ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852192 全員に公開 ハイキング東海

三瀬明神山

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー hyoshino
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
1時間20分
合計
7時間20分
S乳岩峡入り口08:4009:40乳岩分岐10:40鬼岩乗越10:40胸突八丁ノ頭11:0011:30六合目合流点12:30明神山13:3014:30鬼岩乗越15:30乳岩分岐16:00乳岩峡入り口16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘルメットを買おうかな?<br />近くの店にはローラボードのヘルメットしかありませんでした
備考 水は1リットルで大丈夫でした

写真

駐車場は、他県の車もいていっぱいでした。
2016年04月23日 08:49撮影 by Canon PowerShot SX170 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は、他県の車もいていっぱいでした。
乳岩までは、ドライブがてらに来る方も多いようでした。デートの方や親子ずれなど
2016年04月23日 08:50撮影 by Canon PowerShot SX170 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳岩までは、ドライブがてらに来る方も多いようでした。デートの方や親子ずれなど
愛知の130山はグレードB表記ですが、乳岩峡登山口の往復は健脚コースで案内が表記されていました。
2016年04月23日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX170 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛知の130山はグレードB表記ですが、乳岩峡登山口の往復は健脚コースで案内が表記されていました。
鬼岩、クライマーがザイールをつけて登っています。なんと女性のクライマーもスイスイと登っていて感心。
2016年04月23日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX170 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼岩、クライマーがザイールをつけて登っています。なんと女性のクライマーもスイスイと登っていて感心。
頂上近くの馬の背からの景色は綺麗でした。鳳来湖も見えています。
2016年04月23日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX170 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上近くの馬の背からの景色は綺麗でした。鳳来湖も見えています。
頂上の展望台からは、360度見渡せます。少し霞んでいるのが残念でした。ここでお昼をとりました。多くの人がお弁当を広げていました。

2016年04月23日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX170 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の展望台からは、360度見渡せます。少し霞んでいるのが残念でした。ここでお昼をとりました。多くの人がお弁当を広げていました。

頂上です。北登山道から登ると近くてお花も良く見えるようです。来年は北登山道がよいかもね
2016年04月23日 12:38撮影 by Canon PowerShot SX170 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上です。北登山道から登ると近くてお花も良く見えるようです。来年は北登山道がよいかもね
撮影機材:

感想/記録

天気が良くて何より。入口から沢に沿って歩くので、雨が前日から止んでおり安心して登れました。登りはクサリ場を通って登りましたが、下りは国体コースでおりました。健脚コースなので帰りはばててきました。日頃からの鍛錬が大切ですね。
訪問者数:286人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

馬の背
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ