ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852248 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

中倉山、沢入山、オロ山、庚申山、塔の峰を周回(足尾)

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー lasting
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
銅親水公園に駐車。橋を渡った先にトイレあり(早朝深夜も開いているかは不明)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
41分
合計
6時間54分
S銅親水公園06:1107:34中倉山07:4408:12沢入山08:45オロ山09:27庚申山09:4310:35塔の峰10:5012:11舟石峠駐車場13:05銅親水公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
庚申山山頂部以外は一般登山道ではありません。中倉山周辺は踏み跡があったりなかったり。
全体を通して手で掻き分けるような藪漕ぎはなかった。笹も昨年の残りが枯れかけで茂っている程度。これから新しい葉が出てくるのでしょう。脆い枯れ木が多く、掴んだ太い木が折れてしまうこともあり、びっくりした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

さっきまで雨が降っていてどんよりとした空模様。とりあえず中倉山まで行ってみよう。
2016年04月24日 06:09撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまで雨が降っていてどんよりとした空模様。とりあえず中倉山まで行ってみよう。
2
このカーブミラーの辺りで左の尾根に取り付く。いろいろな踏み跡があるので歩きやすそうなところを進む。
2016年04月24日 06:33撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このカーブミラーの辺りで左の尾根に取り付く。いろいろな踏み跡があるので歩きやすそうなところを進む。
尾根に乗ったらひたすら稜線上を進む。意外と斜度が急です。
2016年04月24日 06:39撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗ったらひたすら稜線上を進む。意外と斜度が急です。
1
リッジ状のところも。強風時は避けたいルート。
2016年04月24日 06:42撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リッジ状のところも。強風時は避けたいルート。
3
むむむ、こんな天気でなければ正面に中倉山が見えているはずなのに。
2016年04月24日 06:43撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むむむ、こんな天気でなければ正面に中倉山が見えているはずなのに。
2
尾根の幅が広い樹林帯に突入。踏み跡は不明瞭で歩きやすいところを進みます。
2016年04月24日 07:09撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の幅が広い樹林帯に突入。踏み跡は不明瞭で歩きやすいところを進みます。
樹林に入ったときは緩やかだったの徐々に急になってきた。
2016年04月24日 07:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林に入ったときは緩やかだったの徐々に急になってきた。
1
登りきったところ。テン場になっていました。
2016年04月24日 07:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきったところ。テン場になっていました。
1
左の道から来て、後ろに進みます。右の道は中倉山から南に延びる尾根の道。いつの間にか明瞭な踏み跡になっていた。
2016年04月24日 07:30撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の道から来て、後ろに進みます。右の道は中倉山から南に延びる尾根の道。いつの間にか明瞭な踏み跡になっていた。
3
ガスが取れて眺めが出てきました。これは気持ちのいい稜線歩きが期待できる。
2016年04月24日 07:33撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが取れて眺めが出てきました。これは気持ちのいい稜線歩きが期待できる。
2
中倉山に到着。誰もいない。贅沢な景色を独り占め。天気も回復してきたので予定通り庚申山まで頑張ろう。
2016年04月24日 07:34撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中倉山に到着。誰もいない。贅沢な景色を独り占め。天気も回復してきたので予定通り庚申山まで頑張ろう。
5
沢入山〜オロ山〜庚申山(写ってない)と皇海山が見渡せます。庚申山、遠い!
2016年04月24日 07:44撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢入山〜オロ山〜庚申山(写ってない)と皇海山が見渡せます。庚申山、遠い!
5
少し進むと、あれは・・・・?
2016年04月24日 07:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと、あれは・・・・?
2
ヤマレコで気になっていた1本のブナの木。
2016年04月24日 07:47撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコで気になっていた1本のブナの木。
6
足尾の公害から1本だけ残った奇跡の木。
2016年04月24日 07:47撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足尾の公害から1本だけ残った奇跡の木。
2
稜線の松木川側。斜面が全部荒廃しています。温泉地の地獄谷みたい。
2016年04月24日 07:52撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の松木川側。斜面が全部荒廃しています。温泉地の地獄谷みたい。
1
稜線を隔ててこうも変わってしまうのか。
2016年04月24日 08:00撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を隔ててこうも変わってしまうのか。
3
日光白根さん、こんにちは。
2016年04月24日 08:04撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光白根さん、こんにちは。
1
アップ。縦走したいなぁ。
2016年04月24日 08:04撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ。縦走したいなぁ。
2
沢入山。歩きやすく、あっという間に着いた。
2016年04月24日 08:12撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢入山。歩きやすく、あっという間に着いた。
3
次はオロ山へ。その左は庚申山。斜面の黒い線は無数の獣道。
2016年04月24日 08:13撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次はオロ山へ。その左は庚申山。斜面の黒い線は無数の獣道。
2
オロ山から北に延びる尾根。the 肩って感じ。
2016年04月24日 08:15撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オロ山から北に延びる尾根。the 肩って感じ。
3
右と左で別の山。
2016年04月24日 08:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右と左で別の山。
2
残雪が出てきた。
2016年04月24日 08:35撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪が出てきた。
オロ山到着。樹林で景色は少ない。
2016年04月24日 08:45撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オロ山到着。樹林で景色は少ない。
2
隙間から皇海山。こんなに近づいたの初めて。
2016年04月24日 08:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隙間から皇海山。こんなに近づいたの初めて。
4
笹藪地帯へ突入。一番長いところで胸くらい(身長175cmの場合)。笹に活力がなく、不自由なく進めます。
2016年04月24日 08:50撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹藪地帯へ突入。一番長いところで胸くらい(身長175cmの場合)。笹に活力がなく、不自由なく進めます。
3
視界はあり地形が分かるので稜線付近の歩きやすいところをチョイス。倒木注意。
2016年04月24日 08:56撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界はあり地形が分かるので稜線付近の歩きやすいところをチョイス。倒木注意。
どちらかというと松木川側の方が木々が枯れていて歩きやすい。
2016年04月24日 08:59撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どちらかというと松木川側の方が木々が枯れていて歩きやすい。
1
ほとんどが枯れてしまっている。こういう倒木が笹の中に隠れています。
2016年04月24日 09:00撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんどが枯れてしまっている。こういう倒木が笹の中に隠れています。
1
雪渓の歩きやすいこと。
2016年04月24日 09:03撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の歩きやすいこと。
1
国境平から皇海まで500mもあるのか。すぐに着いちゃいそう。
2016年04月24日 09:06撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国境平から皇海まで500mもあるのか。すぐに着いちゃいそう。
3
たまにテープや踏み跡もありました。
2016年04月24日 09:10撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにテープや踏み跡もありました。
1
サクサク涼しく進む。
2016年04月24日 09:13撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクサク涼しく進む。
直下で登山道に合流してすぐに庚申山の山頂。展望はありません。
2016年04月24日 09:27撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下で登山道に合流してすぐに庚申山の山頂。展望はありません。
4
オロ山への稜線を少し戻って、ある程度のところで外れて塔の峰への稜線に取り付いた。
2016年04月24日 10:04撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オロ山への稜線を少し戻って、ある程度のところで外れて塔の峰への稜線に取り付いた。
1
獣道いっぱい。音もカサカサと聞こえてきて恐かった。熊鈴を手に持って鳴らしながら歩く。
2016年04月24日 10:06撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獣道いっぱい。音もカサカサと聞こえてきて恐かった。熊鈴を手に持って鳴らしながら歩く。
1
途中で見つけた踏み跡を辿っていくと塔の峰を巻いていたので適当に斜面を登る。
2016年04月24日 10:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見つけた踏み跡を辿っていくと塔の峰を巻いていたので適当に斜面を登る。
1
塔の峰到着。ガスに包まれてきた。
2016年04月24日 10:35撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔の峰到着。ガスに包まれてきた。
1
下りは大変そうなのでしっかりと休憩。
2016年04月24日 10:36撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは大変そうなのでしっかりと休憩。
5
悪戦苦闘の末、コルに着いた。尾根の出だしが小さく、乗りたい尾根に乗るのが大変だった。
2016年04月24日 11:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪戦苦闘の末、コルに着いた。尾根の出だしが小さく、乗りたい尾根に乗るのが大変だった。
1
舟石峠付近へ続く道に合流。
2016年04月24日 11:48撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟石峠付近へ続く道に合流。
1
この目印を辿っていく。
2016年04月24日 11:53撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この目印を辿っていく。
1
鳥獣観察舎で車道に合流。ここから銅親水公園まで5kmの車道歩き。
2016年04月24日 12:05撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥獣観察舎で車道に合流。ここから銅親水公園まで5kmの車道歩き。
2
足尾銅山の施設。歩きながらだと景色を楽しめた。
2016年04月24日 12:39撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足尾銅山の施設。歩きながらだと景色を楽しめた。
2
貨物駅。ここから運ばれていたのでしょうか。
2016年04月24日 12:50撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貨物駅。ここから運ばれていたのでしょうか。
3
枯れてしまった山々。100万本の植樹をしようという計画。段々に見えるのはその足場。
2016年04月24日 13:05撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れてしまった山々。100万本の植樹をしようという計画。段々に見えるのはその足場。
2
上の方まで階段が続いています。緑でいっぱいになるのは時間がかかりそうですが少しずつ増えていくといいですね。
2016年04月24日 13:24撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方まで階段が続いています。緑でいっぱいになるのは時間がかかりそうですが少しずつ増えていくといいですね。
1

感想/記録

6ヶ月ぶりに登山靴を履いた本格的な登山。
体力面(息切れ)はジョギングをしていたので問題なかったけど、
山の筋肉は酷いことに。少し登っただけでもうパンパン。
おまけに車の長距離運転も久しぶりで想像以上に疲れました。
10時間運転とかどうやっていたのだろうか。

登山道のないところを歩くことは過去にもやったことがあるけど
今回はちょっとジャンルが違っていて大変だった。
庚申山まではスムーズに進めたけど、下りに変わると尾根を間違えてしまい、
その度に登り返して隣の尾根に移動しての繰り返し。
終始、GPSのお世話になりっぱなしでした。情けない・・・・。
訪問者数:520人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/10
投稿数: 837
2016/4/27 8:46
 初めまして(^-^)
taka0129と言います
凄いです…6ヶ月ぶりの登山でこのルートΣ(・□・;)ビックリでした🍀🍀
自分の大好きな足尾山塊レコ見ると嬉しくなってしまいますwww
特に…塔の峰まで繋いだレコだったので、ゆっくり拝見させていただきました。
lastingさんのレコ見たらまた歩きたくなってしまったtakaであります(^-^)
おつかれさまでした👍
登録日: 2010/6/12
投稿数: 59
2016/4/27 23:05
 Re: 初めまして(^-^)
taka0129さん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
このエリアのいろいろなルートを歩かれていたんですね。
taka0129の山行記録を拝見してみたら読んだ形跡がある記録がいくつかありました 。
このルートを行くにあたって参考にしていたようです

足尾山塊は私の住んでいるところからはちょっと遠いので何度も・・・・
というのは厳しいのですが、また快晴の日にブナを見に行きたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ