ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852161 全員に公開 講習/トレーニング白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根で山梨岳心会とイグルー講習。2連結イグルーで新発見あり

日程 2016年04月23日(土) 〜 2016年04月24日(日)
メンバー yoneyama(SL), ruukazukiimamura(CL), その他メンバー4人
天候晴れ曇り
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間10分
休憩
0分
合計
1時間10分
S八方池山荘10:3011:402240mテン場
2日目
山行
1時間0分
休憩
0分
合計
1時間0分
2240mテン場08:0009:00八方池山荘09:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八方池から下は雪なし。

写真

尾根が南から西に方向を変え、100mほど登った緩斜面に良い場所あり。白馬も、五竜、鹿島も見える最高の場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が南から西に方向を変え、100mほど登った緩斜面に良い場所あり。白馬も、五竜、鹿島も見える最高の場所。
イグルー横にバー建設
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イグルー横にバー建設
4
鍋ゴッツァン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋ゴッツァン
4
バー八方尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バー八方尾根
6
バー八方尾根と2連イグルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バー八方尾根と2連イグルー
3
2連の連結部の梁。ピッケルを二ヶ所で縛る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2連の連結部の梁。ピッケルを二ヶ所で縛る
4
こんな広いイグルーは初めて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな広いイグルーは初めて。
2
晩、飲み始めて6時間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩、飲み始めて6時間
2
ソーラー発電照明
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソーラー発電照明
1
翌朝。タープをかけた状態。雲海の白馬3山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。タープをかけた状態。雲海の白馬3山
5
穴の開いた1号曲輪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴の開いた1号曲輪
5
白馬連山とイグルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬連山とイグルー
1
白馬連山とイグルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬連山とイグルー
1
白馬連山とイグルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬連山とイグルー
3
イグルーから五竜と鹿島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イグルーから五竜と鹿島
1
振り返る。イグルーが見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。イグルーが見える。
3
八方池と白馬3山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池と白馬3山
2
まだイグルーが見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだイグルーが見える。
1

感想/記録

山梨の山岳会、岳心会の5人とイグルー山行。もうイグルーシーズンはギリギリなので、北信の標高高いところへ行く。八方尾根は20年ぶり?雪が出てきたけど、もう少し上に上がる。白馬も、五竜鹿島も両方見えるポジションは、天空の城のような場所だ。どんなところでもイグルーは作れる。
上層はグサグサの硬い雪。下段はそんなブロックでも良い。下に掘るとやや硬い思い雪。辛抱して掘り進めると少々硬くて軽い雪層も掘り当てる。長細いブロックも取れるようになる。1号曲輪を米山、2号曲輪を今村、女子便所をともちゃんに任す。
二つの曲輪のつなぎ穴は、いつも狭くて両者が分断されてしまうので、今回は思い切って広く作る。広く作ると円形強度が落ちるので、ピッケル二本を二ヶ所で縛って130センチほどに長くした梁を入れた。始めストックでやったらブロックの重みでしなってしまい取り替える。こうなるとひょうたん島というより、くびれも浅い落花生か楕円形のような感じでできた。中は6人で十分広い。端に女子用トイレの小イグルーもつける。
2.5個、2時間ほどで完成。気温が高いので、中で鍋をやる気になれず、外に居酒屋スペースを作って楽しくやり始める。素手でいても冷たくないほど暖かい。午後のうちに、やっぱり1号曲輪が天井部30センチほどと2号曲輪は直径1mほど崩落した。女子便所も屋根が落ちた。寝ている間じゃなくてよかった。タープをかけてピッケルで固定して天井を覆う。残雪期は、屋根をせっかく作っても気温が高くて落ちるから、初めからこうした方が良いこともある。一応どんな雪でも屋根はふさげるけど、気温が高いと落ちる。気温が低ければ硬い屋根になる。
日が暮れると風が強まりタープがバタバタ言うけど、夜間の小雨、小アラレもふきこまず快適。風も頭上を抜け、影響なし。
朝は雲海の上に白馬連山が輝く、イグルーならではの眺望になった。
暖かく、イグルーにはあまり良くない季節だったけど、たくさんの発見があった。
・6人用のダブルイグルーは連結部を広くとり、ピッケルの梁を使って作る。これまでは、崩落しない強度にするという都合で二つの丸をつなぐという発想だったのだが、長細い楕円形の大イグルーを今回初めて作ることができた。作りにくい春の雪にもかかわらず。この方が全メンバーが顔を合わせられて良い。8人まではできそうだ。
・清野さんの持ってきた特大スノーソウは、寒い季節には要らないが、雪の硬いこの季節には絶大な威力を発揮することがわかった。やはりノコとスコップはでかいほうが仕事は早い。この季節にイグルーはほとんどやらないが、ザラメ氷結雪には粗目スノーソウの威力を知ることができた。
・女子便所は直径1mで隣に作り、やはり梁でつなぐ。ツエルト幕を垂らして出入り。男は立ち膝ションでOK.

引き続きイグルーを作って習得したいとのことだったけど、もうこの先は新雪が降るような山域は国外に行かなきゃ無理なので、また来年。アルパインでガチャいっぱい担ぐ山岳会だから、テント分軽くして、どんな雪稜でも泊まれる技術としてやる気満々だった。イグルーが広がっていって嬉しいことだ。

イグルーの前で山を見ていたら、沢ッチョが、ガイドで通った。久しぶり。5年ぶりくらいかな。数年前からガイドになったんだってね。
訪問者数:513人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ