摂り、御岳権現へ。

グルッと周って、アゼリアへ戻る。博物館?はカモシカ押し。
博物館の前には、まだ雪が残っていた。

下りも、中道で。
登りで、リュックに入れていたストックのキャップが外れてなくしてしまったので、それを気に留めながら歩く。
時間帯的に、丁度登りのピークで、多くの登山客とすれ違う。
7合目辺りの岩を伝ったり鎖で下りたりの箇所では、渋滞しており、登り客が岩を下るのを数分待った。

帰りには立岩に寄る。そこから見る御在所は、所々アカヤシオに彩られており、緑と桃色の衣をまとっているようだった。

下りは、ミツバツツジが目に止まった。数は少ないが、綺麗に咲いていた。

滑り易い箇所もあったが、順調に下る。
駐車場に13時着。

アクアイグニスのパン屋(友人お薦め)で土産を買う(確かに、美味しかった)。
その後、温泉へ。いつ来ても、ここは良い。円い木の風呂が前回と違う場所にあるように思ったが、男女入れ替えの為のようだ。

楽しい登山と、気持ちよい風呂と。
とても良い一日でした!




訪問者数:263人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ