ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852300 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

山犬段〜鋸山〜バラ谷の頭・・赤線繋ぎは深南部へ

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー sht
天候曇り
バラ谷の頭山頂14℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
山犬段の広い駐車場を利用

アクセス林道は相変わらず悪路ですが、低速走行で何とかなる程度

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間1分
休憩
1時間6分
合計
11時間7分
Sスタート地点03:5704:32蕎麦粒山04:3505:08五樽沢のコル05:39三合山06:26千石沢のコル06:40千石平06:53鋸山07:1008:33房小山08:4309:44本邦最南端2,000mの地09:51バラ谷の頭10:2610:31本邦最南端2,000mの地11:21房小山12:32鋸山12:42千石平12:53千石沢のコル13:46三合山14:09五樽沢のコル14:40蕎麦粒山14:4115:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山犬段から五樽沢のコル登山口や千石の沢コル登山口へと向かう林道は、現在(歩行者も)通行止め中とのことです

山犬段〜蕎麦粒山〜三ツ合
整備状況良好で問題ないコースです

三ツ合〜千石平〜鋸山
細かなアップダウンが連続し、下山時の登り返しはかなりキツかったです・・ヤセ尾根も所々ありますが、注意して進めば危険という程ではありません

踏み跡も概ね明瞭でした

房子山手前〜バラ谷の頭
緩いアップダウンの笹尾根で、展望もあって快適な尾根歩きができました

所々二重山稜になりますが、どちらを行ってもOKです(どちらかというと、西側の方にメインの感じの踏み跡あり)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

山犬段駐車場から、まずは蕎麦粒山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山犬段駐車場から、まずは蕎麦粒山へ
2
黒法師岳の展望地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒法師岳の展望地
5
前黒法師山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前黒法師山方面
1
その右奥の大無間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右奥の大無間山
3
左手に高塚山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に高塚山
2
房子山〜バラ谷の頭〜黒法師岳・・この時は近く見えましたが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
房子山〜バラ谷の頭〜黒法師岳・・この時は近く見えましたが
2
三ツ合から深南部への尾根道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ合から深南部への尾根道へ
1
ヤセ尾根のアップダウンが連続し、特に下山時はキツかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根のアップダウンが連続し、特に下山時はキツかった!
3
崩壊地から豪快な高度感の谷を挟んで蕎麦粒山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地から豪快な高度感の谷を挟んで蕎麦粒山
1
千石平に到着・・この先の鋸山までは、まだまだアップダウンが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千石平に到着・・この先の鋸山までは、まだまだアップダウンが続きます
3
千石平からの展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千石平からの展望
1
灰縄山の奥に竜頭山・・現地では梵字山かと思いましたが、京丸山に隠れて見えていないよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灰縄山の奥に竜頭山・・現地では梵字山かと思いましたが、京丸山に隠れて見えていないよう
1
この辺りでも十分に深南部の雰囲気は感じられます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでも十分に深南部の雰囲気は感じられます
4
鋸山山頂到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山山頂到着
4
富士山は胴体のみで残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は胴体のみで残念
2
猪ファミリーが寛いでいたヌタ場・・驚かしてごめんね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪ファミリーが寛いでいたヌタ場・・驚かしてごめんね
4
笹をかき分けて房子山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹をかき分けて房子山へ
2
縦横に走る獣道を好き勝手に進みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦横に走る獣道を好き勝手に進みました
4
房子山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
房子山に到着
4
この頃はバラ谷の頭などに雲がかかっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この頃はバラ谷の頭などに雲がかかっていました
1
笹はたまに腰まできますが、殆どは膝丈
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹はたまに腰まできますが、殆どは膝丈
2
左手に麻布山〜前黒法師山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に麻布山〜前黒法師山
4
大分近づきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分近づきました
1
本邦最南2千m地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本邦最南2千m地点
3
その奥にバラ谷の頭山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その奥にバラ谷の頭山頂
5
北方が開けていていい眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方が開けていていい眺め
1
「黒法師岳まで行こか!?」と一瞬そそられましたが、(天気下り坂の)ロング下山を考え自重
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「黒法師岳まで行こか!?」と一瞬そそられましたが、(天気下り坂の)ロング下山を考え自重
7
丸盆岳の奥には〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸盆岳の奥には〜
4
難所の鎌ナギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所の鎌ナギ
2
前黒法師岳も中々立派
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前黒法師岳も中々立派
5
登り返しがかなりキツかったですが本降り前に無事下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返しがかなりキツかったですが本降り前に無事下山
5

感想/記録
by sht

愛知‐静岡県境の弓張山地を、太平洋から繋げてきた赤線が、天竜川を越えて高塚山〜蕎麦粒山〜山犬段のラインまで来ています。

今回は、そのライン上の三ツ合から光岳に繋がる尾根を、バラ谷の頭まで繋いで歩きました。

深南部山域の明確な定義は無いようですが、「光岳以南の大井川と天竜川に挟まれたエリアで標高2千m」を目安とすると、「光岳・バラ谷の頭・小無間山」を3つの頂点とする三角形の付近が「深南部」となります。その基準からすると、今回がいよいよ深南部への入口です。

自分のこれまでの深南部経験は、黒法師岳〜丸盆岳・池口岳をそれぞれピストンしたのみですが、「深い原生林に覆われた重量感溢れる山容」は十分感じられ、「里からのアクセスが遠くてひと気も非常に少ない、歩きごたえ十分な山域」としてリスペクトしてきました。

今回歩いたコースも、人の手が入るのが最小限に抑えられていて、歩きごたえも十分なコースでした。三ツ合〜バラ谷の頭では猪・鹿以外は遭遇せず、自分も一頭の獣になったかのように心を空っぽにすることができました。

もちろん、このように原自然により近い故に“トラブったら即遭難”というリスクは高いですが、その点も十分に承知の上でこの先光岳まで繋いで行きたいと思います。
訪問者数:381人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/5
投稿数: 1764
2016/4/25 8:31
 まさか日帰り!?
shtさん、おはようございます!
山犬段からバラ谷まで日帰りですか
とても真似できそうにありません
鋸手前まではピストンしたことありますが・・・
でもこの辺りは笹も低いし、歩いていて気持ちいいところですよね!
ロングお疲れ様でした
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 203
2016/4/25 19:41
 daishohさん こんばんは
確かに、深南部は歩きごたえあり過ぎですね。

バラ谷の頭に到着したときはアドレナリンが出ていたのか、「黒法師まで・・」という妄想が浮かびましたが、そこは身の程をわきまえグッとこらえました。山犬段帰着時は結構ヨレヨレだったので、大正解でした。

それでも、ひと気の全くない静かな展望笹尾根の漫歩はとても気持ち良かったです。大変だっただけに又引き付けられそうです。

daishohさんもかなりのロングルートを歩かれたようでお疲れ様でした。自分もヒルには気をつけます。

コメントいただきありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ